カテゴリ:脳神経外科( 103 )

三叉神経痛かスルーダーか?

a0021230_15112264.jpg
これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。




++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

「三叉神経痛:trigeminal neuralgia」であらば
「Janetta(ジャネッタ)の手術」以外の「治療戦略」は
ありません。

今現在一番重要なことは
「御母様」が
「三叉神経痛:trigeminal neuralgia」であるか否か。
の診断です。

またよしんば
「三叉神経痛:trigeminal neuralgia」であった場合
「Janetta(ジャネッタ)の手術」を
しっかりできる
「脳神経外科専門医先生」は日本にも「数名」しか
いない。

大学病院の「脳神経外科外来」の
「脳神経外科専門医先生」を「御受診」されることをお勧めいたします。

下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++







#1
##1

メールをさせて頂きます。
お忙しい事とは存じますが、
できましたらご回答いただければ幸いでございます。


63歳の母の事を相談させて頂きます。

母は4年ほど前に顔の右側が強く痛み、
三叉神経痛と診断を受け、薬を飲んでおります。

それが半月ほど前から顔の右の目の下から耳にかけて
刺すような痛みが出るようになり、
また三叉神経痛であろうと思って薬を飲んでいたところ全く痛みがとれず、
内科を受診したところ
「偏頭痛」ではないかといわれ「ゾーミック」を処方されました。

ところが痛みが発生すると30分位で痛みがおさまるので、
この薬が効いて痛みがとれるのか
どうかがわかりません。

基本的な症状としては顔の右側目の下から
耳の付け根まで刺すような痛みが30分ほど続く。
呼ばれて振り向いた時、階段を下りるとき等、振動を受けると痛む。
お風呂に入って血管が拡張すると痛む。

いろいろと調べているうちにこちらの掲示板に辿り着きましたが、
これはスルーダー神経痛というものでしょうか?

病名と受診先、
治療方法を知りたいと思います。」
との事です。







#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
まず極めて重要な事は
本当に「三叉神経痛:trigeminal neuralgia」であるか否か
ということです。

##3
「三叉神経痛:trigeminal neuralgia」の「治療戦略」は
重傷の場合。
「内服薬」でも。
「ペインクリニック専門医先生」の行う「神経ブロック」でも
ありません。

##4
「三叉神経痛:trigeminal neuralgia」であれば
「Janetta(ジャネッタ)の手術」という「三叉神経減圧術」
以外の「治療戦略」はありません。

##5
私も「ペインクリニック」で「神経ブロック」を致します。

##6
けれども本物の「三叉神経痛:trigeminal neuralgia」の
患者さんには「神経ブロック」は行いません。

##7
よく「ペインクリニック専門医先生」が
「三叉神経痛:trigeminal neuralgia」に「神経ブロック」と
おっしゃられていますが大変な間違いです。

##8
「三叉神経痛:trigeminal neuralgia」は極めて「疼痛系の「病態」」
では「重篤」な「病態」。
洗顔もできず食事もできず歯もみがけず勿論御婦人ではメイク
どころではありません。

##9
余りの疼痛に命を絶つ患者さんもいらっしゃいます。
だから
「三叉神経痛:trigeminal neuralgia」は「根治=治癒」させなければ
なりません。

##10
私も「ペインクリニック」で「神経ブロック」を致します。
けれども本物の「三叉神経痛:trigeminal neuralgia」の
患者さんには「神経ブロック」は行いません。
よく「ペインクリニック専門医先生」が
「三叉神経痛:trigeminal neuralgia」に「神経ブロック」と
おっしゃられていますが大きな間違いです。








#3
##1
「 三叉神経痛であろうと思って
薬を飲んでいたところ全く痛みがとれず、
内科を受診したところ「偏頭痛」ではないかといわれ
「ゾーミック」を処方されました。
・略・
基本的な症状としては顔の右側目の下から
耳の付け根まで刺すような痛みが30分ほど続く。
呼ばれて振り向いた時、階段を下りるとき等、振動を受けると痛む。
お風呂に入って血管が拡張すると痛む。」
との事です。


##2
「熟考」に「熟考」を重ねましたが。
「三叉神経痛:trigeminal neuralgia」か否か

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
判断が出来ません。

##3
「偏頭痛」正確には「古典的偏頭痛」=「典型的偏頭痛」
ではないことだけは明確です。

##4
一度
大学病院の「脳神経外科外来」の「疼痛専門」の
「脳神経外科専門医先生」を「御受診」されることをお勧めいたします。

##5
一方適切な表現が思い浮かばないのですが
「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」=
「翼口蓋神経痛:よくこうがい神経痛:spheno-palatine neuralgia」=
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」=
「顔面片頭痛」(「スルーダー」)
にしては
「御母様」の「症状・症候」が「鋭角的」すぎるようにも思えます。

##6
何とも判断できません。





#4
##1
「三叉神経痛:trigeminal neuralgia」の
「Janetta(ジャネッタ)の手術」
については
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」
1・
教えてください。 [2] [2004年 2月 1日 9時20分53秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/871064172200025.html

コピー致します=>「ごらんくださいませ1」
2・
ありがとうございました。 [2] [2004年 2月 9日 5時59分25秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/714199879047559.html


##2
##1を御参照頂けますか。





#5
「三叉神経痛:trigeminal neuralgia」の
「Janetta(ジャネッタ)の手術」に関して
簡単にご説明致します。


##1
いかなる場合も「三叉神経痛」の患者さんに対しては
「三叉神経痛」の疼痛を治すためには
「Janetta(ジャネッタ)の手術」
しかありえないと今の私は考えています。

##2
「神経ブロック」やその他で「三叉神経痛」は歯が立つほど
甘い「病態」では御座いません。

##3
「三叉神経痛」である御相談者も「Janetta(ジャネッタ)の手術」
を受けられると宜しいと今の私は考えます。

##4
けれども大変重要なことがある。

##5
本邦で「Janetta(ジャネッタ)の手術」の「できる先生」というのは
数名位しかおりません。

##5
どこの大学病院でもおおきな総合病院の「脳神経外科専門医」
も「Janetta(ジャネッタ)の手術」が「できる」となっていますが。

##6
実際は「できません」。

##7
私がここで「できる」「できない」という意味は
「名人である」「名人でない」というようにご了解下さい。

##8
適切な表現が思い浮かばないのですが
「脳神経外科専門医」を「競技マラソン選手」に例えれば
「Janetta(ジャネッタ)の手術」の可能な「脳神経外科専門医」とは
「オリンピックの金メダルがとれる選手」クラスで御座います。

##9
できない先生は間違っても「Janetta(ジャネッタ)の手術」を
してはいけません。

##10
通常は絶対に「されません」。








#6
##1
「いろいろと調べているうちにこちらの掲示板に辿り着きましたが、
これはスルーダー神経痛というものでしょうか?」
との事です。

##2
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」
に関しましては
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」
左顎下の痛み [2] [2005年 6月30日 8時 6分25秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/934549535698356.html

