<   2006年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題 294


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

294記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題294

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 2歳の息子は脳性まひです。】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御気持ちは大変よく判ります。


++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

「脳性麻痺:Cerebral Palsy」は
脳性麻痺 脳性麻痺とは児がお腹にいるときから出生直後(4週まで)
の間に起きた脳の病変による運動の異常と定義されています。

現実的には「胎児の脳血管障害」です。

この「脳性麻痺:Cerebral Palsy」の定義は国により
多少異なります。

「脳性麻痺:Cerebral Palsy」の「2歳」の坊やに
「頭皮」に通電するとは。
「脳性麻痺:Cerebral Palsy」の「治療戦略」としては
聞いた事が無い。

当然ながら医師以外は行うことが出来ない
医療行為になります。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++


#1
##1
「2歳の息子は脳性まひです。
その息子に針治療を施術することを考えています。

頭に針を刺して、軽い電流を流すとのことですが、
癲癇発作などを誘発しないものか心配しています。

医学的にはいかがなものなのでしょうか。
御忙しいなか恐縮ですが、アドバイスお願いします。」
との事です。



#2
##1
「脳性麻痺:Cerebral Palsy」とは。

##2
「脳性麻痺:Cerebral Palsy」とは胎児がお腹にいるときから
出生直後(4週まで)の間に起きた脳の病変による運
動の異常と定義されています。(厚生省脳性麻痺研究班、1968)。

##3
いわば「胎児の脳血管障害」=「脳性麻痺:Cerebral Palsy」
と考えられています。


#3
##1
「「2歳の息子は脳性まひです。
その息子に針治療を施術することを考えています。
頭に針を刺して、軽い電流を流すとのことですが、
癲癇発作などを誘発しないものか心配しています。」
との事です。


##2
「頭に針を刺して、軽い電流を流すとのことですが、」
との事です。

##3
「脳性麻痺:Cerebral Palsy」の「治療戦略」は多くは
発育した段階・或いは成人にいたってからのことが多い。

##4
私は「脳性麻痺:Cerebral Palsy」の患者さん
或いは「お子様」の「このような治療法」は聞いた事が
ありません。

##5
もしも「行う」とすれば「医療行為」ですから
「医師」以外は「行うことが出来ません」。



#3
##1
御気持ちは大変よく判ります。けれども。

##2
「「2歳の息子は脳性まひです。
その息子に針治療を施術することを考えています。」の「主語」
は「お受けもちの先生」でしょうか。

##3
「脳性麻痺:Cerebral Palsy」に
「頭皮」の「通電」をするという「治療戦略」は
無いと思いますが。

##4
もしも「お受けもちの先生」が
そのように御判断されているとしたら
深い御考えがおありであろうと思います。


#4結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「脳性麻痺:Cerebral Palsy」は長ずるに当たり
「痙攣発作」をおこすことも多いものです。

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「脳性麻痺:Cerebral Palsy」の「治療戦略」としては
私の記憶にも全くないものです。

##4
責任のある御回答は勿論
御回答限界でもあるのです。

##5
そして老婆心ながら。
御相談者の御相談内容要旨御記載は
「医療行為」になります。
医師の資格をもたないかたが行えばたとえ
「御家族」といえども「犯罪」になる。
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

##6
「頭に針を刺して、軽い電流を流すとのことですが、
癲癇発作などを誘発しないものか心配しています。」
との事ですが
「お受けもちの先生」と十分にご相談されて下さい。

##7
このような御回答しか出来ません。
申し訳ございません。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2006年5月28日 12時7分19秒]
---------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 環軸椎亜脱臼といわれて手術が必要と言われました。 】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。


++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

この御相談には
「お受けもちの先生」の
「御母様」の「環軸変位:atlanto-axial dyslocation:AAD」
の「手術」の「必要性」に関する「具体的」な
「お受けもちの先生」の「御考え」の御記載がないのです。
御回答限界でもあるのです。


何卒ご参考までにお留めおきください。
++++++++++++++++++++


#1
##1
「山本博昭先生様

はじめまして 52歳 母なのですが 
病院で環軸椎亜脱臼といわれて手術が必要と言われました。
今現在手のしびれもあります 

私としては手術をしなくてもすむ方法がないものか
といろいろと調べてみたのですが、

わからず 
山本先生の意見を参考にさせていただきたく
メールをさせていただきました。
もし手術となれば危険も伴うと聞いてます。
 
どれほどの危険をともなうのかも教えてください。
宜しくお願いします。」
との事です。


#2
##1
「環軸変位:atlanto-axial dyslocation:AAD」が
「急性」に発症した外傷事例ではなく
「症状・症候」にそって「画像診断」の結果
「環軸変位:atlanto-axial dyslocation:AAD」
が発見されたものと解釈させて頂きます。

##2
「52歳 母なのですが 
病院で環軸椎亜脱臼といわれて手術が必要と言われました。
今現在手のしびれもあります 」
との事です。

##3
「手術が必要と言われました。」といわれたからには
「手術をしなければこうなる」ということも
「お受けもちの先生」からは当然に伺われていることと
思います。

##4
「手術をしなければこうなる」という
「お受けもちの先生」からの情報に対しての御相談者の
「御考え」或いは「反応」は如何でしょうか。


#3
##1
「私としては手術をしなくてもすむ方法がないものか
といろいろと調べてみたのですが、」
の「前に」。

##2
「手術をしなければこうなる」という「現実の把握」が
「御母様」をとりまく「御家族」の観点からは
重要であると思います。

##3
「もし手術となれば危険も伴うと聞いてます。
 どれほどの危険をともなうのかも教えてください。」
=>##4・##5・##6

##4
概ね脊髄の「病態」に由来する「症状・症候」は
今現在まで出ていないものが「手術」によって
誘発される事はありうるでしょう。

##5
また全身麻酔による「生命に関る危険=リスク」も
あります。
きりがありません。

##6
なによりも手術を担当される
「お受けもちの先生」の
「環軸変位:atlanto-axial dyslocation:AAD」の
「手術」経験や「腕前」によりこれらの危険=リスク
は多いに変動致します。


#4結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「手術が必要と言われました。」といわれたからには
「手術をしなければこうなる」ということも
「お受けもちの先生」からは当然に伺われていることと
思います。

##3
「手術をしなければこうなる」という
「お受けもちの先生」からの情報に対しての御相談者の
「御考え」或いは「反応」は如何でしょうか。

##4
「御母様」の「環軸変位:atlanto-axial dyslocation:AAD」
に関しては。

##5
適切な表現が思い浮かばないのですが
間違っても。
素人のかたが調べまわって
何かが「見つかる」というような事例ではありません。

##6
的外れなことを申し上げたかもしれません。
けれどもご参考になれば何よりで御座います。

ps
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」から。


「環軸椎亜脱臼 [2] [2004年12月21日 18時35分28秒] 」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/831389438201771.html
をを御参照頂けますか。
コピー致します=>「ごらんくださいませ★★★」


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

++「ごらんくださいませ★★★」+++++++++++++++++++++


ご心配なことと存じます。

お母様の1・年齢の御記載が無く御回答限界でもあるのです。

けれども「可能な範囲内で」御回答を試みます。

#1
##1
「突然すいません。

先日母が、医者に環軸椎亜脱臼なので手術が必要だといわれました。

骨が神経を圧迫してるらしく、手がしびれてるそうです。

死んでる神経もあると医者にいわれました。

母は、手術を受ける気でいます。

ただ医者からは難しい手術になるとしか言われず、

どれくらいの可能性があるのか教えてくれません。

どれくらい難しい手術でどんなものなのかを教えて下さい。

よろしくお願いします」
との事です。


#2
##1
頚椎には正確な解剖学用語でいう「関節」が御座いません。
「フオン・ルシュカの関節」というものがが各椎体の間にありますが
これは「正確な意味」では「関節」ではありません。


##2
だから「頚椎」には「脱臼」も「亜脱臼」も「捻挫」も正確な
「病態」としては起こりえないのです。
けれども「お受けもちの先生」の意味しているところは判ります。

##3
下記に順を追って御回答致します。

##4
うまくご説明できるとよろしいのですが。

#3結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「環軸椎亜脱臼」との事です。

##3
この「病態」は
「環軸椎亜脱臼」=「環軸変位:atlanto-axial dyslocation:AAD」
のことと解釈させて頂きます。

##4
「環軸変位:atlanto-axial dyslocation:AAD」
とは。

##5
第一頚椎=「環椎(と呼称致します)」と
「第2頚椎の突起(正確には「歯状突起」と呼称致します)」が
頚椎X線撮影にて4mm以上変位している場合に
「環軸変位:atlanto-axial dyslocation:AAD」と
診断いたします。

##6
「臨床神経診断学」にて
これに合致する「症状・症候」があるときに
改めて「環軸変位:atlanto-axial dyslocation:AAD」
の「治療戦略」が必要となります。

##7
「治療戦略=「手術」。
通常は「後頭骨」に小さな穴を「2つ」あけてと細いワイヤーで
「「第2頚椎」の後方と「後頭骨」を「2本のワイヤー」で固定する方法を
とります。


##8
##7の「2本」のワイヤーを後頭骨と環椎の硬膜の上を
くぐらせて通すテクニックが難しいのですが。
難易度としてはとりわけ困難なものでもありません。

##9
何よりも全身麻酔のときに
「クラッチフイールド牽引:Crutchfield牽引」
という牽引を行いながら「全身麻酔」=>「手術」をする全体の
流れがしいていえば危険度もあり困難といえましょう。

##10
「脳神経外科専門医」と「麻酔科専門医先生」の
「呼吸のあいかた」が「難しい」といえるかもしれません。

##12
「クラッチフイールド牽引:Crutchfield牽引」を
行わず全身麻酔=「手術」を施行する場合もなくはありません。

##13
総論的に「頚椎」「頸髄」の外科というのは
「手術」の成否は「結果論」的な側面があります。
このような意味では「頚椎」「頸髄」の
「手術」=外科「治療戦略」は「むずかしい」と
いえましょう。

##13
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

##14
取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


[2004年12月21日 18時35分28秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望


突然すいません。
先日母が、医者に環軸椎亜脱臼なので手術が必要だといわれました。
骨が神経を圧迫してるらしく、手がしびれてるそうです。
死んでる神経もあると医者にいわれました。
母は、手術を受ける気でいます。

ただ医者からは難しい手術になるとしか言われず、
どれくらいの可能性があるのか教えてくれません。
どれくらい難しい手術でどんなものなのかを教えて下さい。
よろしくお願いします

[2004年12月21日 18時19分59秒]


「ごらん下さいませおわりおわり★★★」
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2006年5月28日 11時17分35秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールマガジンの解除方法

以下のページよりご自身で行ってください

▼まぐまぐからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/mag/

▼メルマからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/melma/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
by mmdmsci | 2006-05-30 16:24

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題 293


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

293記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題293

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 右手の指が振るえ・体のぴくつきが心配です  】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)


これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。


++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

「姿勢時振戦」という「活動時振戦」の「一種」を
御持ちである。

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
による
「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」
その他を御持ちの様です。

間違いがあるといけないから
しっかり治されるためには
「頭痛」「機能性末梢神経障害」にお強い
「脳神経外科専門医先生」「ペインクリニック専門医先生」
を御受診されるのが宜しいと考えます。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++

#1
##1
「25歳男性です.

今年4月に就職,引越をしました.
その頃より,右手の指が振るえるようになりました.
手を広げるなど何かの姿勢をしたときに,振るえを感じます.

最初は気にならない程度でしたが,少しずつ悪化しており,
また,右手の肘から先に違和感,だるさを感じます.
このだるさはお風呂にはいると,
解消どころか悪化することもありまし た.

先日,神経内科を受診したところ,
本態性振戦であり姿勢時振戦であろ うとのことでした.

その原因として,
この春の環境の激変によるストレスではないかという
ことで,
デバスを処方されました
(このとき,パーキンソン病のテストも受けま した).

実際,ストレスをずっと感じており,
そのためか寝ても朝早くに目が覚 めたり,疲れが取れなかったり,
吐き気,胃腸の調子が悪いということが続いて いたので,
ストレスから来るのかなと納得しました.

このとき医師には怖い病気ではないから,
気にしないでリラックスし,
よく寝ることが大切だとアドバイスを受けています.

しかし,デバスを飲んでいても症状は改善されず,
また右手の違和感も 残っています.

さらに,最近では,時々,体のびくつきを感じるようになりました.

ぴくつきは主に睡眠前や,
体に力を入れずにリラックスしているときに 起きるようです.

部位としては一定ではありませんが,
右手小指のぴくつきが非常に気に なります.

現在は工場で慣れない力仕事をしているため,
このぴくつきは疲労によるものなのかなとも思ったのですが,

手の振るえのこともあり,
前回の受診では見逃された何かの病気ではな いかと心配です.

再び,神経内科を受診した方が良いのでしょうか?」
との事です。


#2
##1
「その頃より,右手の指が振るえるようになりました.
手を広げるなど何かの姿勢をしたときに,振るえを感じます.

