山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題 342



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

342記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題342

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 誤って自転車が倒れてしまい、息子は右側頭部から転落  】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)


これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。


++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

御相談者の御相談内容要旨御記載から
「危険=リスク」のある可能性は。

1・
「ぶよぶよ」していて「脳脊髄液:cerebro-spinal fluid:CSF]
がもれている場合=
髄液漏(ずいえきろう)
2・
「「頭蓋底骨折」の存在」で「耳の後」が「黒くなる」
「バトルの徴候:Battle's sign :バトル・サイン」と
呼称されます。
或は「眼窩周囲の血腫」などです。

##2
極めて判りやすくいえば
「頭蓋底骨折」による「脳脊髄液:cerebro-spinal fluid:CSF]
の「漏れ」ではなければ
よい。
「脳脊髄液:cerebro-spinal fluid:CSF]の
髄液漏(ずいえきろう)でなければよい。

ということなのです。
-------------------------------
「ただ、夕方になって右顔面こめかみ部分が
大きく膨らんできて、こぶのようになっています。
顔面にこぶができるものなのでしょうか?

腫脹がでたら受診するようにとのことでしたが
このこぶ?のようなものはこぶなのでしょうか?
腫脹なのでしょうか?

そして受診すべきものなのかご教示いただきたく存じます」
との事です。

「右顔面こめかみ部分が
大きく膨らんできて、こぶのようになっています。
顔面にこぶができるものなのでしょうか?」
との事です。

「右顔面こめかみ部分」は「顔面」では
毛頭ありません。
「右前頭部」「右側頭部」であり「下」は「神経頭蓋」
のある「頭部」です。
-------------------------------
昨日の
「お受けもちの先生」の仰られたように
「脳神経外科専門医先生」を再度御受診されるのが宜しいと考えます。

週末の今現在は決して慌てないでくださいますよう。
あしたになったらば
再度同じ御施設の「脳神経外科専門医先生」を「御受診」
されるのがよろしいと今の私は考えます。


下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++


#1
##1
「昨日金曜日16時過ぎに2歳半の息子を自転車から降ろす前に
誤って自転車が倒れてしまい、息子は右側頭部から
転落してしまいました。

その場から救急で脳外.整形外科のある病院に搬送していただき、
CT,レントゲンを取ってもらったのですが、
骨に異常はなく、脳からの出血も今のところないとのことで
そのまま帰宅し、異常が見られたら専門医へとの診断でした。

その時点で息子は泣きつかれてか眠ってしまったりしましたが
眠りから覚めてからは元気でした。
顔色が悪かったのが気になったのですが
脳震盪を起こしている状態や車酔い状態に近く、
顔色も悪く、吐いたりすることもあるでしょうとのことでした。

確かに帰宅中も食欲はなく、うちについてすぐ
帰宅中に与えた飲み物を吐いてしまいましたが
(9時過ぎ)その日は入浴せず就寝、翌朝9時まで眠りました。
そのまま今日は比較的おとなしくすごしましたが
様態に変化はなく、元気です。

ただ、夕方になって右顔面こめかみ部分が
大きく膨らんできて、こぶのようになっています。
顔面にこぶができるものなのでしょうか?

腫脹がでたら受診するようにとのことでしたが
このこぶ?のようなものはこぶなのでしょうか?
腫脹なのでしょうか?

そして受診すべきものなのかご教示いただきたく存じます。

長々となってしまいましたがよろしくお願いいたします。」
との事です。


#2
##1
「昨日金曜日16時過ぎに2歳半の息子を自転車から降ろす前に
誤って自転車が倒れてしまい、息子は右側頭部から
転落してしまいました。」
との事です。

##2
「小児頭部外傷」を始めとする「頭部外傷」の「診断戦略」「治療戦略」
を「脳神経外科専門医」が判断するにあたり極めて重要な
情報があります。

##3
1・「いつ」=「極めて正確な時間」
2・「いくつ」=御年齢
3・「「意識障害」は」
4・「どこを」=「頭部外傷」でぶつけた「部位と範囲」
5・「どのようにして」=「「受傷時」の機転」です。
「例えばストンと急降下して打撲」「ゆっくりと何かにさわりながら結果的に打撲}
6・「どこへ」=「頭部外傷」の「頭」がぶつかった相手は?=
こ御相談者の「御子息様」の場合であれば「した」が「泥の地面」か「コンクリート」か

##4
##3は「い」「い」「い」「ど」「ど」「ど」と
覚えていただくとよろしいです。


#3
##1
##1
「昨日金曜日16時過ぎに2歳半の息子を自転車から降ろす前に
誤って自転車が倒れてしまい、息子は右側頭部から
転落してしまいました。」
との事です。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「頭部外傷」の「受傷時」の時間はわかりました。

##3
けれども「意識障害」=「すぐないたのか」
の「有無」。
そして
下は「コンクリート」なのかよいう
「「受傷時」の「「外力」の強さ」を推し量る情報の
御記載が止むを得ずも「ありません」。

##4
「頭部外傷」とりわけ「小児頭部外傷」の場合は
必ずや
「脳神経外科専門医先生」を「御受診」されて下さい。

##5
また昨日の夕刻など週末で夜間の場合などは
多少遠くとも大学病院の「脳神経外科外来」の
「脳神経外科専門医先生」を救急で「御受診」されることをお勧めいたします。

##6
通常の「総合病院」では「脳神経外科」が標榜されていても
「脳神経外科専門医先生」が当直をされていないことが
あります。

##7
また「小児頭部外傷」の場合「「脳神経外科専門医先生」の分野」
にのみ気をとられ
胸部打撲や腹部打撲を「二の次」にされることも
あります。


#4
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「その場から救急で脳外.整形外科のある病院に搬送していただき、
CT,レントゲンを取ってもらったのですが、
骨に異常はなく、脳からの出血も今のところないとのことで
そのまま帰宅し、異常が見られたら専門医へとの診断でした。」
との事です。

