<   2004年 05月 ( 61 )   > この月の画像一覧

「視床脳梗塞」「虚血性脳血管障害」

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「先日は、母の視床下部の脳梗塞について
ご教授頂きありがとう御座いました。

母が発症して約2ヶ月になりましたが、
1ヶ月ほどで意識は戻りましたが、
言語障害と両目の瞼が開きません。

平衡感覚も若干悪いようで、
歩行訓練もバランスが取れずうまくいきません。

リハビリは、
歩行訓練及びバランス感覚の訓練が主で、
瞼の開眼のリハビリはないのですが、
これから先瞼は開くのでしょうか、

また、専門病院に転院させたほうが良いでしょうか、
宜しくお願いいたします。」

との事です。




#2
##1
「視床下部の脳梗塞」との事なのですが.

##2
「お受けもちの先生」も深いお考えの上での
「御診断」と考えますが。

##3
お母様の「症状・症候」からは
「視床下部の脳梗塞」の「症状・症候」は御記載からは
該当するものは見当たりません。

##4
但し
「視床脳梗塞:ししょうのうこうそく」であれば「「構語障害」など
また「運動失調」など今のお母様に関する
御記載の「症状・症候」におおいに合致いたします。


#3
##1
4月1日の脳血管障害・「虚血性脳血管障害」」の発作から
2ヶ月経過されています。

##2
1ヶ月で意識障害が回復されてきたのは
脳血管障害=「虚血性脳血管障害」=「脳梗塞」が
「脳血栓による脳梗塞」ではなく。

##3
「脳塞栓による脳梗塞」の要素をもたれていたからであると
今の私は考えます。





#4
##1
両側の「眼があかない」=「両側眼嶮下垂」が
「仮性眼嶮下垂」なのか「真性眼嶮下垂」なのかは
判断できません。

##2
いずれに致しましても
「眼嶮下垂」の「症状・症候」であると今の私は考えます。


##3
お母様の眼嶮下垂が「顔面神経麻痺」由来であるか
「動眼神経」由来であるかも
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
判断が出来ません。

申し分け御座いません。




#5
##1
「言語障害」の原因としてはお母様の場合
「失語症」即ち「運動性失語症」によるものか。

##2
「顔面表情筋」或は「舌筋群」の関与する
「構語障害」によるものなのかも
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
判断が出来ません。

申し訳御座いません。






#6結論:
##1
「リハビリは、歩行訓練及びバランス感覚の訓練が主で、
瞼の開眼のリハビリはないのですが、
これから先瞼は開くのでしょうか
、また、専門病院に転院させたほうが良いでしょうか、
宜しくお願いいたします。」
との事です。

##2
今からお母様はは急速に回復されていくと考えます。

##3
リハビリでも「言語療法士」=「speech therapist:ST」による訓練も
リハビリプログラムのなかに取り入れられていくものと
今の私は考えます。

##4
そして
「顔面表情筋」も良い方向に向かわれるように
今の私は考えます。


##5
今の御施設にとどまられて
リハビリ及び「お受けもちの先生」とも御相談されながら
もうしばらく
「御様子見」をされるのが宜しいと今の私は考えます。


取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。





上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年5月29日 18時13分34秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
*相談掲示板がメンテナンス中のため
電子メールにて頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*


先日は、母の視床下部の脳梗塞について
ご教授頂きありがとう御座いました。

母が発症して約2ヶ月になりましたが、
1ヶ月ほどで意識は戻りましたが、
言語障害と両目の瞼が開きません。

平衡感覚も若干悪いようで、
歩行訓練もバランスが取れずうまくいきません。

リハビリは、
歩行訓練及びバランス感覚の訓練が主で、
瞼の開眼のリハビリはないのですが、
これから先瞼は開くのでしょうか、

また、専門病院に転院させたほうが良いでしょうか、
宜しくお願いいたします。

[2004年5月29日 18時4分53秒]
by mmdmsci | 2004-05-30 11:08 | 脳神経外科

「振戦:しんせん」には「活動時刻振戦」と「休止時振戦」の「2種類」が御座います。

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「友人の女性(55歳)のことでご相談いたします。
最近向かい合って話しているときに気付いたのですが、
難しい話や、重たい内容の話や、長時間の話になると、
頭(顔)が小刻みに震えます(左右に小刻みに揺れる)
普通に歩いていたりする時は何もありません。
心の病気でしょうか?それとも、脳の病気が潜んでいるのでは?
と心配です。どうか教えて下さい。」
との事です。


#2
##1
「友人の女性(55歳)のことでご相談いたします。」
との事です。

##2
55歳といえばまだお若いです。

##3
この「症状・症候」は「振戦:しんせん」と呼称致します。





#3
##1
「振戦:しんせん」には「活動時刻振戦」と「休止時振戦」の「2種類」が
御座います。

##2
「活動時刻振戦」は筋肉が「何らかの活動をしているときにその部位に出現する振戦」
で御座います。

##3
「休止時振戦」は患者さんの身体(四肢・体幹・頭部)
が休止している状況で発生する振戦で御座います。

##4
「活動時刻振戦」は筋肉が
「何らかの活動をしているときにその部位に出現する振戦」
この中で「活動時刻振戦」は「2つ」に分類されます。
=>##4

##4
「運動時振戦」と「姿勢時振戦」で御座います。

##5
「「運動時振戦」は運動をするときに出現する振戦」であり
「「姿勢時振戦」はある姿勢を保とうとするときに出現する振戦」
で御座います。

##6
「活動時振戦」の2つはは「英国臨床神経学」」の
「アクション振戦:action tremor」という「力をいれたとき「振戦:しんせん」」
とは異なるのでややこしいです。




#4
##1
ご友人の
「難しい話や、重たい内容の話や、長時間の話になると、
頭(顔)が小刻みに震えます(左右に小刻みに揺れる)
普通に歩いていたりする時は何もありません。」の「症状・症候」
は。

##2
「活動時刻振戦」は
筋肉が「何らかの活動をしているときにその部位に出現する振戦」
この中で「活動時刻振戦」は「2つ」のなかの。

##3
「「姿勢時振戦」はある姿勢を保とうとするときに出現する振戦」
で御座います。

##4
よく「振戦:しんせん」を「本態性」とか「家族性」とか○○性とか
分類する「方法」がありますが「臨床神経診断学」の観点からは
これは「何ら意味をもたず」正しくは御座いません。

##5
ご友人が何ゆえ
「「姿勢時振戦」はある姿勢を保とうとするときに出現する振戦」を
「症状・症候」としてお餅であるのかは全く判断できません。

##6
様々な理由・或いは「病態」が考えられます。

##7
けれども「中枢神経系の「器質的疾患」
(「頭部外傷」や「脳腫瘍」や「脳血管障害」等)」があるとか
は考えにくいような気が致します。






#5結論:
##1
ご友人の
「難しい話や、重たい内容の話や、長時間の話になると、
頭(顔)が小刻みに震えます(左右に小刻みに揺れる)
普通に歩いていたりする時は何もありません。」は
ひとえに「振戦:しんせん」という「臨床神経診断学」でいうところの
「症状・症候」で御座います。