最初は気にならない程度でしたが,少しずつ悪化しており,
また,右手の肘から先に違和感,だるさを感じます.」
との事です。

##2
「先日,神経内科を受診したところ,
本態性振戦であり姿勢時振戦であろ うとのことでした.」
との事です。

##3
この「症状・症候」は「振戦:しんせん」と呼称致します。


#3
##1
「振戦:しんせん」には
1・「活動時刻振戦」と
2・「休止時振戦」の「2種類」が
御座います。

##2
「活動時刻振戦」は筋肉が
「何らかの活動をしているときにその部位に出現する振戦」
で御座います。

##3
「休止時振戦」は患者さんの身体(四肢・体幹・頭部)
が休止している状況で発生する振戦で御座います。

##4
「活動時刻振戦」は筋肉が
「何らかの活動をしているときにその部位に出現する振戦」
この中で「活動時刻振戦」は「2つ」に分類されます。
=>##4

##4
1・
「運動時振戦」と
2・
「姿勢時振戦」で御座います。

##5
1・
「「運動時振戦」は運動をするときに出現する振戦」であり
2・

「「姿勢時振戦」はある姿勢を保とうとするときに出現する振戦」
で御座います。

##6
因みに
「活動時振戦」の2つはは「英国臨床神経学」」の
「アクション振戦:action tremor」という
「力をいれたとき「振戦:しんせん」」
とは異なるのでややこしいです。


#4
##1
御相談者の
「その頃より,右手の指が振るえるようになりました.
手を広げるなど何かの姿勢をしたときに,振るえを感じます.

最初は気にならない程度でしたが,少しずつ悪化しており,
また,右手の肘から先に違和感,だるさを感じます.」の「症状・症候」
は。

##2
「活動時刻振戦」であり
筋肉が「何らかの活動をしているときにその部位に出現する振戦」
この中で「活動時刻振戦」は「2つ」のなかの。

##3
「「姿勢時振戦」はある姿勢を保とうとするときに出現する振戦」
で御座います。

##4
よく「振戦:しんせん」を「本態性」とか「家族性」とか○○性とか
分類する「方法」がありますが「臨床神経診断学」の観点からは
これは「何ら意味をもたず」正しくは御座いません。

##5
だから
「神経内科専門医先生」が
「先日,神経内科を受診したところ,
本態性振戦であり姿勢時振戦であろ うとのことでした.」
との「御診断」ですが。

##6
「本態性振戦」
はなんら「診断戦略」上意味を持ちません。

##7
「姿勢時振戦であろ うとのことでした.」
は正しい。

##8
「姿勢時振戦」は「緊張型」の患者さんで
極めて多く発現致します。

##9
御相談者の
「震え」=「振戦」は
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「緊張型ふるえ」(あだ名です)のように考えます。


#5
##1
「しかし,デバスを飲んでいても症状は改善されず,
また右手の違和感も 残っています.

さらに,最近では,時々,体のびくつきを感じるようになりました.

ぴくつきは主に睡眠前や,
体に力を入れずにリラックスしているときに 起きるようです.

部位としては一定ではありませんが,
右手小指のぴくつきが非常に気に なります.」
との事です。

##2
御相談者は「肩こり・頸こり・背中こり」」を
元来御持ではないでしょうか。

##3
もしも御相談者に「肩こり・頸こり・背中こり」」が
元来よりお強い様であれば。

##4
典型的な
「「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
です。
この「姿勢時振戦」は「緊張型ふるえ」(あだ名です)
であり
「ぴくつき」は「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」

##5
ストレスには弱くなります。
「因果関係」を逆転すればストレスから
「発生」するようにみえるが間違いなのです。

##6
「実際,ストレスをずっと感じており,
そのためか寝ても朝早くに目が覚 めたり,疲れが取れなかったり,
吐き気,胃腸の調子が悪いということが続いて いたので,
ストレスから来るのかなと納得しました.」
より
胃ばけ(あだ名です)の「症状・症候」も
お持ちの様です。


#6
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴につき「補足1」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「症状・症候」発生の時間依存性につき「補足2」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「緊張型ふるえ」(あだ名です)につき「補足3」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「胃ばけ(あだ名です)」の「症状・症候」について「補足4」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」につき「補足5」に。


##2
御記載致します。御参考になれば何よりです。

#7結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「このとき医師には怖い病気ではないから,
気にしないでリラックスし,
よく寝ることが大切だとアドバイスを受けています.

しかし,デバスを飲んでいても症状は改善されず,
また右手の違和感も 残っています.

さらに,最近では,時々,体のびくつきを感じるようになりました.

ぴくつきは主に睡眠前や,
体に力を入れずにリラックスしているときに 起きるようです.・略・

手の振るえのこともあり,
前回の受診では見逃された何かの病気ではな いかと心配です.

再び,神経内科を受診した方が良いのでしょうか?」
との事です。

##3
しっかり治されるためには「頭痛」「機能性末梢神経障害」
にお強い「脳神経外科専門医先生」「ペインクリニック専門医先生」
を御受診されるのが宜しいと考えます。

##6
的外れなことを申し上げたかもしれません。
けれどもご参考になれば何よりで御座います。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴につき「補足1」に。

さて「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には特徴がございます。

##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1-2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:Barber's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
肋骨や腹部が「痛くは」有りませんか。
「「肩こり背中凝り」の前への押し寄せ」の「症状・症候」
で御座います。
##31
「甲状腺機能」の「異常所見」を指摘されたことが
おありではないでしょうか。
##32
「左側」のほうが痛くはありませんか。
##33
後頭部や後頚部に「しこり」のようなものがあり
さわると痛くないでしょうか。

以上の項目は「緊張型」の不思議だが重要な特徴です。

「補足1おわり」

++「補足2」++++++++++++++++++++++++++++++

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「症状・症候」発生の時間依存性につき「補足2」に。

「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの
時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。

##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。

##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。

##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。

##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。

##8
11月ー12月に「しびれ感」が
上肢或は下肢におきたり「ふわふわ感」が起きたり致します。

##9
皮肉なことに俗に言う風邪をひかれた後に「症状・症候」
が発現して「診断」がつかないことが御座います。

##10
「細菌性気管支炎
或は「反復性上気道感染」をおこされ
「無菌性髄膜炎」と診断されることが稀ならずあります。

##11
##10ならずとも「耳鼻の奥の「閉塞感」」の
「症状・症候」が発生することもあり
「耳鼻科専門医先生」で「御診断」が付かないことが
多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重要な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。


「補足2おわり」

++「補足3」++++++++++++++++++++++++++++++

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「緊張型ふるえ」(あだ名です)につき「補足3」に。

1・
##1
「ふるえ」=振戦は「緊張型」の患者さんでよく出現致します。

##2
「振戦:しんせん」には
「活動時刻振戦」と「休止時振戦」の「2種類」が御座います。

##3
「休止時振戦」は患者さんの身体(四肢・体幹・頭部)が
休止している状況で発生する振戦で御座います。

##4
「活動時刻振戦」は筋肉が「何らかの活動をしているときに
その部位に出現する振戦」この中で「活動時刻振戦」は「2つ」
に更に分類されます。
「運動時振戦」と「姿勢時振戦」で御座います。
=>##5

##5
###1
「「運動時振戦」は運動をするときに出現する振戦」
###2
「「姿勢時振戦」はある姿勢を保とうとするときに出現する振戦」

##6
ちょっと「専門的」ですが。
「活動時振戦」の「2種類」=「運動時振戦」と「姿勢時振戦」と。

「「活動時振戦」の2つはは
「英国臨床神経学」」の「アクション振戦:action tremor」
という「力をいれたとき「出現」する振戦とは「全く別物」です。

##7
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「「振戦:しんせん」=「ふるえ」は上記
「活動時刻振戦」と「休止時振戦」の「2種類」」
の中で。=>##8

##8
「活動時振戦」=
「「運動時振戦」は運動をするときに出現する振戦」

「「姿勢時振戦」はある姿勢を保とうとするときに出現する振戦」
であり。
「緊張型」の患者さんに最も多発する
振戦=「ふるえ」で御座います。

「補足3おわり」

++「補足4」++++++++++++++++++++++++++++++

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「胃ばけ(あだ名です)」の「症状・症候」について「補足4」に。


##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
に伴う胃ばけ(あだ名です)もお持ちの様です。

##2
胃ばけ(あだ名です)には
胃ばけ(あだ名です)には「3つ」のタイプが御座います。

##3
###1
「胃ばけ(あだ名です)タイプ1」まさにみぞおちがきりきり激痛で痛みます。
###2
「胃ばけ(あだ名です)タイプ2」臍の左右いずれかに「鈍痛」がきます。
###3
「胃ばけ(あだ名です)タイプ3」盲腸・恥骨上・差側盲腸に「鈍痛」がきます。

##4
「また下痢感のない下痢」或は「下痢だとおもっても全くでない」
或は「下痢の「御自覚症状」」がないのに「急に下痢」が起こる
という「下痢化け(あだ名です)」
で消化器系の「症状・症候」がくることが御座います。

##5
「胃ばけ(あだ名です)」=)とりわけ「胃ばけ(あだ名です)タイプ1」
(「胃ばけ(あだ名です)タイプ2」の場合は夜間に「救急車騒ぎ」
を起すほど「激烈」なことが御座います。

##6
また「胃ばけ(あだ名です)タイプ3」盲腸・恥骨上・差側盲腸に「鈍痛」がきます。
の場合には「俗にいう盲腸炎」=「急性虫垂炎」として手術をされてしまうこと
も御座います。

##7
##6の場合は「俗にいう盲腸炎」=「急性虫垂炎」の手術
のあとで「炎症は少なかった」とか煮え切らない御説明が
されることも多いです。

##8
更には
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」の下記を御参照下さい。
###1
「骨盤の痛みで質問したものです [2] [2003年 8月29日 11時35分44秒]」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/619282601009221.html
###2
「骨盤の痛み [2] [2003年 8月28日 11時31分46秒] 」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/0306681951778991.html

##9
このように「緊張型」では消化器の「症状・症候」も
惹起致します。

##10
さもなくても
正診断率の大変低い「疼痛系の「症状・症候」が「胃ばけ(あだ名です)」
により更に
正診断率の大変低い「病態」へと変化致します。


「補足4おわり」

++「補足5」++++++++++++++++++++++++++++++

「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」につき「補足5」に。

##1
肩と背中がものすごく、こっているかたの場合
「適切でない内服薬」を処方されて内服された場合「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」
がでやすいことがあります。
パ○シルなど事例が多いです。

##2
##1の場合
2日-5日位の内服後からまず左上腕部がピクピクすることが多いものです。

##3
「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」は
1日近くピクピクしています。

##4
落ち着いてきたなと思ったらまた体のあちらこちらが
ぴくぴくしだすのも特徴です。

##4
「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」は
手・足・背中・わき腹・また唇や口の周辺或は眼嶮周囲にに出現いたします。

##5
「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」は
ほとんどが1瞬で終わります。長くても10~15秒位の持続時間で御座います。

##6
「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」は
運動したり、歩いたり、何かに気を取られている時は感じられないことが多いものです。

##7
体を休めているときや、じっとしているときにピクツキが気になります。

##8
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/7fal crisis)
することが多いです。

##9
##8の「時期」=「タイミング」をすぎる・或ははずれると
その頃から比べれば若干1日にピクツク回数は減ったように思われることが
御座います。

##10
けれども「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」は
依然、毎日続くことが多いものです。

##11
その日によって場所はさまざまです。

##12
通常体のピクツキ以外他の症状は何も「御自覚症状」としては乏しいのが
特徴です。

##13
会話も普通に出来ます。握力も低下していません。
歩行や走ったり普通に出来ます。

##14
脳CT・MRI或は、血液検査もしましたが「「異常所見」無し」とされることが
多いものです。。

##15
大学病院などの総合病院の脳神経外科を御受診されても
異常は無いとのこととされ頭をかかえる患者さんは多いものです。

「補足5おわり」
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2006年5月21日 15時27分21秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールマガジンの解除方法

以下のページよりご自身で行ってください

▼まぐまぐからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/mag/

▼メルマからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/melma/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
by mmdmsci | 2006-05-29 11:12

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題 292



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

292記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題292

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 頭痛と手足のしびれ  】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。


++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

「しびれ感」を主訴とされ「頭痛系の「病態」」
もおありのようでさる。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」+
「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)
と考える。

実際に現実的には正診断率の大変低い「疼痛系の「病態」」。

「何科にお世話になれば、宜しいでしょうか。」
とおっしゃられても。
現実
本邦で御相談者の「病態」を扱えるのは
「数名」位と思われて。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++


#1
##1
「皆様の相談内容と先生の回答を拝見して、
小職も思い当たる箇所が多いので同じ様な
病気ではないかと思われます。
症状を下記に記載しますので、アドバイスを宜しくお願い申し上げます。

1)本年1月に手足のむくみと目の充血
  (アレルギーでは無いかと点眼液を使用。手足のむくみは自然に治まる)

