<   2005年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題 248


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

248記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題248

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 ぴくつきで筋萎縮性側索硬化症(ALS)が怖い  】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。


++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」ではありません。

「それでも、ALSではないかと、怖くて怖くてたまりません。
私はやはり考えすぎでしょうか?」
=>
いいえ「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」は怖い「病態」
ですから「考えすぎ」ではありません。
御気持ちは大変よく判ります。


けれども御相談者が御心配されるのはこの「「ぴくつき」
の由来」が解決されていないし「治療戦略」も
得られていないからでしょう。

御相談者の場合。この
「ぴくつき」は「一度」とめる「治療戦略」を受けられれば
眼の前が開ける事と存じます。



下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++

#1
##1
「36歳女性です。
夏から瞼の痙攣がおこってから、身体がおかしくなりました。
瞼の痙攣だけでも心配だったのに、9月の初めから身体のあちこちも
ピクピクしだして、今では毎日数え切れないほど身体のどこかがぴくぴくします。

インターネットでALSの症状と同じだと思い、
心配になって10月の初めに神経内科の先生に診てもらいました。
血液検査、電気の筋電図をしましたが、
異常はみられないとのこと。

でもそのあとも、心配で心配で何度か通いましたが、
検査の結果からは、ALSの可能性はとても低いと言われ続けています。
でも、心配なら、他の神経内科医に診てもらうのもいいし、
今の状態なら、心療内科も必要だと言われました。

先生が言うには、そんなに身体の痙攣が始まって3ヶ月もたっていれば、
ALSなら他の症状も出ているというのです。
でも、1ヶ月前から右足がガクガクするようなかんじもあるし、
足の裏も痛かったり、足を上げ下げすると、コキッと変な音がしたり、
体も倦怠感があるし、だんだん自分の体が変になっていくようです。

先日、そのことを話すと、足の力をみて、
力は充分あるし大丈夫と言われました。
それでも、ALSではないかと、怖くて怖くてたまりません。
私はやはり考えすぎでしょうか?」
との事です。



#2結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
御相談者は「肩こり・頸こり・背中こり」」を御持ではないでしょうか。

##3
もしも御相談者に「肩こり・頸こり・背中こり」」がお強い様であれば。

##4
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
に伴う
「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」の「症状・症候」です。

##4
しっかり治されるためには「機能性末梢神経障害」にお強い
「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」を
御受診されるのが宜しいと考えます。

##5
但し「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」
でも「機能性末梢神経障害」に苦手な先生もいらっしゃいます。
このことは何卒に御銘記下さいませ。

##6
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴につき「補足1」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「症状・症候」発生の時間依存性につき「補足2」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」につき「補足3」に。
御記載致します。御参考になれば何よりです。

##7
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
に伴う
「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」は
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/7fal crisis)することが多いです。

##8
これから「症状・症候」が増悪する可能性があります。
しっかりと「機能性末梢神経障害」にお強い「脳神経外科専門医先生」或は
「ペインクリニック専門医先生」を」ておかれたほうが宜しいでしょう。

##9
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

##10
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の「病態」とは
認知できません。

##11
御相談者の場合。この
「ぴくつき」は「一度」とめる「治療戦略」を受けられれば
眼の前が開ける事と存じます。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

とりあえずに第一報としての御回答を致します。


取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

山本クリニック 山本博昭
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++

さて「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には特徴がございます。

##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1-2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:Barber's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
肋骨や腹部が「痛くは」有りませんか。
「「肩こり背中凝り」の前への押し寄せ」の「症状・症候」
で御座います。
##31
「甲状腺機能」の「異常所見」を指摘されたことが
おありではないでしょうか。
##32
「左側」のほうが痛くはありませんか。
##33
後頭部や後頚部に「しこり」のようなものがあり
さわると痛くないでしょうか。

「補足1おわり」

++「補足2」++++++++++++++++++++++++++++++

「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの
時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。

##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。

##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。

##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。

##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。

##8
11月ー12月に「しびれ感」が
上肢或は下肢におきたり「ふわふわ感」が起きたり致します。

##9
皮肉なことに俗に言う風邪をひかれた後に「症状・症候」
が発現して「診断」がつかないことが御座います。

##10
「細菌性気管支炎
或は「反復性上気道感染」をおこされ
「無菌性髄膜炎」と診断されることが稀ならずあります。

##11
##10ならずとも「耳鼻の奥の「閉塞感」」の
「症状・症候」が発生することもあり
「耳鼻科専門医先生」で「御診断」が付かないことが
多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。
「補足2おわり」

++「補足3」++++++++++++++++++++++++++++++


##1
肩と背中がものすごく、こっているかたの場合
「適切でない内服薬」を処方されて内服された場合「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」
がでやすいことがあります。
パ○シルなど事例が多いです。

##2
##1の場合
2日-5日位の内服後からまず左上腕部がピクピクすることが多いものです。

##3
「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」は
1日近くピクピクしています。

##4
落ち着いてきたなと思ったらまた体のあちらこちらが
ぴくぴくしだすのも特徴です。

##4
「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」は
手・足・背中・わき腹・また唇や口の周辺或は眼嶮周囲にに出現いたします。

##5
「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」は
ほとんどが1瞬で終わります。長くても10~15秒位の持続時間で御座います。

##6
「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」は
運動したり、歩いたり、何かに気を取られている時は感じられないことが多い
ものです。

##7
体を休めているときや、じっとしているときにピクツキが気になります。

##8
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/7fal crisis)
することが多いです。

##9
##8の「時期」=「タイミング」をすぎる・或ははずれると
その頃から比べれば若干1日にピクツク回数は減ったように思われることが
御座います。

##10
けれども「「緊張型ぴくつき(あだ名です)」は
依然、毎日続くことが多いものです。

##11
その日によって場所はさまざまです。

##12
通常体のピクツキ以外他の症状は何も「御自覚症状」としては乏しいのが
特徴です。

##13
会話も普通に出来ます。握力も低下していません。
歩行や走ったり普通に出来ます。

##14
脳CT・MRI或は、血液検査もしましたが「「異常所見」無し」とされることが
多いものです。。

##15
大学病院などの総合病院の脳神経外科を御受診されても
異常は無いとのこととされ頭をかかえる患者さんは多いものです。
「補足3おわり」」

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2005年11月26日 18時49分37秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールマガジンの解除方法

以下のページよりご自身で行ってください

▼まぐまぐからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/mag/

▼メルマからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/melma/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
by mmdmsci | 2005-11-28 21:40

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題 247


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

247記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題247

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 頭部トップと額の中間部分が少し膨らんでおり  】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。


++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。
外側から蝕れる「症状・症候」は「脳腫瘍」では
ありえません。
けれども「頭蓋骨腫瘍」がきになります。
下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++


#1
##1
「山本先生

こんにちは (51歳)(女性)
実は頭部トップと額の中間部分が少し膨らんでおり、
2ヶ月前位にぶつけた記憶はなかったのですが、
その時はちょっと触ったら痛くていつの間にかぶつけたんだな~
と思い、それは忘れていたのですが、
ココ数日前位からそのコブのような盛り上がりが
気になっています。

家族はみんなデコボコになってるよといいますが、
脳腫瘍カモと一人で騒いでいます。(兄がなったので)

特に記憶が薄れるとか、吐き気などといった症状はまったくありません。
視力はパソコンのせいもあり最近は老眼がひどくなっております。
お忙しいところ申し訳ございませんがよろしくおねがいいたします。」
との事です。

#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
外部から「隆起」が見えるのであれば「脳腫瘍」ではないでしょう。

##3
けれども「頭蓋骨腫瘍」の可能性はあります。

##4
「頭蓋骨腫瘍」は「骨腫:osteoma」(良性腫瘍)という
ものを始め良性のものばかりと御考え下さい。

##5
ご心配であれば大学病院クラスの。
公的な「脳神経外科専門医先生」が
複数在住される総合病院クラス
の「脳神経外科外来」の「脳神経外科専門医先生」を
「御受診」されることをお勧めいたします。

#3結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「脳神経外科専門医先生」を「御受診」
されても
何も「「異常所見」無し」かもしれません。

##3
けれども御相談者の御相談内容要旨御記載からは
判断はできません。

##4
ご心配であれば上記の如くに
「脳神経外科専門医先生」を御受診されるのが宜しいと考えます。

##5
的外れなことを申し上げたかもしれません。
けれどもご参考になれば何よりで御座います。

##6
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

##7
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

##8
なお
頭のコブに関しましては
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html


「過去の御相談と御回答」
から
1・骨の隆起のようなコブ2 [2] [2005年11月 7日 7時46分49秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/259700938434438.html
2・骨の隆起のようなコブ [2] [2005年10月21日 18時30分15秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/201662910011695.html
を御参照下さいませ。

##9
「1・」につき
コピー致します=>「ごらんください」


取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

山本クリニック 山本博昭
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

++「ごらんください」+++++++++++++++++++++

宜しかったです。
本当に宜しかったです。

#1
##1
「10月21日に『骨の隆起のようなコブ』というタイトル
で相談いたしましたところ
アドバイスをいただき、その後 治療致しましたので 
ご報告申し上げます。