を御参照頂けますか。
コピー致します=>「ごらんくださいませ2」

##3
「抜歯後症候群」につきましては
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」
歯の圧迫感 [2] [2005年 3月24日 10時19分26秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/591475397887738.html

を御参照頂けますか。

##4
その他
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」に関連して
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
の「過去の御相談と御回答」
1・
緊張型頭痛と抜歯後の疼痛 [2] [2005年 4月27日 19時58分42秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/921498984637768.html

2・
緊張型頭痛の抜歯後症候群 [2] [2005年 6月10日 18時45分 7秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/51379643690689.html

もを御参照頂けますか。








#7結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「三叉神経痛:trigeminal neuralgia」か否かの判断が
推察不能です。

##3
どうも
「三叉神経痛:trigeminal neuralgia」のような気が
致します。
けれどもなんともいえない。

##4
「三叉神経痛:trigeminal neuralgia」の「治療戦略」には
「Janetta(ジャネッタ)の手術」しかありません。

##5
この場合「Janetta(ジャネッタ)の手術」は極めて特殊であり
「脳神経外科専門医先生」でも
「Janetta(ジャネッタ)の手術」をしっかりと「できる」先生は
日本にも数名しかいないと考えます。
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。
#5を御参照されてください。

##6
「病名と受診先、
治療方法を知りたいと思います。」
との事です。
=>

大学病院の「脳神経外科外来」の疼痛専門の
「脳神経外科専門医先生」を「御受診」されることをお勧めいたします。

##7
少なくとも
「偏頭痛」正確には「古典的偏頭痛」=「典型的偏頭痛」
ではありません。

##8
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

##9
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
by mmdmsci | 2015-11-27 15:11 | 脳神経外科

意識障害の原因が不明(化学療法・低Na血症) で口コミ・評判の山本クリニック 世田谷 脳神経外科

------------------------------
アメーバブログ脳神経外科0001
肺癌の父71歳 意識障害の原因が不明(化学療法・低Na血症)
[2] [2009年 2月15日 16時33分17秒]

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/0489222135665877.html

テーマ 高齢者の脳神経外科患者さんの意識障害
------------------------------












お名前: 匿名希望   
山本先生

初めまして。

父(71歳)が現在、
意識が余りないことについて、相談致したく御願い致します。

2007年8月より、小細胞がんの治療を受けております。

今年1月6,7,8日と抗がん剤の治療をし、その翌週17日に容態急変し、
入院しました。

肺炎とのことで、その治療を行い、肺炎はほぼ治まりましたが、
意識がほとんどありません。

1月26日に、意識が更にはっきりしなくなり、主治医よりナトリウムの減少に
よるものと言うことで、その治療を致しました。

その後、28日頃から、また少し反応が出て、栄養を点滴でのみ摂っていた所を、
2月3日より食事も始めるとのことで、回復を期待していました。

しかし、また意識が朦朧としている時間がほとんどになり、髄液の検査をしました。

髄液の検査の結果も以上はなく意識がはっきりしない原因がわからないようです。

家族としては、少しでも意識が戻ればと切に願うのですが、
どこへ相談したら良いかわからず、こちらへ相談した次第です。

何か治療方法はあるでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Saturday, February 14, 2009 7:06 PM

[2009年2月14日 19時06分27秒]







------------------------------






















ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都



ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都



ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都








ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都



ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都



ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都






  



ペインクリニック 山本クリニック世田谷 東京都



ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都



ペインクリニック 山本クリニック 世田谷 東京都












ペインクリニック 世田谷区 山本クリニック 世田谷 東京都
の新規ホームページ



ペインクリニック 世田谷区 山本クリニック 世田谷 東京都
の新規ホームページ


ペインクリニック世田谷区  山本クリニック 世田谷 東京都
の新規ホームページ

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。



++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「御父様」の「「意識障害」の原因は
「低Na(ナトリウム)血症」であり。
止むを得ずも「低Na(ナトリウム)血症」のNa(ナトリウム)値
の御記載がありません。

「低Na(ナトリウム)血症」の原因は
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
あきらかに
「SIADH:syndrome of inappropriate secretion of ADH :
エス・アイ・エィデイーエッチ」=
「ADH不適合分泌症候群;SIADH」
によるものと今の私は考えます。

「ADH不適合分泌症候群;SIADH」の原因探索

「低Na(ナトリウム)血症」の補正
により
「御父様」の「意識障害」は改善されていくはずです。

下記に順を追って御回答致します。


++++++++++++++++++++++


#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「御父様」は肺の「小細胞癌:small cellcarcinoma」である。

##2
今現在「意識障害」の状態である。

##3
「1月26日に、意識が更にはっきりしなくなり、主治医よりナトリウムの減少に
よるものと言うことで、その治療を致しました。

その後、28日頃から、また少し反応が出て、栄養を点滴でのみ摂っていた所を、
2月3日より食事も始めるとのことで、回復を期待していました。

しかし、また意識が朦朧としている時間がほとんどになり、髄液の検査をしました。

髄液の検査の結果も以上はなく意識がはっきりしない原因がわからないようです。」
との事です。
=>#3









#3
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
止むを得ずも「低Na(ナトリウム)血症」のNa(ナトリウム)値
が御記載がありません。

##2
「御父様」の「意識障害」の「病態」は
「低Na(ナトリウム)血症」を「症状・症候」とする
ある「病態」が原因の
意識障害であり。
=>##3

##3
この
「低Na(ナトリウム)血症」による「症状・症候」が
いまだ解決されていない状況です。

##4
そしてこの「ある「病態」」のことを
「SIADH:syndrome of inappropriate secretion of ADH :
エス・アイ・エィデイーエッチ」
と呼称致します。

##4
「ADH不適合分泌症候群;SIADH」=
「SIADH:syndrome of inappropriate secretion of ADH :
エス・アイ・エィデイーエッチ」
に関して#4
にて簡単にご説明致します。











#4
##1
脳下垂体の「後葉:こうよう」から分泌される
「抗利尿ホルモン:ADH:antidiuretic hormon」という
ホルモンがあります。

##2
この「抗利尿ホルモン:ADH:antidiuretic hormon」とは
腎臓の「遠位尿細管」に作用して「捨てられる水分」を
再吸収するホルモンのことです。

##3
この「抗利尿ホルモン:ADH:antidiuretic hormon」
は「バソプレッシン:Vasopressin」とも
呼称されます。

##4
「SIADH:syndrome of inappropriate secretion of ADH :
エス・アイ・エィデイーエッチ」
の「inappropriate secretion of ADH:IA」は
「不適切な「ADH:抗利尿ホルモン」分泌」という意味
です。

##5
「ADH:抗利尿ホルモン」の「ADH不適合分泌症候群;SIADH」
になると「水分」のみ腎臓から再吸収されて
「一種の自家水中毒」のような状態となり
「低Na(ナトリウム)血症」が発生致します。

##6
「低Na(ナトリウム)血症」は「御高齢の患者さん」
では「意識障害」という「臨床神経診断学」とりわけ「臨床神経局在診断学」
の「症状・症候」として発現致します。
=>#5