2)こめかみ横の偏頭痛 時々発生・・・昨日から本日まで。

3)1月末より手足のしびれが継続する。
  箇所
  ・右親指第一間接側部
  ・右中指第一と第二間接側部中間
  ・左人差し指第一から付け根までの側部

  ・左右足の人差し指上部
  ・左足かかと

4)この様な症状が続いていて朝はじっくりと睡眠が出来ない

以上、何科にお世話になれば、宜しいでしょうか。
PS.近所のクリニックでメチバコールを2週間分頂きましたが、
症状はよくなりません。

お忙しいとは思いますが、アドバイス頂きたく御願い致します。」
との事です。


#2
##1
「本年1月に手足のむくみと目の充血」
との事です。
「アレルギー」によるものではない。

##2
「こめかみ横の偏頭痛 時々発生・・・昨日から本日まで。」
との事です。
=>
「週末症侯群:week-end syndrome」で発生する「頭痛系の「症状・症候」」
と考えます。
=>
けれども
「偏頭痛」正確には「古典的偏頭痛」=「典型的偏頭痛」では
ないと考える。=>
=>
「偏頭痛」正確には「古典的偏頭痛」=「典型的偏頭痛」の場合
「閃輝暗点:せんきあんてん」や「視野障害」などの
「予徴候:predrome:プレドローム」からまずははじまり。
これらが消失すると同時に「頭痛系の「症状・症候」」が発症するといった「古典的偏頭痛」
の「頭痛系の「症状・症候」」の御記載がなく
俄かに「偏頭痛」正確には「古典的偏頭痛」=「典型的偏頭痛」
とは考えがたい。
=>
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
と考える。


##3
「1月末より手足のしびれが継続する。
  箇所
  ・右親指第一間接側部
  ・右中指第一と第二間接側部中間
  ・左人差し指第一から付け根までの側部

  ・左右足の人差し指上部
  ・左足かかと」
=>##4・##5・##6・##7

##4
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんには
「緊張型「しびれ感」」(あだ名です)が
発生致します。

##5
手指の親指・人指指(第1・第2指)か
小指・薬指(第4・第5指)に
絵に書いたような「しびれ感」があるのが特徴です。

##6
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「延長線上あるいは同一線上にある病態」
である
「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)=
「meralgia paraesthetica(メラルギア・パレステチカ)」=
「Roth-Bernhartd症候群:ロス・ベルンハルト症候群」
の「しびれ感」もおありのようである。=>##7

##7
「腰痛」を伴い疼痛或は「しびれ感」はまずは
「大腿外側」から発症し「膝関節痛」或いは
「更には下肢外側痛或は脹脛」にあり。
下肢足の「親指付け根」・「薬指の付け根」・
「踝の上」・「大腿」外側に「しびれ感」があることが多いものです。

##8
「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)の
この「しびれ感」はある朝突如として出現することが多いのです。
けれども「運動神経麻痺」は全く伴いません。
下肢「しびれ感」の場合「体重」をかけていると消失或は著明に軽減致します。
一方「いすに座ったり」「入浴にて浮力で体重負荷が無くなり」
「症状・症候」は軽減致します。

##9
入浴後に風呂上りにとてつもない
「しびれ感」の増悪にくることが御座います。

#3
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは。

##2
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」+
「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)
の「病態」。

##3
実際に現実的には正診断率の大変低い「疼痛系の「病態」」でございます。

##4
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」

「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)
は「延長線上あるいは同一線上にある病態」。

##5
「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)
とは
1895年Rothにより「meralgia paraesthetica」と命名されて
Bernhardtにより「外側大腿皮神経パレステジア」と記載された
病態なので御座います。


#4
##1
治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。
(「神経ブロック」といっても
「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません)

##2
「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)
の場合は「神経根ブロック」という「神経ブロック」を
致します。

##3
「PS.近所のクリニックでメチバコールを2週間分頂きましたが、
症状はよくなりません。」
=>##4

##4
「運動神経優位型末梢神経障害」の「病態」ではない。

##5
「感覚障害・知覚障害」である。
「ビタミンB12」=「メチコバール:VB12」=
「メチクール:VB12」
が奏功するべくもないです。


#5
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴につき「補足1」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「症状・症候」発生の時間依存性につき「補足2」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「緊張型しびれ(あだ名です)」について「補足3」に。
「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)
の特徴につき「補足4」に。

##2
御記載致します。御参考になれば何よりです。


#6結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「この様な症状が続いていて朝はじっくりと睡眠が出来ない
以上、何科にお世話になれば、宜しいでしょうか。」
との事です。
=>##3

##3
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」+
「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)
の「症状・症候」です。

##4
実際に現実的には正診断率の大変低い
「疼痛系の「病態」」でございます。

##5
しっかり治されるためには「頭痛」「機能性末梢神経障害」にお強い
「脳神経外科専門医先生」「ペインクリニック専門医先生」
を御受診されるのが宜しいと考えます。

##6
但し「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」でも
「頭痛」「機能性末梢神経障害」に苦手な先生もいらっいます。
全く「病態名称」すらちんぷんかんぷんなこともあります。
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

##7
「何科にお世話になれば、宜しいでしょうか。」
とおっしゃられても。
現実本邦で御相談者の「病態」を扱えるのは
「数名」位と思われて。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴につき「補足1」に。

さて「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には特徴がございます。

##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1-2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。

以上の項目は「緊張型」の不思議だが重要な特徴です。

「補足1おわり」

++「補足2」++++++++++++++++++++++++++++++

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「症状・症候」発生の時間依存性につき「補足2」に。
「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの
時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。

##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。

##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。

##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。

##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。

##8
11月ー12月に「しびれ感」が
上肢或は下肢におきたり「ふわふわ感」が起きたり致します。

##9
皮肉なことに俗に言う風邪をひかれた後に「症状・症候」
が発現して「診断」がつかないことが御座います。

##10
「細菌性気管支炎
或は「反復性上気道感染」をおこされ
「無菌性髄膜炎」と診断されることが稀ならずあります。

##11
##10ならずとも「耳鼻の奥の「閉塞感」」の
「症状・症候」が発生することもあり
「耳鼻科専門医先生」で「御診断」が付かないことが
多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重要な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。

「補足2おわり」

++「補足3」++++++++++++++++++++++++++++++

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「緊張型しびれ(あだ名です)」について「補足3」に。


しびれがあるとのことですが。
下記については如何でしょうか。

「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
では「特有な「しびれ感」」が「症状・症候」としてでます。


##1
手指の親指・人指指(第1・第2指)か
小指・薬指(第4・第5指)に
絵に書いたような「しびれ感」があるのが特徴ですが如何でしょう。
##2
まずほかの手指には来ません。
##3
男性が腕時計を眺める上肢の部位にしびれ感があるのが
特徴で御座います。
如何でしょう。
##4
また手のひらが赤く霜「降り状」の白い斑点がないでしょうか。
##5
これらの「症状・症候」は朝方強いという特徴
が御座います。
##6
この「しびれ感」は
「頚椎の病気(「頚椎症」とか頚椎椎間板ヘルニア)」
が原因と間違われることが多くこの場合は厄介です。
##7
皮肉なことに脳MRIから
「脳神経外科専門医」の疾患である
「キアリ・アーノルド奇形」
「脊椎空洞症」等と間違われることがあります。
##8
上肢に「しびれ感」のある患者さんは下肢にも
また下肢に「しびれ感」のある患者さんじは下肢にも「しびれ感」の
有ることが多いものです。
##9
下肢の「しびれ感」の場合は足指の親指・薬指の根元、
・足の甲(足背部)・踝・外側大腿に「しびれ」がきます。
##10
下肢の「しびれ感」の場合膝の裏が「糊付けされたような」
「張り紙様の硬さで「張って」いることが多いものです。
##11
おおくの場合「末梢循環障害」とりわけ「下肢静脈還流不全状態」
で疼痛性歩行障害にいたることが御座います。
##12
またこの「しびれ感」はおかお特に下口唇に「しびれ感」
を併発することが御座います。
##13
また「しびれ感」とも異なるのですが
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」の
患者さんは「肘関節」の「甲」のほうに「軽い疼痛」があるのが
特徴でも御座います。

「補足3おわり」

++「補足4」++++++++++++++++++++++++++++++

「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)
の特徴につき「補足4」に。


「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)
につき
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
の「過去の御相談と御回答」の内容の一部を「位下」に
御記載致します。御参考になれば何よりです。
(長いですから結論だけ御読みいただいても結構です)

#1
##1
この「症状・症候」は
「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)
のように考えます。

##3
1895年Rothにより「meralgia paraesthetica」
と命名され
Bernhardtにより「外側大腿皮神経パレステジア」
と記載されました。

##4
「知覚異常性大腿神経神経痛」
或はmeralgia paraesthetica(メラルギア・パレステチカ),
 Roth-Bernhartd症候群などと呼称されますが。
##5
本邦ではまず通じません。
##6
「知覚異常性大腿神経神経痛」
(本当は神経痛ではないのですが)の特徴を#3に記載いたします。
#2
この「腰痛・下肢痛」には特徴が御座います。
##1
「腰痛」を伴い疼痛或は「しびれ感」は
まずは
「大腿外側」から発症するものです。
##2
「膝関節痛」或いは
「更には下肢外側痛或は脹脛痛」として広がります。
##3
この「しびれ感」は「ある朝」或は「就眠時」「就眠中」に
突如として出現することが多いものです。
##4
けれども「運動神経麻痺」は全く伴いません。
##5
「しびれ感」の特徴は
「弱い電気を感じられているビリビリする様な御自覚症状」
と考えます。
##6
「下肢足」の「親指付け根」・「薬指の付け根」・
「踝の上」・「大腿」外側に「しびれ感」「症状・症候」が
あることが多いものです。
##7
下肢「しびれ感」の場合「体重」をかけていると
消失或は著明に軽減致します。
##8
「入浴にて浮力で体重負荷が無く」なると
「症状・症候」は軽減致します。
##9
けれども「浴槽」からでた後に」急激に
「症状・症候」が増悪することが多いものです。
##10
「いすに座ったり」して「体重負荷」が減じると「症状・症候」
は増悪して「足指先端」の「冷痛感」で「激痛」にばけることも
御座います。
##11
下肢のみでなく上枝にもしびれのあることが多いものです。
如何でしょうか。
##12
上枝の「しびれ感」の場合
「手指の親指・人指指(第1・第2指)か
小指・薬指(第4・第5指)」に
絵に書いたような「しびれ」が御座います。
##13
更に上肢の場合
男性が腕時計を眺める上肢の部位にしびれ感があるのが
特徴で御座います
##14
「下肢痛」で「御診断」が付かず苦労される患者さん
が「知覚異常性大腿神経神経痛」では後をたちません。
##15
時として「疼痛性歩行障害」にすら至ります。
##16
「機能性末梢神経障害」であり画像診断には「異常所見」
が得られないため正診断率の大変低い
「疼痛系の「症状・症候」」でございます。
##17
「神経ブロック」或は「神経根ブロック」
或は「硬膜外ブロック」が著効致します。
##18
「症状・症候」のレベルを間違えられて
「おしり=臀部直上」の「ブロック」を施行されることが
稀ならず御座います。
##19
これらの
「経仙骨孔ブロック」或は
「硬膜外ブロック」の「仙骨ブロック」を施行されても
一向に良くなりません。

#3
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「延長線上あるいは同一線上にある病態」に
「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)
という「病態概念」が御座います。
##2
「知覚異常性大腿神経神経痛」
(本当は神経痛ではないのですが)
の「症状・症候」は正診断率の大変低い
「疼痛系の「症状・症候」」でございます。
##3
主役は外側大腿皮神経という有名神経であり
「第2,3腰神経前枝の後部」から発生する
「有名な神経」で御座います。
##4
「末梢神経名称」でいけば
「外側大腿皮神経」が病態の主役であることが多いものです。
##5
L2神経根といえば
###1
陰部大腿神経
###2
外側大腿皮神経
###3
大腿神経
###4
閉鎖神経の源流です。
##6
「神経ブロック」では
「外側大腿皮神経ブロック」

##7
或は
「神経根ブロック」では
「L2神経根神経根ブロック」が著効致します。

##8
上記の「神経ブロック」或は「神経根ブロック」による
治療は「ペインクリニック専門医先生」が専門と致します。

#4結論:
##1
「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)
或は
1895年Rothにより「meralgia paraesthetica」と命名されて
Bernhardtにより「外側大腿皮神経パレステジア」と記載された
病態なので御座います。

##2
「CT・MRIやX線撮影などの画像診断」では「異常所見」
が得られないために「機能性末梢神経障害」による
「症状・症候」と呼称されます。

##3
「機能性疾患」即ち「画像診断」或いは「眼で見えぬもの」の
「処遇」「治療戦略」に「失念」するという「臨床診断学」
の苦手な「中枢神経系専門医先生」の場合
CT・MRIで「異常なし」でこれより先に「診断戦略」
が発展致しません。

##3
「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)=
「Roth-Bernhartd症候群:ロス・ベルンハルト症候群」=
「meralgia paraesthetica(メラルギア・パレステチカ)」
の「病態概念」は俄かには
本邦ではまず通用しません。

##4
「腰痛・下肢痛・感覚障害・知覚障害」をしっかり治されるためには
「頭痛」「機能性末梢神経障害」にお強い「脳神経外科専門医先生」
「ペインクリニック専門医先生」を御受診されるのが宜しいと考えます。

##5
但し「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」でも
「頭痛」「機能性末梢神経障害」に苦手な先生もいらっいます。
このことは何卒に御銘記下さいませ。


「補足4おわり」

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2006年5月21日 13時38分20秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールマガジンの解除方法

以下のページよりご自身で行ってください

▼まぐまぐからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/mag/

▼メルマからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/melma/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
by mmdmsci | 2006-05-23 14:29

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題 291


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

291記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題291

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 数ヶ月まえからの右手の筋萎縮と筋力低下  】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)


けれどもこれは困りましたね。
これはさぞかし御心配であろうと存じます。


++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

相談掲示板の「能力」を超えた御相談です。

「萎縮」=「筋萎縮」を伴った
「筋力低下」しかも「末梢筋群」の「筋力低下」の「症状・症候」
の「症状・症候」
と解釈致します。

相談掲示板の「能力」を超えた「症状・症候」についての
御相談でもあり
なかなかに御回答が適切であるかは責任がもてません。

けれども御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」
の可能性がありもしもそうだとしたら「深刻」な事態です。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++

#1
##1
「ご相談させてください。

右手の自由が利かなくなり、大変困っています。

1.65歳男性

2.
数ヶ月前から、右手の握力が10ほどしかなくなり、
箸で物を掴むことができません。
また、外見上、親指と人差し指の間の筋肉が
左手と違って、ないように見えます。

腕自体は、特に問題ないのですが、指がうまく動かせません。

3.
原因は何か、
どういった病院へ行けばよいのか?
大阪でいくなら、どこの病院へいけばよいのか?