脳外科にて、触診と問診により『外骨腫』という診察を受け、
形成外科で手術していただくことになりました。

10月27日 額の大小2箇所の外骨腫の除去手術をしていただきました。
日帰りで 術後の痛みもほとんど無く、大きな絆創膏のまま出勤もできました。
5日後抜糸を済ませ、今は傷跡の保護・固定・遮光のために
小さな絆創膏を貼って しばらく過ごすことになりそうです。

除去した部位を念の為に病理検査にも出しましたが
まず問題ないだろうとのことでした。

思い切って相談してよかったと喜んでいます。
親切なアドバイス ありがとうございました。
感謝と共に 同じ症状でお悩みの方のために報告させていただきます。」
との事です。

#2
##1
このような「症状・症候」は「脳神経外科専門医先生」の
判断が診断がなければ先に進めません。

##2
「日帰り」の手術を施行されて「病理組織学的診断」も
されて本当に本当に宜しかったです。

##3
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


上記・下記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

補足:
前回の御相談と御回答は下記の通りでございました(一部)(+++以下)。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

#1
##1

京都府・47歳の女性です。
気付いたのはもう10年以上も前ですが
額の上部(髪の生え際から1センチほど下がったあたり)に
直径1.5センチ程の コブのような硬い隆起があります。
頭部(髪で隠れます)にも 探ると同じような隆起が2箇所あります。
痛くも痒くもなく、触ると皮膚よりも 骨じたいの隆起のように感じます。

特に健康的な問題はなかったので 前髪で隠すだけでしたが、
加齢と共に 少しずつ大きくなり 隠しきれなくなってきました。
美容上 額の隆起だけでも除去したいと思っております。

病院のどの科を選べばよいのか、
そういった症例はあるものなのか、
どのような除去方法になるのか、
だいたいの費用や治療日数の目安が知りたいのですが
宜しくアドバイスお願いいたします。」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「頭蓋骨」の「骨腫瘍」の可能性が御座います。

##3
まずは「脳神経外科専門医先生」による
精査が必要です。

##4
「前頭骨に「骨」が突起している。「腫瘍」が心配である」と
仰られて。
「しっかりとした大きめの公的な総合病院」或は
大学病院の「脳神経外科外来」の
「脳神経外科専門医先生」を「御受診」されることをお勧めいたします。

##5
「脳神経外科」の精査の後にもしも骨腫瘍であれば
「脳神経外科専門医」が手術にあたります。

#3
##1
「病院のどの科を選べばよいのか、」
=>
「脳神経外科外来」の「脳神経外科専門医先生」を
「御受診」されることをお勧めいたします。

##2
「そういった症例はあるものなのか、」
=>
いくらでも御座います。
「頭蓋骨腫瘍」自体は稀なものでは御座いません。

##3
「どのような除去方法になるのか、」
=>
「頭蓋骨腫瘍」であれば「部位と範囲」からは
「開頭手術」及+「腫瘍摘出」+「頭蓋形成術:cranioplasty」
になります。

##4
###1
「だいたいの費用や治療日数の目安が知りたいのですが」
=>
費用に関しては「全く判りません」

###2
「治療日数の目安が知りたいのですが」
=>
まず「外来」で頭部X線撮影及び脳CTが必要です。
また
「頭蓋骨腫瘍」であれば
当然「入院しての精密検査」が必要になります。

##5
「特に健康的な問題はなかったので 前髪で隠すだけでしたが、
加齢と共に 少しずつ大きくなり 隠しきれなくなってきました。
美容上 額の隆起だけでも除去したいと思っております。」

「加齢と共に 少しずつ大きくなり 隠しきれなくなってきました。」

「お受けもちの先生」に是非とも「強調」されて下さい。

#4結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「前頭骨に「骨」が突起している。「腫瘍」が心配である」と
仰られて。
「しっかりとした大きめの公的な総合病院」或は
大学病院の「脳神経外科外来」の
「脳神経外科専門医先生」を「御受診」されることをお勧めいたします。

##3
「加齢により大きく」ならないものであれば
「くも膜顆粒:パキオニの顆粒:pacchionian granulation」
(説明・略・)
による「骨隆起」も考えられます。
++「くも膜顆粒:パキオニの顆粒:pacchionian granulation」
については
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」
「頭のコブ状のものについて [2] [2003年12月10日 7時37分40秒] 」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/158731663906114.html
を御参照下さい。
(コピー致します=>「御参考」)

##4
けれども加齢とともに大きくなってきたのであれば
「頭蓋骨腫瘍」をまずは考えます。

##5
「頭蓋骨腫瘍」は「腫瘍学:oncology」的には
大半が良性ですが
「hystiocytosis-x:ヒステイオサイトシスx」*
のようなものもあり注意が必要です。

##6
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

##7
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。



「ヒスチオサイトーシスX :hystiocytosis X 」=
異型性を伴う組織球が増殖する3つの疾患の
総称 ・
1・「Letter-Siwe病:レッター・シーヴエ病 」
2・「eosinophilic granuroma of bone :好酸性肉芽腫」
3・「Hand-Schuller-Christian病:ハントシューラー・クリスチヤン病 」

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

++「御参考1」+++++++++++++++++++++++++++++
ご心配なことと存じます。

#1
##1
「33歳の男です。
二日ほど前、頭頂部の若干右側にたんこぶ状のものを見つけました。
昨日は、若干大きくなったような気がします。
感覚的なものですが直径2cm、高さ5mm程度です。
触った感じはブヨブヨしてるというよりも
比較的硬い感じがします。
気になるのは、ぶつけたりしたわけでもなく
殆ど痛み・痒み等の自覚症状が無いことです。
(若干、その部位だけ微熱をもっているような気もしますが)
洗髪するときに違和感を覚えるので、発症したのは多分
ここ2日程度のことと思います。
ご相談したいことは、
1.病気だとした場合、どういったものが考えられるのでしょうか?
2.また、早めに検査などの対応をとったほうがいいのでしょうか?
3.検査を受けるとしたら、脳神経外科が適切でしょうか?
  それとも、皮膚科でしょうか?」
との事です。

#2
##1
「頭頂部の若干右側にたんこぶ状のものを見つけました。
昨日は、若干大きくなったような気がします。
感覚的なものですが直径2cm、高さ5mm程度です。」という。

##2
御相談者と「同じ内容」の「頭頂部」の
「粒起物」を気にされる患者さんは稀ならずいらっしゃいます。

##3
これは頭蓋内の正常構造物の
「くも膜顆粒:パキオニの顆粒:pacchionian granulation」
直上の頭頂部の頭蓋骨に発生する隆起で御座います。

##4
正常構造物で御座います。
どなたにも御座います。

#3
##1
頭蓋内には「毎分0.35mlずつ産生された「脳脊髄腋液」を
吸収するために頭頂部「脳表」に
「くも膜顆粒:パキオニの顆粒:pacchionian granulation」
という「構造物が「散在」致します。

##2
よく「脳神経外科専門医」以外の先生が
頭部X線撮影で「「腫瘍」と間違えわれることが
御座います。

##3
「くも膜顆粒:パキオニの顆粒:pacchionian granulation」
のある直上の頭蓋骨は外側に「軽く隆起」致します。

##4
「固いしこり」として触れるので「心配の種」になります。


#4結論その1:
##1
御相談者は
「くも膜顆粒:パキオニの顆粒:pacchionian granulation」
の上の頭蓋骨の隆起を触れていらっしゃる
と今の私は考えます。


##2
正常構造物を触れていらっしゃるわけだから
のまま「御様子見」で宜しいと今の私は考えます。

#4結論その2:
##1
「1.病気だとした場合、どういったものが考えられるのでしょうか?」
との事です。
=>
###1
病気では有りません。
###2
上記ご参考になれば何よりで御座います。


##2
「2.また、早めに検査などの対応をとったほうがいいのでしょうか?」
=>
###1
どうしても気がかりであれば
「脳神経外科専門医」先生を御受診されて頭部X線撮影
を撮影していただき御説明して
頂くのは如何でしょうか。


##3
「3.検査を受けるとしたら、脳神経外科が適切でしょうか?
  それとも、皮膚科でしょうか?」
=>
###1
もしも「皮膚腫瘍」「皮下腫瘍」をご心配であるのであれば。
###2
「形成外科専門医」先生が宜しいと今の私は考えます。
###3
けれども「脳神経外科専門医」先生を御受診されて
頂くほうが宜しいとと今の私は考えます。