##2
「異常が見られたら!専門医!へとの診断でした。」
との点からは
このときの御受診されたときの先生は
「脳神経外科専門医先生」ではないことが
判ります。

##3
「脳震盪を起こしている状態や車酔い状態に近く、
顔色も悪く、吐いたりすることもあるでしょうとのことでした。」
との事です。

##4
「若年性頭部外傷症候群 juvenile head trauma syndrome」
という「病態」です。
「もどされたり」場合によっては
「24時間」で治りますが「視力視野障害」がでることもあります。

##5
「確かに帰宅中も食欲はなく、うちについてすぐ
帰宅中に与えた飲み物を吐いてしまいましたが
(9時過ぎ)その日は入浴せず就寝、翌朝9時まで眠りました。
そのまま今日は比較的おとなしくすごしましたが
様態に変化はなく、元気です。」
との事です。

##6
今現在は
「中枢神経系」に損傷はなかったように考えられます。


#5
##1
「ただ、夕方になって右顔面こめかみ部分が
大きく膨らんできて、こぶのようになっています。
顔面にこぶができるものなのでしょうか?

腫脹がでたら受診するようにとのことでしたが
このこぶ?のようなものはこぶなのでしょうか?
腫脹なのでしょうか?

そして受診すべきものなのかご教示いただきたく存じます」
との事です。

##2
「右顔面こめかみ部分が
大きく膨らんできて、こぶのようになっています。
顔面にこぶができるものなのでしょうか?」
との事です。

##3
「右顔面こめかみ部分」は「顔面」では
毛頭ありません。
「右前頭部」「右側頭部」であり「下」は「神経頭蓋」
のある「頭部」です。

##4
「頭部」ですから「当たり前ながら」
受傷時に「右こめかみ」を打撲されていれば
「「受傷時」の「「外力」の強さ」により
さまざまな「小児頭部外傷」の「症状・症候」がでます。

##5
「右顔面こめかみ部分が
大きく膨らんできて、こぶのようになっています。
顔面にこぶができるものなのでしょうか?」
との事です。
=>##6

##6
間違いです。
「右顔面こめかみ部分」は「顔面」ではなく「頭部」です。
「右前頭側頭部」が「打撲「部位と範囲」の一部と
考えられます。


#6
##1
「ただ、夕方になって右顔面こめかみ部分が
大きく膨らんできて、こぶのようになっています。
顔面にこぶができるものなのでしょうか?

腫脹がでたら受診するようにとのことでしたが
このこぶ?のようなものはこぶなのでしょうか?
腫脹なのでしょうか?

そして受診すべきものなのかご教示いただきたく存じます。」
との事です。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「ぶよぶよ」していないのであれば
=>
「頭皮下血腫」であり
「帽状腱膜(ガレアといいます)下血腫」
という血腫です。

##3
「頭皮下血腫」或いは「帽状腱膜(ガレアといいます下)血腫」が
「10日目」に液化するので)(「10日目法則」)
「液化頭皮下血腫」に移行したら
「頭皮下穿刺:とうひかせんし」をして「タップ:tap:穿刺」により
「液化頭皮下血腫」をとっていただくと
よろしいでしょう。

##4
「場合により」「青タン」のようの眼窩周囲まで
血液が降りてくることもあります。


#7
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載から
「危険=リスク」のある可能性は。

1・
「ぶよぶよ」していて「脳脊髄液:cerebro-spinal fluid:CSF]
がもれている場合=
髄液漏(ずいえきろう)
2・
「「頭蓋底骨折」の存在」で「耳の後」が「黒くなる」
「バトルの徴候:Battle's sign :バトル・サイン」と
呼称されます。
或は「眼窩周囲の血腫」などです。

##2
極めて判りやすくいえば
「頭蓋底骨折」による「脳脊髄液:cerebro-spinal fluid:CSF]
の「漏れ」ではなければ
よい。
「脳脊髄液:cerebro-spinal fluid:CSF]の
髄液漏(ずいえきろう)でなければよい。

ということです。

##3
「腫脹がでたら受診するようにとのことでしたが
このこぶ?のようなものはこぶなのでしょうか?
腫脹なのでしょうか?」
##1+##2
が今現在の「御子息様」の状態です。


#8結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「小児頭部外傷」の場合
必ずや「脳神経外科専門医先生」を「御受診」されてください。

##3
「腫脹がでたら受診するようにとのことでしたが
このこぶ?のようなものはこぶなのでしょうか?
腫脹なのでしょうか?

そして受診すべきものなのかご教示いただきたく存じます。」
=>
「お受けもちの先生」がおっしゃられたように
「腫脹」=「ぶよぶよ」では
ないようですが。
「頭蓋底骨折」による「脳脊髄液:cerebro-spinal fluid:CSF]
の髄液漏(ずいえきろう)が
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「危険=リスク」のある「症状・症候」の一つです。

##4
昨日の
「お受けもちの先生」の仰られたように
「脳神経外科専門医先生」を再度御受診されるのが宜しいと考えます。

##5
週末の今現在は決して慌てないでくださいますよう。
あしたになったらば
再度同じ御施設の「脳神経外科専門医先生」を「御受診」
されるのがよろしいと今の私は考えます。

##6
この御回答が何がしかのお役に立てば何よりで御座います。

[2007年8月12日 19時2分36秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールマガジンの解除方法

以下のページよりご自身で行ってください

▼まぐまぐからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/mag/

▼メルマからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/melma/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
by mmdmsci | 2007-08-16 15:03


<< 山本クリニック脳神経外科・神経... 山本クリニック脳神経外科・神経... >>