カテゴリ:腫瘍( 2 )

急性胆のう炎により破裂の危険があるが服用しているためあと5日間くらいは

ご心配なことと存じます。

1年齢 2・性別 の御記載が御座いません。
御回答限界でもあるのです。
けれども「可能な範囲内で」御回答を試みます。
「急性胆嚢炎」の「御診断」が間違いないものとして
御回答致します。


#1
##1
「狭心症によりワーファリン(バファリンかもしれません)を服用しています。
急性胆のう炎により破裂の危険があるが服用しているためあと5日間くらいは
手術できないと言われました。大量出血の危険性はどれくらいありますか。
また手術もしくは5日間破裂の危険性を持ったまま待つのか、どちらを選択す
るべきですか」

との事です。




#2
##1
私がこの御相談を熟読させて頂き不思議に思えることは
「急性胆のう炎により破裂の危険があるが服用しているためあと5日間くらいは
手術できないと言われました。」
との事ですが。

##2
##1の前に「急性胆嚢炎」と「御診断」されるにたる「腹部症状」が
あったはずでありまた「現在もおありになるはず」ですが
この御記載がないことで御座います。

##3
「急性胆嚢炎」でありまた「お受けもちの先生」から「(胆嚢が)破裂する危険がある」
という状況であれば通常の「急性胆嚢炎」は痛くて呼吸もできないはずなのですが。

##4
因みに##3の劇症疼痛にて呼吸のできない「急性胆嚢炎」の「症状・症候」を
「マーフイー徴候」と呼称致します。

##5
御相談者の御記載内容からは上記の「急性胆嚢炎」の「御自覚症状」が
御記載されておりません。






#3
##1
「急性胆嚢炎」で「胆汁」が貯留して「破裂」の危険のある場合は
「急性腹症:acute abdomen」と呼称致します。

##2
完全に「禁食」になります。

##3
そして「補液・輸液(点滴静脈注射のこと)療法」
により「カロリー補液」及び「電解質管理」を致します。

##4
当然ながら「急性胆嚢炎」の「御診断」と同時に
緊急入院になります。

##5
勿論緊急に手術ができない場合には
御相談者の御記載内容のように
「ワーファリン」内服中や循環器や中枢神経系に器質的障害のある場合などが
なくはありませんが。

##6
多くの場合は「緊急手術」になります。

##7
よりまして
御相談者の御記載内容からは
「急性胆のう炎により破裂の危険があるが服用しているためあと5日間くらいは
手術できないと言われました。」
との事であれば。

##8
適切な表現が思い浮かばないのですが
「急性胆嚢炎」としては「症状・症候」が軽いとしか考えられません。





#4
##1
「大量出血の危険性はどれくらいありますか。」
との事ですが「緊急手術」ではなく「予定手術」になりわけです。
だから「急性胆嚢炎」自体も「急性腹症:acute abdomen」の要素を欠く
状況ですから「急変」はありえず「大出血」のご心配なども
なさらなくて宜しいのではないでしょうか。

##2
上記の如く「急性胆嚢炎」という「御診断」であっても
「急性腹症:acute abdomen」の「ひとつ」である「急性胆嚢炎」
とは異なるニュアンスの御状況であると考えざるを得ません。

##3
「また手術もしくは5日間破裂の危険性を持ったまま待つのか、どちらを選択す
るべきですか」
との事です。

##4
##4は慎重な判断のもとに「お受けもちの先生」が決定されることである。

##5
現在「狭心症によりワーファリン(バファリンかもしれません)を服用しています。
急性胆のう炎により破裂の危険があるが服用しているためあと5日間くらいは
手術できないと言われました。」
との「お受けもちの先生」の御判断通りで宜しいのではないでしょうか。






#5結論:
##1
御相談者の御記載内容からは
「急性胆嚢炎」=「急性腹症:acute abdomen」の
判断=「急性胆のう炎により破裂の危険があるが」
が「お受けもちの先生」よりなされています。

##2
けれども
「ワーファリン(バファリンかもしれません)を服用しているためあと5日間くらいは
手術できないと言われました。」
との事にて
「待機手術」=「予定手術」の「治療戦略」であり
緊急手術はおこなわれない「腹部の「症状・症候」」であるが所以と
判断いたします。