##4
如何でしょうか。
##5
ご心配されなくても宜しいと
今の私は考えます。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年12月10日 7時37分40秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: いしばし   
初めまして、33歳の男です。
二日ほど前、頭頂部の若干右側にたんこぶ状のものを見つけました。
昨日は、若干大きくなったような気がします。
感覚的なものですが直径2cm、高さ5mm程度です。
触った感じはブヨブヨしてるというよりも
比較的硬い感じがします。
気になるのは、ぶつけたりしたわけでもなく
殆ど痛み・痒み等の自覚症状が無いことです。
(若干、その部位だけ微熱をもっているような気もしますが)
洗髪するときに違和感を覚えるので、発症したのは多分
ここ2日程度のことと思います。
ご相談したいことは、
1.病気だとした場合、どういったものが考えられるのでしょうか?
2.また、早めに検査などの対応をとったほうがいいのでしょうか?
3.検査を受けるとしたら、脳神経外科が適切でしょうか?
  それとも、皮膚科でしょうか?
お忙しいところ申し訳ありませんが、ご教授願います。

[2003年12月10日 0時47分45秒]

「御参考1おわり」
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2005年10月21日 18時30分15秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: たかはら   

京都府・47歳の女性です。
気付いたのはもう10年以上も前ですが
額の上部(髪の生え際から1センチほど下がったあたり)に
直径1.5センチ程の コブのような硬い隆起があります。
頭部(髪で隠れます)にも 探ると同じような隆起が2箇所あります。
痛くも痒くもなく、触ると皮膚よりも 骨じたいの隆起のように感じます。

特に健康的な問題はなかったので 前髪で隠すだけでしたが、
加齢と共に 少しずつ大きくなり 隠しきれなくなってきました。
美容上 額の隆起だけでも除去したいと思っております。

病院のどの科を選べばよいのか、
そういった症例はあるものなのか、
どのような除去方法になるのか、
だいたいの費用や治療日数の目安が知りたいのですが
宜しくアドバイスお願いいたします。

Friday, October 21, 2005 5:00 PM

[2005年10月21日 17時00分7秒]

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2005年11月7日 7時46分49秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
10月21日に『骨の隆起のようなコブ』というタイトル
で相談いたしましたところ
アドバイスをいただき、その後 治療致しましたので 
ご報告申し上げます。

脳外科にて、触診と問診により『外骨腫』という診察を受け、
形成外科で手術していただくことになりました。

10月27日 額の大小2箇所の外骨腫の除去手術をしていただきました。
日帰りで 術後の痛みもほとんど無く、大きな絆創膏のまま出勤もできました。
5日後抜糸を済ませ、今は傷跡の保護・固定・遮光のために
小さな絆創膏を貼って しばらく過ごすことになりそうです。

除去した部位を念の為に病理検査にも出しましたが
まず問題ないだろうとのことでした。

思い切って相談してよかったと喜んでいます。
親切なアドバイス ありがとうございました。
感謝と共に 同じ症状でお悩みの方のために報告させていただきます。

Sunday, November 06, 2005 5:22 PM

[2005年11月6日 17時22分13秒]

「ごらん下さいおわり」

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2005年11月26日 15時1分45秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールマガジンの解除方法

以下のページよりご自身で行ってください

▼まぐまぐからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/mag/

▼メルマからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/melma/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
by mmdmsci | 2005-11-28 14:32 | 脳神経外科

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題 246


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

246記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題246

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 インフルエンザ予防接種後の後頭部痛  】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)


これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

「インフルエンザ予防接種」をされたことは
大変に結構です。
但し御相談者の御相談内容要旨御記載からは
この「後頭部痛」と
「記銘力」(recent memory):リーセント・メモリー」
の障害は「インフルエンザ予防接種」とは関連致しません。

だから
「インフルエンザ予防接種」後のトラブルを「因果付け」
されるのは間違い。

けれども御相談者には「緊張型頭痛」という
「頭痛系の「病態」」をお持ちです。
この観点から「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」の先生
を御受診されるのは意義の大きなことと考えます。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++



#1
##1

はじめて、お便り致します。
36才 男性です。
11月19日(土)にインフルエンザの予防接種を受けました。

どうもその夜から、左の後頭部に痛みがはしり、違和感が
あります。今まで感じたことのない痛みです。
首筋にも若干の違和感があります。

たまたまかも分かりませんが、最近会話などしている時
思い出せない言葉があったり、何をとりに来たか忘れて
しまうことが、チョコチョコあります。

母方の兄弟に脳梗塞や、クモ膜下出血に病した
人もいます。

痛みや、違和感が続くようであれば、
脳外科へ診察へ行こうと思います。
いち早く診察を受けた方がよいのですか?」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
11月19日の「インフルエンザ予防接種」は
後頭部痛その他の「症状・症候」と関連性は
極めて少ないと考えます。

##3
「左の後頭部に痛みがはしり、違和感が
あります。今まで感じたことのない痛みです。
首筋にも若干の違和感があります。
たまたまかも分かりませんが、最近会話などしている時
思い出せない言葉があったり、何をとりに来たか忘れて
しまうことが、チョコチョコあります。」
との事です。

##4
この御相談者の御相談内容要旨御記載の
「症状・症候」からは
典型的な
「「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「症状・症候」です。


#3
##1
「、最近会話などしている時
思い出せない言葉があったり、何をとりに来たか忘れて
しまうことが、チョコチョコあります。」
との事です。

##2
この「症状・症候」は「記銘力障害」=
「recent memory disturbance」=
「リースント・メモリー・デイスターバンス」
であり
「新皮質フリーズ現象(neocortical supression)」と考えられます。
=>##3

##3
新皮質(新皮質(霊長類からヒトで大活躍:
コンピューターでいわばメモリー(ラム))
のメモリーが一杯の状態から「情緒不安定」
にもなられています。
如何でしょうか。

##4
しっかり治されるためには「頭痛系の疾患」がお得意な
「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます

##5
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴につき「補足1」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「症状・症候」発生の時間依存性につき「補足2」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「緊張型しびれ(あだ名です)」について「補足3」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんの「思考過程」につき「補足4」に。
御記載致します。御参考になれば何よりです。



#4結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「インフルエンザ予防接種」をされたことは今年にあたられては
極めて宜しいと考えます。

##3
その後の「症状・症候」は
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
という「病態」で御座います。

##4
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/7fal crisis)することが多いです。

##5
「インフルエンザ予防接種」の「因果付け」できにされることは
何もありません。

##6
但し
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
は正診断率の大変低い「頭痛系の「病態」」でございます。

##7
しっかり治されるためには「頭痛系の疾患」がお得意な
「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると宜しいと
今の私は考えます。

##8
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも「頭痛系の疾患」が
苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれて下さいませ。

##9
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。



取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

山本クリニック 山本博昭
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++

さて「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には特徴がございます。

##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1-2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:Barber's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
肋骨や腹部が「痛くは」有りませんか。
「「肩こり背中凝り」の前への押し寄せ」の「症状・症候」
で御座います。
##31
「甲状腺機能」の「異常所見」を指摘されたことが
おありではないでしょうか。
##32
「左側」のほうが痛くはありませんか。
##33
後頭部や後頚部に「しこり」のようなものがあり
さわると痛くないでしょうか。

以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

「補足1おわり」

++「補足2」++++++++++++++++++++++++++++++

「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの
時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。

##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。

##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。

##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。

##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。

##8
11月ー12月に「しびれ感」が
上肢或は下肢におきたり「ふわふわ感」が起きたり致します。

##9
皮肉なことに俗に言う風邪をひかれた後に「症状・症候」
が発現して「診断」がつかないことが御座います。

##10
「細菌性気管支炎
或は「反復性上気道感染」をおこされ
「無菌性髄膜炎」と診断されることが稀ならずあります。

##11
##10ならずとも「耳鼻の奥の「閉塞感」」の
「症状・症候」が発生することもあり
「耳鼻科専門医先生」で「御診断」が付かないことが
多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。
「補足2おわり」

++「補足3」++++++++++++++++++++++++++++++

しびれがあるという御記載はありませんが念のため
下記については如何でしょうか。

「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
では「特有な「しびれ感」」が「症状・症候」としてでます。


##1
手指の親指・人指指(第1・第2指)か
小指・薬指(第4・第5指)に
絵に書いたような「しびれ感」があるのが特徴ですが如何でしょう。

##2
まずほかの手指には来ません。

##3
男性が腕時計を眺める上肢の部位にしびれ感があるのが
特徴で御座います。
如何でしょう。

##4
また手のひらが赤く霜「降り状」の白い斑点がないでしょうか。


##5
これらの「症状・症候」は朝方強いという特徴
が御座います。

##6
この「しびれ感」は
「頚椎の病気(「頚椎症」とか頚椎椎間板ヘルニア)」
が原因と間違われることが多くこの場合は厄介です。

##7
皮肉なことに脳MRIから
「脳神経外科専門医」の疾患である
「キアリ・アーノルド奇形」
「脊椎空洞症」等と間違われることがあります。

##8
上肢に「しびれ感」のある患者さんは下肢にも
また下肢に「しびれ感」のある患者さんじは下肢にも「しびれ感」の
有ることが多いものです。

##9
下肢の「しびれ感」の場合は足指の親指・薬指の根元、
・足の甲(足背部)・踝・外側大腿に「しびれ」がきます。

##10
下肢の「しびれ感」の場合膝の裏が「糊付けされたような」
「張り紙様の硬さで「張って」いることが多いものです。

##11
おおくの場合「末梢循環障害」とりわけ「下肢静脈還流不全状態」
で疼痛性歩行障害にいたることが御座います。

##12
またこの「しびれ感」はおかお特に下口唇に「しびれ感」
を併発することが御座います。

##13
また「しびれ感」とも異なるのですが
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」の
患者さんは「肘関節」の「甲」のほうに「軽い疼痛」があるのが
特徴でも御座います。