#5
##1
「ADH不適合分泌症候群;SIADH」=
「SIADH:syndrome of inappropriate secretion of ADH :
エス・アイ・エィデイーエッチ」
の患者さんの場合は「意識障害」が「症状・症候」としてでます。

##2
「御高齢の患者さん」の場合。
「低Na(ナトリウム)血症」は
「130mEq(メック)*」を割ると「意識障害」
が発現致します。
(「mEq(メック)」とは「臨床神経診断学」での
Na(ナトリウム)などの単位のことですが詳細は「省略」)

##3
「低Na(ナトリウム)血症」のNa(ナトリウム)がさがり
120mEq(メック)近くになると
「ADH不適合分泌症候群;SIADH」の
「意識障害」は更に重篤化致します。

##4
治療法としては
「SIADH:syndrome of inappropriate secretion of ADH :
エス・アイ・エィデイーエッチ」=
「ADH不適合分泌症候群;SIADH」

「低Na(ナトリウム)血症」の「Na(ナトリウム)補正」
を行うのみです。

##5
##4に加えて
「ADH不適合分泌症候群;SIADH」=
「SIADH:syndrome of inappropriate secretion of ADH :
エス・アイ・エィデイーエッチ」の原因を診断しなくては
なりません。
=>#6










#6
##1
「ADH不適合分泌症候群;SIADH」=
「SIADH:syndrome of inappropriate secretion of ADH :
エス・アイ・エィデイーエッチ」
の原因としては。

##2
「御高齢の患者さん」の場合
1・肺炎などの呼吸器感染
2・「化学療法(抗癌剤治療)」とりわけ
「5-FU」などの
「ピリミジン合成阻害剤」=「ピリミジン・アナログ」=「核酸アナログ」

「CDDP:シスプラチン」などの「化学療法(抗癌剤治療)」
の投与。

3・そして「異所性「ADH:抗利尿ホルモン」分泌」の可能性
があります。

##3
「異所性「ADH:抗利尿ホルモン」分泌」とは
脳下垂体「後葉:こうよう」以外で
「抗利尿ホルモン:ADH:antidiuretic hormon」が分泌される
状態或は「病態」のことです。

##4
##3のなかで極めて有名なもの=「病態」は
肺癌であり。
=>##5

##5
「肺癌:Lung Cancer:LC」の中でも
とりわけ
「小細胞癌:small cellcarcinoma」が
「抗利尿ホルモン:ADH:antidiuretic hormon」=
「バソプレッシン:Vasopressin」を勝手に分泌することで
有名です。
「「肺癌:Lung Cancer:LC」の中の
「小細胞癌:small cellcarcinoma」」の100例中5-10例。












#7
##1
「意識がはっきりしない原因がわからないようです。

家族としては、少しでも意識が戻ればと切に願うのですが、
どこへ相談したら良いかわからず、こちらへ相談した次第です。」


##2
「2007年8月より、小細胞がんの治療を受けております。
今年1月6,7,8日と抗がん剤の治療をし、その翌週17日に容態急変
・略・
肺炎とのことで、その治療を行い、肺炎はほぼ治まりましたが、
意識がほとんどありません。

1月26日に、意識が更にはっきりしなくなり、主治医よりナトリウムの減少に
よるものと言うことで、その治療を致しました。」
との事です。

##3
「御父様」は「化学療法(抗癌剤治療)」後に
肺炎をおこされています。
この状態の以前から
「低Na(ナトリウム)血症」は存在していたのではないでしょうか。

##4
そして
「御父様」の「意識障害」の原因は「低Na(ナトリウム)血症」
であり。
「低Na(ナトリウム)血症」の原因は
「SIADH:syndrome of inappropriate secretion of ADH :
エス・アイ・エィデイーエッチ」=
「ADH不適合分泌症候群;SIADH」
である。
=>#8









#8
##1
「御父様」の
「低Na(ナトリウム)血症」の原因である
「ADH不適合分泌症候群;SIADH」の原因に関しては。

##2
肺炎などの呼吸気感染を引き金にはなってはいます。


##3
けれども
「化学療法(抗癌剤治療)」として
「5-FU:フアイブ・エフ・ユー」などの
「ピリミジン合成阻害剤」=「ピリミジン・アナログ」=「核酸アナログ」

「CDDP:シスプラチン」などの「化学療法(抗癌剤治療)」
などの投与実績の「有無」は重要です。

##4
そして何よりも
「御父様」の「肺癌:Lung Cancer:LC」が「小細胞癌:small cellcarcinoma」
であることから
「肺癌:Lung Cancer:LC」からの
「抗利尿ホルモン:ADH:antidiuretic hormon」=
「バソプレッシン:Vasopressin」の分泌されている可能性は
極めて高いです。








#9
##1
「意識がはっきりしない原因がわからないようです。

家族としては、少しでも意識が戻ればと切に願うのですが、
どこへ相談したら良いかわからず、こちらへ相談した次第です。

何か治療方法はあるでしょうか。」
との事です。
=>##2

##2
「御父様」の「意識障害」の原因である「低Na(ナトリウム)血症」
の原因である「ADH不適合分泌症候群;SIADH」の
原因をつきとめて。
「低Na(ナトリウム)血症」の補正がおこなわれれば
「御父様」の「意識障害」は回復されていくはずです。









#10結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「御父様」の「意識障害」の原因のおおもとは
「ADH不適合分泌症候群;SIADH」=
「SIADH:syndrome of inappropriate secretion of ADH :
エス・アイ・エィデイーエッチ」
による「低Na(ナトリウム)血症」
であり。

##3
この「診断戦略」と「治療戦略」がうまくいっていない
或は
「御家族」にはうまく伝わっていない
のであると考えます。

##4
「お受けもちの先生方」も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。

##4
「肺癌:Lung Cancer:LC」の
「小細胞癌:small cellcarcinoma」自体が
とても難しい悪性新生物です。

##5
この御回答が何がしかのお役に立てば何よりで御座います。

##6
一刻も早く御相談者の「御父様」の
「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。




上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にされて下さいませ。



何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2009年2月15日 16時33分17秒]

------------------------------




肺癌の父71歳 意識障害の原因が不明(化学療法・低Na血症) [2] [2009年 2月15日 16時33分17秒]






by mmdmsci | 2013-06-13 09:59 | 脳神経外科

1

テクノラティプロフィール
by mmdmsci | 2007-10-24 21:00 | 脳神経外科

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題 247


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

247記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題247

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 頭部トップと額の中間部分が少し膨らんでおり  】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。


++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。
外側から蝕れる「症状・症候」は「脳腫瘍」では
ありえません。
けれども「頭蓋骨腫瘍」がきになります。
下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++


#1
##1
「山本先生

こんにちは (51歳)(女性)
実は頭部トップと額の中間部分が少し膨らんでおり、
2ヶ月前位にぶつけた記憶はなかったのですが、
その時はちょっと触ったら痛くていつの間にかぶつけたんだな~
と思い、それは忘れていたのですが、
ココ数日前位からそのコブのような盛り上がりが
気になっています。

家族はみんなデコボコになってるよといいますが、
脳腫瘍カモと一人で騒いでいます。(兄がなったので)