##2
「振戦:しんせん」の中でも
「活動時刻振戦」は筋肉が「何らかの活動をしているときにその部位に出現する振戦」
であり。

##3
この中で「活動時刻振戦」は「2つ」=「運動時振戦」+「姿勢時振戦」
のなかで。

##4
「姿勢時振戦」=
「姿勢時振戦」はある姿勢を保とうとするときに出現する振戦」
で御座います。

##4
「心の病気」でもなければ
「中枢神経系の「器質的疾患」(「頭部外傷」や「脳腫瘍」や「脳血管障害」等)」
でもないと今の私は考えます。

##5
この御相談者の御記載内容からは
この「「姿勢時振戦」はある姿勢を保とうとするときに出現する振戦」
の原因は判断できません。

##6
このような御回答しかできなくて御免なさい。
申し訳御座いません。





上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。




何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。






何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

[2004年5月27日 13時7分36秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: さえこ   
友人の女性(55歳)のことでご相談いたします。
最近向かい合って話しているときに気付いたのですが、
難しい話や、重たい内容の話や、長時間の話になると、
頭(顔)が小刻みに震えます(左右に小刻みに揺れる)
普通に歩いていたりする時は何もありません。
心の病気でしょうか?それとも、脳の病気が潜んでいるのでは?
と心配です。どうか教えて下さい。

[2004年5月27日 12時46分53秒]
by mmdmsci | 2004-05-27 17:37 | 神経内科

病院を探しています。

ご心配なことと存じます。



#1
##1
「今現在、某精神科の病院に入院している友人がいます。
実は自分もそこで入院し彼と知り合ったのですが、
あまりにひどい対応で、病院側から転院を言い渡されたとの事です。
家族の方も困り果てていて、病院を探すにも苦労している状況です。

簡単な今の状態を説明すると、50歳半ばの男性。
自分は親族ではないので詳しい事は言えませんが、
精神的、直接的暴力にて、体が萎縮してしまい今現在はトイレ等の
日常生活さえも介助が必要な状態。
自分が入院しているときは、福祉関係の仕事柄、立ち方、歩き方、
など教えて四点杖で歩ける所まで回復。

その後看護師による精神的暴力を受け
(自分もその場にいたので知ってるんですが)再度寝たきり状態になり、
振り出しに戻る。その後一ヶ月かけ何とか四点杖まで回復したのですが、
自分が退院した後病棟を移され、
開放病棟に移ったのを機に会いに行ってみたら今までない以上に
勢威を失い寝たきり状態。その上、退院勧告を受けた状態。
至急病院を探しているのですが、リハビリ付の病院がなかなかないのと、
本人、ご家族が病院に対して警戒してしまって思うように話が進みません。

どこかいい病院があれば紹介してほしいのですが。
出来れば都内近郊がいいのですがよろしくお願い致します」
との事です。







#2結論:
##1
この御相談は
患者さんご自身からの相談でもないし
また患者さんの御家族からの御相談でも御座いません。
また
1・年齢 2・性別の御記載が御座いません。



##2
また別の私なりの観点から
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読させて頂きました。

##3
どのようにいかように考えても「ご本人」が
「精神科入院」されている「病態」或は「疾患名」あるいは
「症状・症候」も判断が不可能で御座います。

##4
お気持ちはよく判ります。
大変申し訳ないのですが
御回答限界で御座います。


##5
またこの「相談掲示板の趣旨と範囲」からは。

「病院或は医療施設の紹介」
或は「これに類する情報提供」を
行うことは不可能で御座います。

##6
お気持ちはよく判ります。けれども
このような御回答しか出来ません。申し訳御座いません。
申し訳ありません。






上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年5月27日 11時27分18秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: numa   
今現在、某精神科の病院に入院している友人がいます。
実は自分もそこで入院し彼と知り合ったのですが、
あまりにひどい対応で、病院側から転院を言い渡されたとの事です。
家族の方も困り果てていて、病院を探すにも苦労している状況です。

簡単な今の状態を説明すると、50歳半ばの男性。
自分は親族ではないので詳しい事は言えませんが、
精神的、直接的暴力にて、体が萎縮してしまい今現在はトイレ等の
日常生活さえも介助が必要な状態。
自分が入院しているときは、福祉関係の仕事柄、立ち方、歩き方、
など教えて四点杖で歩ける所まで回復。

その後看護師による精神的暴力を受け
(自分もその場にいたので知ってるんですが)再度寝たきり状態になり、
振り出しに戻る。その後一ヶ月かけ何とか四点杖まで回復したのですが、
自分が退院した後病棟を移され、
開放病棟に移ったのを機に会いに行ってみたら今までない以上に
勢威を失い寝たきり状態。その上、退院勧告を受けた状態。
至急病院を探しているのですが、リハビリ付の病院がなかなかないのと、
本人、ご家族が病院に対して警戒してしまって思うように話が進みません。

どこかいい病院があれば紹介してほしいのですが。
出来れば都内近郊がいいのですがよろしくお願い致します

[2004年5月27日 11時5分52秒]
by mmdmsci | 2004-05-27 17:36 | 医療

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」 「ノド化け(あだ名です)」

ご心配なことと存じます。


#1
##1
「24歳の会社員の男です。
最近喉(食道?)の辺りがスースーするというか
喉飴を舐めた後の様な感じがして気持ち悪いです。
食後も腹は一杯でも何か喉が渇いている様な感覚です(別に喉自体は渇いていない)。
もちろん喉飴なんて舐めてないですし、体調もいいので
風邪ではないと思います。
時々その部分が痛んだりもします。
何か病気なのでしょうか?
病院へ行った方がよろしいのでしょうか?
しばらくは放っておいたのですが何日か続くので
気になって御相談させて頂きました。」
との事です。





#2
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「ノド化け(あだ名です)」であろうと
今の私は考えます。

##2
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
に関しましては
下記の御相談の御解答を御参照されていただけますでしょうか。


##3
「後頭部のリンパ腺?しこり? [2] [2004年 5月27日 7時25分24秒] 」

##4
不躾お許し下さい。

##5
「何か病気なのでしょうか?
病院へ行った方がよろしいのでしょうか?
しばらくは放っておいたのですが何日か続くので
気になって御相談させて頂きました。」

との事です。

##6
この「症状・症候」は
正診断率の大変低い「疼痛系の「症状・症候」」でございます。



##7
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。


##8
御相談者に「肩こり・頸こり・背中こり」」がお強い様であれば。

##9
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。




#3結論:
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
による「ノド化け(あだ名です)」であると
今の私は考えます。

##2
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
自体大変に生産性の少ない「病態」であると同時に
正診断率の大変低い「疼痛系の「症状・症候」」でございます。

##3
「症状・症候」の強さが判断できないので
なんともいえないのですが。

##4
御相談者に「肩こり・頸こり・背中こり」」がお強い様であれば。

##5
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を是非ともに御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##6
意味も無く「疲労ですね」或いは
「ストレスですね」等と医師より図らずともいわれて
しまう病態で御座います。


##7
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・
「心療内科の疾患」ととよく間違えられます。


##8
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれて下さいませ。


##9
「補足1」に
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴を御記載致します。


##10
また
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
にて「ノド化け(あだ名です)」を起こされていらっしゃる
かたは「新皮質フリーズ現象(neocortical supression)」
で情緒不安定にもなられていることが多いものなのです。

##11
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんの「思考過程」を「補足2」に御記載致します。




上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。







何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。






++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さて「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には特徴がございます。

##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1-2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:Barber's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
肋骨や腹部が「痛くは」有りませんか。
「「肩こり背中凝り」の前への押し寄せ」の「症状・症候」
で御座います。
##31
「甲状腺機能」の「異常所見」を指摘されたことが
おありではないでしょうか。
##32
「左側」のほうが痛くはありませんか。
##33
後頭部や後頚部に「しこり」のようなものがあり
さわると痛くないでしょうか。