「補足3おわり」

++「補足4」++++++++++++++++++++++++++++++

#1
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
の患者さんには
独特の思考過程=「自分かくし」+「「因果付け」が御座います。


##1
「緊張型」の患者さんは常に学習され
「上昇型の思考」或いは「論理展開」をされますから。

##2
「オーバードライブ」(行き過ぎ)に
ご苦労されていらっしゃいます。

##3
「因果付け」「自分隠し」という
「緊張型」の患者さん独特の「思考過程」でございます。

##4
「強烈な苦悩者の「主人公」としての「自分」はいるのだけれども」

##5
気の許せる相手(本当は家族しかいないのですが)や
他人に「無理強い」をすることが習慣化。

##6
何か「自分を困らせる無理難題」をみつけないと
話の筋が通らないので「不安の種」を捜し求めます。

##7
「真実の自分」と「自分隠しの自分」

##8
「習慣」=「往復・反復}で「真実の自分」と
「「自分隠し」の「自分」」との間の往復に疲れます。

##9
これが「自分隠し」=「自己隠蔽(=自己防御につながる)
のため「他人攻撃」(他人を攻撃すれば余計目立つことに気がつかない。

##10
「因果付け」「自分隠し」という
「緊張型」の患者さん独特の「思考過程」でございます。

#11
「鶏が先か卵が先か」を真剣に悩み考えたり。

##12
火事場に救護のために駆けつける消防車をみて
「消防車」=「火事」と「短絡錯覚」を起こされ
「消防車」に強い嫌悪を擁いたり。

##13
「AがBだからCになる」という
「流暢な論理」=「因果付け」の錯角方程式をよく用いられます。

##14
そのため「時には取り返しのつかない
「自分の一番の見方である他人攻撃」」にでて
「全てをうしなって」しまいます。


#2
##1
これに加えて
「新皮質フリーズ現象(neocortical supression)」
で情緒不安定にもなられていらっしゃいます。

##2
いちど傾くとなかなか「舵をとるのが困難」になります。

##3
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」は
「大変に非生産的な状態」に加わり正診断率の大変低い
「頭痛系の「症状・症候」で御座います。

##4
脳の「神経細胞」が考える=働く場所を2つに分類する事ができます。
###1
旧皮質(下等哺乳類のときから保持している)と
###2
新皮質(新皮質(霊長類からヒトで大活躍:
コンピューターでいわばメモリー(ラム))のメモリーが一杯の状態から
「情緒不安定」に至ります。

##5
この状態で「はつらつ」と生活できるべくもなく
毎日を過ごされる中で
「新皮質フリーズ現象(neocortical supression)」
で「たりないメモリー」から「記銘力障害」も発生します。

##6
幾度と無く辛い思いをされるうちにやっとこさ「ある思考過程」に
御自分の安楽の境地を見出したどり着かれます。

##5
それは
皮肉にも「心配なこと」が起こるといやだから「先に心配」を
して「安心」しようという「矛盾」の「思考過程」
で御座います。


「補足4おわり」

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2005年11月21日 17時58分5秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールマガジンの解除方法

以下のページよりご自身で行ってください

▼まぐまぐからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/mag/

▼メルマからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/melma/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
by mmdmsci | 2005-11-22 12:35

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題 245


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

245記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題245

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 54歳の母親の頚椎の転移性悪性腫瘍  】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。



++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

「転移性悪性腫瘍」との事です。

脊髄圧迫の観点からは
緊急にも
「anterior-fusion:前方固定術」或は「後方固定術:posterior-fusion」
を行うか
それまでの間は「クラッチフイールド牽引:Crutchfield牽引」を
行う必要はあると考えます。

けれども「転移性悪性腫瘍」であれば早急にも
「原発巣」の探索と「原発巣」に対する「治療戦略」も
並行して進めなければなりません。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「お受けもちの先生」は大変御経験をつまれた
切れ味の鋭い御優秀な先生であろうと
考えます。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++




#1
##1
「はじめまして。28歳(男)です。
母(54歳)の病状について教えてください。

毎年、人間ドックをしていた母は
数年前より肩こり、左腕のシビレがあり
先日(H.17.11.7)に起き上がる事も困難
なほどの痛みに襲われ県病院に即日入院しました。
検査の結果、第七頚椎の腫瘍による神経圧迫によるものでした、
また第七頚椎がひどく小さくなっており、
このままでは全身の麻痺も 時間の問題だと言われました。

なお、その腫瘍は転移したものらしく疑いのある
子宮(原発?)の検査を今行っております。

担当医のお話では、
なんにせよまず頚椎の補強手術であり
腫瘍摘出は総合的にメリットの少ない治療と言われました・・。

しかし補強後の余命も1年半と告げられました。

私としては悪性腫瘍である以上、
摘出による完全治癒を望みますが困難でしょうか?

本人にはまだ告知しておりません。
何か良いアドバイスをいただけたら大変幸いです。
どうか宜しくお願い申上げます。」
との事です。



#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「転移性悪性腫瘍」と「画像診断」から「御診断」されたからには
頚椎の骨転移も「画像診断」からは「多発性」である可能性がある。

##3
単純な「頚椎・頸髄腫瘍」であれば集中的に頚椎・頸髄の
腫瘍摘出+「anterior-fusion:前方固定術」或は
「後方固定術:posterior-fusion」
の「治療戦略」となるはずです。

##4
「第七頚椎がひどく小さくなっており、このままでは全身の麻痺も
時間の問題だと言われました。」
との事です。

##5
##4からは「c7」ぼ「部位と範囲」で「二次的」な
「背柱管狭窄: canal stenosis:CS」が腫瘍により
発生しているものと考えられます。


#3
##1
緊急にも脊髄圧迫の観点からは
緊急にも
「anterior-fusion:前方固定術」或は「後方固定術:posterior-fusion」
を行うか
それまでの間は「クラッチフイールド牽引:Crutchfield牽引」を
行う必要はあると考えます。

##2
けれども「転移性悪性腫瘍」であれば早急にも
「原発巣」の探索と「原発巣」に対する「治療戦略」も
並行して進めなければなりません。

##3
「婦人科悪性腫瘍」の子宮癌(「子宮頚癌」+「子宮体癌」)
の可能性を示唆されたからには
が「臨床診断学」的になんらかの
「婦人科悪性腫瘍」の子宮癌(「子宮頚癌」+「子宮体癌」)
の「症状・症候」が見出されたのでしょう。

##4
「婦人科悪性腫瘍」の子宮癌(「子宮頚癌」+「子宮体癌」)
で「頚椎・頸髄転移」であれば
「TNM分類」では「T1N?M1」なわけですから「stage:ステージ」=4
です。

##5
残念ですが
悪性腫瘍としては「腫瘍学:oncology」的には「かなり進行」した
「御状態」である。



#4
##1
「担当医のお話では、なんにせよまず頚椎の補強手術であり
腫瘍摘出は総合的にメリットの少ない治療と言われました・・。」
=>
「転移性悪性腫瘍」であれば早急にも
「原発巣」の探索と「原発巣」に対する「治療戦略」も
並行して進めなければなりません。
=>
「原発巣」が「そのまま」「治療戦略」にのらなければ
「転移性悪性腫瘍」も「数」は増え続けるでしょう。
=>
「お受けもちの先生」はこのように御考えになられて
「頚椎・頸髄」の腫瘍摘出のみでは「総合的」に
「御母様」を助ける事にはならないと判断されています。

##2
「お受けもちの先生」は大変御経験をつまれた
切れ味の鋭い御優秀な先生であろうと
考えます。

##3
「「しかし補強後の余命も1年半と告げられました。
私としては悪性腫瘍である以上、
摘出による完全治癒を望みますが困難でしょうか?」
=>##4

##4
「c7」以外の「転移性悪性腫瘍」の「部位と範囲」にも
よりますが
「原発巣」の「婦人科悪性腫瘍」の子宮癌(「子宮頚癌」+「子宮体癌」)
の「治療戦略」如何にもよります。




#5結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「転移性悪性腫瘍」の場合
「3つ」の「発現「病態」」が御座います。
=>##3


##3
###1
「原発巣」よりも「転移性悪性腫瘍」が先に発見される場合を
「prechronous metastasis:プレクロナス・メタスタシス」と
呼称致します。

###2
「原発巣」と「転移性悪性腫瘍」が同時に発見される場合
「synchronous metastasis:シンクロナス・メタスタシス」
と呼称されます。

###3
「既に悪性腫瘍があり」経過観察中に「転移性悪性腫瘍」が
発見される場合を
「metachronous metastasis:メタクロナス・メタスタシス」と呼称
致します。