どうぞよろしくお願いします。」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載から
とりわけ重要な「症状・症候」が「3つ」
御座います。

##2
1・
「右手の自由が利かなくなり、大変困っています。・略・
数ヶ月前から、右手の握力が10ほどしかなくなり、
箸で物を掴むことができません。」
という
「筋力低下」しかも「末梢筋群」の「筋力低下」の「症状・症候」

2・
「また、外見上、親指と人差し指の間の筋肉が
左手と違って、ないように見えます。」
という
「萎縮」=「筋萎縮」と考えられる「症状・症候」

3・
「数ヶ月前から」
という「症状・症候」=
「以前にはなかった「症状・症候」」で「急性発症」であれば
「何月何日」と御記載されるでしょうから
「いつ「症状・症候」がではじめたかわからないが
今現在は「握力」は10しかないし「箸でものがつかめない」
という
「漸次(ぜんじ)進行性」の「症状・症候」の可能性。


##3
##2が御相談者の御相談内容要旨御記載どおりであると
すれば
「症状・症候」は「深刻」です。


#3
##1
「原因は何か、
どういった病院へ行けばよいのか?
大阪でいくなら、どこの病院へいけばよいのか?

どうぞよろしくお願いします。」
との事です。

##2
「原因はなにか」というよりも
「病態」として
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」
の「可能性」があります。

##3
「どういった病院へ行けばよいのか?
大阪でいくなら、どこの病院へいけばよいのか?」
=>##4

##4
公的な総合病院以上のレベルで
「神経内科専門医先生」が常時「数名以上」常在されている
御施設の「神経内科専門医先生」を
「御受診」されるべきでしょう。

##5
具体的には
大学病院の「神経耳科内科外来」の「神経耳科内科専門医先生」を
「御受診」されることをお勧めいたします。


#4結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「萎縮」=「筋萎縮」を伴った
「筋力低下」しかも「末梢筋群」の「筋力低下」の「症状・症候」
の「症状・症候」
と解釈致します。

##3
相談掲示板の「能力」を超えた「症状・症候」についての
御相談でもあり
なかなかに御回答が適切であるかは責任がもてません。

##4
けれども御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」
の可能性がありもしもそうだとしたら「深刻」な事態です。

##5
「原因は何か、
どういった病院へ行けばよいのか?
大阪でいくなら、どこの病院へいけばよいのか?

どうぞよろしくお願いします。」
との事です。

=>
「個人レベル」ではなく
「神経内科専門医先生」が常時「複数名」常在される
大学病院の「神経内科外来」の
「神経内科専門医先生」を「御受診」されることをお勧めいたします。

##6
上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

ps
私が心配している
「運動神経細胞病(モーターニューロン病:MND)」
に関しては。

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html

の「過去の御相談と御回答」

「家族性筋萎縮性側索硬化症 FALS? [2]
[2005年10月 9日 11時 2分 9秒] 」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/90024117434314.html
をを御参照頂けますか。
コピー致します=>「ごらんくださいませ」


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


++「ごらんくださいませ」++++++++++++++++++++++++


これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御気持ちは大変よく判ります。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。


+++++++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。
「伯母は筋萎縮性の患者の父親の異父兄弟です。
筋萎縮性の患者は家族性ではないと言い続けていたのですが、
複雑な家系ですので、それもまた不安です。」
との事です。

「家族性筋萎縮性側索硬化症:
familiar amyotrophic lateral sclerosis:FALS」
という家族性の「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」「病態」
は5%に存在致します。

下記に順を追って御回答致します。
+++++++++++++++++++++++++++

#1
##1
「相談は、伯母68歳のことなんですが、
2年前から突然、右手親指、人差し指に力がはいらなくなり、
筋肉が萎縮してしまいました。

身内に筋萎縮性束索硬化症の患者がいたため、
同じ病気ではないかと疑われました。

しかし、2年たった今も、完全には麻痺しておらず、
また、他にも進行はしていないため、原因不明のままです。
最近は、筋萎縮性束索硬化症ではないかも、と言われています。

私には娘が二人おり、もし家族性だったらと思うと、
胸がつまる思いで、鬱になり、精神科にまで通うほどです。
先生のご意見をお聞かせ願えませんでしょうか?

伯母は筋萎縮性の患者の父親の異父兄弟です。
筋萎縮性の患者は家族性ではないと言い続けていたのですが、
複雑な家系ですので、それもまた不安です。

長文失礼致しました。わらにもすがる思いで、
失礼を承知でメールさせて頂きました。」
との事です。

#2
##1
「家族性筋萎縮性側索硬化症:
familiar amyotrophic lateral sclerosis:FALS」


について
簡単にご説明致します。

#3
##1
「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の5%が家族性です。

##2
##1の内訳は
###1
「常染色体優性遺伝」の様式を有します。
###2
「常染色体劣性遺伝」の様式を有することもあります。
###3
散発性の「若年者「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」」
の事例も御座います。
です。

##3
「生存期間」は「2峰性」を示します。
###1
「短期生存年数型」は24ヶ月
###2
「長期生存型」は144ヶ月です。

##4
「家族性筋萎縮性側索硬化症:
familiar amyotrophic lateral sclerosis:FALS」
の発症年齢は平均45.7年で御座います。

##5
「家族性筋萎縮性側索硬化症:
familiar amyotrophic lateral sclerosis:FALS」 は
通常の「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」よりもやや早く発病する
傾向が御座います。

##6
男女比=1.36:1でやや男性に多い。

##7
「家族性筋萎縮性側索硬化症:
familiar amyotrophic lateral sclerosis:FALS」

「古典的筋萎縮性側索硬化症(ALS)」と
「臨床神経学」での「症状・症候」
に大略一致すると御考え下さい。

#4
##1
俗にいう「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」と呼称されているものの
「病態」でも
###1
古典的「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」=
「Chrcot ALS:シャルコーALS]
(または「通常型=forme commune」)

###2
「延髄型:forme bulbaire」「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」

###3
「偽多発神経症型:forme pseudo-poly-neuritique」

###4
その他
の「4「病態」」に分類致します。

##2
これらの「4「病態」」はさらに「症状・症候」の・或は
その他の「病態学的変数」により細分化されることがあります。


##3
「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」は
西太平洋・グアム・ロタ・テニアン諸島に多発致します。

##4
本邦では有名な事ですが
「紀伊半島南部地方」に多発点があります。

#5結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「神経内科専門医先生」でも
「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」に苦手な先生が多いものです。

##3
大学病院の如く「神経内科専門医先生」が複数常駐される
「神経内科外来」の「神経内科専門医先生」を「御受診」される事を
お勧め致します。

##4
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。

「補足」
+++++++++++++++++++++++++++++++++
筋萎縮性側索硬化症(ALS)は進行性の神経変性疾患であり
原因不明で根本的な治療法が未発見の難病で対処の困難な
疾患です。

全国で推定8000人以上の患者さんが闘病していると思われる。

イギリスの物理学者のホーキング博士がALS患者。

アメリカのルーゲーリックという有名な大リーガーの選手が罹患し
ルーゲーリック病とも「米」では呼称。

チエロのヨーヨーマさんは素晴らしいストラデイバリウスの
チェロをお持ちです。
この以前の持ち主はジャクリーヌ・デユ・プレさんという
超有名な女性のチェリストで
やはりALSでこの世を去りました
(ジャクリーヌ・デユ・プレ
の死亡前の診断はMS(多発性硬化症)でしたが誤診。)
+++++++++++++++++++++++++++++++++

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2005年10月9日 11時2分9秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   

相談は、伯母68歳のことなんですが、
2年前から突然、右手親指、人差し指に力がはいらなくなり、
筋肉が萎縮してしまいました。

身内に筋萎縮性束索硬化症の患者がいたため、
同じ病気ではないかと疑われました。

しかし、2年たった今も、完全には麻痺しておらず、
また、他にも進行はしていないため、原因不明のままです。
最近は、筋萎縮性束索硬化症ではないかも、と言われています。

私には娘が二人おり、もし家族性だったらと思うと、
胸がつまる思いで、鬱になり、精神科にまで通うほどです。
先生のご意見をお聞かせ願えませんでしょうか?

伯母は筋萎縮性の患者の父親の異父兄弟です。
筋萎縮性の患者は家族性ではないと言い続けていたのですが、
複雑な家系ですので、それもまた不安です。

長文失礼致しました。わらにもすがる思いで、
失礼を承知でメールさせて頂きました。

Saturday, October 08, 2005 10:57 PM

[2005年10月8日 122時57分46秒]

「ごらん下さいませおわり」

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2006年5月21日 10時39分6秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールマガジンの解除方法

以下のページよりご自身で行ってください

▼まぐまぐからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/mag/

▼メルマからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/melma/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
by mmdmsci | 2006-05-22 11:08

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題 290


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

290記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題290

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 「Sturge-Weber Syndriome(スタージウエーバー症候群)」 】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。


#1
##1
「ホームペイジ拝読しました。

恐縮ですが、メールさせていただきました。

56歳男性のスタージウエバー症候群の者がいます。
最近顔面血管腫に疣贅が多発し、
本人が疣贅の加療を希望しています。

血管腫と疣贅に関係があるのでしょうか?

さらに、病歴が長いのですが、
血管腫が悪性転化する可能性はないのでしょうか。

疣贅だけであれば、クリオサージェリーの適応はないのでしょうか。

以上お忙しいと存じますが、
ご教授ください。
治療の可能性があれば、
専門医を受診させたいと思っています。
どうかよろしくお願い申し上げます。」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「疣贅状:ゆうぜいじょう」の「病態」が
「Sturge-Weber Syndriome(スタージウエーバー症候群)」
に併発しているということです。
偶発的なものでしょう。

##3
「疣贅状:ゆうぜいじょう」の「病態」が
「尋常性疣贅:じんじょうせいゆうぜい」
であるのであれば。

##4
「尋常性疣贅:じんじょうせいゆうぜい」=
「尋常性疣贅:verruca vulgaris:common warts」
(じんじょうせいゆうぜい)

HPV(ヒトパピローマウイルス)による「病態」です。

##3
HPV(ヒトパピローマウイルス)の
6・11の多種類のサブタイプが
検出されます。


#3
##1
「尋常性疣贅:じんじょうせいゆうぜい」は
「切開法」でも・「CO2(炭酸ガス)レーザー」の
「レーザー・メス」「メス・レーザー」で「手術」しても
「切除法」のみではだめで
再発することが多いものです。

##2
「尋常性疣贅:verruca vulgaris:common warts」
(じんじょうせいゆうぜい)
の場合は
1・
「液体窒素:LN2」による凍結療法
2・
「高周波メス:俗に言う電気メス」による凝固
3・
「CO2(炭酸ガス)レーザー」による切開・凝固
4・
「ブレオマイシン」或は
「5-FU:5-フルオロウラシル(5-FU)」或は
インターフエロン」などの
「抗がん剤」
等のの「治療戦略」が用いられます。


#4
##1
「56歳男性のスタージウエバー症候群の者がいます。
最近顔面血管腫に疣贅が多発し、
本人が疣贅の加療を希望しています。
血管腫と疣贅に関係があるのでしょうか?
さらに、病歴が長いのですが、
血管腫が悪性転化する可能性はないのでしょうか。
疣贅だけであれば、クリオサージェリーの適応はないのでしょうか。
以上お忙しいと存じますが、ご教授ください。」

##2
まずは
「疣贅状:ゆうぜいじょう」の「病態」は
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
総じて
「いぼ」=「いぼ:viral warts」=「ウイルス性疣贅(ゆうぜい)」
の「病態」
あろうと考えます。