以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。



++「補足2」++++++++++++++++++++++++++++++++++++

#1
ここで「因果付け」についてご説明。
##1
「緊張型」の患者さんは「独特な思考過程」があります。
##2
「因果付け」という。
「○○がこうだから□□である」という錯覚方程式。
##3
いとも簡単に抵抗無く
「原因(と自分が考えているもの)」と「結果あるいは結論」を
「結合」させてしまう。
##4
すなわち自己思考の「極めて強固な固定」です。
これは「自己防御」のための「ブレーキ」でも有る。
##5
ストレスには弱くなります。
「因果関係」を逆転すればストレスから「発生」するようにみえるが間違いなのです。
##6
だから他もしくは「他人」と自己もしくは「自分」の
判別が不可能。
##7
「日常」では不可能な「複数人格演出」も始まりやすい。
##8
「緊張型」はさもなくて「非生産的」な状態。
##9
御自分の頭の中では「鶏が先か卵が先」かを深く考えたり致します。
##10
一方「他覚的現象」については
火事場に急行する消防車を見て
「消防車」が火をつけていると本能で錯覚し嫌悪することすらある。
##11
そしてこの「「自分の結論」が間違い」気づく時は驚くほど多くを失う。
何もかもが上手くいかなくなる



#2
##1
「因果付け」と「自分隠し」により
「独身」の患者さんでは「御自分の天与の才能や業績」を巻き込みます。
##2
例えば
「自営業」の患者さんは築いたものを尽いて失います。
##3
「因果付け」「自分隠し」は
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の思考過程としては大変に有名なもので御座います。

##4
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/7fal crisis)することが多いです。
##5

###1
「困った輪」「未解決の輪」「悪魔の輪」
###2
「因果付け」の
###3
「自分隠し」=「自己隠蔽(=自己防御につながる)のため
「他人攻撃」
(他人を攻撃すれば余計目立つことに気がつかない)
の「魔の2月」。
##4
「魔の2月」乗り越えましょう。




#3
##1
「緊張型」は
「脳神経外科⇒整形外科⇒内科⇒心療内科などぐるぐる回った挙句」という
困った意味で「典型的」な輪を回ります。
これを「困った輪」「未解決の輪」「悪魔の輪」とか称します。
##2
患者さんによっては「困った輪」「未解決の輪」「悪魔の輪」
に封印され20年くらい経過してしまうことすら
稀ではありません。
##3
また「緊張型」の「治療が奏功してきた患者さん」にすら
6ヶ月ー1年目くらいでこの「悪魔の輪」は忍び寄り入り込んできます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年5月27日 11時2分16秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: エス   
24歳の会社員の男です。
最近喉(食道?)の辺りがスースーするというか
喉飴を舐めた後の様な感じがして気持ち悪いです。
食後も腹は一杯でも何か喉が渇いている様な感覚です(別に喉自体は渇いていない)。
もちろん喉飴なんて舐めてないですし、体調もいいので
風邪ではないと思います。
時々その部分が痛んだりもします。
何か病気なのでしょうか?
病院へ行った方がよろしいのでしょうか?
しばらくは放っておいたのですが何日か続くので
気になって御相談させて頂きました。

[2004年5月27日 10時36分38秒]
by mmdmsci | 2004-05-27 17:35 | 緊張型頭痛

頭皮の「外傷性動脈瘤」

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「あれから、もうすぐ二週間たちますが、
全然こぶがひきません。
担当医が言うように、こぶを押さえてみても、
逆に大きくなったような気がします。
触らないと、元に戻るのですが。
本当にこの場所(でこ)で、動脈瘤なのか、
皮下出血、筋肉内出血、色々考えてしまいます。
先生が、過去に私と同じ症状で、手術された
そうですが、大変でしたでしょうか?
やっぱり、自然にはよくならないのでしょうか?
毎回、すみません。教えてください。
よろしくお願いします。」
との事です。



#2
##1
もしも本気で「圧迫」でいくのであれば。

##2
「1日入院されて」「強力なテープバンソウコウ」で「圧迫されたまま」
1昼夜「圧迫」を「臥床状態」で続けます。

##3
或は「本物の脳血管撮影」をしっかりされて
外頚動脈の枝である「浅側頭動脈:superior temporal artery」
の前枝を「形成外科専門医先生」の判断のもとに
「結紮」する方法もあると考えます。

##4
「お受けもちの先生」も同様のことを考えていらっしゃる
と過去歴の御相談で伺っております。

##5
どうしても気になるのであれば
「お受けもちの先生」と再度御相談されてみては如何でしょうか。

##6
このような御回答しか出来ません。
申し訳御座いません。
的外れなことを申し上げたかもしれません。
けれどもご参考になれば何よりで御座います。





上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。







補足:
前回の御回答は下記の通りでございました(一部)(+++以下)。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ご心配なことと存じます。

#1
##1
「度々すみません。
   #3
##1
「こぶは、脈をうっているので、動脈が傷ついているところが
膨れている?と言われました。二箇所を軽く押さえたら、
確かに脈うっています。これを時々押さえたら徐々に
腫れがひくといわれましたが、昨日試すと、
少しまた腫れたようです。
あと、二週間後にまた来てくださいと言われ、
その時に大きくなっていれば、血管撮影して
形成外科で手術して、血管の中に詰め物をする
と言われました。」
の「お受けもちの先生」の判断は誠に適切です。

これを時々押さえたら徐々に
腫れがひくといわれましたが、昨日試すと、
少しまた腫れたようです。
先生、このことは正しいのでしょうか?
宜しくお願いします。」



#2結論:
##1
理論的には「太い動脈」でもありませんから。

##2
##1=太股の「大腿動脈」から挿入する「心臓カテーテル」の「太さ」
よりも「細い」と考えますから。

##3
圧迫し続ければ「この外傷性動脈瘤」を形成している
「浅側頭動脈:superior temporal artery」の「前枝」は「圧迫」
しうるはずです。

##4
このような意味で「正しい」ですし
「現実性」も御座います。




上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。






補足:
前回の御回答は下記の通りでございました(一部)(+++以下)。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ご心配なことと存じます。

#1
##1
「先日は、お忙しい中の回答を
いただき、有難うございました。
もう一度、補足相談したいのですが。
ボールの打球のあたったところは、
左眉毛の上あたりです。
眼の異常は今のところ、ありません。
たんこぶは二箇所、その部分と、
こめかみ付近にパチンコ玉を半分にした
大きさであります。
昨日の回答で、先生は損傷された帽状腱膜
(ガレアといいます)には「線維化:fibrosis]
が起こります。
いわば「頭皮の内側のかさぶた」です。
とのことですが、ほっといても
自然によくなるのでしょうか?
宜しくお願いします。
実は昨日、脳神経外科に行ってきました。
こぶは、脈をうっているので、動脈が傷ついているところが
膨れている?と言われました。二箇所を軽く押さえたら、
確かに脈うっています。これを時々押さえたら徐々に
腫れがひくといわれましたが、昨日試すと、
少しまた腫れたようです。
あと、二週間後にまた来てくださいと言われ、
その時に大きくなっていれば、血管撮影して
形成外科で手術して、血管の中に詰め物をする
と言われました。
額の大動脈の傷(腫れ)は自然によくならないのでしょうか?
とても心配です。
手術となれば、本当に怖いです。
どうか、宜しくお願いします。」
との事です。


#2
##1
「補足相談したいのですが。
ボールの打球のあたったところは、
左眉毛の上あたりです。
眼の異常は今のところ、ありません。」
との事です。

##2
外傷性に「頭皮下」の動脈で御相談者が心配されている
「症状・症候」の位置にある「動脈」は
「浅側頭動脈:superior temporal artery」の「前枝:ぜんし:anterior branch」
しか
御座いません。