##3
中には最後の最後まで「原発巣」が不明のことも多いものです。

##4
「prechronous metastasis:プレクロナス・メタスタシス」の場合
既に「悪性腫瘍」が体中に転移していることが想定され
残念ながら「予後」は「原発巣」にもよりますが
芳しくありません。

##5
「放射性同位元素:radio-isotope:RI」「検査」
にて全身シンチグラフイーもおこなわなければ成りません。

##6
「「しかし補強後の余命も1年半と告げられました。
私としては悪性腫瘍である以上、
摘出による完全治癒を望みますが困難でしょうか?」
という
御気持ちは大変よく判ります。

##7
「転移性悪性腫瘍」の場合は「転移」の局所だけが「病態」
ではありません。

##8
「全身転移」を想定して
「化学療法」「放射線療法」「免疫療法」=「集学的治療」
を行う事が重要です。

##9
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

##10
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

##11
このような御回答しか出来ません。
申し訳ございません。


取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

山本クリニック 山本博昭
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

[2005年11月17日 10時37分57秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールマガジンの解除方法

以下のページよりご自身で行ってください

▼まぐまぐからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/mag/

▼メルマからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/melma/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
by mmdmsci | 2005-11-18 12:07

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題 244


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

244記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題244

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 頸と背中が重いのとめまいの苦しみ  】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)


これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。


++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは。
「寝過ぎなのか?首と背中が重いというか、
しびれる前触れなのか頭もボーっとしています。」
という。

「病態」の本体は
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。

そしてこの「めまい感」は
基本的には「仮性眩暈:かせいげんうん(ふわふわ感)」であり
「緊張型めまい感」(あだ名です)と呼称される「症状・症候」
です。
下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++


#1
##1
「私は、岩手県釜石市に住む 27歳女です。配偶者有りの子無しです。

17歳 過敏性腸症候群発病し、(ツムラ17、60、ガスター10を内服中)
25歳 扁桃腺切除(両方)
26歳 不全流産
26歳 頸椎症(湾曲がなくまっすぐ)
痛む時だけ、ロキソニン、リンプラール、セルベックスを内服

*生理不順で治療していましたが、
その度に膀胱炎も併発するので今は完全に止めています。
  現在、10ヶ月間生理は止まったままです。

ご相談ですが、8月の中旬ぐらいからフワフワ感が出始め
毎日症状が出るわけでもないので放っていました。
9月の中旬ぐらいから、毎日続くようになり仕事も辞めました。

回転性ではなく、何となく自分の声がこもって聞こえるかな?
くらいです。
フワフワ、グラグラです。

岩手の耳鼻科、整形、脳外科、神経内科と診て頂きましたが、
ろくな検査もせず精神的なものと判断され安定剤のみの処方でした。

実家の山形にかえり、脳外科のMRIをとって頂きましたが異常なし。
めまい専門医に診て頂きましたが、
がんしんもあるとのことで「内耳性めまい症」といわれました。

2週間の静養と、セファドール、グランダキシンの内服、
目眩体操の指示をいただきました。
2週間後(10月27日)再診で色々な検査の結果
「もうほとんど良くなっている。」といわれ、自宅療養をしています。

11月1日に岩手にかえり翌日からは、
今までなかった回転性の目眩も加わりました。

山形のめまい専門医に電話をしたらば、
「横になって寝ていて下さい。」のみでした。
翌日、近くの内科で目眩止めの注射を毎日打ってもらっています。

回転性の目眩はなくなりましたが、
フワフワ、グラグラはまだ治りません。
日によって違います。

寝過ぎなのか?首と背中が重いというか、
しびれる前触れなのか頭もボーっとしています。
関節痛もありリュウマチなのか?と心配し血液検査もしました。

左胸も痛く乳ガンか?とマンもグラフィーまで撮ってしまいました。
本当に長くて長くてイヤです。もう疲れてきました。
死にたいとまで思っています。

めまい専門医に診せてももう、安定してるから。
と言われるし、どうしようかと悩んでいます。

主人にも申し訳ない気持ちで一杯です。

とにかく、フワフワグラグラです。
今、床に座布団を敷いて座って打っていますがグラグラします。

今処方されているセファドール25、メリスロン6*2個の3錠飲んで、
過敏性の薬も飲んでいて尿が段々変な匂いになってきています。

本当に突然、長々とメールをお送りしたことをお詫び致します。

申し訳ありません。
よろしくご指導頂けたらと藁をもつかむ思いでございます。


Friday, November 11, 2005 4:09 PM」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
御相談者は「肩こり・頸こり・背中こり」」を御持ではないでしょうか。
もしも御相談者に「肩こり・頸こり・背中こり」」がお強い様であれば。

##3
この「症状・症候」=「めまい感」は
「真性眩暈:しんせいげんうん」というよりは
「仮性眩暈:かせいげんうん(ふわふわ感)」である。

##4
##2+##3=
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
に伴う
「緊張型めまい感」(あだ名です)
の「症状・症候」です。


#3
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の場合に
「緊張型めまい感」(あだ名です)=「ふわふわ感」「くらくら感」は
「頭痛と等価の「症状・症候」」と考える取り決めに
なっています。

##2
正診断率の大変低い「頭痛系の「病態」」でございます。

##3
意味も無く「疲労ですね」或いは「ストレスですね」等と
医師より図らずともいわれてしまう病態で御座います。

##4
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「心療内科の疾患」
等ととよく間違えられます。

##5
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/7fal crisis)することが多いです。

##6
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##7
早朝に「症状・症候」は強くなります。
入浴にて「症状・症候」は軽減するという特徴が御座います。


##8
「左胸も痛く乳ガンか?とマンもグラフィーまで撮ってしまいました。
本当に長くて長くてイヤです。もう疲れてきました。」
との事です。
=>##9

##9
「背中バリバリ症候群」(あだ名です)=
「肩・背中にわたり激痛・鈍痛の塊と思えるような痛み」
の「前への押し寄せの「症状・症候」」で御座います。

#4
##1
一番困るのは「頚椎の疾患」と間違われることです。

##2
「絵に書いた餅のようにまたは何かの一つ覚えのように
第5第6頚椎椎間板がすりへっていて「頚椎の弯曲」がおかしい或は
「逆弯曲」だと言われてしまいます。

##3
「臨床神経学的」に頚椎X線撮影の画像診断の「症状・症候」が
「臨床症候」と合致すれば何も問題もないのですが。

##4
99%ほぼ100%の患者さんで「頚椎X線撮影所見」或いは
「CT・MRI」は「臨床神経診断学」と合致致しません。

##5
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
は正診断率の大変低い「頭痛系の「病態」」でございます。

#5
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載
からは
典型的な「「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
であり
「緊張型めまい感」(あだ名です)です。

##2
「緊張型」の
治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。
(「神経ブロック」といっても
「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません)

##3
しっかり治されるためには「頭痛系の疾患」がお得意な
「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると宜しいと
今の私は考えます。

##4
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴につき「補足1」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「症状・症候」発生の時間依存性につき「補足2」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「緊張型めまい」(あだ名です)につき「補足3」に。

御記載致します。御参考になれば何よりです。




#6結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
典型的な
「「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
をお持ちであり
「緊張型めまい感」(あだ名です)の「症状・症候」です。

##3
しっかり治されるためには「頭痛系の疾患」がお得意な
「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると宜しいと
今の私は考えます。

##4
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれて下さいませ。

##5
大学病院の頭痛専門外来の
「中枢神経系専門医」或は「頭痛専門医」
(この名称の「専門医はいません)でも。

##6
「偏頭痛」の患者さんは宜しいのだが「緊張型」の患者さんになると
苦手な先生は少なくありません。
このことも何卒に覚えておかれて下さいませ。

##7
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

##8
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。



取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。

上記・下記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++

さて「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には特徴がございます。

##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1-2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:Barber's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
肋骨や腹部が「痛くは」有りませんか。
「「肩こり背中凝り」の前への押し寄せ」の「症状・症候」
で御座います。
##31
「甲状腺機能」の「異常所見」を指摘されたことが
おありではないでしょうか。
##32
「左側」のほうが痛くはありませんか。
##33
後頭部や後頚部に「しこり」のようなものがあり
さわると痛くないでしょうか。


以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

「補足1おわり」

++「補足2」++++++++++++++++++++++++++++++

「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの
時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。

##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。

##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。

##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。

##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。

##8
11月ー12月に「しびれ感」が
上肢或は下肢におきたり「ふわふわ感」が起きたり致します。

##9
皮肉なことに俗に言う風邪をひかれた後に「症状・症候」
が発現して「診断」がつかないことが御座います。

##10
「細菌性気管支炎
或は「反復性上気道感染」をおこされ
「無菌性髄膜炎」と診断されることが稀ならずあります。

##11
##10ならずとも「耳鼻の奥の「閉塞感」」の
「症状・症候」が発生することもあり
「耳鼻科専門医先生」で「御診断」が付かないことが
多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。
「補足2おわり」