特に記憶が薄れるとか、吐き気などといった症状はまったくありません。
視力はパソコンのせいもあり最近は老眼がひどくなっております。
お忙しいところ申し訳ございませんがよろしくおねがいいたします。」
との事です。

#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
外部から「隆起」が見えるのであれば「脳腫瘍」ではないでしょう。

##3
けれども「頭蓋骨腫瘍」の可能性はあります。

##4
「頭蓋骨腫瘍」は「骨腫:osteoma」(良性腫瘍)という
ものを始め良性のものばかりと御考え下さい。

##5
ご心配であれば大学病院クラスの。
公的な「脳神経外科専門医先生」が
複数在住される総合病院クラス
の「脳神経外科外来」の「脳神経外科専門医先生」を
「御受診」されることをお勧めいたします。

#3結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「脳神経外科専門医先生」を「御受診」
されても
何も「「異常所見」無し」かもしれません。

##3
けれども御相談者の御相談内容要旨御記載からは
判断はできません。

##4
ご心配であれば上記の如くに
「脳神経外科専門医先生」を御受診されるのが宜しいと考えます。

##5
的外れなことを申し上げたかもしれません。
けれどもご参考になれば何よりで御座います。

##6
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

##7
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

##8
なお
頭のコブに関しましては
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html


「過去の御相談と御回答」
から
1・骨の隆起のようなコブ2 [2] [2005年11月 7日 7時46分49秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/259700938434438.html
2・骨の隆起のようなコブ [2] [2005年10月21日 18時30分15秒]
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/201662910011695.html
を御参照下さいませ。

##9
「1・」につき
コピー致します=>「ごらんください」


取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

山本クリニック 山本博昭
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

++「ごらんください」+++++++++++++++++++++

宜しかったです。
本当に宜しかったです。

#1
##1
「10月21日に『骨の隆起のようなコブ』というタイトル
で相談いたしましたところ
アドバイスをいただき、その後 治療致しましたので 
ご報告申し上げます。

脳外科にて、触診と問診により『外骨腫』という診察を受け、
形成外科で手術していただくことになりました。

10月27日 額の大小2箇所の外骨腫の除去手術をしていただきました。
日帰りで 術後の痛みもほとんど無く、大きな絆創膏のまま出勤もできました。
5日後抜糸を済ませ、今は傷跡の保護・固定・遮光のために
小さな絆創膏を貼って しばらく過ごすことになりそうです。

除去した部位を念の為に病理検査にも出しましたが
まず問題ないだろうとのことでした。

思い切って相談してよかったと喜んでいます。
親切なアドバイス ありがとうございました。
感謝と共に 同じ症状でお悩みの方のために報告させていただきます。」
との事です。

#2
##1
このような「症状・症候」は「脳神経外科専門医先生」の
判断が診断がなければ先に進めません。

##2
「日帰り」の手術を施行されて「病理組織学的診断」も
されて本当に本当に宜しかったです。

##3
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


上記・下記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

補足:
前回の御相談と御回答は下記の通りでございました(一部)(+++以下)。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

これはさぞかし御心配であろうと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

#1
##1

京都府・47歳の女性です。
気付いたのはもう10年以上も前ですが
額の上部(髪の生え際から1センチほど下がったあたり)に
直径1.5センチ程の コブのような硬い隆起があります。
頭部(髪で隠れます)にも 探ると同じような隆起が2箇所あります。
痛くも痒くもなく、触ると皮膚よりも 骨じたいの隆起のように感じます。

特に健康的な問題はなかったので 前髪で隠すだけでしたが、
加齢と共に 少しずつ大きくなり 隠しきれなくなってきました。
美容上 額の隆起だけでも除去したいと思っております。

病院のどの科を選べばよいのか、
そういった症例はあるものなのか、
どのような除去方法になるのか、
だいたいの費用や治療日数の目安が知りたいのですが
宜しくアドバイスお願いいたします。」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「頭蓋骨」の「骨腫瘍」の可能性が御座います。

##3
まずは「脳神経外科専門医先生」による
精査が必要です。

##4
「前頭骨に「骨」が突起している。「腫瘍」が心配である」と
仰られて。
「しっかりとした大きめの公的な総合病院」或は
大学病院の「脳神経外科外来」の
「脳神経外科専門医先生」を「御受診」されることをお勧めいたします。

##5
「脳神経外科」の精査の後にもしも骨腫瘍であれば
「脳神経外科専門医」が手術にあたります。

#3
##1
「病院のどの科を選べばよいのか、」
=>
「脳神経外科外来」の「脳神経外科専門医先生」を
「御受診」されることをお勧めいたします。

##2
「そういった症例はあるものなのか、」
=>
いくらでも御座います。
「頭蓋骨腫瘍」自体は稀なものでは御座いません。

##3
「どのような除去方法になるのか、」
=>
「頭蓋骨腫瘍」であれば「部位と範囲」からは
「開頭手術」及+「腫瘍摘出」+「頭蓋形成術:cranioplasty」
になります。

##4
###1
「だいたいの費用や治療日数の目安が知りたいのですが」
=>
費用に関しては「全く判りません」

###2
「治療日数の目安が知りたいのですが」
=>
まず「外来」で頭部X線撮影及び脳CTが必要です。
また
「頭蓋骨腫瘍」であれば
当然「入院しての精密検査」が必要になります。

##5
「特に健康的な問題はなかったので 前髪で隠すだけでしたが、
加齢と共に 少しずつ大きくなり 隠しきれなくなってきました。
美容上 額の隆起だけでも除去したいと思っております。」

「加齢と共に 少しずつ大きくなり 隠しきれなくなってきました。」

「お受けもちの先生」に是非とも「強調」されて下さい。

#4結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「前頭骨に「骨」が突起している。「腫瘍」が心配である」と
仰られて。
「しっかりとした大きめの公的な総合病院」或は
大学病院の「脳神経外科外来」の
「脳神経外科専門医先生」を「御受診」されることをお勧めいたします。

##3
「加齢により大きく」ならないものであれば
「くも膜顆粒:パキオニの顆粒:pacchionian granulation」
(説明・略・)
による「骨隆起」も考えられます。
++「くも膜顆粒:パキオニの顆粒:pacchionian granulation」
については
山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/index.html
の「過去の御相談と御回答」
「頭のコブ状のものについて [2] [2003年12月10日 7時37分40秒] 」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/nosinkei/158731663906114.html
を御参照下さい。
(コピー致します=>「御参考」)

##4
けれども加齢とともに大きくなってきたのであれば
「頭蓋骨腫瘍」をまずは考えます。

##5
「頭蓋骨腫瘍」は「腫瘍学:oncology」的には
大半が良性ですが
「hystiocytosis-x:ヒステイオサイトシスx」*
のようなものもあり注意が必要です。

##6
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

##7
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。



「ヒスチオサイトーシスX :hystiocytosis X 」=
異型性を伴う組織球が増殖する3つの疾患の
総称 ・
1・「Letter-Siwe病:レッター・シーヴエ病 」
2・「eosinophilic granuroma of bone :好酸性肉芽腫」
3・「Hand-Schuller-Christian病:ハントシューラー・クリスチヤン病 」