##3
「脳神経外科専門医」の「お受けもちの先生」の
判断は頭皮の「外傷性動脈瘤」をお考えのようです。

##4
打球をライナーで「直達」頭部顔面で受けて
「左眉毛の上あたりです。」であれば本当に宜しかったです。






#3
##1
「こぶは、脈をうっているので、動脈が傷ついているところが
膨れている?と言われました。二箇所を軽く押さえたら、
確かに脈うっています。これを時々押さえたら徐々に
腫れがひくといわれましたが、昨日試すと、
少しまた腫れたようです。
あと、二週間後にまた来てくださいと言われ、
その時に大きくなっていれば、血管撮影して
形成外科で手術して、血管の中に詰め物をする
と言われました。」
の「お受けもちの先生」の判断は誠に適切です。


##2
御相談者のような事例では軽症ですんだとおもわれて
いただけますか。

##3
自然に放置しても御相談者が「気にされなければ」
或は「希望されなければ」
今の段階では
手術は施行されないと私は思います。

##4
再度御解答申し上げますが。
「お受けもちの先生」の御判断は誠に適切で御座います。



#4結論:
##1
「頭皮」の「外傷性動脈瘤」であれば「形成外科専門医先生」の
の判断も必要です。

##2
命に別状のことがあるわけではないので。

##3
御相談者がコスメテイックに気にされるようであれば
手術は施行されることになります。






上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。










補足:
前回の御回答は下記の通りでございました(一部)(+++以下)。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ご心配なことと存じます。

「左眉上にボールが強打」との表題なのですが。
正確な
打球の打撲部位の御記載が御座いません。

!顔面の場合には
「眼窩底破裂(吹き抜け)骨折:brow out fracture」という
怖い「顔面外傷」が御座います。
!
頭部の場合には「頭部外傷」として「意識障害」が無ければ
可かと考えます。

けれども「意識障害」の有無の御記載が御座いません。

御回答限界でもあるのです。
けれども「可能な範囲内で」御回答を試みます。


#1
##1
「35歳の男性です。
先月、ソフトボールを行ってたとき、
私はピッチャーでした。投げた後、
ものすごいライナーの打球をうけました。
みるみるうちに、腫れ上がり、救急病院に
運ばれましたが、CT、頭部レントゲンは
異常がみられませんでした。
1ヶ月経ちますが、小さいたんこぶのような
腫れが二箇所あり、治りません。病院で
見てもらうべきでしょうか?
こぶみたいなところは、柔らかくもあり、
少し硬いように思います。
どうか宜しくお願いします。」
との事です。



#2
##1
上述の如く「顔面外傷」なのか「頭部外傷」であるのかによって
「判断」は全く異なってきます。

##2
「CT、頭部レントゲンは異常がみられませんでした。」との事から
下記一応は「頭部外傷」として御回答致します。

##3
それにしても打球による「御相談者のピッチャー外傷」の場合
最も危険でありまた頻度が多いものは
「眼窩底破裂(吹き抜け)骨折:brow out fracture」で
御座います。

##4
「眼窩底」の骨は紙の様に薄く「打球」を
顔面即ち「眼の周囲」=「眼窩」に被るとなると。

##5
「眼窩内圧」の急上昇にて
「眼窩底破裂(吹き抜け)骨折:brow out fracture」
を起こせば「骨折部位に眼窩内組織がトラップされて」眼球運動障害を
惹起致します。

##6
「緊急」にも手術が必要になります。

##7
御相談者の御記載内容からは「頭部外傷」として考えますが
「意識障害」の有無の御記載が御座いません。

##8
よりまして
「意識障害」は無かったと仮定してして御回答致します。





#3
##1
「みるみるうちに、腫れ上がり、救急病院に
運ばれましたが、CT、頭部レントゲンは
異常がみられませんでした。」との事です。

##2
本当に宜しかったです。

##3
「1ヶ月経ちますが、小さいたんこぶのような
腫れが二箇所あり、治りません。」との事です。

##4
「頭部外傷」であれば帽状腱膜(ガレアといいます)の下の血腫
のあとであろうと考えられます。

##5
「帽状腱膜(ぼうじょうけんまく)下血腫」の場合「頭の頭皮下血腫」が
凝固したのち10日目で液化されて自然吸収されます。

##6
けれども損傷された帽状腱膜(ガレアといいます)には「線維化:fibrosis]
が起こります。

##7
いわば「頭皮の内側のかさぶた」です。

##8
「1ヶ月経ちますが、小さいたんこぶのような
腫れが二箇所あり、治りません。」
は「帽状腱膜(ガレアといいます)「線維化:fibrosis」」と考えられます。




#4結論:
##1
上記の如く「頭部外傷」であれば
「帽状腱膜(ぼうじょうけんまく)下血腫」の自然吸収のあとの
「帽状腱膜(ガレアといいます)線維化:fibrosis」
と考えられます。

##2
極めて「危険なピッチャー打球外傷」の可能性
紙一重であられたわけです。


##3
1ヶ月たたれて経過観察にて「頭部外傷」の経過観察として
「脳神経外科専門医」を御受診されてみては如何でしょう。

##4
もしも打球を顔面に受けられているときは
「眼科専門医先生」をも是非ともに御受診されて頂くほうが
極めて極めて無難で御座います。

##5
このような御回答限しかできません。
的外れな御回答であればお許し下さい。
けれどもご参考になれば何よりで御座います。





上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。






何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。




何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。



+++++++++++++++
補足
「眼窩底破裂(吹き抜け)骨折:brow out fracture」
の「ブロー・アウト」とは「車のタイヤがパンクする」
という意味で御座います。


+++++++++++++++







[2004年5月13日 14時10分7秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: しゅうじ   
35歳の男性です。
先月、ソフトボールを行ってたとき、
私はピッチャーでした。投げた後、
ものすごいライナーの打球をうけました。
みるみるうちに、腫れ上がり、救急病院に
運ばれましたが、CT、頭部レントゲンは
異常がみられませんでした。
1ヶ月経ちますが、小さいたんこぶのような
腫れが二箇所あり、治りません。病院で
見てもらうべきでしょうか?
こぶみたいなところは、柔らかくもあり、
少し硬いように思います。
どうか宜しくお願いします。

[2004年5月13日 13時41分43秒]

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

前回の御回答は上記の通りでございました(一部です)(+++以上)。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年5月20日 9時33分41秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: しゅうじ   
先日は、お忙しい中の回答を
いただき、有難うございました。
もう一度、補足相談したいのですが。
ボールの打球のあたったところは、
左眉毛の上あたりです。
眼の異常は今のところ、ありません。
たんこぶは二箇所、その部分と、
こめかみ付近にパチンコ玉を半分にした
大きさであります。
昨日の回答で、先生は損傷された帽状腱膜
(ガレアといいます)には「線維化:fibrosis]
が起こります。
いわば「頭皮の内側のかさぶた」です。
とのことですが、ほっといても
自然によくなるのでしょうか?
宜しくお願いします。
実は昨日、脳神経外科に行ってきました。
こぶは、脈をうっているので、動脈が傷ついているところが
膨れている?と言われました。二箇所を軽く押さえたら、
確かに脈うっています。これを時々押さえたら徐々に
腫れがひくといわれましたが、昨日試すと、
少しまた腫れたようです。
あと、二週間後にまた来てくださいと言われ、
その時に大きくなっていれば、血管撮影して
形成外科で手術して、血管の中に詰め物をする
と言われました。
額の大動脈の傷(腫れ)は自然によくならないのでしょうか?
とても心配です。
手術となれば、本当に怖いです。
どうか、宜しくお願いします。

[2004年5月20日 9時13分37秒]

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

前回の御回答は上記の通りでございました(一部です)(+++以上)。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年5月20日 10時32分43秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: しゅうじ   
   度々すみません。
   #3
##1
「こぶは、脈をうっているので、動脈が傷ついているところが
膨れている?と言われました。二箇所を軽く押さえたら、
確かに脈うっています。これを時々押さえたら徐々に
腫れがひくといわれましたが、昨日試すと、
少しまた腫れたようです。
あと、二週間後にまた来てくださいと言われ、
その時に大きくなっていれば、血管撮影して
形成外科で手術して、血管の中に詰め物をする
と言われました。」
の「お受けもちの先生」の判断は誠に適切です。

