<   2006年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題 301


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

301記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題301

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 9歳の息子が脳腫瘍といわれて  】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)


これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。
これは困りましたね。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。



++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは

「小児慢性頭蓋内圧亢進」の「病態」
である。

「慢性頭蓋内圧亢進」の「3徴候」。
「頭痛」+「悪心・嘔吐」+
「鬱血乳頭:うっけつにゅとうを示唆する「症状・症候」」の存在。

「小児脳腫瘍」であり「部位」は「大脳皮質下」
であり「局在部位」としてはは「前頭葉」。
「小児脳腫瘍」としては
「glioma(グリオーマ):神経膠腫:しんけいこうしゅ」
の可能性が高い。

「治療戦略」は急を要するように思えます。
下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++


#1
##1
「山本クリニック 御中

はじめまして、私9歳の息子のことでご相談させていただきたく
メールさせて頂きました。

海外駐在中、吐く・頭痛・視界のぼやけの症状を言いましたところ、
すぐに脳の病気ではという事で、MRIを撮りました。
その結果、影が見られるので造影撮影もした所、腫瘍があるので
早いうちの手術を勧められました。

日本へ戻り一軒の病院へ、
そのMRI写真を持っていきましたが、結果同じことを言われました。
再検査の必要はないので、手術の為の検査だけでと言われたのですが、
その写真のみの診察で、手術を受けても大丈夫なものなのでしょうか?

海外の病院の際も、問診のみですぐにMRIを撮りました。

痙攣などの脳特有の発作はありません。

吐き気・嘔吐は突然あり、大体午前中が多いです。

その後頭が痛い時があります。又、よく目がかすむらしく、
よく瞬き、もしくは目を見開く動作が多くなりました。

今でも、他の病気なのではと思っていますが、
脳の病気でそのような症状が出る場合があるのでしょうか?
ご回答、よろしくお願いします。」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載が
すべからく「聞き間違い」などがなく正しい
情報と仮定して下記に御回答させて頂きます。

##2
「海外駐在中、吐く・頭痛・視界のぼやけの症状を言いましたところ、
すぐに脳の病気ではという事で、MRIを撮りました。
その結果、影が見られるので造影撮影もした所、腫瘍があるので
早いうちの手術を勧められました。」
との事です。

##3
海外での御施設での
重要な点は
1・「吐く・頭痛・視界のぼやけの症状」=
「慢性頭蓋内圧亢進」の「3徴候」が明確であること。
=>すなわち「2・」

2・「頭痛」+「悪心・嘔吐」+
「視界のぼやけの症状」=「鬱血乳頭:うっけつにゅとう」の存在。
の「慢性頭蓋内圧亢進」が「8歳の「御子息様」」に
発生していること。

3・「脳の病気ではという事で、MRIを撮りました。」
は「極めて的確な判断」です。

4・脳MRIの結果「脳MRI造影剤」で「造影」したところ
「造影剤」で「造影」される「陰影」であったこと。

5・「早いうちの手術を勧められました。」
=>「急を要する状態」であること。


##4
##3からは
「その結果、影が見られるので造影撮影もした所、腫瘍があるので
早いうちの手術を勧められました。」
は海外の「脳神経外科専門医先生」の判断は
極めて「的確」です。


#3
##1
「海外の病院の際も、問診のみですぐにMRIを撮りました。

痙攣などの脳特有の発作はありません。

吐き気・嘔吐は突然あり、大体午前中が多いです。

その後頭が痛い時があります。又、よく目がかすむらしく、
よく瞬き、もしくは目を見開く動作が多くなりました。

今でも、他の病気なのではと思っていますが、
脳の病気でそのような症状が出る場合があるのでしょうか? 」
との事です。


##2
「吐き気・嘔吐は突然あり、大体午前中が多いです。」
=>
「projectile vomiting:噴出性嘔吐」の「症状・症候」+
「早朝頭痛:morninng headache」の「症状・症候」であり
「小児慢性頭蓋内圧亢進」の「典型的な特徴」
です。

##3
「又、よく目がかすむらしく、
よく瞬き、もしくは目を見開く動作が多くなりました。」
=>
「うっ血乳頭:papilledema:パピルエデーマ」
=>
###1
眼科的には「乳頭浮腫」のなかでも、脳腫瘍などで「慢性頭蓋内圧亢進」
に生じる浮腫を、とくに「うっ血乳頭」と呼称。
「無症状の脳腫瘍もあるので、乳頭浮腫がある場合、精密検査が必要」