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

++「御参考1」+++++++++++++++++++++++++++++
ご心配なことと存じます。

#1
##1
「33歳の男です。
二日ほど前、頭頂部の若干右側にたんこぶ状のものを見つけました。
昨日は、若干大きくなったような気がします。
感覚的なものですが直径2cm、高さ5mm程度です。
触った感じはブヨブヨしてるというよりも
比較的硬い感じがします。
気になるのは、ぶつけたりしたわけでもなく
殆ど痛み・痒み等の自覚症状が無いことです。
(若干、その部位だけ微熱をもっているような気もしますが)
洗髪するときに違和感を覚えるので、発症したのは多分
ここ2日程度のことと思います。
ご相談したいことは、
1.病気だとした場合、どういったものが考えられるのでしょうか?
2.また、早めに検査などの対応をとったほうがいいのでしょうか?
3.検査を受けるとしたら、脳神経外科が適切でしょうか?
  それとも、皮膚科でしょうか?」
との事です。

#2
##1
「頭頂部の若干右側にたんこぶ状のものを見つけました。
昨日は、若干大きくなったような気がします。
感覚的なものですが直径2cm、高さ5mm程度です。」という。

##2
御相談者と「同じ内容」の「頭頂部」の
「粒起物」を気にされる患者さんは稀ならずいらっしゃいます。

##3
これは頭蓋内の正常構造物の
「くも膜顆粒:パキオニの顆粒:pacchionian granulation」
直上の頭頂部の頭蓋骨に発生する隆起で御座います。

##4
正常構造物で御座います。
どなたにも御座います。

#3
##1
頭蓋内には「毎分0.35mlずつ産生された「脳脊髄腋液」を
吸収するために頭頂部「脳表」に
「くも膜顆粒:パキオニの顆粒:pacchionian granulation」
という「構造物が「散在」致します。

##2
よく「脳神経外科専門医」以外の先生が
頭部X線撮影で「「腫瘍」と間違えわれることが
御座います。

##3
「くも膜顆粒:パキオニの顆粒:pacchionian granulation」
のある直上の頭蓋骨は外側に「軽く隆起」致します。

##4
「固いしこり」として触れるので「心配の種」になります。


#4結論その1:
##1
御相談者は
「くも膜顆粒:パキオニの顆粒:pacchionian granulation」
の上の頭蓋骨の隆起を触れていらっしゃる
と今の私は考えます。


##2
正常構造物を触れていらっしゃるわけだから
のまま「御様子見」で宜しいと今の私は考えます。

#4結論その2:
##1
「1.病気だとした場合、どういったものが考えられるのでしょうか?」
との事です。
=>
###1
病気では有りません。
###2
上記ご参考になれば何よりで御座います。


##2
「2.また、早めに検査などの対応をとったほうがいいのでしょうか?」
=>
###1
どうしても気がかりであれば
「脳神経外科専門医」先生を御受診されて頭部X線撮影
を撮影していただき御説明して
頂くのは如何でしょうか。


##3
「3.検査を受けるとしたら、脳神経外科が適切でしょうか?
  それとも、皮膚科でしょうか?」
=>
###1
もしも「皮膚腫瘍」「皮下腫瘍」をご心配であるのであれば。
###2
「形成外科専門医」先生が宜しいと今の私は考えます。
###3
けれども「脳神経外科専門医」先生を御受診されて
頂くほうが宜しいとと今の私は考えます。

##4
如何でしょうか。
##5
ご心配されなくても宜しいと
今の私は考えます。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2003年12月10日 7時37分40秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: いしばし   
初めまして、33歳の男です。
二日ほど前、頭頂部の若干右側にたんこぶ状のものを見つけました。
昨日は、若干大きくなったような気がします。
感覚的なものですが直径2cm、高さ5mm程度です。
触った感じはブヨブヨしてるというよりも
比較的硬い感じがします。
気になるのは、ぶつけたりしたわけでもなく
殆ど痛み・痒み等の自覚症状が無いことです。
(若干、その部位だけ微熱をもっているような気もしますが)
洗髪するときに違和感を覚えるので、発症したのは多分
ここ2日程度のことと思います。
ご相談したいことは、
1.病気だとした場合、どういったものが考えられるのでしょうか?
2.また、早めに検査などの対応をとったほうがいいのでしょうか?
3.検査を受けるとしたら、脳神経外科が適切でしょうか?
  それとも、皮膚科でしょうか?
お忙しいところ申し訳ありませんが、ご教授願います。

[2003年12月10日 0時47分45秒]

「御参考1おわり」
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2005年10月21日 18時30分15秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: たかはら   

京都府・47歳の女性です。
気付いたのはもう10年以上も前ですが
額の上部(髪の生え際から1センチほど下がったあたり)に
直径1.5センチ程の コブのような硬い隆起があります。
頭部(髪で隠れます)にも 探ると同じような隆起が2箇所あります。
痛くも痒くもなく、触ると皮膚よりも 骨じたいの隆起のように感じます。

特に健康的な問題はなかったので 前髪で隠すだけでしたが、
加齢と共に 少しずつ大きくなり 隠しきれなくなってきました。
美容上 額の隆起だけでも除去したいと思っております。

病院のどの科を選べばよいのか、
そういった症例はあるものなのか、
どのような除去方法になるのか、
だいたいの費用や治療日数の目安が知りたいのですが
宜しくアドバイスお願いいたします。

Friday, October 21, 2005 5:00 PM

[2005年10月21日 17時00分7秒]

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2005年11月7日 7時46分49秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
10月21日に『骨の隆起のようなコブ』というタイトル
で相談いたしましたところ
アドバイスをいただき、その後 治療致しましたので 
ご報告申し上げます。

脳外科にて、触診と問診により『外骨腫』という診察を受け、
形成外科で手術していただくことになりました。

10月27日 額の大小2箇所の外骨腫の除去手術をしていただきました。
日帰りで 術後の痛みもほとんど無く、大きな絆創膏のまま出勤もできました。
5日後抜糸を済ませ、今は傷跡の保護・固定・遮光のために
小さな絆創膏を貼って しばらく過ごすことになりそうです。

除去した部位を念の為に病理検査にも出しましたが
まず問題ないだろうとのことでした。

思い切って相談してよかったと喜んでいます。
親切なアドバイス ありがとうございました。
感謝と共に 同じ症状でお悩みの方のために報告させていただきます。

Sunday, November 06, 2005 5:22 PM

[2005年11月6日 17時22分13秒]

「ごらん下さいおわり」

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2005年11月26日 15時1分45秒]
--------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールマガジンの解除方法

以下のページよりご自身で行ってください

▼まぐまぐからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/mag/

▼メルマからご購読の方
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/melma/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
by mmdmsci | 2005-11-28 14:32 | 脳神経外科

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題 215


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

215記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題215

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 手にしびれがあります。 】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。


