「眼窩底破裂(吹き抜け)骨折:brow out fracture」

ご心配なことと存じます。

「左眉上にボールが強打」との表題なのですが。
正確な
打球の打撲部位の御記載が御座いません。

!顔面の場合には
「眼窩底破裂(吹き抜け)骨折:brow out fracture」という
怖い「顔面外傷」が御座います。
!
頭部の場合には「頭部外傷」として「意識障害」が無ければ
可かと考えます。

けれども「意識障害」の有無の御記載が御座いません。

御回答限界でもあるのです。
けれども「可能な範囲内で」御回答を試みます。


#1
##1
「35歳の男性です。
先月、ソフトボールを行ってたとき、
私はピッチャーでした。投げた後、
ものすごいライナーの打球をうけました。
みるみるうちに、腫れ上がり、救急病院に
運ばれましたが、CT、頭部レントゲンは
異常がみられませんでした。
1ヶ月経ちますが、小さいたんこぶのような
腫れが二箇所あり、治りません。病院で
見てもらうべきでしょうか?
こぶみたいなところは、柔らかくもあり、
少し硬いように思います。
どうか宜しくお願いします。」
との事です。



#2
##1
上述の如く「顔面外傷」なのか「頭部外傷」であるのかによって
「判断」は全く異なってきます。

##2
「CT、頭部レントゲンは異常がみられませんでした。」との事から
下記一応は「頭部外傷」として御回答致します。

##3
それにしても打球による「御相談者のピッチャー外傷」の場合
最も危険でありまた頻度が多いものは
「眼窩底破裂(吹き抜け)骨折:brow out fracture」で
御座います。

##4
「眼窩底」の骨は紙の様に薄く「打球」を
顔面即ち「眼の周囲」=「眼窩」に被るとなると。

##5
「眼窩内圧」の急上昇にて
「眼窩底破裂(吹き抜け)骨折:brow out fracture」
を起こせば「骨折部位に眼窩内組織がトラップされて」眼球運動障害を
惹起致します。

##6
「緊急」にも手術が必要になります。

##7
御相談者の御記載内容からは「頭部外傷」として考えますが
「意識障害」の有無の御記載が御座いません。

##8
よりまして
「意識障害」は無かったと仮定してして御回答致します。





#3
##1
「みるみるうちに、腫れ上がり、救急病院に
運ばれましたが、CT、頭部レントゲンは
異常がみられませんでした。」との事です。

##2
本当に宜しかったです。

##3
「1ヶ月経ちますが、小さいたんこぶのような
腫れが二箇所あり、治りません。」との事です。

##4
「頭部外傷」であれば帽状腱膜(ガレアといいます)の下の血腫
のあとであろうと考えられます。

##5
「帽状腱膜(ぼうじょうけんまく)下血腫」の場合「頭の頭皮下血腫」が
凝固したのち10日目で液化されて自然吸収されます。

##6
けれども損傷された帽状腱膜(ガレアといいます)には「線維化:fibrosis]
が起こります。

##7
いわば「頭皮の内側のかさぶた」です。

##8
「1ヶ月経ちますが、小さいたんこぶのような
腫れが二箇所あり、治りません。」
は「帽状腱膜(ガレアといいます)「線維化:fibrosis」」と考えられます。




#4結論:
##1
上記の如く「頭部外傷」であれば
「帽状腱膜(ぼうじょうけんまく)下血腫」の自然吸収のあとの
「帽状腱膜(ガレアといいます)線維化:fibrosis」
と考えられます。

##2
極めて「危険なピッチャー打球外傷」の可能性
紙一重であられたわけです。


##3
1ヶ月たたれて経過観察にて「頭部外傷」の経過観察として
「脳神経外科専門医」を御受診されてみては如何でしょう。

##4
もしも打球を顔面に受けられているときは
「眼科専門医先生」をも是非ともに御受診されて頂くほうが
極めて極めて無難で御座います。

##5
このような御回答限しかできません。
的外れな御回答であればお許し下さい。
けれどもご参考になれば何よりで御座います。





上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。






何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。




何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。



+++++++++++++++
補足
「眼窩底破裂(吹き抜け)骨折:brow out fracture」
の「ブロー・アウト」とは「車のタイヤがパンクする」
という意味で御座います。


+++++++++++++++







[2004年5月13日 14時10分7秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: しゅうじ   
35歳の男性です。
先月、ソフトボールを行ってたとき、
私はピッチャーでした。投げた後、
ものすごいライナーの打球をうけました。
みるみるうちに、腫れ上がり、救急病院に
運ばれましたが、CT、頭部レントゲンは
異常がみられませんでした。
1ヶ月経ちますが、小さいたんこぶのような
腫れが二箇所あり、治りません。病院で
見てもらうべきでしょうか?
こぶみたいなところは、柔らかくもあり、
少し硬いように思います。
どうか宜しくお願いします。

[2004年5月13日 13時41分43秒]
by mmdmsci | 2004-06-17 12:56 | 頭部外傷


<< 「Chrcot-Marie-T... 上口唇の「しびれ感」 >>