これを時々押さえたら徐々に
腫れがひくといわれましたが、昨日試すと、
少しまた腫れたようです。
先生、このことは正しいのでしょうか?
宜しくお願いします。

[2004年5月20日 10時20分17秒]





++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

前回の御回答は上記の通りでございました(一部です)(+++以上)。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年5月27日 10時47分5秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: しゅうじ   
あれから、もうすぐ二週間たちますが、
全然こぶがひきません。
担当医が言うように、こぶを押さえてみても、
逆に大きくなったような気がします。
触らないと、元に戻るのですが。
本当にこの場所(でこ)で、動脈瘤なのか、
皮下出血、筋肉内出血、色々考えてしまいます。
先生が、過去に私と同じ症状で、手術された
そうですが、大変でしたでしょうか?
やっぱり、自然にはよくならないのでしょうか?
毎回、すみません。教えてください。
よろしくお願いします。

[2004年5月27日 10時12分37秒]
by mmdmsci | 2004-05-27 17:33 | 脳神経外科

「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」 の「前への押し寄せ」  意外な胸痛

心配なことと存じます。


#1
##1
「28歳男です。体力を使う公務員です。
脳に関することではないのですが、たまたまこの掲示板を拝見致しましたので、
アドバイス頂けたら幸いです。
 仕事中に、怒鳴り声を上げて怒ってしまった後に強いストレスで、胸が、痛く
なりました。緊張等で胃が痛くなる事は、あったのですが、胸が痛くなったのは
初めてだったので。
タバコの吸い過ぎのためか、締め付けるTシャツを着ていたから
なのかと思いました。
 普段は健康で心臓や肺に関する病気は一度もなかったので、ちょっとびっくり
しています。循環器系の事かもしれないですが、教えて頂けたらうれしいです。
 次の日は何もなっていないので、一時的なものなのでしょうか?」

との事です。





#2
##1
この直下の御相談者の御回答を御参考にされていただけますでしょうか。
「脇から胸の痛み [2] [2004年 5月27日 10時22分28秒] 」
で御座います。

##2
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
であると
考えます。

##3
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
による
「背中バリバリ症候群」(あだ名です)=
「肩・背中にわたり激痛・鈍痛の塊と思えるような痛み」
と考えます。




#3結論:
##1
「タバコの吸い過ぎのためか、締め付けるTシャツを着ていたから
なのかと思いました。」
=>
着衣は緩めにされて頂けますか。


##2
「循環器系の事かもしれないですが、教えて頂けたらうれしいです。」
=>
確かに循環器の「虚血性心筋障害」のときに
「「胸痛」は有名ですが。

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載
からはちょっと「違う印象」を受けます。

##4
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
は時間依存性が御座います。

これを「補足1」に。

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴を「補足2」に御記載致します。






上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。









++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの
時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。

##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。

##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。

##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。

##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。

##8
11月ー12月に「しびれ感」が
上肢或は下肢におきたり「ふわふわ感」が起きたり致します。

##9
皮肉なことに俗に言う風邪をひかれた後に「症状・症候」
が発現して「診断」がつかないことが御座います。

##10
「細菌性気管支炎
或は「反復性上気道感染」をおこされ
「無菌性髄膜炎」と診断されることが稀ならずあります。

##11
##10ならずとも「耳鼻の奥の「閉塞感」」の
「症状・症候」が発生することもあり
「耳鼻科専門医先生」で「御診断」が付かないことが
多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。



++「補足2」++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さて「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には特徴がございます。

##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1-2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:Barber's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
肋骨や腹部が「痛くは」有りませんか。
「「肩こり背中凝り」の前への押し寄せ」の「症状・症候」
で御座います。
##31
「甲状腺機能」の「異常所見」を指摘されたことが
おありではないでしょうか。
##32
「左側」のほうが痛くはありませんか。
##33
後頭部や後頚部に「しこり」のようなものがあり
さわると痛くないでしょうか。





以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年5月27日 10時33分32秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 太郎   
28歳男です。体力を使う公務員です。
脳に関することではないのですが、たまたまこの掲示板を拝見致しましたので、
アドバイス頂けたら幸いです。
 仕事中に、怒鳴り声を上げて怒ってしまった後に強いストレスで、胸が、痛く
なりました。緊張等で胃が痛くなる事は、あったのですが、胸が痛くなったのは
初めてだったので。
タバコの吸い過ぎのためか、締め付けるTシャツを着ていたから
なのかと思いました。
 普段は健康で心臓や肺に関する病気は一度もなかったので、ちょっとびっくり
しています。循環器系の事かもしれないですが、教えて頂けたらうれしいです。
 次の日は何もなっていないので、一時的なものなのでしょうか?

[2004年5月26日 20時9分31秒]


--------------------------------------------------------------------------------
●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●
御注意  ここは回答者の回答記入欄です。

御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談をかきこむためには。
<方法1>
「脳神経外科・神経内科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」をクリックされて下さい。
<方法2>
或は「下記の「書き込みへとぶ」をクリックされて下さい。
山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●
by mmdmsci | 2004-05-27 14:10 | 緊張型頭痛

「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」 の「前への押し寄せ」

心配なことと存じます。


#1
##1
「28歳男です。体力を使う公務員です。
脳に関することではないのですが、たまたまこの掲示板を拝見致しましたので、
アドバイス頂けたら幸いです。
 仕事中に、怒鳴り声を上げて怒ってしまった後に強いストレスで、胸が、痛く
なりました。緊張等で胃が痛くなる事は、あったのですが、胸が痛くなったのは
初めてだったので。
タバコの吸い過ぎのためか、締め付けるTシャツを着ていたから
なのかと思いました。
 普段は健康で心臓や肺に関する病気は一度もなかったので、ちょっとびっくり
しています。循環器系の事かもしれないですが、教えて頂けたらうれしいです。
 次の日は何もなっていないので、一時的なものなのでしょうか?」

との事です。





#2
##1
この直下の御相談者の御回答を御参考にされていただけますでしょうか。
「脇から胸の痛み [2] [2004年 5月27日 10時22分28秒] 」
で御座います。

##2
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
であると
考えます。

##3
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
による
「背中バリバリ症候群」(あだ名です)=
「肩・背中にわたり激痛・鈍痛の塊と思えるような痛み」
と考えます。




#3結論:
##1
「タバコの吸い過ぎのためか、締め付けるTシャツを着ていたから
なのかと思いました。」
=>
着衣は緩めにされて頂けますか。


##2
「循環器系の事かもしれないですが、教えて頂けたらうれしいです。」
=>
確かに循環器の「虚血性心筋障害」のときに
「「胸痛」は有名ですが。

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載
からはちょっと「違う印象」を受けます。

##4
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
は時間依存性が御座います。

これを「補足1」に。

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴を「補足2」に御記載致します。






上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。









++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの
時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。

##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。

##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。

##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。

##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。

##8
11月ー12月に「しびれ感」が
上肢或は下肢におきたり「ふわふわ感」が起きたり致します。

##9
皮肉なことに俗に言う風邪をひかれた後に「症状・症候」
が発現して「診断」がつかないことが御座います。

##10
「細菌性気管支炎
或は「反復性上気道感染」をおこされ
「無菌性髄膜炎」と診断されることが稀ならずあります。

##11
##10ならずとも「耳鼻の奥の「閉塞感」」の
「症状・症候」が発生することもあり
「耳鼻科専門医先生」で「御診断」が付かないことが
多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。