##3
「急性胆嚢炎」にて「胆嚢破裂」の可能性があるほどの
状況であれば「疼痛」も強く呼吸もままならない状況であろうと
存じます。

##4
また「急性胆嚢炎」にて「胆嚢破裂」の可能性の存在の段階から
御相談者はすでに「ご入院中」であり
「「禁食」状態:empty stomach:エンプテイストマック」をキープされて
「補液・輸液(点滴静脈注射のこと)療法」の状態にあると存じます。

##5
諸般の」判断をさせていただくと御相談者の場合
「大量出血の危険性はどれくらいありますか。」は「0:ゼロ」に等しく。

##6
また
「また手術もしくは5日間破裂の危険性を持ったまま待つのか、どちらを選択す
るべきですか」は
「お受けもちの先生」の判断どおりで宜しいのではないでしょうか。





上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。




何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。






何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。










##3

[2004年7月29日 7時44分8秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 谷口   
狭心症によりワーファリン(バファリンかもしれません)を服用しています。
急性胆のう炎により破裂の危険があるが服用しているためあと5日間くらいは
手術できないと言われました。大量出血の危険性はどれくらいありますか。
また手術もしくは5日間破裂の危険性を持ったまま待つのか、どちらを選択す
るべきですか

[2004年7月29日 1時14分58秒]
by mmdmsci | 2004-08-12 12:52 | 腫瘍

みみの付け根の「しこり」

さぞかしに
ご心配なことと存じます。






#1
##1
「早速のご回答ありがとうございました。
私の表現が適切ではなかったので、
シコリの箇所を訂正させていただきたいと思います。
耳たぶの下ではなく、耳の下でした。
お手数をおかけして申し訳ございません。
宜しくお願い致します。

31歳、女性です。2週間程前に首すじ
(左耳の耳の付け根辺り)に
コロコロとしたしこりを見つけました。

耳鼻科を受診したところ
「リンパ節でしょう。そのうちに治ります。」
とのことでしたが、
2週間以上たった今でも治る気配がありません。

特に痛みはありませんでしたが、
最近は常に気にしているので、
異物感や鈍痛を感じるような気がします。
触診のみで悪い物ではないと分かるのでしょうか?
血液検査や、エコー等してもらう必要はありますでしょうか?

お忙しいところ大変恐縮ですが、ご回答宜しくお願い致します。」

との事です。




#2結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読致しました。

##2
「しこり」のおおきさが不明です。

##3
「耳たぶの下」から「耳の付け根」に
「しこり」の情報が変わりました。

##4
いずれにしても「悪性腫瘍」では御座いません。

##5
「御様子見」で宜しいと今の私は考えます。

##6
「触診のみで悪い物ではないと分かるのでしょうか?」
=>
わかります。


「血液検査や、エコー等してもらう必要はありますでしょうか?」
=>
積極的には必要は御座いません。



##7
御相談者の御気持ちは大変よく判ります。
けれども
あまり心配ばかりしていてはだめですよ。









上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。











補足:
前回の御回答は下記の通りでございました(一部)(+++以下)。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ご心配なことと存じます。

この「症状・症候」は「粉瘤=アテローマ」です。

怖い状態ではありません。
怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。

下記に順を追って御回答致します。




#1
##1
「31歳、女性です。2週間程前に首すじ
(左耳の耳たぶの付け根辺り)に
コロコロとしたしこりを見つけました。

耳鼻科を受診したところ
「リンパ節でしょう。そのうちに治ります。」
とのことでしたが、
2週間以上たった今でも治る気配がありません。

特に痛みはありませんでしたが、
最近は常に気にしているので、
異物感や鈍痛を感じるような気がします。
触診のみで悪い物ではないと分かるのでしょうか?
血液検査や、エコー等してもらう必要はありますでしょうか?