##3
「いぼ」=「いぼ:viral warts」=
「ウイルス性疣贅(ゆうぜい)」には
###1
「尋常性疣贅:verruca vulgaris:common warts」
(じんじょうせいゆうぜい)
###2
「ミルメシア:myrmecia」
###3
「青年性扁平疣贅:verruca planae juveniles」
###4
「尖圭コンジローム:condyloma acuminatum:genital warat」
等が御座います。

##4
例えば
「尋常性疣贅:verruca vulgaris:common warts」
(じんじょうせいゆうぜい)
等の場合は直径が1cm以上になることが
御座います。

##5
##4の場合など「大きい」
「尋常性疣贅:verruca vulgaris:common warts」
(じんじょうせいゆうぜい)
の場合は。
再発する可能性がありますが。
サージトロンという「ラジオ波メス」外科にて
摘出は可能で御座います。


#5
##1
「Sturge-Weber Syndriome(スタージウエーバー症候群)」
は「神経皮膚症候群:neuro-cutaneous syndrome」」
のひとつ。

##2
「フオン・レックリングハウゼン氏病:von Recklinghausen」
を始め
「21種類」の
「神経皮膚症候群:neuro-cutaneous syndrome」」
が御座います。

##3
これらの「神経皮膚症候群:neuro-cutaneous syndrome」」
のなかで
唯一に「遺伝性」を持たないことで
「Sturge-Weber Syndriome(スタージウエーバー症候群)」
は有名です。


#6
##1
「ウイルス性疣贅(ゆうぜい)」=「いぼ」は。

##2
「尋常性疣贅」「青年性扁平疣贅」「ミルメシア」
「尖圭(形)コンジローム」
など様々な「病態」をとります。

##3
いずれも「ヒト乳頭腫ウイルス;human papiloma virus :HPV」
よりの感染で発症致します。

##4
「「いぼ:viral warat」は
###1
「皮膚型」
###2
「粘膜型」
の分類されますが。

##5
「腫瘍」であるから「良性腫瘍」或いは「悪性腫瘍」
のいずれもの場合が「いぼ:viral warat」の場合は御座います。


##6
御相談者の御相談内容要旨御記載から
「疣贅:ゆうぜい」と御記載されている
「いぼ」=「いぼ:viral warts」=「ウイルス性疣贅(ゆうぜい)」は
良性であろうと考えられます。

##7
この「疣贅状:ゆうぜいじょう」「病態」が
「Sturge-Weber Syndriome(スタージウエーバー症候群)」の
「血管腫」のうえにあるとなると
現実的には「治療戦略」はかなり困難です。

##8
但しとってもとっても
再発する可能性が「ウイルス性疣贅(ゆうぜい)」
には御座います。


#6結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「さらに、病歴が長いのですが、
血管腫が悪性転化する可能性はないのでしょうか。」
との事です。

##3
「Sturge-Weber Syndriome(スタージウエーバー症候群)」
の「血管腫」が「「悪性化」すること」は通常は
ありません。


##4
「血管腫と疣贅に関係があるのでしょうか?」
=>
「神経皮膚症候群:neuro-cutaneous syndrome」」の
「一種」である
「Sturge-Weber Syndriome(スタージウエーバー症候群)」

「疣贅状:ゆうぜいじょう」の「病態」を
「尋常性疣贅:verruca vulgaris:common warts」
(じんじょうせいゆうぜい)
と考えれば
「積極的」な関連は御座いません。

##5
けれども
「Sturge-Weber Syndriome(スタージウエーバー症候群)」と
「知的障害」は関連するかもしれない。

##6
総じてさまざまな観点からは
かなりに難解な事例であると
今の私は考えます。


PS1
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板

「Sturge-Weber Syndriome(スタージウエーバー症候群)」
の「過去の御相談と御回答」
につき
「スタージー・ウェーバー症候群 [2]
[2003年12月17日 12時32分13秒] 」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/479763536089198.html
を御参照頂けますか。
コピー致します=>「ごらんくださいませ★★★」


取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

山本クリニック 山本博昭
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci


++「ごらんくださいませ★★★」+++++++++++++++++++++
ご心配なことと存じます。
#1
##1
「10月に男児を出産したものです。息子の左顔面(瞼の半分から
上唇まででおでこにはない)にあざがあり、皮膚科で診てもら
うとあざ自体は単純性血管腫でレーザーで治療できるが、その
中でも特殊な「スタージー・ウェーバー症候群」なので脳や目も
診てもらっ下さいと言われました。てんかんや緑内障の症状が
でるとのことでした。一応、CTを撮ってもらい異常はなかった
のですが、これから先、てんかんなどの症状がでることはある
のでしょうか。一度、異常なしと診断されればこれからさきは
検査しなくても大丈夫なのでしょうか?

との事です。


#2
##1
「Sturge-Weber Syndriome(スタージウエーバー症候群)」
について簡単にご説明致します。
##2
「毛細血管血管腫」がおかおの「三叉神経」の沿って
発生する「「「神経皮膚症候群」の一種」が御座います。
##3
「Sturge-Weber Syndriome(スタージウエーバー症候群)」
は「神経皮膚症候群」のなかでも「唯一」
「遺伝性」を持たないものなのですが。
##4
「中枢神経系」に血管の「石灰化」を起こすことが
御座います。。
##5
この「中枢神経系」の血管の「石灰化」は頭部X線撮影にて
「2本線でみえるので「レール・ロード・サイン」と
呼称されることが御座います。
##6
この「石灰化」が「てんかん」の「原因」となります。
##7
なければ「てんかん」は起こしません。


#3
##1
「Sturge-Weber Syndriome(スタージウエーバー症候群)」」は
「強い緑内障」をおこすことがあります。
##2
この「Sturge-Weber Syndriome(スタージウエーバー症候群)」
の「緑内障」を「牛眼」といわれることが御座います。
##3
これも「なければ」いずれ出てくるというような
「症状・症候」でも御座いません。
##4
「Sturge-Weber Syndriome(スタージウエーバー症候群)」」
は「強い緑内障」をおこすことがありますがこの場合
「Sturge-Weber- Dismitri Disease :スタージ・ウエーバー・デミトリ病」
と呼称致します。

#4
##1
御相談者の御相談内容からは
「Sturge-Weber Syndriome(スタージウエーバー症候群)」
と「お受けもちの先生」が診断してくださって本当に宜しかったです。。
##2
「顔面毛細血管血管腫」の場合常に
「Sturge-Weber Syndriome(スタージウエーバー症候群)」
の「可能性があるわけですが。」
##3
今ない「症状・症候」がいずれ出てくるということは
御座いません。
##4
「顔面毛細血管血管腫」で
「Sturge-Weber Syndriome(スタージウエーバー症候群)」
の「症状・症候」が「全てマイナス」であれば。
##5
やはり「Sturge-Weber Syndriome(スタージウエーバー症候群)」
と呼称致します。
##6
けれども
適切な表現が思い浮かばないのですが
本物の「Sturge-Weber Syndriome(スタージウエーバー症候群)」
である場合。
##7
「治療戦略」はおおきく変わります。



#5結論:
##1
「Sturge-Weber Syndriome(スタージウエーバー症候群)」
は「神経皮膚症候群」のひとつで御座います。

##2
「神経皮膚症候群」は21種類ほど御座います。

##3
「Sturge-Weber Syndriome(スタージウエーバー症候群)」
は「唯一「遺伝性」を持ちません。

##4
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。

##5
「Sturge-Weber Syndriome(スタージウエーバー症候群)」
とわかり本当に本当に宜しかったです。

##6
「脳神経外科専門医」「眼科専門医先生」による
精査の結果「問題なければ」。

##7
「Sturge-Weber Syndriome(スタージウエーバー症候群)」
ではあっても
「顔面毛細血管血管腫」とおなじですから。

##8
なにもかわることなく
「治療戦略」は進められて行くと今の私は考えます。

##9
ご心配なことと存じますが
「お受けもちの先生」にお任せいただいて
大丈夫で御座います。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年12月17日 12時32分13秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: S   
10月に男児を出産したものです。息子の左顔面(瞼の半分から
上唇まででおでこにはない)にあざがあり、皮膚科で診てもら
うとあざ自体は単純性血管腫でレーザーで治療できるが、その
中でも特殊な「スタージー・ウェーバー症候群」なので脳や目も
診てもらっ下さいと言われました。てんかんや緑内障の症状が
でるとのことでした。一応、CTを撮ってもらい異常はなかった
のですが、これから先、てんかんなどの症状がでることはある
のでしょうか。一度、異常なしと診断されればこれからさきは
検査しなくても大丈夫なのでしょうか?

[2003年12月17日 11時22分41秒]


「ごらん下さいませおわりおわり★★★」
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2006年5月13日 19時25分32秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールマガジンの解除方法

以下のページよりご自身で行ってください

▼まぐまぐからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/mag/

▼メルマからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/melma/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
by mmdmsci | 2006-05-19 15:14

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題 289


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

289記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題289

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 頭痛の脳MRIで頭皮全体が白く膨れて脂肪腫の診断  】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。


++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

「御母様」が「頭痛系の「症状・症候」」で
脳MRIを撮影され「脂肪腫:lipoma」との
「御診断」の「一連」には大きな「疑問」がある。

1・根本的に「脂肪腫:lipoma」の「画像診断」は
正しいのか。
「そこでMRAを撮ってもらったところ、
「頭皮全体が白く膨れて」「てっぺんが厚くなって」おり
これらは脂肪腫というもので、」
というような
「皮膚腫瘍」「皮下腫瘍」である
「脂肪腫:lipoma」は「存在」しないと考える。

2・
「これらは脂肪腫というもので、
それが頭痛の原因ではと診断されました。

脂肪腫を取り除くことが可能かどうかたずねたところ
「手術で取れるが、取ったとしてもかならずしも頭痛が
なくなるとは限らない」といわれました。」
という「治療戦略」への敷衍(ふえん)もかなり
「くせ」があります。

「御母様」の「頭痛系の「病態」」は
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
であると考えます。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++


#1
##1
「山本先生

はじめまして。

母の症状についてご相談させていただきます。
よろしくお願いいたします。
母は61歳です。
4年ほど前からひどい頭痛に悩まされ、通院しています。
最初に通院した病院では具体的な原因は不明で、
血圧が高いことなどが要因のひとつではという回答を受け、
2度目に通院した病院では「筋緊張性頭痛」
という診断をされました。

頭痛に加え、
去年あたりから「頭皮が膨れたような感じ」をおぼえ
「頭のてっぺんにひどいしびれ」を感じることがあったそうです。
先月の4月末になって、従来のものよりもひどい頭痛に
連日悩まされるようになり、
新たな病院を訪れました。

そこでMRAを撮ってもらったところ、
「頭皮全体が白く膨れて」「てっぺんが厚くなって」おり
これらは脂肪腫というもので、
それが頭痛の原因ではと診断されました。

脂肪腫を取り除くことが可能かどうかたずねたところ
「手術で取れるが、取ったとしてもかならずしも頭痛が
なくなるとは限らない」といわれました。

長くなってしまい申し訳ありませんが、
ご相談したいポイントは
1.頭全体をおおった脂肪腫が頭痛の原因である可能性の度合
2.頭痛の原因である場合でかつ手術で取り除いた場合に
  頭痛がなくなる可能性の度合
3.脂肪腫が頭痛の直接の原因でないと考えられる場合、
  この脂肪腫は取り除かなくても安全なものかどうか。

これらの内容に対して
山本先生のお考えをお聞かせいただけると、とても嬉しいです。
お忙しいことろ本当に恐縮ですが、
どうかご回答をいただきたく思います。
よろしくどうぞお願いいたします。」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載から
「御母様」の脳MRIの所見なのですが。

##3
「皮膚腫瘍」「皮下腫瘍」として
確かに「脂肪腫:lipoma」は「発生」致します。

##4
けれども頭皮の下が
全て「脂肪腫:lipoma」という「脂肪腫:lipoma」は
ありえません。

#3
##1
1.頭全体をおおった脂肪腫が頭痛の原因である可能性の度合
=>##2

##2
脳MRIにて
「頭全体をおおった脂肪腫」の「画像診断」には
多いに疑問があります。
=>##3

##3
もしも「脂肪腫:lipoma」+「頭痛系の「症状・症候」」
の「キーワード」で判断するならば。
=>##4

##4
「頭全体をおおった脂肪腫が頭痛の原因である可能性の度合」=0%です。


#4
##1
「2.頭痛の原因である場合でかつ手術で取り除いた場合に
  頭痛がなくなる可能性の度合」
#3より「0%」に近いと今の私は考えます。

##2
「3.脂肪腫が頭痛の直接の原因でないと考えられる場合、
  この脂肪腫は取り除かなくても安全なものかどうか。」
=>##3

##3
脳MRIで「脂肪腫:lipoma」と「御診断」された
わけですが。

##4
御相談者の御相談内容要旨御記載のとおりの
「そこでMRAを撮ってもらったところ、
「頭皮全体が白く膨れて」「てっぺんが厚くなって」おり
これらは脂肪腫というもので、
それが頭痛の原因ではと診断されました。」
の「脂肪腫:lipoma」は。