++「補足2」++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さて「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には特徴がございます。

##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1-2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:Barber's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
肋骨や腹部が「痛くは」有りませんか。
「「肩こり背中凝り」の前への押し寄せ」の「症状・症候」
で御座います。
##31
「甲状腺機能」の「異常所見」を指摘されたことが
おありではないでしょうか。
##32
「左側」のほうが痛くはありませんか。
##33
後頭部や後頚部に「しこり」のようなものがあり
さわると痛くないでしょうか。





以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年5月27日 10時33分32秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 太郎   
28歳男です。体力を使う公務員です。
脳に関することではないのですが、たまたまこの掲示板を拝見致しましたので、
アドバイス頂けたら幸いです。
 仕事中に、怒鳴り声を上げて怒ってしまった後に強いストレスで、胸が、痛く
なりました。緊張等で胃が痛くなる事は、あったのですが、胸が痛くなったのは
初めてだったので。
タバコの吸い過ぎのためか、締め付けるTシャツを着ていたから
なのかと思いました。
 普段は健康で心臓や肺に関する病気は一度もなかったので、ちょっとびっくり
しています。循環器系の事かもしれないですが、教えて頂けたらうれしいです。
 次の日は何もなっていないので、一時的なものなのでしょうか?

[2004年5月26日 20時9分31秒]


--------------------------------------------------------------------------------
●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●
御注意  ここは回答者の回答記入欄です。

御相談者の御相談の記入欄ではございません。
御相談をかきこむためには。
<方法1>
「脳神経外科・神経内科相談掲示板タイトル」直下の「書き込み」をクリックされて下さい。
<方法2>
或は「下記の「書き込みへとぶ」をクリックされて下さい。
山本クリニックの脳神経外科・神経内科相談掲示板御相談「書き込み」へとぶ

●脳神経外科・神経内科相談掲示板記事一覧に戻る●
by mmdmsci | 2004-05-27 14:09 | 緊張型頭痛

「緊張型頭痛」 「前への押し寄せの「症状・症候」」

ご心配なことと存じます。


#1
##1
「28歳男です。体力を使う公務員です。
脳に関することではないのですが、たまたまこの掲示板を拝見致しましたので、
アドバイス頂けたら幸いです。
 仕事中に、怒鳴り声を上げて怒ってしまった後に強いストレスで、胸が、痛く
なりました。緊張等で胃が痛くなる事は、あったのですが、胸が痛くなったのは
初めてだったので。
タバコの吸い過ぎのためか、締め付けるTシャツを着ていたから
なのかと思いました。
 普段は健康で心臓や肺に関する病気は一度もなかったので、ちょっとびっくり
しています。循環器系の事かもしれないですが、教えて頂けたらうれしいです。
 次の日は何もなっていないので、一時的なものなのでしょうか?」

との事です。





#2
##1
この直下の御相談者の御回答を御参考にされていただけますでしょうか。
「脇から胸の痛み [2] [2004年 5月27日 10時22分28秒] 」
で御座います。

##2
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
であると
考えます。

##3
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
による
「背中バリバリ症候群」(あだ名です)=
「肩・背中にわたり激痛・鈍痛の塊と思えるような痛み」
と考えます。




#3結論:
##1
「タバコの吸い過ぎのためか、締め付けるTシャツを着ていたから
なのかと思いました。」
=>
着衣は緩めにされて頂けますか。


##2
「循環器系の事かもしれないですが、教えて頂けたらうれしいです。」
=>
確かに循環器の「虚血性心筋障害」のときに
「「胸痛」は有名ですが。

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載
からはちょっと「違う印象」を受けます。

##4
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
は時間依存性が御座います。

これを「補足1」に。

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴を「補足2」に御記載致します。






上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。









++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの
時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。

##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。

##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。

##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。

##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。

##8
11月ー12月に「しびれ感」が
上肢或は下肢におきたり「ふわふわ感」が起きたり致します。

##9
皮肉なことに俗に言う風邪をひかれた後に「症状・症候」
が発現して「診断」がつかないことが御座います。

##10
「細菌性気管支炎
或は「反復性上気道感染」をおこされ
「無菌性髄膜炎」と診断されることが稀ならずあります。

##11
##10ならずとも「耳鼻の奥の「閉塞感」」の
「症状・症候」が発生することもあり
「耳鼻科専門医先生」で「御診断」が付かないことが
多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。



++「補足2」++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さて「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には特徴がございます。

##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1-2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:Barber's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
肋骨や腹部が「痛くは」有りませんか。
「「肩こり背中凝り」の前への押し寄せ」の「症状・症候」
で御座います。
##31
「甲状腺機能」の「異常所見」を指摘されたことが
おありではないでしょうか。
##32
「左側」のほうが痛くはありませんか。
##33
後頭部や後頚部に「しこり」のようなものがあり
さわると痛くないでしょうか。





以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年5月27日 10時33分32秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 太郎   
28歳男です。体力を使う公務員です。
脳に関することではないのですが、たまたまこの掲示板を拝見致しましたので、
アドバイス頂けたら幸いです。
 仕事中に、怒鳴り声を上げて怒ってしまった後に強いストレスで、胸が、痛く
なりました。緊張等で胃が痛くなる事は、あったのですが、胸が痛くなったのは
初めてだったので。
タバコの吸い過ぎのためか、締め付けるTシャツを着ていたから
なのかと思いました。
 普段は健康で心臓や肺に関する病気は一度もなかったので、ちょっとびっくり
しています。循環器系の事かもしれないですが、教えて頂けたらうれしいです。
 次の日は何もなっていないので、一時的なものなのでしょうか?

[2004年5月26日 20時9分31秒]
by mmdmsci | 2004-05-27 13:22 | 脳神経外科

小児頭部外傷 乳幼児 「急性硬膜外血腫」

ご心配なことと存じます。

「急性硬膜外血腫」の「御診断」が正しいものとして
以下御回答致します。


長文の御相談からは御相談者の苦悩と御不安がうかがえます。
順を追って御回答いたします。

「お受けもちの先生」は御経験豊かで「小児頭部外傷」にも熟達された
「切れ味」鋭い先生でいらっしゃることが
御相談者の御記載内容からは
とてもよく伺えます。

けれども御相談者が止むを得ずも不安の余り
「元気な現状」=「神様がせっかく与えてくださった幸せの結末」
を「逆説的」
にとらわれてしまっている様相が伺えます。
これは何よりも「損」なことです。





#2
##1
「5月14日12時ごろ、自転車の前乗せイスに乗せており、
転倒させてしまいました。
すぐに30分ほどおお泣きし、頭を強く打ったように見えなくて、
手足も動いていました。
その後、食欲はなく、いつもよりは少し元気がなかったのですが、
いつもどおり昼寝をして、家の中で普段どおり遊んでいました。
夕方、イチゴをあげると嘔吐したので、脳神経外科で診察しました。
レントゲンとCTの結果、左側頭部の頭蓋骨骨折と急性硬膜外血腫
と診断されました。
大きさはそれほどでもないが、深いと言われ、手術するほどでは
ないが、経過を見るため入院しました。
夜中にジュースを飲み、また嘔吐しました。」

=>
##2
「小児頭部外傷」にて「左側頭部の頭蓋骨骨折と急性硬膜外血腫
と診断されました。」との事です。
「小児頭部外傷」にて「急性硬膜外血腫」の場合は
「成人」の「急性硬膜外血腫」とは全く異なります。


##3
通常は
小児は「硬膜」が頭蓋骨とまだ「3歳のお誕生日」までは
癒着しているために通常「急性硬膜外血腫」は起こしません。

##4
けれども「ひとたび」「小児頭部外傷」にて「急性硬膜外血腫」を
起こすとなると「成人」よりも「劇症」で御座います。


##5
御相談者の御記載内容からは
「症状・症候」は大変「軽く」この「急性硬膜外血腫」の「血」は
「側頭骨骨折」の「骨折」からの「血腫」であることが想定されます。