#1
##1
「初めまして、こんにちは。33才。女性です。
一ケ月前から手にしびれがあります。
数日に一回、半月前からは毎朝、最近では
一日に何度かあります。
しびれ具合は、手に皮がかぶさった様な感じというか
皮を剥ぎ取りたくなるようなしびれです。
数日前はそのしびれと同時にむくみもありました。

どのような病気の疑いがありますか?
このような症状が続くようならば通院したほうが良いですか?
よろしくお願いします」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
御相談者は「肩こり・頸こり・背中こり」」を御持ではないでしょうか。

##3
もしも御相談者に「頭痛・・肩こり・頸こり・背中こり」」
がお強い様であれば。

##4
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の伴う「緊張型しびれ(あだ名です)」で御座います。

##5
正診断率の大変低い「疼痛系の「症状・症候」」でございます。

##6
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・
「心療内科の疾患」
等ととよく間違えられます。

##7
一番困るのは「頚椎の疾患」と間違われることです。
「頚椎の病気(「頚椎症」とか頚椎椎間板ヘルニア)」と図らずも
間違われる場合も有り厄介です。

##8
「絵に書いた餅のようにまたは何かの一つ覚えのように
第5第6頚椎椎間板がすりへっていて
「頚椎の弯曲」がおかしい或は「逆弯曲」だと言われてしまいます。

##9
「臨床神経学的」に頚椎X線撮影の画像診断の「症状・症候」が
「臨床症候」と合致すれば何も問題もないのですが。

##10
99%ほぼ100%の患者さんで「頚椎X線撮影所見」
或いは「CT・MRI」は「臨床神経診断学」と合致致しません。


#3
##1
「一ケ月前から手にしびれがあります。
数日に一回、半月前からは毎朝、最近では
一日に何度かあります。
しびれ具合は、手に皮がかぶさった様な感じというか
皮を剥ぎ取りたくなるようなしびれです。」
との事です。

##2
「臨床神経診断学」からは「知覚神経障害」は
1・「知覚消失:an-aenthsia:アネステシア」
2・「知覚低下:ヒペテシア:hypo-aestaesia」
3・「知覚過敏:ヒペレステシア:hyper-aestaesia」
4・「異感覚:デイセステシア:dys-aesthesia」
5・「錯感覚:パレステシア:para-aesthaesia」
の「5種類」が御座います。

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「知覚神経障害」の「症状・症候」としては
「4・」の「異感覚:デイセステシア:dys-aesthesia」或は
「5・」の「錯感覚:パレステシア:para-aesthaesia」
の「成分」が強く。

##4
「1・「知覚消失:an-aenthsia:アネステシア」
 2・「知覚低下:ヒペテシア:hypo-aestaesia」
 3・「知覚過敏:ヒペレステシア:hyper-aestaesia」」
の「成分」は少ないように伺えます。

##5
このような「しびれ感」は
もしも御相談者に「頭痛・・肩こり・頸こり・背中こり」」がお強い様であれば。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
に併発する
「緊張型しびれ(あだ名です)」で御座います。

##6
「機能性疾患」即ち「画像診断」或いは「眼で見えぬもの」
の「範疇(はんちゅう)」の
「機能性末梢神経障害」で御座います。

##7
しっかり治されるためには「機能性末梢神経障害疼痛」にお強い
「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」
を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##8
但し「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」でも
「機能性末梢神経障害疼痛」に苦手な先生もいらっしゃいます。
このことも何卒に覚えておかれて下さいませ。

##9
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴につき「補足1」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
のの「症状・症候」発生の時間依存性につき「補足2」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「緊張型しびれ(あだ名です)」について「補足3」に。

御記載致します。御参考になれば何よりです。


#4結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
もしも御相談者に「頭痛・・肩こり・頸こり・背中こり」」
がお強い様であれば。

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載の「症状・症候」からは
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
に伴う「緊張型しびれ」(あだ名です)の「症状・症候」
で御座います。

##3
しっかり治されるためには「機能性末梢神経障害・疼痛」にお強い
「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」
を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##4
「どのような病気の疑いがありますか?
このような症状が続くようならば通院したほうが良いですか?
よろしくお願いします」
との事です。
=>
上記御解答致しました。


##5
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。


取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++

さて「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には特徴がございます。

##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1-2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:Barber's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
肋骨や腹部が「痛くは」有りませんか。
「「肩こり背中凝り」の前への押し寄せ」の「症状・症候」
で御座います。
##31
「甲状腺機能」の「異常所見」を指摘されたことが
おありではないでしょうか。
##32
「左側」のほうが痛くはありませんか。
##33
後頭部や後頚部に「しこり」のようなものがあり
さわると痛くないでしょうか。


以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

「補足1おわり」

++「補足2」++++++++++++++++++++++++++++

「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの
時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。

##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。

##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。

##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。

##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。

##8
11月ー12月に「しびれ感」が
上肢或は下肢におきたり「ふわふわ感」が起きたり致します。

##9
皮肉なことに俗に言う風邪をひかれた後に「症状・症候」
が発現して「診断」がつかないことが御座います。

##10
「細菌性気管支炎
或は「反復性上気道感染」をおこされ
「無菌性髄膜炎」と診断されることが稀ならずあります。

##11
##10ならずとも「耳鼻の奥の「閉塞感」」の
「症状・症候」が発生することもあり
「耳鼻科専門医先生」で「御診断」が付かないことが
多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。
「補足2おわり」

++「補足3」++++++++++++++++++++++++++++

しびれがあるとのことですが。
下記については如何でしょうか。

「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
では「特有な「しびれ感」」が「症状・症候」としてでます。


##1
手指の親指・人指指(第1・第2指)か
小指・薬指(第4・第5指)に
絵に書いたような「しびれ感」があるのが特徴ですが如何でしょう。

##2
まずほかの手指には来ません。

##3
男性が腕時計を眺める上肢の部位にしびれ感があるのが
特徴で御座います。
如何でしょう。

##4
また手のひらが赤く霜「降り状」の白い斑点がないでしょうか。


##5
これらの「症状・症候」は朝方強いという特徴
が御座います。

##6
この「しびれ感」は
「頚椎の病気(「頚椎症」とか頚椎椎間板ヘルニア)」
が原因と間違われることが多くこの場合は厄介です。

##7
皮肉なことに脳MRIから
「脳神経外科専門医」の疾患である
「キアリ・アーノルド奇形」
「脊椎空洞症」等と間違われることがあります。

##8
上肢に「しびれ感」のある患者さんは下肢にも
また下肢に「しびれ感」のある患者さんじは下肢にも「しびれ感」の
有ることが多いものです。

##9
下肢の「しびれ感」の場合は足指の親指・薬指の根元、
・足の甲(足背部)・踝・外側大腿に「しびれ」がきます。

##10
下肢の「しびれ感」の場合膝の裏が「糊付けされたような」
「張り紙様の硬さで「張って」いることが多いものです。

##11
おおくの場合「末梢循環障害」とりわけ「下肢静脈還流不全状態」
で疼痛性歩行障害にいたることが御座います。

##12
またこの「しびれ感」はおかお特に下口唇に「しびれ感」
を併発することが御座います。

##13
また「しびれ感」とも異なるのですが
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」の
患者さんは「肘関節」の「甲」のほうに「軽い疼痛」があるのが
特徴でも御座います。