お忙しいところ大変恐縮ですが、ご回答宜しくお願い致します。」
との事です。




#2
##1
「首すじ(左耳の耳たぶの付け根辺り)にコロコロとしたしこり」
との「症状・症候」。

##2
御相談者は「ピアスイアリング」をされていらっしゃる
でしょう。

##3
「耳鼻科を受診したところ
「リンパ節でしょう。そのうちに治ります。」
とのことでしたが、
2週間以上たった今でも治る気配がありません。」
との事です。

##4
御相談者の「みみたぶの付け根」=部位に間違いはないとして
御回答致します。

「みみたぶの付け根」は通常は「くびすじ」ではないので。





#3
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「粉瘤=アテローマ」という「しこり」の可能性がおおきいです。

##2
御相談者が「ピアシング」をされているのであれば
「ピアストラブル」の可能性も御座いますからご注意下さい。

##3
御相談者の「しこり」のおおきさが今ひとつ判りづらいのですが。

##4
一度「形成外科」を御受診されてみられては
如何でしょうか。

##5
御婦人でもあるので「摘出」になると手術痕も大事です。

##6
「粉瘤=アテローマ」の場合
「カプセル(被膜)」が残っていると粉瘤は「再発」するので
「カプセル(被膜)」ごと摘出いたします。




#4
##1
「粉瘤=アテローマ」について簡単にご説明致します。

##2
「粉瘤=アテローマ」には
「真性粉瘤」=「皮膚の表皮が何らかの原因で皮下に落ち込んだ時に出来る」

「仮性粉瘤」=「毛穴が塞がったために出来た粉瘤
(組織学的には毛包のう腫(もうほうのうしゅ))}
が御座います。

##3
御相談者の御相談内容要旨からは
「真性粉瘤」=
「皮膚の表皮が何らかの原因で皮下に落ち込んだ時に出来る」。





#4結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「左耳たぶ付け根」の「粉瘤=アテローマ」という
「皮膚腫瘍」「皮下腫瘍」であると考えます。

##2
勿論「良性腫瘍」ですが「手術摘出」となると厄介なものです。


##3
「粉瘤=アテローマ」には
###1
「真性粉瘤」=
「皮膚の表皮が何らかの原因で皮下に落ち込んだ時に出来る」
###2
「仮性粉瘤」=
「毛穴が塞がったために出来た粉瘤
(組織学的には毛包のう腫(もうほうのうしゅ))}
が御座います。

##4
御相談者の「症状・症候」からは
「真性粉瘤」=
「皮膚の表皮が何らかの原因で皮下に落ち込んだ時に出来る」
であろうと思われます。



##5
「特に痛みはありませんでしたが、
最近は常に気にしているので、
異物感や鈍痛を感じるような気がします。
触診のみで悪い物ではないと分かるのでしょうか?」
=>
わかります。


##6
もしも御相談者が「ピアスイアリング」をされている場合は
「ピアストラブル」の観点からも考えなくてはいけません。

##7
##6もあり
ご心配であり摘出しようとされるので
あれば大学病院の「形成外科専門医先生」を
「御受診」されることをお勧めいたします。

##8
怖い状態ではありません。
怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。





上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年6月24日 12時39分53秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 松下   
31歳、女性です。2週間程前に首すじ
(左耳の耳たぶの付け根辺り)に
コロコロとしたしこりを見つけました。

耳鼻科を受診したところ
「リンパ節でしょう。そのうちに治ります。」
とのことでしたが、
2週間以上たった今でも治る気配がありません。

特に痛みはありませんでしたが、
最近は常に気にしているので、
異物感や鈍痛を感じるような気がします。
触診のみで悪い物ではないと分かるのでしょうか?
血液検査や、エコー等してもらう必要はありますでしょうか?

お忙しいところ大変恐縮ですが、ご回答宜しくお願い致します。

[2004年6月24日 12時9分13秒]

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年6月24日 13時27分15秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 松下   
早速のご回答ありがとうございました。
私の表現が適切ではなかったので、シコリの箇所を訂正させていただきたいと思います。
耳たぶの下ではなく、耳の下でした。お手数をおかけして申し訳ございません。
宜しくお願い致します。

31歳、女性です。2週間程前に首すじ
(左耳の耳の付け根辺り)に
コロコロとしたしこりを見つけました。

耳鼻科を受診したところ
「リンパ節でしょう。そのうちに治ります。」
とのことでしたが、
2週間以上たった今でも治る気配がありません。

特に痛みはありませんでしたが、
最近は常に気にしているので、
異物感や鈍痛を感じるような気がします。
触診のみで悪い物ではないと分かるのでしょうか?
血液検査や、エコー等してもらう必要はありますでしょうか?

お忙しいところ大変恐縮ですが、ご回答宜しくお願い致します。

[2004年6月24日 13時4分24秒]
by mmdmsci | 2004-06-24 13:41 | 腫瘍