##5
再度脳MRIを他の「脳神経外科専門医先生」に
「転医」して撮影するか。

##6
脳MRIを「持参されて」
「お受けもちの先生」より「診療情報提供書」を
書いていただき。

##7
大学病院の「形成外科外来」の「形成外科専門医先生」を
「御受診」されることをお勧めいたします。

#5
##1
総じて「御母様」の「頭痛系の「症状・症候」」は
「機能性頭痛」であろうと考える。

##2
「頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には「緊張型頭痛」
「片頭痛」「群発頭痛」等があります。

##3
この中で「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
が最も可能性が高いです。

##4
たまさか脳MRIで「脂肪腫:lipoma」という
「皮膚腫瘍」「皮下腫瘍」の「画像診断」であったわけなのですが。

##5
「頭痛系の「病態」」を治そうとする「治療戦略」の
つめがなされていないように思われます。


#6
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
脳MRIの「画像診断」の「脂肪腫:lipoma」という
「御診断」である
「お受けもちの先生」のコメント。
「そこでMRAを撮ってもらったところ、
「頭皮全体が白く膨れて」「てっぺんが厚くなって」おり
これらは脂肪腫というもので、
それが頭痛の原因ではと診断されました。

脂肪腫を取り除くことが可能かどうかたずねたところ
「手術で取れるが、取ったとしてもかならずしも頭痛が
なくなるとは限らない」といわれました。」
との事です。

##3
何か「妙な気が致します」。

##4
御相談者の御相談内容要旨御記載が
事実或いは場合により
お聞き間違いの可能性のある前提で
「脂肪腫:lipoma」は
極めて不自然な「画像診断」です。

##5
「「頭皮全体が白く膨れて」「てっぺんが厚くなって」おり
これらは脂肪腫というもので、
それが頭痛の原因ではと診断されました。」

「見直す」必要があるのではないでしょうか。

##6
これは私の考えです。だから間違っているかもしれません。

##7
的外れなことを申し上げたかもしれません。
けれどもご参考になれば何よりで御座います。


#7結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「御母様」の「頭痛系の「病態」」は
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
です。

##3
しっかり治されるためには「頭痛」「機能性末梢神経障害」
にお強い「脳神経外科専門医先生」「ペインクリニック専門医先生」
を御受診されるのが宜しいと考えます。

##4
但し「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」
でも「頭痛」「機能性末梢神経障害」に苦手な先生もいらっいます。
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

##5
「3.脂肪腫が頭痛の直接の原因でないと考えられる場合、
  この脂肪腫は取り除かなくても安全なものかどうか。」
=>
放置されて構わないでしょう。
「脂肪腫:lipoma」のことは
一度負わすて頂く必要があるように今の私は考えます。

取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2006年5月12日 18時38分36秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 舌の痛み 足の痺れと痛み 】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)


これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。


#1
##1
「33歳 女
1年半前より、舌の右側部にしびれるような、
やけどをしたような痛みがあります。

3ヶ月前より、右足の中指・薬指あたりに違和感が始まり、
だんだんとしびれ、
続いて足裏にしびれ、足首に痛み、ひざ裏に痛み、
臀部に痛みがでてきました。
最近は左足指にも同じような違和感・しびれがあり、
だんだんと悪くなっていくようで心配です。

腰痛や、首痛もあります。
他にも、ふくらはぎなどども筋肉痛のような痛みがあり、
心配です。

頭の毛を引っ張られるような、
毛が逆立つような違和感もあります。

これについては婦人科で漢方薬を処方してもらっています。

整形外科で足指のレントゲン、
神経内科で頭部MRI・腰部MRIをとりましたが異常なしでした。
12月に出産し、現在授乳中であることもあり、薬は出ていません。

どの病院を受診すればよいかも分からず、
不安な毎日です。お忙しいところすみませんが、
よろしくお願いします。」
との事です。


#2
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」

「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)
という「病態」です。

##2
「1年半前より、舌の右側部にしびれるような、
やけどをしたような痛みがあります。」
との事です。
=>##3

##3
御相談者は過去2年以内に「抜歯(特に奥歯)」
或いは「歯科口腔外科専門医先生」の処置を
受けられてはいらっしゃいませんか。

##4
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面片頭痛」(「スルーダー」)=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」=
「翼口蓋神経痛:よくこうがい神経痛:spheno-palatine neuralgia」
の「症状・症候」も御持ちの様です。

#3
##1
#2の「一連」に関しましては
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」から

1・

左耳下、顎の付け根辺りが最近毎日痛みます。
[2] [2006年 5月11日 12時11分43秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/301412435322167.html
を御参照頂けますか。
=>コピー致します=>「ごらんくださいませ1★★★」

2・

左顔面、左指(小指、薬指、中指)、左足の痺れ。
頚部痛み以前有難り。 [2] [2006年 5月11日 13時14分47秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/66316945695235.html
を御参照頂けますか。
=>コピー致します=>「ごらんくださいませ2★★★」


#4
##1
「これについては婦人科で漢方薬を処方してもらっています。

整形外科で足指のレントゲン、
神経内科で頭部MRI・腰部MRIをとりましたが異常なしでした。
12月に出産し、現在授乳中であることもあり、薬は出ていません。」
との事です。

##2
「一番困る「脊椎の疾患」と間違われる」ことです。
「「異常所見」無し」で本当に宜しかったです。

##3
授乳中との事です。
お薬はでなかったとのことです。
この「病態」は妊婦さんや授乳中の「御母様」に
多いものです。

##4
治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。
(「神経ブロック」といっても
「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません)

#5結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」+
「知覚異常性大腿神経神経痛」(本当は神経痛ではないのですが)
の「病態」です。

##3
実際に現実的には正診断率の大変低い
「疼痛系の「症状・症候」」でございます。

##4
しっかり治されるためには「頭痛」「機能性末梢神経障害」にお強い
「脳神経外科専門医先生」「ペインクリニック専門医先生」を
御受診されるのが宜しいと考えます。

##5
但し「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」でも
「頭痛」「機能性末梢神経障害」に苦手な先生もいらっいます。
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

##6
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2006年5月11日 13時59分25秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールマガジンの解除方法

以下のページよりご自身で行ってください

▼まぐまぐからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/mag/

▼メルマからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/melma/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
by mmdmsci | 2006-05-16 10:31

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題 288


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

288記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題288

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 左耳下、顎の付け根辺りが最近毎日痛みます。 】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++

#1
##1
「宜しくお願い致します。

左耳下の痛みについてご相談とお願いです。
現在の年齢は34歳
住居は名古屋市内
職業は主婦及びサービス業です。

★具体的症状
約3年前から左耳下、顎の付け根辺りの痛みを自覚しています。
チクチク、ズキズキでは無く、押さえつけられる様なキューと
言った感じの痛みです。

3年前からここ1ヶ月前までは年末等の忙しい時、
疲労した時に限られていましたが
最近1ヶ月は毎日痛みが生じています。

耳鼻科の診断では特に所見は無く、歯医者では歯のかみ合わせが
悪いかもと言った程度で、具体的処置は無く放置していました。
おたふく風邪は3歳の時に経験。

疲労した時に肩から首にかけリンパ腺の腫れ、痛みを患う事が多い状態です。
この場合、耳下部分の痛みが増幅されることはありません。
この件は内科にて診察、現在血液検査をしているところです。
又、偏頭痛も頻繁に有ります。

以上の状況で、ネツトで拝見した<左耳下の痛み>に
酷似していると思い、ご相談させて頂いている次第です。

早急に一番確かな貴クリニツクにお願いするか、
当方、名古屋市内ですので、
この症状に詳しい病院、医師のご紹介を頂ければ幸いと
思いますので、是非、宜しくお願い申し上げます。」
との事です。


##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
口腔内細菌感染・或いは「上気道感染」
(「咽頭炎」・「喉頭炎」・「副鼻腔炎」など)」
を「反復性上気道感染」として些細ながら反復されている
と考えます。

##3
その気になって触診すれば
「頚部リンパ節腫大」正確には「浅頚リンパ節腫大」が
多数触れると思います。

##4
「耳鼻科の診断では特に所見は無く、歯医者では歯のかみ合わせが
悪いかもと言った程度で、具体的処置は無く放置していました。
おたふく風邪は3歳の時に経験。」
との事です。

##5
御相談者は「頭頚部領域」の感染性「病態」
即ち「反復性上気道感染」を気にされていらっしゃいます。

##6
けれども口腔内細菌感染・或いは
「上気道感染」(「咽頭炎」・「喉頭炎」・「副鼻腔炎」など)」
は「幼小児期」には「御自覚症状」はでますが
成人ではまず「体調不良」の「一歩手前」くらいの
「症状・症候」しかでません。

#3
##1
「約3年前から左耳下、顎の付け根辺りの痛みを自覚しています。
チクチク、ズキズキでは無く、押さえつけられる様なキューと
言った感じの痛みです。

3年前からここ1ヶ月前までは年末等の忙しい時、
疲労した時に限られていましたが
最近1ヶ月は毎日痛みが生じています。」
の「症状・症候」は
典型的な「「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「症状・症候」です。

##2
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
といっても「頭痛系の「症状・症候」」よりも
「ふわふわ感」「くらくら感」
或いは
御相談者のように極めて具体的には。
「約3年前から左耳下、顎の付け根辺りの痛みを自覚しています。
チクチク、ズキズキでは無く、押さえつけられる様なキューと
言った感じの痛みです。」
という
「肩こり・頸こり・背中こり」」の「症状・症候」
でくることが圧倒的に多いものです。


##3
「疲労した時に肩から首にかけリンパ腺の腫れ、痛みを患う事が多い状態です。
この場合、耳下部分の痛みが増幅されることはありません。
この件は内科にて診察、現在血液検査をしているところです。
又、偏頭痛も頻繁に有ります。」
との事です。
=>##4

##4
「又、偏頭痛も頻繁に有ります。」との事です。
=>##5

##5
よく皆様間違われるのですが
本物の「偏頭痛」=「偏頭痛」正確には「古典的偏頭痛」=「典型的偏頭痛」
の場合は
「閃輝暗点:せんきあんてん」や「視野障害」などの
「予徴候:predrome:プレドローム」からまずははじまり。
これらが消失すると同時に「頭痛系の「症状・症候」」が発症するといった
「症状・症候」が「古典的偏頭痛」の「症状・症候」です。

##6
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「機能性頭痛」として
「偏頭痛」正確には「古典的偏頭痛」=「典型的偏頭痛」
ではない。

##7
典型的な
「「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
である。
そして
「反復性上気道感染」も御持ちの様です。

##8
但し御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」と
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」
の成分も
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんには多いことなのですが
含まれています。

##9
##8につきましては下記に順を追って御回答致します。

#4
##1
「以上の状況で、ネツトで拝見した<左耳下の痛み>に
酷似していると思い、ご相談させて頂いている次第です。」
との事です。

##2
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」


左耳下の痛みについて [2] [2004年 1月26日 17時27分43秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/186731200273247.html
の「御相談と御解答」を示唆されているのでしょうか。
=>
「ごらんくださいませ3」

##2
##1は大分「以前の「御相談と御解答」ですが。

##3
この「耳のちくちく感」を伴うことは
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の場合に稀ならず御座います。

##4
「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」と
呼称致します。

#5
##1
「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」
「ヤコブソン神経(Jacobson’s neve)」=
「tympanic nerve:鼓室神経」とと呼称する「舌咽神神経」
の末梢枝でありであり「鼓室」=「中耳のこと」と「外耳道」の
感覚を司るのです。

##2
「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」とは。
この「ヤコブソン神経(Jacobson’s neve)」=
「tympanic nerve:鼓室神経」が分布する領域の「ピリピリ感」で
ある。

##3
多くの場合
「耳」のピリピリ感あるいは「耳下、顎の付け根辺りの痛み」
に波及することがあり「歯痛」と間違われて
「抜歯をされ(特に奥歯)」。
=>##4

##4
「抜歯後症候群」或いは
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「翼口蓋神経痛:よくこうがい神経痛:spheno-palatine neuralgia」=
「顔面片頭痛」(「スルーダー」)=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」
という
極めて「難治性」の「疼痛系の「病態」」に
「化ける」ことが御座います。

##5
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」から

「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」
について。
1・
耳の痛み [2] [2004年11月11日 15時47分54秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/177979460059763.html
「ごらんくださいませ2」
2・
耳・顔の痛み [2] [2004年11月14日 10時34分52秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/0788187199077619.html
を御参照頂けますか。

「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」


##6
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」から
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」
につきましては。
歯の圧迫感 [2] [2005年 3月24日 10時19分26秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/591475397887738.html
をを御参照頂けますか。
=>
「ごらんくださいませ1」


#6
##1
典型的な
「「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
を御持ちであり
「反復性上気道感染」をお持ちである。

##2
そして
「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」=
「外受容器性疼痛」が「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」

「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」=
「顔面片頭痛」(「スルーダー」)
の成分も御持ちである。

