カテゴリ:形成外科( 2 )

顔面外傷とかおの痛み

ご心配なことと存じます。

1・年齢 2・性別の御記載が無く御回答限界でもあるのです。
けれども「可能な範囲内で」御回答を試みます。


#1
##1
「ここ1週間位前から 左頬から左上の前歯まで痺れがあります。
10年前に事故後の手術で左目を支えるための金属製の”プレート"
が入っているためかも知れませんが、2年程前にも同じような症状が
ありました。
触らなくても ジンジンとした痛みがある為、何か炎症を起こしているのでは?と
心配です。」
との事です。






#2
##1
「左頬から左上の前歯まで痺れがあります。」
の「しびれ」=「知覚障害」と考えると
「左三叉神経の第2枝」の「症状・症候」と「臨床神経診断学」
では考えられます。

##2
「末梢性知覚神経障害」には
###1
「知覚消失:アネステシア:ana-esthaesia」
###2
「知覚低下:ヒペテシア:hypo-aestaesia」
###3
「知覚過敏:ヒペレステシア:hyper-aestaesia」
###4
「錯感覚:パレステシア:para-aesthaesia」
###5
「異感覚:ジセステシア:dys-aesthesia」

###6
その他
の「6種類」が御座います。

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「しびれ」+「触らなくても ジンジンとした痛みがある」
との「末梢知覚神経障害」として
「異感覚:ジセステシア:dys-aesthesia」が考えられます。

##4
「2年程前にも同じような症状がありました。」
との事です。




#3
##1
「10年前に事故後の手術で左目を支えるための金属製の”プレート」
との事です。

##2
10年前であれば「チタンプレート」による「眼窩下外側形成術」
であろうと考えますが。

##3
「部位的」には「症状・症候」は「臨床神経診断学」と一致
致します。

##4
けれども2年前にも同じことがあり・その間は「症状・症候」なく・
また「症状・症候」が再発したのであれば。

##5
「炎症」ではなく「三叉神経の第2枝」に何らかの
理由で金属プレートが「接触」或は「類似「病態」」が考えられます。





#4結論:
##1
「症状・症候」が御強くなければ
「御様子見」で宜しいと今の私は考えます。

##2
もしも「症状・症候」がお強いようであれば
当時の「眼科専門医先生」を可能であれば「御受診」されると
宜しいと今の私は考えます。




上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年6月24日 11時16分17秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 西村   
ここ1週間位前から 左頬から左上の前歯まで痺れがあります。
10年前に事故後の手術で左目を支えるための金属製の”プレート"
が入っているためかも知れませんが、2年程前にも同じような症状が
ありました。
触らなくても ジンジンとした痛みがある為、何か炎症を起こしているのでは?と
心配です。

[2004年6月24日 10時40分48秒]
by mmdmsci | 2004-06-24 13:48 | 形成外科

くびの「しこり」

ご心配なことと存じます。

この「症状・症候」は「粉瘤=アテローマ」です。

怖い状態ではありません。
怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。

下記に順を追って御回答致します。




#1
##1
「31歳、女性です。2週間程前に首すじ
(左耳の耳たぶの付け根辺り)に
コロコロとしたしこりを見つけました。

耳鼻科を受診したところ
「リンパ節でしょう。そのうちに治ります。」
とのことでしたが、
2週間以上たった今でも治る気配がありません。

特に痛みはありませんでしたが、
最近は常に気にしているので、
異物感や鈍痛を感じるような気がします。
触診のみで悪い物ではないと分かるのでしょうか?
血液検査や、エコー等してもらう必要はありますでしょうか?

お忙しいところ大変恐縮ですが、ご回答宜しくお願い致します。」
との事です。




#2
##1
「首すじ(左耳の耳たぶの付け根辺り)にコロコロとしたしこり」
との「症状・症候」。

##2
御相談者は「ピアスイアリング」をされていらっしゃる
でしょう。

##3
「耳鼻科を受診したところ
「リンパ節でしょう。そのうちに治ります。」
とのことでしたが、
2週間以上たった今でも治る気配がありません。」
との事です。

##4
御相談者の「みみたぶの付け根」=部位に間違いはないとして
御回答致します。

「みみたぶの付け根」は通常は「くびすじ」ではないので。





#3
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「粉瘤=アテローマ」という「しこり」の可能性がおおきいです。

##2
御相談者が「ピアシング」をされているのであれば
「ピアストラブル」の可能性も御座いますからご注意下さい。

##3
御相談者の「しこり」のおおきさが今ひとつ判りづらいのですが。

##4
一度「形成外科」を御受診されてみられては
如何でしょうか。

##5
御婦人でもあるので「摘出」になると手術痕も大事です。

##6
「粉瘤=アテローマ」の場合
「カプセル(被膜)」が残っていると粉瘤は「再発」するので
「カプセル(被膜)」ごと摘出いたします。




#4
##1
「粉瘤=アテローマ」について簡単にご説明致します。

##2
「粉瘤=アテローマ」には
「真性粉瘤」=「皮膚の表皮が何らかの原因で皮下に落ち込んだ時に出来る」

「仮性粉瘤」=「毛穴が塞がったために出来た粉瘤
(組織学的には毛包のう腫(もうほうのうしゅ))}
が御座います。

##3
御相談者の御相談内容要旨からは
「真性粉瘤」=
「皮膚の表皮が何らかの原因で皮下に落ち込んだ時に出来る」。





#4結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「左耳たぶ付け根」の「粉瘤=アテローマ」という
「皮膚腫瘍」「皮下腫瘍」であると考えます。

##2
勿論「良性腫瘍」ですが「手術摘出」となると厄介なものです。


##3
「粉瘤=アテローマ」には
###1
「真性粉瘤」=
「皮膚の表皮が何らかの原因で皮下に落ち込んだ時に出来る」
###2
「仮性粉瘤」=
「毛穴が塞がったために出来た粉瘤
(組織学的には毛包のう腫(もうほうのうしゅ))}
が御座います。

##4
御相談者の「症状・症候」からは
「真性粉瘤」=
「皮膚の表皮が何らかの原因で皮下に落ち込んだ時に出来る」
であろうと思われます。



##5
「特に痛みはありませんでしたが、
最近は常に気にしているので、
異物感や鈍痛を感じるような気がします。
触診のみで悪い物ではないと分かるのでしょうか?」
=>
わかります。


##6
もしも御相談者が「ピアスイアリング」をされている場合は
「ピアストラブル」の観点からも考えなくてはいけません。

##7
##6もあり
ご心配であり摘出しようとされるので
あれば大学病院の「形成外科専門医先生」を
「御受診」されることをお勧めいたします。

##8
怖い状態ではありません。
怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。





上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年6月24日 12時39分53秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 松下   
31歳、女性です。2週間程前に首すじ
(左耳の耳たぶの付け根辺り)に
コロコロとしたしこりを見つけました。

耳鼻科を受診したところ
「リンパ節でしょう。そのうちに治ります。」
とのことでしたが、
2週間以上たった今でも治る気配がありません。

特に痛みはありませんでしたが、
最近は常に気にしているので、
異物感や鈍痛を感じるような気がします。
触診のみで悪い物ではないと分かるのでしょうか?
血液検査や、エコー等してもらう必要はありますでしょうか?

お忙しいところ大変恐縮ですが、ご回答宜しくお願い致します。

[2004年6月24日 12時9分13秒]
by mmdmsci | 2004-06-24 13:45 | 形成外科