「補足3おわり」

++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2005年7月9日 18時41分45秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   

初めまして、こんにちは。33才。女性です。
一ケ月前から手にしびれがあります。
数日に一回、半月前からは毎朝、最近では
一日に何度かあります。
しびれ具合は、手に皮がかぶさった様な感じというか
皮を剥ぎ取りたくなるようなしびれです。
数日前はそのしびれと同時にむくみもありました。

どのような病気の疑いがありますか?
このような症状が続くようならば通院したほうが良いですか?
よろしくお願いします

[2005年7月9日 18時25分29秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 入眠時ミオクローヌス 】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

#1
##1
「小学1年、6歳の男の子のことでお伺いいたします。

1ヶ月ほど前から寝入るとき、また夜中、15~30秒
位の間隔で足と手(主に右)をピクピクさせます。
何回もあります。
小さいときもあれば、手と足を大きく動かすこともあります。
毎日あるのですが、これは入眠時ミオクローヌスという
ものなのでしょうか?

熱性けいれんをもっているので、
てんかんになる予兆なのではとしんぱいしております。
検査をしたほうがよいのでしょうか?」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
御子息様の「症状・症候」は「ミオクローヌス」とは
関連がないように今の私は考えます。

##3
よりまして
「小学1年、6歳の男の子のことでお伺いいたします。
1ヶ月ほど前から寝入るとき、また夜中、15~30秒
位の間隔で足と手(主に右)をピクピクさせます。
何回もあります。
小さいときもあれば、手と足を大きく動かすこともあります。」
の「不随意運動:involuntary movement:IM」らしき
「症状・症候」は「正常」。

##4
「クローヌス」「クロニー」「ミオトニー」
「ミオクロヌス」「ミオキミア」「ミオクロニー」その他
「筋」の「症状・症候」は沢山ありますが。

##5
これは全く心配の要らない「症状・症候」と考えます。


#3
##1
「ミオクロヌス」という「用語」は「ミオクロニー」(仏語)の
「誤訳」として「英・米・日本」では用いられています。

##2
「入眠時ミオクローヌス」は乳幼児で「レム睡眠器」=「入眠時」に
「上肢」を動かしますがよく認められる「正常現象」で御座います。

##3
「ミオクローヌスというのは
体調が悪い時など出やすいものなのでしょうか?」
というような御相談もよくあるものですが。
ですがそのようなことは全く御座いません。


#4
##1
「熱性けいれんをもっているので、
てんかんになる予兆なのではとしんぱいしております。
検査をしたほうがよいのでしょうか?」
との事です。

##2
これもよくある御相談に。
「てんかんの中でもミオクロニーてんかんとか
点頭てんかんなどでもこのようなミオクローヌス
が出ると書いてあったので心配になってきました。」
との事です。

##2
「ザル・エス・アラーム」という「イスラム教徒」の「礼拝」
と「全く同様な動作」で「てんかん」を起こす
「点頭てんかん」という「てんかん」が御座います。

##3
上記##2のような動作による発作のときに「「点頭てんかん」の
「乳幼児」ではひどい「前頭部打撲」をすることがあるので
「小児頭部外傷」に留意するのが「点頭てんかん」で御座います。

##4
御相談者の御相談内容からは
ご子息様が「点頭てんかん」であるとは
到底思えません。

##5
また「熱性痙攣」を御持ちであるから
「てんかん」の御心配を今現在の「症状・症候」から
される必要性もないと今の私は考えます。

#5
##1
但しもしお母様が「向精神薬」等を内服されている場合或いはその他の場合
などで
乳幼児の「入眠時ミオクローヌス」は母親の
「向精神薬」内服時などの「経時的変化」に「大変に敏感に反応」
されることが御座います。

##2
これは「母親のモンスター化」といわれ
乳幼児のお子様達の「本能」にとっては「大変」「怖い」ものであるようです。


#6結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「入眠時ミオクローヌス」は乳幼児で「レム睡眠期」=「入眠時」に
「上肢」を動かしますがよく認められる「正常現象」で御座います。

##3
但しもしお母様が「向精神薬」等を内服されている場合或いはその他の場合
などで
乳幼児の「入眠時ミオクローヌス」は母親の
「向精神薬」内服時などの「経時的変化」に「大変に敏感に反応」
されることが御座います。

##4
総じて御相談者の御相談内容要旨御記載からは
なんらの「入眠時ミオクローヌス」も含めてまた
「熱性痙攣」から「てんかん」のご心配も含めて「御心配無用」
であると今の私は考えます。

##5
「熱性けいれんをもっているので、
てんかんになる予兆なのではとしんぱいしております。
検査をしたほうがよいのでしょうか?」
=>
必要ありません。

##6
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2005年7月7日 12時42分9秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   

小学1年、6歳の男の子のことでお伺いいたします。

1ヶ月ほど前から寝入るとき、また夜中、15~30秒
位の間隔で足と手(主に右)をピクピクさせます。
何回もあります。
小さいときもあれば、手と足を大きく動かすこともあります。
毎日あるのですが、これは入眠時ミオクローヌスという
ものなのでしょうか?

熱性けいれんをもっているので、
てんかんになる予兆なのではとしんぱいしております。
検査をしたほうがよいのでしょうか?

[2005年7月7日 12時39分26秒]
--------------------------------------------------------------------------
by mmdmsci | 2005-07-20 01:52 | 脳神経外科

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題 213


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

213記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題213

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 シャント術と痙攣  】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
大変に御気持ちが判る事態であることはよく判ります。


#1
##1
「生後7ヶ月になる、友人の娘さんのことでご相談です。
1ヶ月前に水頭症と診断され、VPシャントの説明を受けたそうですが、
進行はそんなに早くなく脳圧も高くないため、手術を受けるべきか
悩んでいるとのことです。娘さんは持って生まれた病気のために
痙攣も毎日あって、とても辛そうです。主治医には、「VPシャント術を
受ければ、痙攣が軽減されるかもしれない」と言われたそうですが、
可能性として、痙攣が軽くなることはあるのでしょうか?教えてください。

よろしくお願いします。」
との事です。

#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは。
「生後7ヶ月」の「御嬢様」には。
1・眼で見える「「水頭症:すいとうしょう:hydrocephalus」
という「病態」と。
2・眼で見えないが「娘さんは持って生まれた病気のために
痙攣も毎日あって、とても辛そうです。」という
「生後7ヶ月「痙攣発作」」の「病態」
の「2つ」が御ありの訳です。

##3
「水頭症:すいとうしょう:hydrocephalus」自体は
「生後7ヶ月」で御持ちであれば「先天奇形」であるけれども。

##4
「水頭症:すいとうしょう:hydrocephalus」単独で
「痙攣発作」は起しません。

##5
だから「とてつもなく大きな「病態」」の中に
###1
「臨床神経診断学」の「症状・症候」として「痙攣発作」が
おありである。
###2
「画像診断」として「「異常所見」あり」の「ひとつ」に
「水頭症:すいとうしょう:hydrocephalus」がある。
と考えざるを得ません。