##3
これが「「歯科口腔外科専門医先生」の分野の歯痛」と
間違われて「抜歯」をされると「抜歯後症候群」として
回復不可能な「疼痛系の「病態」」に化けることが
御座います。

##4
これが
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「抜歯後症候群」と呼称される「病態」です。
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。


##5
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」から

緊張型頭痛の抜歯後症候群 [2] [2005年 6月10日 18時45分 7秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/51379643690689.html
を御参照頂けますか。
「ごらんくださいませ0」


#7結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
典型的な「「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
であり
「ヤコブソン神経痛(Jacobson’s neuralgia)」
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「翼口蓋神経痛:よくこうがい神経痛:spheno-palatine neuralgia」=
「顔面片頭痛」(「スルーダー」)=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」
の成分をもたれていらっしゃる。

##2
実際に現実的には正診断率の大変低い「疼痛系の「症状・症候」」
を御持ちである。

##3
治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。
(「神経ブロック」といっても
「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません)


##4
しっかり治されるためには「頭痛」「機能性末梢神経障害」にお強い
「脳神経外科専門医先生」「ペインクリニック専門医先生」
を御受診されるのが宜しいと考えます。

##5
但し「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」でも
「頭痛」「機能性末梢神経障害」に苦手な先生もいらっいます。
ちんぷんかんぷんなこともあります。
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。


##6
そして万一にも「「歯科口腔外科専門医先生」の「症状・症候」」
と思われる「歯痛」があられても
「「抜歯後症候群」」に留意され「抜歯をされ(特に奥歯)」
には特にご注意をされて下さい。

御免なさい。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

++「ごらんくださいませ0」++++++++++++++++++++++++
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」から

緊張型頭痛の抜歯後症候群 [2] [2005年 6月10日 18時45分 7秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/51379643690689.html
を御参照頂けますか。

++「ごらんくださいませ1」+++++++++++++++++++++++
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」から
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」
につきましては。
歯の圧迫感 [2] [2005年 3月24日 10時19分26秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/591475397887738.html
をを御参照頂けますか。
=>
コピー致します=>「ごらんくださいませ1」
------------------------------------------------------------
ご心配なことと存じます。
御相談者の御気持が大変によく判る御相談です。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

「御母様」の「症状・症候」は典型的な
「顔面片頭痛」(「スルーダー」)=
「「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」=
「翼口蓋神経痛:よくこうがい神経痛:spheno-palatine neuralgia」=
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」
で御座います。

「Sluder:1908」により始めて報告された「頭蓋顔面痛症候群」
であり「三叉神経痛」と実によく間違われます。

「発生部位」は
「口腔内」「鼻腔(びくう)」「眼窩」「後方乳様突起」などの
いわゆる「歯科口腔外科専門医先生」或いは「耳鼻科専門医先生」
の「領域」です。

「圧迫感」或いは「疼痛」として発生するこの「病態」は
「「翼口蓋神経節:よくこうがい神経節:spheno-palatine ganglion」
の「刺激」によると考えられています。
そして
刺激の原因としては
「蝶形骨:ちょうけいこつ」或いは「後篩骨洞:こうしこつどう」の
「2次感染」或いは「「鼻腔(びくう)」内変形」が原因とされています。

けれども「御母様」のように「歯科口腔外科専門医先生」にて
「抜歯」後を機会に「劇症化」することもあるため
「不用意」な「抜歯」は「御母様」のような場合は絶対に
避けねばなりません。

御婦人に多く「右側」にも「左側」にも起こりますが
「右側」が「左」の「3倍」
御婦人は殿方の10倍の頻度で発生致します。

正診断率の大変低い「機能性疼痛の「「病態」」」で御座います。

幼小児期に「副鼻腔炎」を反復されていたり「反復性上気道感染」
の「御既往」のあるかたに
出現することが多いものです。

下記順を追って御回答致します。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

#1
##1
「61歳の母親の症状についての相談なのですが、
半年ぐらい前から右下の奥歯あたりに圧迫感(母
親によると痛みではなく圧迫されるような感じと
の事です。)を感じはじめまじた。
特に夜になると圧迫感がひどくなり眠りにくいとい
う日々が続き、最終的には右下奥歯を歯科医で抜いて
もらったのですが、結局圧迫感は現在も続いたままです。
最近では左下奥歯のあたりも圧迫感を感じはじめてきた
ようです。医者に行っても確かな原因は今現在わからず、
今回相談させて頂きたいと思い書き込みをさせていただ
きました。
宜しくお願い致します。」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

##2
この「御母様」の「右下の奥歯あたりに圧迫感(母
親によると痛みではなく圧迫されるような感じと
の事です。)」との「症状・症候」は。

##3
圧倒的に「御高齢の御婦人」にくる「症状・症候」として
大変に頻度の高いものです。

##4
「歯科口腔外科専門医先生」にて「抜歯」に至る事が多いです。

##5
##4のあと「「疼痛」+「しびれ感」」とは言えない不快感」
或いは「相当の疼痛」に化けることが多いものです。

##6
##5の後の「段階」になって
「三叉神経」の「第3枝」=「下顎神経;かがくしんけい」の
「三叉神経痛」と間違われることが多いものです。

##7
正診断率の大変低い「機能性疼痛の「「病態」」」で御座います。

##8
御婦人に多く「右側」にも「左側」にも起こりますが
「右側」が「左」の「3倍」
御婦人は殿方の10倍の頻度で発生致します。

#3
##1
多くの場合「別の「歯科口腔外科専門医先生」」「耳鼻科専門医先生」
「神経内科専門医先生」「脳神経外科専門医先生」と
変遷されることが多くの場合発生するけれども
不思議なことに「病態把握」が「不能」とされてしまうことが
多いものです。

##2
「御母様」のこの「病態」は「顔面片頭痛」(「スルーダー」)
或いは「「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」
或いは
「翼口蓋神経痛:よくこうがい神経痛:spheno-palatine neuralgia」=
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」
と呼称される「病態」で御座います。

##3
「Sluder:1908」により始めて報告された「頭蓋顔面痛症候群」
であり「三叉神経痛」と実によく間違われます。

##4
「発生部位」は
「口腔内」「鼻腔(びくう)」「眼窩」「後方乳様突起」などの
いわゆる「歯科口腔外科専門医先生」或いは「耳鼻科専門医先生」
の「領域」です。

##5
「圧迫感」或いは「疼痛」として発生するこの「病態」は
「「翼口蓋神経節:よくこうがい神経節:spheno-palatine ganglion」
の「刺激」によると考えられています。

##6
刺激の原因としては
「蝶形骨:ちょうけいこつ」或いは「後篩骨洞:こうしこつどう」の
「2次感染」或いは「「鼻腔(びくう)」内変形」が原因とされています。

##7
けれども「御母様」のように「歯科口腔外科専門医先生」にて
「抜歯」後を機会に「劇症化」することもあるため
「不用意」な「抜歯」は「御母様」のような場合は絶対に
避けねばなりません。

##8
御婦人に多く「右側」にも「左側」にも起こりますが
「右側」が「左」の「3倍」
御婦人は殿方の10倍の頻度で発生致します。

##9
正診断率の大変低い「機能性疼痛の「「病態」」」で御座います。

##10
幼小児期に「副鼻腔炎」を反復されていたり「反復性上気道感染」
の「御既往」のあるかたに
出現することが多いものです。


#4
##1
「御母様」の「症状・症候」は典型的な
「顔面片頭痛」(「スルーダー」)=
「「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」=
「翼口蓋神経痛:よくこうがい神経痛:spheno-palatine neuralgia」=
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」
で御座います。

##2
「治療戦略」ですが
治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。

##3
ただし「星状神経ブロック(SGB)」は「効果」が全くありません。

##4
場合により
適切な「抗生物質」の内服およびこれに併用して「経静脈投与」も
致します。

##5
「機能性疼痛の「「病態」」」に御強い
「脳神経外科専門医先生」或いは
「ペインクリニック専門医先生」を御受診されるのが
宜しかろうと今の私は考えます。

##6
けれども「ペインクリニック専門医先生」でも
「脳神経外科専門医先生」でも
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」
が苦手な先生がいらっしゃいます。

##7
とんでもない時話ですが
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「心療内科の疾患」
等ととよく間違えられますからご注意下さい。


#5結論:
##1
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

##2
「御母様」の「症状・症候」は典型的な
「顔面片頭痛」(「スルーダー」)=
「「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」=
「翼口蓋神経痛:よくこうがい神経痛:spheno-palatine neuralgia」=
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」
で御座います。

##3
「圧迫感」+「不眠」の後に「疼痛期」がくることが
何卒に「ご注意」下さい。

##4
「治療戦略」ですが
治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。

##5
ただし「星状神経ブロック(SGB)」は「効果」が全くありません。

##6
場合により
適切な「抗生物質」の内服およびこれに併用して「経静脈投与」も
致します。


##7
「機能性疼痛の「「病態」」」に御強い「脳神経外科専門医先生」或いは
「ペインクリニック専門医先生」を御受診されるのが
宜しいと今の私は考えます。

何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

[2005年3月24日 10時19分26秒]
--------------------------------------------------------------------------
「ごらん下さいませおわり1」

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2006年5月11日 12時11分43秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールマガジンの解除方法

以下のページよりご自身で行ってください

▼まぐまぐからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/mag/

▼メルマからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/melma/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
by mmdmsci | 2006-05-11 15:28

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題 287


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

287記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題287

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 頻々とおこる頭蓋骨の凸凹  】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。


++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
頭部の「変形」と解釈致します。
「頭蓋骨」は「変形」することはない。
また「中枢神経系」である「脳」も「変形」することはない。

けれども
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「頭蓋骨」の変形が「発生」しているように御記載されている。

このような「症状・症候」はありえないから
正直「当惑」しています。

御相談者の「伝達」したい「内容」は何であるのか。

「先生も後頭部の骨のすごいへこみにびっくりしていました。」
との事です。

「頭部X線撮影・脳CT」で「「異常所見」無し」の
「脳神経外科専門医先生」が
「後頭部の骨のすごいへこみにびっくりしていました。」
はありえない。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++

#1
##1
「僕は25歳の者です。
二ヵ月位前から頭部に異常がでていて、
明らかに前まであった頭の表面、骨がへこんできているのです。
頭頂部は前から少しへこんでたのですが、
この前触るとさらにへこんでいるのです。

今から12年前にも左後頭部側面部が急にへこんで
その頃も毎日のように吐き気をしていましたが、
病院にはいかずに今まで来ました。

そして、最近では全体的に頭がでこぼこしていて、
頭の中心線を主にへこみがあり、
仕事中にも頭がへこんでいってる感覚のような頭痛があります。
そして、喉の上部にできものができて、疲れが取れたら消え、
また調子が悪い時に出てきます。
吐き気もあり、恐くなって脳外科を受診して、
CTとレントゲンを撮ったのですが、脳内には異常なしとの事です。

ですが、先生も後頭部の骨のすごいへこみにびっくりしていました。
今後は半年後にまた撮影するとの事ですが、
それからもなお頭がへこんでいってる感じがします。

これは、どうすれば良いのか何かないでしょうか?
また、MRIを撮った方が良いのでしょうか?
どうか、お願い致します。」
との事です。


#2
##1
「 二ヵ月位前から頭部に異常がでていて、
明らかに前まであった頭の表面、骨がへこんできているのです。
頭頂部は前から少しへこんでたのですが、
この前触るとさらにへこんでいるのです。」
との事です。

##2
「頭部に異常がでていて
明らかに前まであった頭の表面、骨がへこんできているのです。」
は「中枢神経系専門医」の観点からは
「起こりえません」

##3
もしも頭部が凸凹があるとしたら頭蓋骨自体は正常構造物として
解剖学的にさまざまな
凹凸の凹或いは凹凸の凸が元来あるものである。

##4
もしも頭部が凸凹が経時的にあるとしたら
「神経頭蓋」の頭蓋骨の問題ではなく「頭皮」の問題。

##5
けれども「お受けもちの先生」の「脳神経外科専門医先生」
は脳CT頭部X線撮影で「「異常所見」無し」である。
「お受けもちの先生」が
「びっくりする理由」は何もない。

#3
##1
「、恐くなって脳外科を受診して、
CTとレントゲンを撮ったのですが、脳内には異常なしとの事です。

ですが、先生も後頭部の骨のすごいへこみにびっくりしていました。
今後は半年後にまた撮影するとの事ですが、
それからもなお頭がへこんでいってる感じがします。」
との事です。

##2
「先生も後頭部の骨のすごいへこみにびっくりしていました。」
との事です。

##3
「tight posterior fossa:タイト・ポステリアー・フオッサ」
=「狭小後頭蓋窩」という
「自然変異:しぜんへんい:normal variation」
のかたはいます。

##4
「tight posterior fossa:タイト・ポステリアー・フオッサ」
=「狭小後頭蓋窩」のかたは
「顔面痙攣:がんめんけいれん:hemifacial spasm HFS」や
「三叉神経痛:trigeminal neuralgia」をおこしやすい。

##5
けれども「お受けもちの先生」の「頭部X線撮影・脳CT」
では「「異常所見」無し」ですから
「お受けもちの先生」自体が「びっくりされる「病態」」は
なにもないはず。