##6
このような「病態」の「急性硬膜外血腫」であり
本当に宜しかったです。



#3
##1
「翌日のCTでも大きさなどは変わっていませんでした。
元気はあったのですが、その日の夕方にも嘔吐しました。
3日目からは元気そうで自分の
好きなものはよく食べました。
嘔吐もありません。

##2
6日目にCTを撮って、あまり変わりはなかったのですが、
元気で食欲があるなら退院で通院で様子を見ることになりました。
お風呂、遊びなど日常生活の制限は何もないといわれました。」
との事です。

##3
脳CTの経過観察にて「「急性硬膜外血腫」の増大」なくて本当に
宜しかったですね。

##4
「6日目」にて「通院」=「退院」の運びとなられて
大変宜しかったです。



#3
##1
「5月24日に検診に行き、CTを撮ると大きさはあまり
変わってないが薄くなっていると言われました。
手術せずに済んだけども、その分、血が消えるのは時間がかかる
のでしばらくは様子を見るために通院です。」


##2
受傷時が5月25日ですからまだ「10日」しか建っておりません。
まだまだ「血腫」は吸収されません。

##3
まだまだ「小児頭部外傷」としては「亜急性期:あきゅうせいき」
で御座います。





#4
##1
「急性硬膜外血腫を調べていたら手術をすることが多いとあるので
手術なしに確実に治るのか
(主治医はもうちょっと大きかったり、場所が下だったら手術
になっていたと思う。手術はあまりよくないのでしないに
こしたことはない。といっていました。)」
との事です。

##2
「急性硬膜外血腫」の場合はまず成人も「小児」も間違いなく
「開頭手術」になります。

##3
手術したほうが「直りが良い悪い」の問題ではありません。
「救命」のためです。

##4
けれども「中には」「側頭骨骨折」からの「出血」のみで「血腫量」の
多くないものが御座います。

##5
このような場合は「開頭手術」をせずに様子をみる場合も
御座います。

##6
「お受けもちの先生」は
「(主治医はもうちょっと大きかったり、場所が下だったら手術
になっていたと思う。手術はあまりよくないのでしないに
こしたことはない。といっていました。)」
との事です。

##7
この場合「・大きかったら」のみが「ポイント」と思われて下さい。
「開頭手術」をしなくてすむのであれば
しないですむに越したことは御座いません。

##8
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。






#5
##1
「後遺症の事を主治医に聞いたら、外傷性癲癇というのが
あるが、なるとは決まってないが、ならないとは言い切れない。
その予防の薬を飲み続けるのはよくないので様子を見るしかない
と言われました。
そのことが不安でしかたありません。
そのほかの後遺症も気になります。教えてください。」
との事です。


##2
御相談者の御記載内容を熟読いたしました。

##3
御相談者の御記載内容からは
「お受けもちの先生」が「外傷性てんかん」の「後遺症」の
「お話し」をするのは「当然」の「しきたり」位と思われて下さい。

##4
御相談者の御記載内容から判断する限り
「1歳11ヶ月」の「御嬢様」は「「脳表」に「傷」がついている
とは思えません。

##5
「脳表」に「きず」がついていなければ「外傷性てんかん」は
起こしようがありません。

##6
だから「お受けもちの先生」も「抗痙攣剤」を通常は投与されるのだけれども
「おだしになられていない」と考えられます。

##7
「外傷性てんかん」にはいたらないはずであると
今の私は考えます。



#6
##1
「普段の日常生活は制限がないのですが、子供なので公園で
飛んだり、走り回ったりして遊ぶのですが本当に大丈夫なのか
心配です。」
との事です。

##2
「脳神経外科専門医」が「大丈夫」という限り
「お受けもちの先生」も「考えに考え」「病態」を把握され
さまざまな決断に至られています。

##3
「小児頭部外傷」にて御相談者の事例のような場合
「開頭手術」を施行するか否かの「判断」は大変に「経験と実力」が
必要なもので御座います。

##4
「お受けもちの先生」は大変に素晴らしい感をされており
「御嬢様」の「病態」=「急性硬膜外血腫」を深く考えていらっしゃると
今の私は考えます。

##5
「お受けもちの先生」に・「お受けもちの先生」の御判断に
すべからく「お任せ」されては如何なものでしょうか。




#7
##1
「主治医のことは信頼はしているのですが、最近よく言われている
セカンドオピニオンというのをしたほうがよいのでしょうか?」
との事です。

##2
してもかまわないけれども。

##3
しっかりとした「脳神経外科専門医」先生に「セカンドオピニオン」が
回れば今の「お受けもちの先生」と同じことを
おっしゃられると考えます。

##4
逆に「苦手」な「脳神経外科専門医」先生に「セカンドオピニオン」が
まわれば「今からでも遅くはない」から手術をしましょうとも
いわれかねません。





#8結論:
##1
「お受けもちの先生」は御経験豊かで「小児頭部外傷」にも熟達された
「切れ味」鋭い先生でいらっしゃることが
御相談者の御記載内容からは
とてもよく伺えます。

##2
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。

##3
「お受けもちの先生」の「御指示」に従われていらっしゃるのが
一番正解であると今の私は考えます。

##4
「普段の日常生活は制限がないのですが、子供なので公園で
飛んだり、走り回ったりして遊ぶのですが本当に大丈夫なのか
心配です。」
との事です。

##5
お子様は正直者ですから何がしか「「脳」に異常があれば
「飛んだり、走り回ったりして遊ぶのですが」などよいうことは
全く御座いません。

##6
御相談者の御気持ちは大変よく判ります。けれども
「現状」を「逆説的」に捉えられていらっしゃるようです。

##7
「お受けもちの先生」の「御指示」にまかされて。

##8
いつのまにか今日のことが「遠い日の思い出」のように
御相談者の傍らを通り過ぎていくと今の私は考えます。





上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。




何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。





何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

[2004年5月27日 9時11分37秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: みゅー   
初めまして 1歳11ヶ月女児のことです。
よろしくお願いします。

5月14日12時ごろ、自転車の前乗せイスに乗せており、
転倒させてしまいました。
すぐに30分ほどおお泣きし、頭を強く打ったように見えなくて、
手足も動いていました。
その後、食欲はなく、いつもよりは少し元気がなかったのですが、
いつもどおり昼寝をして、家の中で普段どおり遊んでいました。
夕方、イチゴをあげると嘔吐したので、脳神経外科で診察しました。
レントゲンとCTの結果、左側頭部の頭蓋骨骨折と急性硬膜外血腫
と診断されました。
大きさはそれほどでもないが、深いと言われ、手術するほどでは
ないが、経過を見るため入院しました。
夜中にジュースを飲み、また嘔吐しました。

翌日のCTでも大きさなどは変わっていませんでした。
元気はあったのですが、その日の夕方にも嘔吐しました。
3日目からは元気そうで自分の
好きなものはよく食べました。
嘔吐もありません。

6日目にCTを撮って、あまり変わりはなかったのですが、
元気で食欲があるなら退院で通院で様子を見ることになりました。
お風呂、遊びなど日常生活の制限は何もないといわれました。

5月24日に検診に行き、CTを撮ると大きさはあまり
変わってないが薄くなっていると言われました。
手術せずに済んだけども、その分、血が消えるのは時間がかかる
のでしばらくは様子を見るために通院です。

気になることが色々あるので教えてください。

急性硬膜外血腫を調べていたら手術をすることが多いとあるので
手術なしに確実に治るのか
(主治医はもうちょっと大きかったり、場所が下だったら手術
になっていたと思う。手術はあまりよくないのでしないに
こしたことはない。といっていました。)

後遺症の事を主治医に聞いたら、外傷性癲癇というのが
あるが、なるとは決まってないが、ならないとは言い切れない。
その予防の薬を飲み続けるのはよくないので様子を見るしかない
と言われました。
そのことが不安でしかたありません。
そのほかの後遺症も気になります。教えてください。

普段の日常生活は制限がないのですが、子供なので公園で
飛んだり、走り回ったりして遊ぶのですが本当に大丈夫なのか
心配です。

主治医のことは信頼はしているのですが、最近よく言われている
セカンドオピニオンというのをしたほうがよいのでしょうか?