++「補足3」++++++++++++++++++++++++++++++

##1
「緊張型めまい」(あだ名です)は「仮性眩暈(ふわふわ感)」できます。

##2
めまいには「真性眩暈」と「仮性眩暈(ふわふわ感)」があります。

##3
「仮性眩暈(ふわふわ感)」は時として「真性眩暈」よりも
「症状・症候」が「唐突」で「不気味であり」一体何が起こったのだろよ
おもわれることがあります。

##4
「緊張型」の患者さんの場合88%は「回転性の眩暈」できます。

##4
急に事務仕事をしていて鋭角的に体がシフトするように感じられるときが
あります。

##5
患者さんは「真性眩暈」と思っていても
平衡機能検査では「内耳神経=前庭神経」の「「異常所見」無し」
とでることが多いものです。

##6
「緊張型」の患者さんの「緊張型めまい」(あだ名です)の場合
「メリスロン」「アデホスコーワ:adenosine triphosphate diosdium:ATP」
が投与なども検討されることございます。
全く「効果」はありません。

##7
適切な「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「治療戦略」により「ふわふわ感」「くらくら感」「めまい感」」は
消失致します。

##8
「睡眠障害」をともなわれている「緊張型」の患者さんに起こりやすいものです。

##9
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/7fal crisis)することが多いです。


##10
「緊張型めまい」(あだ名です)をお持ちの
患者さんは2月・6-7月、9月・11月に症状増悪時に
「頭部発汗」「夜間発汗」「腋下(えきか)発汗」などの
「発汗障害」を併発することが多いものです。

##11
脈拍の増加=頻脈を伴う事も御座います。

「補足3おわり」

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2005年11月11日 18時30分22秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールマガジンの解除方法

以下のページよりご自身で行ってください

▼まぐまぐからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/mag/

▼メルマからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/melma/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
by mmdmsci | 2005-11-13 13:03

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題 243


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

243記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題243

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 骨の隆起のようなコブ2  】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)


宜しかったです。
本当に宜しかったです。


#1
##1
「10月21日に『骨の隆起のようなコブ』というタイトル
で相談いたしましたところ
アドバイスをいただき、その後 治療致しましたので 
ご報告申し上げます。

脳外科にて、触診と問診により『外骨腫』という診察を受け、
形成外科で手術していただくことになりました。

10月27日 額の大小2箇所の外骨腫の除去手術をしていただきました。
日帰りで 術後の痛みもほとんど無く、大きな絆創膏のまま出勤もできました。
5日後抜糸を済ませ、今は傷跡の保護・固定・遮光のために
小さな絆創膏を貼って しばらく過ごすことになりそうです。

除去した部位を念の為に病理検査にも出しましたが
まず問題ないだろうとのことでした。

思い切って相談してよかったと喜んでいます。
親切なアドバイス ありがとうございました。
感謝と共に 同じ症状でお悩みの方のために報告させていただきます。」
との事です。


#2
##1
このような「症状・症候」は「脳神経外科専門医先生」の
判断が診断がなければ先に進めません。

##2
「日帰り」の手術を施行されて「病理組織学的診断」も
されて本当に本当に宜しかったです。

##3
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

上記・下記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


補足:
前回の御相談と御回答は下記の通りでございました(一部)(+++以下)。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++


これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

#1
##1

京都府・47歳の女性です。
気付いたのはもう10年以上も前ですが
額の上部(髪の生え際から1センチほど下がったあたり)に
直径1.5センチ程の コブのような硬い隆起があります。
頭部(髪で隠れます)にも 探ると同じような隆起が2箇所あります。
痛くも痒くもなく、触ると皮膚よりも 骨じたいの隆起のように感じます。

特に健康的な問題はなかったので 前髪で隠すだけでしたが、
加齢と共に 少しずつ大きくなり 隠しきれなくなってきました。
美容上 額の隆起だけでも除去したいと思っております。

病院のどの科を選べばよいのか、
そういった症例はあるものなのか、
どのような除去方法になるのか、
だいたいの費用や治療日数の目安が知りたいのですが
宜しくアドバイスお願いいたします。」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「頭蓋骨」の「骨腫瘍」の可能性が御座います。

##3
まずは「脳神経外科専門医先生」による
精査が必要です。

##4
「前頭骨に「骨」が突起している。「腫瘍」が心配である」と
仰られて。
「しっかりとした大きめの公的な総合病院」或は
大学病院の「脳神経外科外来」の
「脳神経外科専門医先生」を「御受診」されることをお勧めいたします。

##5
「脳神経外科」の精査の後にもしも骨腫瘍であれば
「脳神経外科専門医」が手術にあたります。


#3
##1
「病院のどの科を選べばよいのか、」
=>
「脳神経外科外来」の「脳神経外科専門医先生」を
「御受診」されることをお勧めいたします。

##2
「そういった症例はあるものなのか、」
=>
いくらでも御座います。
「頭蓋骨腫瘍」自体は稀なものでは御座いません。

##3
「どのような除去方法になるのか、」
=>
「頭蓋骨腫瘍」であれば「部位と範囲」からは
「開頭手術」及+「腫瘍摘出」+「頭蓋形成術:cranioplasty」
になります。

##4
###1
「だいたいの費用や治療日数の目安が知りたいのですが」
=>
費用に関しては「全く判りません」

###2
「治療日数の目安が知りたいのですが」
=>
まず「外来」で頭部X線撮影及び脳CTが必要です。
また
「頭蓋骨腫瘍」であれば
当然「入院しての精密検査」が必要になります。

##5
「特に健康的な問題はなかったので 前髪で隠すだけでしたが、
加齢と共に 少しずつ大きくなり 隠しきれなくなってきました。
美容上 額の隆起だけでも除去したいと思っております。」

「加齢と共に 少しずつ大きくなり 隠しきれなくなってきました。」

「お受けもちの先生」に是非とも「強調」されて下さい。




#4結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「前頭骨に「骨」が突起している。「腫瘍」が心配である」と
仰られて。
「しっかりとした大きめの公的な総合病院」或は
大学病院の「脳神経外科外来」の
「脳神経外科専門医先生」を「御受診」されることをお勧めいたします。

##3
「加齢により大きく」ならないものであれば
「くも膜顆粒:パキオニの顆粒:pacchionian granulation」
(説明・略・)
による「骨隆起」も考えられます。
++「くも膜顆粒:パキオニの顆粒:pacchionian granulation」
については
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」
「頭のコブ状のものについて [2] [2003年12月10日 7時37分40秒] 」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/158731663906114.html
を御参照下さい。
(コピー致します=>「御参考」)



##4
けれども加齢とともに大きくなってきたのであれば
「頭蓋骨腫瘍」をまずは考えます。

##5
「頭蓋骨腫瘍」は「腫瘍学:oncology」的には
大半が良性ですが
「hystiocytosis-x:ヒステイオサイトシスx」*
のようなものもあり注意が必要です。

##6
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

##7
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。



「ヒスチオサイトーシスX :hystiocytosis X 」=
異型性を伴う組織球が増殖する3つの疾患の
総称 ・
1・「Letter-Siwe病:レッター・シーヴエ病 」
2・「eosinophilic granuroma of bone :好酸性肉芽腫」
3・「Hand-Schuller-Christian病:ハントシューラー・クリスチヤン病 」

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

++「御参考1」+++++++++++++++++++++++++++++

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「33歳の男です。
二日ほど前、頭頂部の若干右側にたんこぶ状のものを見つけました。
昨日は、若干大きくなったような気がします。
感覚的なものですが直径2cm、高さ5mm程度です。
触った感じはブヨブヨしてるというよりも
比較的硬い感じがします。
気になるのは、ぶつけたりしたわけでもなく
殆ど痛み・痒み等の自覚症状が無いことです。
(若干、その部位だけ微熱をもっているような気もしますが)
洗髪するときに違和感を覚えるので、発症したのは多分
ここ2日程度のことと思います。
ご相談したいことは、
1.病気だとした場合、どういったものが考えられるのでしょうか?
2.また、早めに検査などの対応をとったほうがいいのでしょうか?
3.検査を受けるとしたら、脳神経外科が適切でしょうか?
  それとも、皮膚科でしょうか?」
との事です。



#2
##1
「頭頂部の若干右側にたんこぶ状のものを見つけました。
昨日は、若干大きくなったような気がします。
感覚的なものですが直径2cm、高さ5mm程度です。」という。

##2
御相談者と「同じ内容」の「頭頂部」の
「粒起物」を気にされる患者さんは稀ならずいらっしゃいます。

##3
これは頭蓋内の正常構造物の
「くも膜顆粒:パキオニの顆粒:pacchionian granulation」
直上の頭頂部の頭蓋骨に発生する隆起で御座います。

##4
正常構造物で御座います。
どなたにも御座います。


#3
##1
頭蓋内には「毎分0.35mlずつ産生された「脳脊髄腋液」を
吸収するために頭頂部「脳表」に
「くも膜顆粒:パキオニの顆粒:pacchionian granulation」
という「構造物が「散在」致します。