#3
##1
「今後は半年後にまた撮影するとの事ですが、
それからもなお頭がへこんでいってる感じがします。

これは、どうすれば良いのか何かないでしょうか?
また、MRIを撮った方が良いのでしょうか?」
との事です。

##2
「頭部X線撮影・脳CT」にて「「異常所見」無し」であれば
脳MRIを撮影する「必然性」は皆無です。

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載全体からは
「頭部が凸凹されている」ように感じられるのは
確かなのでしょう。

##4
##3に対して「お受けもちの先生」は
「頭部X線撮影・脳CT」で異常なしと診断され
ていらっしゃいます。

##5
「「異常所見」無し」でも
「お受けもちの先生」は
「今後は半年後にまた撮影するとの事ですが、」
との由。

##6
「お受けもちの先生」は「経過観察」してくださる由。

##7
「お受けもちの先生」にすべからくお任せして
「御心配」は無用であるように今の私は考えます。


#4結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
御相談者のように「頭蓋骨の凹凸」をきにされる
患者さんは稀ならず御座います。

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載の限りでは
「御心配無用」。

##4
「お受けもちの先生」の「脳神経外科専門医先生」は
「頭部X線撮影・脳CT」を検査され「「異常所見」無し」
とされています。

##5
「お受けもちの先生」はあくまでも頭蓋骨を焦点に
精査をされています。

##6
脳MRIの場合は「骨」は全く「写りません」。
だから「骨「病変」」に脳MRIは「無用」かつ「意味」もない。
脳MRIの撮影をされる意義はありません。

##7
「御心配無用」
あまり心配ばかりしていては駄目です。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2006年5月4日 10時49分4秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールマガジンの解除方法

以下のページよりご自身で行ってください

▼まぐまぐからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/mag/

▼メルマからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/melma/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
by mmdmsci | 2006-05-08 14:30

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題 286


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

286記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題286

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 18歳の娘。最初肩が痛い。その後おかしな状態です。】 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)


これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

この「症状・症候」は近年に多発している「症状・症候」
です。
「肩こり・頸こり・背中こり」」が強く
「背中バリバリ症候群」(あだ名です)=
「肩・背中にわたり激痛・鈍痛の塊と思えるような痛み」
ののちに。

昼夜逆転の
「ドラキュラ症候群」を経て
モンスター化する「症状・症候」です。

実際に現実的には正診断率の大変低い
「疼痛系の「症状・症候」」でございます。


下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++


#1
##1
「18歳の娘なのですが、先月あたりから 
考える力ない、肩がいたいとかで4月前半4日ほど寝込み、
回復後学校には行きましたが、
13日にわけのわからない電話がかかり 
それから記憶がすぐになくなったり 
変な行為が多くなりました。

始めは分別がついていましたが、
本人も訳がわからないと嘆いたりで、、、
食事も採らなくなり、先週あたりから私どもに
危害を与えるようになったので、
精神科に入院にしましたが、
精神科でないとの判断で、
転院しMRICTをすぐに受けましたが異常がなく、
医者も困っています。 

今の症状は 顔、左手の痙攣で、
3日前から植物人間みたいで、、、困っています。
何か参考になることあれば 教えていあただけますか??」
との事です。


#2
##1
この「症状・症候」は御年齢に限らず最近大変に多い
「病態」で御座います。

##2
御相談者の「御嬢様」は
「18歳の娘なのですが、先月あたりから 
考える力ない、肩がいたいとかで4月前半4日ほど寝込み、
回復後学校には行きましたが、
13日にわけのわからない電話がかかり 
それから記憶がすぐになくなったり 
変な行為が多くなりました。」
との事なのですが。

##3
「肩が痛い」が「キーポイント」なのですが。

##4
御相談者の「御嬢様」は
「肩こり・頸こり・背中こり」」を御持ではないでしょうか。

##5
もしも御相談者の「御嬢様」に
「肩こり・頸こり・背中こり」」がお強い様であれば。

##5
典型的な
「「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
である。

##6
「睡眠障害」による「不眠」で
「ドラキュラ症候群」」になられ
「記銘力障害」(recent memory disturbance):
リーセント・メモリー・デイスターバンス」を
起されている可能性が高いです。

##7
「新皮質フリーズ現象(neocortical supression)」で
情緒不安定にもなられていらっしゃいます。
これに重剰して「不眠」による「興奮」から
「暴力的思考」や「現実に暴力的行為」も起こす事が
多い。

##8
この
「記銘力障害」(recent memory disturbance):
リーセント・メモリー・デイスターバンス」に
関しては#3・#4で簡単にご説明致します。


#3
##1
「記憶」には大きく分けると「2種類」御座います。

##2
###1
「古い昔の記憶」=「remote memory」とも呼称致します。
###2
「リアルタイムの「記憶」」=「recent memory」とも呼称致します。
の「2種類」で御座います。

##3
最近pcや携帯電話やカーナビその他のic機器の進歩により
「記銘力障害」=「recent memory disturbance」=
「リースント・メモリー・デイスターバンス」の患者さん
が急増しています。

##4
自覚「症状・症候」も「調子が悪い」「良い考えがでない」
程度のものなのですが増悪すると大変危険=リスクの大きい
「病態」です。

##5
「記銘力障害」=「recent memory disturbance」は
例えば学校のテストの「暗記物」ができにくくなったり・或いは
「「計算能力」がおちた」「説明がうまくできない」などの
「症状・症候」として「支障」を来たすことが御座います。

##6
一方では高齢者の場合
「記銘力障害」=「recent memory disturbance」は
通常「初老期痴呆」の「症状・症候」として「有名」で御座います。

##7
「古い昔の記憶」=「remote memory」の障害
即ち「記憶力障害」=「remote memory disturabance」は通常の場合・
通常のかたに・通常の状況・にて
おこりうるものではないのです。

##8
けれども
「記憶力障害」=「remote memory disturabance」は
「アルツハイマー痴呆」などの「「中枢神経系神経細胞障害」や
「ビンスワンガー痴呆」などの「脳血管障害性痴呆」の
「「部分」「症状・症候」」として「有名」です。

#4
##1
pcのウイルスのような或はより深刻かもしれません。
これが「記銘力障害」(recent memory disturbance):
リーセント・メモリー・デイスターバンス」
で御座います。

##2
「記銘力障害」(recent memory disturbance):
リーセント・メモリー・デイスターバンス」はあくまで
「記銘力障害」=「recent memory disturbance」として
「症状・症候」評価すれば「一過性」のもの」。

##3
「記銘力障害」=「recent memory disturbance」=
「リースント・メモリー・デイスターバンス」の患者さんは
最近「パソコン」の進歩とともに極めて急増しているといわれます。

##4
「記銘力障害」=「recent memory disturbance」=
「リースント・メモリー・デイスターバンス」
は初発「症状・症候」は「何月」はえわかっても「何日」だか
判らないという「症状・症候」から始まります。

##5
幸いに「カレンダー」はどこにでもあるから自覚的にも他覚的にも
「記銘力障害」=「recent memory disturbance」=
「リースント・メモリー・デイスターバンス」の「初期」は
気がつかれないことが多いものです。

##6
「記銘力障害」=「recent memory disturbance」=
「リースント・メモリー・デイスターバンス」
本質的には「一過性」であるはずなのですが
「重大事」に至る事が稀ならず御座います。

##7
多くの場合患者さんは社会では
異常なく見受けられます。

##8
また言葉が出にくいため「耳鼻咽喉科専門医先生」の
病気と間違われることもありまた事実
他の方から「言語がおかしい」と指摘をされることも
あります。

##9
けれども患者さんご自身の内面では
「不具合」が多くこれを繕うために
「多重人格演出」が始まります。

##10
多くの場合「ドラキュラ症候群」という「夜」のほうが
頭が回転しやすいために「夜昼逆転」が特徴的です。

##11
或は
学童期においては「不登校」など。
会社に勤める成人でも「休暇・欠勤」が多くなる。

##12
共通していることは「休日」が「窮日」となり休息を取れなくなり
結局自己敗退に陥る事です。

##13
そして御自分自身も「御家族」も大変に困られている
ことが多いものです。

#5
##1
この
「記銘力障害」(recent memory disturbance):
リーセント・メモリー・デイスターバンス」は
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんには
大かれ少なかれ存在致します。

##2
「緊張型」自体は
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/7fal crisis)することが多いです。

##3
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。
「月木おち」(saturday-sunday-monday fall)]

##4
「週末症侯群:week-end syndrome」と呼称し
「休日」が「窮日」となり休息を取れなくなり
「昼夜逆転」することが特徴です。

##5
「背中バリバリ症候群」(あだ名です)=
「肩・背中にわたり激痛・鈍痛の塊と思えるような痛み」を
御持ちであろうと存じます。

##6
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんに特有な
「記銘力障害」(recent memory disturbance):
リーセント・メモリー・デイスターバンス」は
4-5月に「強くなります」。

##7
「やるきがない」「非生産性」が最初の御自覚症状です。

##8
このささいな「症状・症候」
「ある一線」をこえると御自分は勿論「御家族」も
制御不能になります。

##9
昼夜逆転の「ドラキュラ症候群」を経て
モンスター化する「症状・症候」です。

#6
##1
「精神科に入院にしましたが、
精神科でないとの判断で、
転院しMRICTをすぐに受けましたが異常がなく、
医者も困っています。 」
との事です。

##2
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
は「疼痛系の「病態」」なのですが。

##3
「緊張型」の「症状・症候」とは
一重に「ただひたすら辛い」「症状・症候」であると御考え下さい。

##4
「緊張型」の「病態」とは両肩に
「外す事の出来ない重たいの重荷を背負ったような状態」とご理解下さい。

##5
実際に現実的には正診断率の大変低い
「疼痛系の「症状・症候」」でございます。

##6
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「心療内科の疾患」
等ととよく間違えられます。

##7
原因は
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
という
「肩こり・頸こり・背中こり」」の「頭痛系の「病態」」なのです。

##8
けれども
「症状・症候」は「ふわふわ感」「くらくら感」や
「喉に異物感がある「症状・症候」」などさまざまに
「化けます」。

#7
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。
(「神経ブロック」といっても
「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません)

##2
しっかり治されるためには「頭痛」「機能性末梢神経障害」にお強い
「脳神経外科専門医先生」「ペインクリニック専門医先生」
を御受診されるのが宜しいと考えます。

##3
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴につき「補足1」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「症状・症候」発生の時間依存性につき「補足2」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんの「思考過程」につき「補足3」に。
御記載致します。御参考になれば何よりです。

#8結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「肩が痛い」とおっしゃられていた
「御嬢様」は
典型的な
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。

##3
「記銘力障害」(recent memory disturbance):
リーセント・メモリー・デイスターバンス」
及び
「新皮質フリーズ現象(neocortical supression)」で
情緒不安定にもなられていらっしゃいます。

##4
よく「症状・症候」がある一線をこえて
「太陽の昇っている」「昼間帯」にも「辛いからと言って」
「横臥姿勢」でいると「症状・症候」は「劇症化」致します。

##5
実際に現実的には正診断率の大変低い
「疼痛系の「症状・症候」」でございます。

##6
しっかり治されるためには「頭痛」「機能性末梢神経障害」にお強い
「脳神経外科専門医先生」「ペインクリニック専門医先生」
を御受診されるのが宜しいと考えます。

##7
但し「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」でも
「頭痛」「機能性末梢神経障害」に苦手な先生もいらっいます。
ちんぷんかんぷんなこともあります。
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

##8
一刻も早く御相談者の「御嬢様」の
「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++

さて「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には特徴がございます。

##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1-2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:Barber's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
肋骨や腹部が「痛くは」有りませんか。
「「肩こり背中凝り」の前への押し寄せ」の「症状・症候」
で御座います。
##31
「甲状腺機能」の「異常所見」を指摘されたことが
おありではないでしょうか。
##32
「左側」のほうが痛くはありませんか。
##33
後頭部や後頚部に「しこり」のようなものがあり
さわると痛くないでしょうか。


以上の項目は「緊張型」の不思議だが重要な特徴です。

「補足1おわり」

++「補足2」++++++++++++++++++++++++++++++

「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの
時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。

##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。

##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。

##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。

##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。

##8
11月ー12月に「しびれ感」が
上肢或は下肢におきたり「ふわふわ感」が起きたり致します。

##9
皮肉なことに俗に言う風邪をひかれた後に「症状・症候」
が発現して「診断」がつかないことが御座います。

##10
「細菌性気管支炎
或は「反復性上気道感染」をおこされ
「無菌性髄膜炎」と診断されることが稀ならずあります。

##11
##10ならずとも「耳鼻の奥の「閉塞感」」の
「症状・症候」が発生することもあり
「耳鼻科専門医先生」で「御診断」が付かないことが
多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重要な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。

「補足2おわり」

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2006年4月30日 13時19分44秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールマガジンの解除方法

以下のページよりご自身で行ってください

▼まぐまぐからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/mag/

▼メルマからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/melma/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
by mmdmsci | 2006-05-01 10:30