不安だらけなので、長々と書いてしまいましたが、
どうかよろしくお願いします。

[2004年5月26日 20時42分14秒]
by mmdmsci | 2004-05-27 13:18

「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「ご相談宜しくお願い致します。
16歳男です
3日ぐらい前から、寝る時など体重をかけると右側の頬が痛く
昨日の朝に触ってみたら痛くシコリができていました。
これは何かの病気なのでしょうか?
今まで12歳の時に蓄膿症のレーザー手術を受け
最近また鼻が痛くなります。
肩こりがひどく、整体に行って矯正を受けましたが
首が硬くて動かないといわれました。
1年以上前から首と目のトゥレット症候群の治療中です。」
との事です。





#2
##1
この御相談者のしこりは
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。

##2
「トゥレット症候群」にて「治療」中とのことですが
全く異なる「病態」なので御座います。

##3
御相談者は
「頭痛・・肩こり・頸こり・背中こり」」を御持ではないでしょうか。

##4
「耳や鼻の閉塞感」もおありのようです。



#3
##1
ここで
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
について御記載致します。

##2
「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。

##3
「機能性頭痛」といわれる「頭痛」の一群は各々の
「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。

##4
「機能性頭痛」とは「「中枢神経系の「器質的疾患」
(脳腫瘍や脳血管障害等)」などによる「症候性頭痛」
でなない「頭痛」を呼称致します。

##5
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
は「頭痛系の「症状・症候」」よりも「肩こり・頸こり・背中こり」」
でくることが多いものです。

##6
また「鼻の「閉塞感」」や「耳や鼻の閉塞感」を伴う
「複合「病態」」で御座います。

##7
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴を「補足1」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の時間依存性を「補足2」
に御記載し補足致しました。

少し長いですがご参考にされて下さい。





#4
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
は正診断率の大変低い「疼痛系の「症状・症候」」でございます。

##2
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・
「心療内科の疾患」ととよく間違えられます。

##3
「3日ぐらい前から、寝る時など体重をかけると右側の頬が痛く
昨日の朝に触ってみたら痛くシコリができていました。」
などの御相談者の御相談のように
「後頚部筋群」「背部筋群」或は「顔面表情筋」に
「しこり」のような「筋肉隆起」ができることが
稀ならず御座います。

##4
「今まで12歳の時に蓄膿症のレーザー手術を受け
最近また鼻が痛くなります。
肩こりがひどく、整体に行って矯正を受けましたが
首が硬くて動かないといわれました。」
との事です。

##5
これらはいずれも
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「症状・症候」で御座います。

##6
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
は正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」でございます。

##7
御相談者に「肩こり・頸こり・背中こり」」がお強い様であれば。

##8
「緊張型頭痛」のようであるとおっしゃられて
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##9
治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。





#5結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨からは
典型的な「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。

##2
正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」でございます。

##3
御相談者に「頭痛・・肩こり・頸こり・背中こり」」がお強い様であれば。

##4
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##5
治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。

##6
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれて下さいませ。

##7
「トゥレット症候群」との直接的な因果関係は
御座いません。







上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。



何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。








何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。












「トウレット症候群」につき簡単に補足いたします。
なお下記の「トゥレット症候群」の「補足」にあたり
「東京大学医学部附属病院精神神経科における
トゥレット症候群の診療及び臨床研究
」及び
「無 駄 口 薬 理 学
インターロイキン
1991年11月1日号 No.96 」より引用をさせていただきましたこと
をおことわり申しあげます。


「引用」
東京大学医学部附属病院精神神経科における
トゥレット症候群の診療及び臨床研究
http://square.umin.ac.jp/~develop/tou/tourette.htm

無 駄 口 薬 理 学
インターロイキン
1991年11月1日号 No.96
http://www.sam.hi-ho.ne.jp/tootake/1991111.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「トゥレット症候群」の最初の記載は1825年にItardによってなさ
れましたた。
1885年にGilles de la Touretteが9例について詳細な記述
を行ったので、その名を冠して「Gilles de la Tourette症候群」
と命 名されました。
「コプロラリア」*が特徴的であり、ついには「精神的荒廃」に
陥るとされて「精神分析的解釈」が行われた時期もあったのですが。

1961年に抗ドーパミン作用の強い神経遮断薬である
「ハロペリドール」が著効を示すこと が発見されてから、
薬物療法を初めとして各方面で研究が急速に伸展致しました。

Shapiroらは器質的要因の可能性を示唆して
1978年には「トゥレット症候群」の「記述的定義」を行いました。

この骨子は、現在のICD-10やDSM-Ⅳの診断基準に引き継がれています。

症状と診断
 トゥレット症候群は、

「多様性の運動チックと1つ以上の
音声チックが長期間に亘って続くチック障害」である(診断基準)。

「一過性チック障害」から「トゥレット症候群」までが「チック障害」ととし
てまとめられている現状ですが「重症度」に大きな開きがあり、「連続性があ
るか否かについて」未だ議論のあるところです。



「コプロラリア」

 チックは不随意運動の一種で御座います。
「突発的に繰り返し起こる急速で短い限局的な「骨格筋の収縮」或は
「発声、発語」で御座います。

前者は「運動性チック」、後者は「音声チック」と呼称されます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++++++++
さて「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には特徴がございます。

##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1-2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:Barber's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
肋骨や腹部が「痛くは」有りませんか。
「「肩こり背中凝り」の前への押し寄せ」の「症状・症候」
で御座います。
##31
「甲状腺機能」の「異常所見」を指摘されたことが
おありではないでしょうか。
##32
「左側」のほうが痛くはありませんか。
##33
後頭部や後頚部に「しこり」のようなものがあり
さわると痛くないでしょうか。





以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

++「補足2」++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの
時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。

##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。

##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。

##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。

##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。

##8
11月ー12月に「しびれ感」が
上肢或は下肢におきたり「ふわふわ感」が起きたり致します。

##9
皮肉なことに俗に言う風邪をひかれた後に「症状・症候」
が発現して「診断」がつかないことが御座います。

##10
「細菌性気管支炎
或は「反復性上気道感染」をおこされ
「無菌性髄膜炎」と診断されることが稀ならずあります。

##11
##10ならずとも「耳鼻の奥の「閉塞感」」の
「症状・症候」が発生することもあり
「耳鼻科専門医先生」で「御診断」が付かないことが
多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年5月27日 8時5分40秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: S,F   
ご相談宜しくお願い致します。
16歳男です
3日ぐらい前から、寝る時など体重をかけると右側の頬が痛く
昨日の朝に触ってみたら痛くシコリができていました。
これは何かの病気なのでしょうか?
今まで12歳の時に蓄膿症のレーザー手術を受け
最近また鼻が痛くなります。
肩こりがひどく、整体に行って矯正を受けましたが
首が硬くて動かないといわれました。
1年以上前から首と目のトゥレット症候群の治療中です。

[2004年5月27日 5時45分16秒]
by mmdmsci | 2004-05-27 13:17 | 脳神経外科