##2
よく「脳神経外科専門医」以外の先生が
頭部X線撮影で「「腫瘍」と間違えわれることが
御座います。

##3
「くも膜顆粒:パキオニの顆粒:pacchionian granulation」
のある直上の頭蓋骨は外側に「軽く隆起」致します。

##4
「固いしこり」として触れるので「心配の種」になります。


#4結論その1:
##1
御相談者は
「くも膜顆粒:パキオニの顆粒:pacchionian granulation」
の上の頭蓋骨の隆起を触れていらっしゃる
と今の私は考えます。


##2
正常構造物を触れていらっしゃるわけだから
のまま「御様子見」で宜しいと今の私は考えます。


#4結論その2:
##1
「1.病気だとした場合、どういったものが考えられるのでしょうか?」
との事です。
=>
###1
病気では有りません。
###2
上記ご参考になれば何よりで御座います。


##2
「2.また、早めに検査などの対応をとったほうがいいのでしょうか?」
=>
###1
どうしても気がかりであれば
「脳神経外科専門医」先生を御受診されて頭部X線撮影
を撮影していただき御説明して
頂くのは如何でしょうか。


##3
「3.検査を受けるとしたら、脳神経外科が適切でしょうか?
  それとも、皮膚科でしょうか?」
=>
###1
もしも「皮膚腫瘍」「皮下腫瘍」をご心配であるのであれば。
###2
「形成外科専門医」先生が宜しいと今の私は考えます。
###3
けれども「脳神経外科専門医」先生を御受診されて
頂くほうが宜しいとと今の私は考えます。

##4
如何でしょうか。
##5
ご心配されなくても宜しいと
今の私は考えます。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年12月10日 7時37分40秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: いしばし   
初めまして、33歳の男です。
二日ほど前、頭頂部の若干右側にたんこぶ状のものを見つけました。
昨日は、若干大きくなったような気がします。
感覚的なものですが直径2cm、高さ5mm程度です。
触った感じはブヨブヨしてるというよりも
比較的硬い感じがします。
気になるのは、ぶつけたりしたわけでもなく
殆ど痛み・痒み等の自覚症状が無いことです。
(若干、その部位だけ微熱をもっているような気もしますが)
洗髪するときに違和感を覚えるので、発症したのは多分
ここ2日程度のことと思います。
ご相談したいことは、
1.病気だとした場合、どういったものが考えられるのでしょうか?
2.また、早めに検査などの対応をとったほうがいいのでしょうか?
3.検査を受けるとしたら、脳神経外科が適切でしょうか?
  それとも、皮膚科でしょうか?
お忙しいところ申し訳ありませんが、ご教授願います。

[2003年12月10日 0時47分45秒]


「御参考1おわり」
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2005年10月21日 18時30分15秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: たかはら   

京都府・47歳の女性です。
気付いたのはもう10年以上も前ですが
額の上部(髪の生え際から1センチほど下がったあたり)に
直径1.5センチ程の コブのような硬い隆起があります。
頭部(髪で隠れます)にも 探ると同じような隆起が2箇所あります。
痛くも痒くもなく、触ると皮膚よりも 骨じたいの隆起のように感じます。

特に健康的な問題はなかったので 前髪で隠すだけでしたが、
加齢と共に 少しずつ大きくなり 隠しきれなくなってきました。
美容上 額の隆起だけでも除去したいと思っております。

病院のどの科を選べばよいのか、
そういった症例はあるものなのか、
どのような除去方法になるのか、
だいたいの費用や治療日数の目安が知りたいのですが
宜しくアドバイスお願いいたします。

Friday, October 21, 2005 5:00 PM

[2005年10月21日 17時00分7秒]

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2005年11月7日 7時46分49秒]
--------------------------------------------------------------------------



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールマガジンの解除方法

以下のページよりご自身で行ってください

▼まぐまぐからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/mag/

▼メルマからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/melma/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
by mmdmsci | 2005-11-08 11:11

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題 242


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

242記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題242

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 合衆国在住。頚椎症手術をするか否かで脳外科・整形外科
で意見が異なります。  】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)


これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。
さぞかしお困りでしょう。

++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

c4c5「頚椎症:cervical spondyosis」で
「症状・症候」もしっかり合致し
「anterior-fusion:前方固定術」の適応であろう
と考えます。

なお御相談者の御相談内容要旨御記載からは。
御相談者に「症状・症候」の出現していない
「「脳神経外科専門医先生」の「右側」の「論理」」
については「整形外科専門医先生」は「no」と
いわれている訳である。

現有の左側の「症状・症候」で「anterior-fusion:前方固定術」
をされるのであれば
「脳神経外科専門医先生」と「整形外科専門医先生」の
判断に「食い違い」は生じていないはずです。

これは私の考えです。だから間違っているかもしれません。
下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++

#1
##1
「初めまして。42歳、男性です。
アメリカに在住して居ります。
こちらの先生との会話は英語になりますので、なかなか
細かい所までコミュニケーションできず、ご相談させて頂きま
した。

今年の7月より左腕の肩から親指に掛けてのみ鈍痛
を伴う痺れを感じ、現在では左脚も臀部からつま先まで
鈍痛と痺れを感じます。また首を後方に反らすと左腕に
電気が走る感じがします。(特に思い当たる怪我等は
ありません)ホームドクターの指示で2ヶ月間消炎剤、
筋肉緩和剤の服用、及び首の牽引等の保存的治療を
受けましたが改善せずMRI検査を実施。結果は;

C3-4:先天性のFusionが見られるがそれ以外は異常なし。

C4-5:moderate left foraminal narrowing secondary
to uncovertebral,facet hypertrophyがある。また
left anterior indentation of the thecal sac and
of the anterior aspect of the spinal cord secondary
to a 1-2mm left posterior osteophyteがある。

C5-6:4mm right posterior osteophyte/paracentral
disc protrusionがあり、uncovertebral,facet hypertrophy
と併せかなり脊髄を圧迫している。(MRIを見ましたが
確かに髄液の白い部分が無く、横に切ったMRIでは脊髄
は楕円ではなくへこんで変形していました)

上記所見を基にした神経外科医の診断は;左腕、
左脚の症状も問題だが、それより自覚症状のない
脊髄右側への圧迫がもっと危険。健康体の人より脊髄を
傷付ける危険性が高い。転んだだけでも傷付けてしまう
かもしれない。故に前方除圧固定術が必要。

一方整形外科医(背骨専門)の方は、脊髄右側の圧迫に
よる損傷の危険性は低い。この程度の人はたくさん観て居り、
皆何十年も脊髄損傷なしに健康に暮らしている。
手術のリスクを考慮すれば手術はしない方が良い、
との診断でした。

両者全く異なる意見となっています。最終的には自分で
決断するしかないと考えていますが、先生はどちらの
意見がより正しいと思われますか?MRIでは右側に
重大な異常があるとしていますが、体の右側には自覚症状
はなく、実際に症状が出ているのは左側です。ですから
先生のおっしゃる’緊張型のしびれ’ではないかなどとも
思っているのですが・・。ここまで意見が分かれると
正直困惑してしまいます。

長文、一部英文になってしまい申し訳ありません。」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
通常はc2c3が一般的なのですが。
c3c4の「クリッペル・フイル症候群(Krippel-File)(KFS)」
という先天奇形0
をお持ちの様です。

##3
勿論「クリッペル・フイル症候群(Krippel-File)(KFS)」による
「症状・症候」は御相談者の御相談内容要旨御記載からは
ありません。

##4
因みに「クリッペル・フイル症候群(Krippel-File)(KFS)」には
1・2・3型が御座います。

###1
「第1型」は次の3徴候のある場合をいいます。
####1
首が短い(short neck)
####2
頚部運動制限
####3
「mirrored movemennt;ミラードムーブメント」
(文字通り「一側の上肢の運動」に追従して
「他側の上肢が全く同じように動くこと」)
=>
はしごが上れなくなります。



###2
第2型は何らの「症状・症候」がなく
他の目的から撮影された頚部X線撮影で発見されたものをいいます。

###3
「第3型」は脊椎側湾や後側湾が「上記」に合併しているものでございます

##5
御相談者のc3c4クリッペル・フイル症候群(Krippel-File)(KFS)
は「第2型」です。


#3
##1
「C4-5:moderate left foraminal narrowing secondary
to uncovertebral,facet hypertrophy
(正確にはuncovertebral facet hypertrophyでしょう)(、がなく)
left anterior indentation of the thecal sac and
of the anterior aspect of the spinal cord secondary
to a 1-2mm left posterior osteophyte」
との事です。

##2
「画像診断」からは
1・
左側のc4c5「神経管の椎体の骨増殖による軽度の狭窄」
2・
左側の「硬膜:こうまく」と「脊髄前面」の椎体の骨刺による圧迫
の「2つ」

##3
##2はいわゆる「左側の神経根と脊髄c4c5頚椎症」の「画像診断」
です。

##4
###1
「神経根(末梢神経)を圧迫:radiculopathy」
###2
「脊髄自体を圧迫:myelopathy」
の「両者」
を示唆する「画像診断」です。