「眼科専門医先生」は 覚えます。

###2
「中枢神経系専門医」は小児が頭痛があり悪心・嘔吐があり
「眼がかすむ」という場合はまず「慢性頭蓋内圧亢進」=「脳腫瘍」
を考えます。


##4
「痙攣などの脳特有の発作はありません。」
=>#4


#4
##1
「痙攣発作」は決して
「中枢神経系の「器質的疾患」(脳腫瘍や脳血管障害等)」
に特有な「症状・症候」ではありません。


##2
例えば
「中枢神経系の「器質的疾患」(脳腫瘍や脳血管障害等)」が
「脳表:のうひょう」=「灰白質:gray matter」=「神経細胞」
の「部位」に発生すれば「痙攣発作」は起こります。

##3
成人(小児にもありますが)の「髄膜腫:meningioma:メニンジオーマ」
等は「痙攣発作」を起しやすい「脳腫瘍」です。

##4
「中枢神経系の「器質的疾患」(脳腫瘍や脳血管障害等)」
が「小脳虫部:しょうのうちゅうぶ」「小脳脳幹部」「小脳半球」
等の怖い場所や。
「脳表:のうひょう」より深い「部位」=「脳深部」=
「「脳内皮質(白質=神経線維)」
に存在すれば「痙攣発作」はおこりようがありません。

##5
「中枢神経系」である「脳」は。
「脳表:のうひょう」より「脳深部」=「「脳内皮質(白質=神経線維)」
の方が圧倒的に「部位」としては大きい。

##6
だから「脳腫瘍」で「痙攣発作」を術前には起さない
事例のほうが圧倒的に多いものです。


#5
##1
「日本へ戻り一軒の病院へ、
そのMRI写真を持っていきましたが、結果同じことを言われました。
再検査の必要はないので、手術の為の検査だけでと言われたのですが、
その写真のみの診察で、手術を受けても大丈夫なものなのでしょうか?」
との事です。

##2
通常は「画像診断」頭部X線撮影 脳CT・脳MRIは再度撮影します。
また「本物の「脳血管撮影:cerebral angiography」」
(脳MRAなどではなく)
を必要とします。

##3
「再検査の必要はないので、手術の為の検査だけでと言われたのですが、
その写真のみの診察で、手術を受けても大丈夫なものなのでしょうか?」
=>
「大丈夫ではありません」
通常##2になります。

##4
まだご入院はされてはいないようです。

##5
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。
「お受けもちの「脳神経外科専門医先生」」も
「9歳」では入院の病棟は「小児科専門医先生」の
病棟になる可能性が多いですから


さまざまに「急いでの段取り」を
とられているのでしょう。


#6結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
もしも御相談者の御相談内容要旨御記載に語句など
の止むを得ずもの間違いが無ければと仮定して
上記御解答致しました。

##3
「今でも、他の病気なのではと思っていますが、
脳の病気でそのような症状が出る場合があるのでしょうか? 」
=>
残念ながら典型的な「脳腫瘍」の「症状・症候」である。

##4
「慢性頭蓋内圧亢進」=
「慢性頭蓋内圧亢進」の「3徴候」。「頭痛」+「悪心・嘔吐」+
「鬱血乳頭:うっけつにゅとうを示唆する「症状・症候」」の存在。
でいま「御子息様」の脳圧亢進は強くかなり「危険=リスク」
な状態です。

##5
「日本へ戻り一軒の病院へ、
そのMRI写真を持っていきましたが」の御施設が。

「小児脳腫瘍」にお強い御施設であると宜しいのですが。

##6
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「小児脳腫瘍」であり「部位」は「大脳皮質下」
であり「局在部位」は「前頭葉」。
「小児脳腫瘍」としては
「glioma(グリオーマ):神経膠腫:しんけいこうしゅ」
の可能性が高い。

##7
小児の「小児脳腫瘍」による「小児慢性頭蓋内圧亢進」
は「急変する可能性が高い」。
「治療戦略」は大変に急を要するように思えます。

##8
このような御回答しか出来ません。申し訳ございません。
この御回答が何がしかのお役に立てば何よりで御座います。
一刻も早く御相談者の「御子息様」
「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

##9
取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2006年7月9日 13時9分33秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールマガジンの解除方法

以下のページよりご自身で行ってください

▼まぐまぐからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/mag/

▼メルマからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/melma/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
by mmdmsci | 2006-07-18 12:16