##5
けれども
これは画像診断」であり「臨床診断」ではない。

##6
因みに
「C5-6:4mm right posterior osteophyte/paracentral
disc protrusionがあり、uncovertebral,facet hypertrophy」
の「右側」の「画像診断」は
「誰にでもあるような」「画像所見」です。

=>
「一方整形外科医(背骨専門)の方は、脊髄右側の圧迫に
よる損傷の危険性は低い。この程度の人はたくさん観て居り、
皆何十年も脊髄損傷なしに健康に暮らしている。」
は「正しい」です。


##7
「臨床神経診断学」の観点から解釈を#4に御記載致します。


#4
##1
「年の7月より左腕の肩から親指に掛けてのみ鈍痛
を伴う痺れを感じ、現在では左脚も臀部からつま先まで
鈍痛と痺れを感じます。また首を後方に反らすと左腕に
電気が走る感じがします。」
の「症状・症候」は
#3の「画像診断」と一致致します。

##2
「上記所見を基にした神経外科医の診断は;左腕、
左脚の症状も問題だが、それより自覚症状のない
脊髄右側への圧迫がもっと危険。健康体の人より脊髄を
傷付ける危険性が高い。転んだだけでも傷付けてしまう
かもしれない。故に前方除圧固定術が必要。」
との事です。

##3
「anterior-fusion:前方固定術」の手術適応と考えます。

##4
「上記所見を基にした神経外科医の診断は;左腕、
左脚の症状も問題だが、それより自覚症状のない
脊髄右側への圧迫がもっと危険。健康体の人より脊髄を
傷付ける危険性が高い。転んだだけでも傷付けてしまう
かもしれない。」

「「右側」の論理展開」が全く理解できません。
=>
多分に御相談者の「ことばのあやのききちがい」の
可能性があります。
或は私のかんちがいかもしれません。

##5
「脳神経外科専門医先生」が御相談者が現在出現している
左側の「神経根(末梢神経)を圧迫:radiculopathy」と
「脊髄自体を圧迫:myelopathy」から
「いまだ「症状・症候」の出現していない右側」
に手術根拠を「提案」されたのは
「医学的論理展開」としては理解できません。

##6
けれども合衆国の「臨床」の外科医としての
「奥の手」である可能性がある。
(悪い意味ではありません)





#5結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
平たく言えば
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
c4c5頚椎症がおありである。

##3
そして
「神経根(末梢神経)を圧迫:radiculopathy」も
「脊髄自体を圧迫:myelopathy」の
「症状・症候」も合致する。

##4
当然「脳神経外科専門医」としては
「anterior-fusion:前方固定術」を患者さんには薦めます。

##5
ここで大変重要な事なのですが。
合衆国では脊髄は100%に近く
「脳神経外科専門医」が手術を致します。

##6
「整形外科専門医先」は脊髄の手術は
合衆国では致しません。

##7
これは「整形外科専門医先生」の「技量」の問題
ではありません。

##8
合衆国で「最も手術訴訟事例」の多いのは「「脊椎・脊髄」分野」。

##9
脊髄は「中枢神経系」ですから
「脊椎・脊髄」分野の手術は「結果論」として
「中枢神経系専門医」ではない
「整形外科専門医先生」は「不利」が多く「自然消滅」
したものと考えられます。

##9
これだけ典型的な「症状・症候」のある頚椎症であれば
「anterior-fusion:前方固定術」をされるほうが
賢明でしょう。

##10
けれども。
但し合衆国では
「Schneider:シュナイダーの脊椎・脊髄の手術適応」に準拠して。

##11
「患者さんが拒否した場合・合意しなかった場合・躊躇した場合」には
脊椎・精髄は手術適応は「したほうが賢明」でも「手術適応なし」とされます。

##12
御留意下さい。

##13
また「脳神経外科専門医先生」の判断から
現有の左側の「症状・症候」で手術で「症状・症候」が
改善しないか(すると考えますが)何事かあった場合。

##14
合衆国では頚椎・頸髄の専門医手術は40000$(日本円で500万円位)
位かかります(「脳神経外科専門医先生」の「fee」だけです)。

##15
合衆国では
訴訟があった場合には「右側の危険=リスク」に言及
しておいたほうが「脳神経外科専門医先生」としては「安全」。

##16
このあたりに
手術はされない「整形外科専門医先生」と
手術をされる「脳神経外科専門医先生」と
の間で「右側問題のみで」食い違いが発生したように見えた可能性が
あります。


##17
このような御回答しか出来ません。申し訳ございません。

##18
的外れなことを申し上げたかもしれません。
けれどもご参考になれば何よりで御座います。


##19
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

ps
++++++++++++++++++++
よく本邦では脳MRIをとったが異常なかった
とか脳CTで異常なしといわれた・という話が
あります。

合衆国では施行された臨床検査で「「異常所見」無し」
の場合。患者さんは「検査」料金は支払を拒否することが
できます。

この場合「検査費用」は
「お受けもちのレジデント」の「給料」から
差し引かれます。

合衆国の「臨床医学」はこれほど厳しいものです。
日本の「臨床」とは「海と山」の相違程」以上のものがあり
比較にはなりません。

ましては手術で「なおらなかった」り「何事か」あらば
術者は「ストレス」の多い手術をされた挙句に訴えられて
大変な事になります。

だから熟練をつんだ専門医は「診断戦略」と「治療戦略」
に関して「それなりのよい意味」での
護身の技をみにつけます。
++++++++++++++++++++


取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。


上記・下記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

山本クリニック 山本博昭
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

[2005年11月5日 19時2分18秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 脊髄梗塞?  】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)


これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。


#1
##1
「はじめまして。

父(男性、74歳、5年前に心臓バイパス手術施術、糖尿病疾患あり)
が3週前突然歩行が困難になり、
下半身が殆ど動かず、感覚もなく、排泄も自力では不可能な状態で
即大病院に入院しました。

約3週間半の入院、検査の後、脊髄梗塞という診断がなされ
先週末よりリハビリを開始いたしました。
ところが最近になってお医者様が病状が悪化しているので
他の病気の可能性の示唆をし始めました。

大病院は神経内科はあるにはあるのですが、
専門医が週1回しかから来ないので
果たして正確かつ適切な診断、治療ができるのか若干不安があります

私としては神経内科、リハビリ科、整形外科の3つがきっちり
揃っていてチーム診療が進んでいる病院へ
変更またはセカンドオピニオンを求めた方が良いと思うのですが、

ご多忙中のところ恐縮ですが
何か良いアドバイスをいただければ幸いでございます。」
との事です。



#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
まず本邦では両側下肢麻痺の患者さんの場合
「整形外科専門医先生」が「お受けもちの先生」であると
「骨・皮・筋」に問題がなければ。

##3
いとも簡単に「脊髄梗塞」という病名が付けられる慣わしが
あります。

##4
だから「脊髄梗塞」は「脳梗塞」のようなしっかりとした「虚血性脳血管障害」
を示唆するものではないのです。

##5
即ち「病態」が「脊髄血管障害」を示唆するものではなくとも結果的に
「脊髄梗塞」と呼称されることがあります。

##6
適切な表現が思い浮かばないのですが
「整形外科専門医先生」の世界ではそのようです。

##7
「脳神経外科専門医先生」「神経内科専門医先生」等
「中枢神経系専門医先生」では「脊髄梗塞」という
診断を下さざるを得ない事例は一生の間に2-3回もないでしょう。

#3
##1
「欧米」では両側下肢麻痺の患者さんの場合
「脳神経外科専門医先生」>「神経内科専門医先生」>「整形外科専門医先生」
というように流れます。

##2
「ところが最近になってお医者様が病状が悪化しているので
他の病気の可能性の示唆をし始めました。」
との事です。

##3
如何なる「病態」を示唆されているのか判りかねます。

##4
「私としては神経内科、リハビリ科、整形外科の3つが
きっちり揃っていて チーム診療が進んでいる病院へ
変更またはセカンドオピニオンを求めた方が良いと思うのですが、」
との事です。

##5
いまだ「中枢神経系専門医先生」=
「脳神経外科専門医先生」或は「神経内科専門医先生」
が「御父様」を御覧になられていないとすれば。

##6
これは大変な事です。


#4結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「私としては神経内科、リハビリ科、整形外科の3つが
きっちり揃っていてチーム診療が進んでいる病院へ変更または
セカンドオピニオンを求めた方が良いと思うのですが、」
との事です。

##3
##2のほうが宜しいに決まっています。

##4
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。

##5
けれども
「お受けもちの先生」とよく相談されて。
しっかりとした
「中枢神経系専門医」が「外科・内科」共にが常在されている
御施設に「転医」されたほうが宜しいと今の私は考えます。

##6
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

##7
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。


取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。


上記・下記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。



何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

山本クリニック 山本博昭
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

[2005年11月3日 14時0分56秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■メールマガジンの解除方法

以下のページよりご自身で行ってください

▼まぐまぐからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/mag/

▼メルマからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/melma/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
by mmdmsci | 2005-11-07 21:26