#3
##1
「主治医には、「VPシャント術を
受ければ、痙攣が軽減されるかもしれない」と言われたそうですが、
可能性として、痙攣が軽くなることはあるのでしょうか?教えてください。」
との事です。

##2
「脳室腹腔短絡手術:VPシャント」をして「痙攣発作」がとまる
「水頭症:すいとうしょう:hydrocephalus」であれば
「お受けもちの先生」は「緊急手術」にてとうの昔に
「脳室腹腔短絡手術:VPシャント」を施行されているでしょう。

##3
また、「VPシャント術を
受ければ、痙攣が軽減されるかもしれない」という
「お受けもちの先生」のご意見或は・判断・或は「御診断」は
「・かもしれない」です。

##4
「水頭症:すいとうしょう:hydrocephalus」
=「「脳室腹腔短絡手術:VPシャント」で改善しうるもの」
ですから
「かもしれない」では
「水頭症:すいとうしょう:hydrocephalus」が
「本質的「病態」」ではないということです。

##5
#2の##5に御記載致しましたように。

「だから「とてつもなく大きな「病態」」の中に
###1
「臨床神経診断学」の「症状・症候」として「痙攣発作」が
おありである。
###2
「画像診断」として「「異常所見」あり」の「ひとつ」に
「水頭症:すいとうしょう:hydrocephalus」がある。

場合に。


##6
「娘さんは持って生まれた病気のために
痙攣も毎日あって、とても辛そうです。」の
「痙攣発作」が「存続」していること自体が
「最も懸念しなければならぬ」「お受けもちの先生」そして
ひいては「御嬢様」と「御両親」の「幸せ」のために
かけがえも無く重要な「課題」しかも「難題」であろう
と今の私は考えます。


#4結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「生後7ヶ月」の「御嬢様」に「水頭症:すいとうしょう:hydrocephalus」
があり「痙攣発作」が発生しているのは。

##3
「水頭症:すいとうしょう:hydrocephalus」が「原因」
とは考えにくい。

##4
「とてつもなく大きな「病態」」の中に
###1
「臨床神経診断学」の「症状・症候」として「痙攣発作」が
おありである。
###2
「画像診断」として「「異常所見」あり」の「ひとつ」に
「水頭症:すいとうしょう:hydrocephalus」がある。
と考えざるを得ません。


##5
「とてつもなく大きな「病態」」は「御嬢様」の
御両親もまず間違えなく
「お受けもちの先生」より「御診断」を
伝えられていらっしゃると今の私は考えます。

##6
ご友人の
「1ヶ月前に水頭症と診断され、VPシャントの説明を受けたそうですが、
進行はそんなに早くなく脳圧も高くないため、手術を受けるべきか
悩んでいるとのことです。」
という「お悩み」は。

##7
本質的には
「脳室腹腔短絡手術:venticulo-peritoneal shunt;VPシャント」
を「行うか否か」以上の「はるかに高度の高い問題」に
「お悩みの焦点」があることを
私は見抜きます。


##8
この御回答が御相談者のお役に立つか否か
は疑問です。

##9
けれども
もしもお役に立つのであれば
「他が共有することのかなわぬ深い悩み」に苦しまれている
「御嬢様」と「御両親」の幸多かんことを
祈られて下さいますように。


##10
一刻も早く御相談者御友人の「御嬢様」の
「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2005年7月3日 15時53分23秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
生後7ヶ月になる、友人の娘さんのことでご相談です。
1ヶ月前に水頭症と診断され、VPシャントの説明を受けたそうですが、
進行はそんなに早くなく脳圧も高くないため、手術を受けるべきか
悩んでいるとのことです。娘さんは持って生まれた病気のために
痙攣も毎日あって、とても辛そうです。主治医には、「VPシャント術を
受ければ、痙攣が軽減されるかもしれない」と言われたそうですが、
可能性として、痙攣が軽くなることはあるのでしょうか?教えてください。

よろしくお願いします。

[2005年7月3日 13時5分57秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 体が熱く後頭部が重い・助けて下さい 】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

++++++++++++++++++++
今の時期この「病態」は「助けて下さい!」と
いわざるを得ないほど「辛い」です。
この「病態」とは
「緊張型」+「反復性上気道感染」であり
「7月」に大変多いです。
正診断率の大変低い「病態」で御座います。
下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++

#1
##1
「はじめまして。
現在、発熱して6日目をむかえています。
頭痛も酷くなったり、軽減したりを
くりかえしています。
仕事場が、炎天下にもかかわらず、冬服(新しい施設なので
夏服が間に合わなかったんです)で、何時間も接客したり
して、
6日前、熱中症でダウンしました。
それから、ずっと熱と頭痛がとれません。
外の仕事からははずしてもらったのですが…。

昨日、大学病院の神経内科で、CT検査と血液検査をしました。
まったく異常なしで、
薬(ロキソニン)を渡され1時間休んだのち
次の検査も診察予約もなく
帰されました。

しかし
今日も熱はさがりません。
頭痛も。
熱は37.1~38度をいったりきたりしています。

もともと頭痛は毎日おきていて、
市販の薬を飲まない日は1日もないくらいで、
酷い時は、
矢が突き刺さったように痛く、のた打ち回ることも。
そういう日は何錠のんでも治らなくて泣きながら転げまわるうちに
寝てしまい起きるとダルさだけがのこっていたり…。
それでも、こんなに
熱が何日もってことはなかったので
不安です。

今日も近所の病院に駆け込みましたが
坐薬を渡され終了。
全く良くならずです。

不安で
自分で調べようと
ふらふらしながらPCに向かいたどりつきました。

どうしたらよいでしょう。
原因は…。

精神不安定で安定剤も処方していただきました。

体がいま熱くて、後頭部が重く痛いです。
時々、うなずくだけでガンガンします。

たすけてください…」
との事です。

#2結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
さまざまな悪条件の中で
脱水或はドライサイドドライブ:dry side drive:dsd」
(即ち脱水状態でお体をキープされることに
元来なれられているお体をされていたのでしょう。)
の「御状態」でいらっしゃったと存じます。


##2
##1の「病態」或は「状態」=
「ドライサイドドライブ:dry side drive:dsd」
即ち脱水状態でお体をキープされることにもう慣れられて」
の「御自覚症状」は通常は「皆無」。

##3
「ドライサイドドライブ:dry side drive:dsd」
即ち脱水状態でお体をキープされることにもう慣れられて」+「緊張型頭痛」
+「反復性上気道感染」
が御相談者を苦しめている「病態」で御座います。

##4
御相談者は「肩こり・頸こり・背中こり」」を御持ではないでしょうか。

##5
脱水+「緊張型頭痛」のようである
とおsっしゃられて。

##6
しっかり治されるためには「頭痛系の疾患」がお得意な
「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると
宜しいと今の私は考えます。

##7
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれてくださいませ。

##8
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴につき「補足1」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
のの「症状・症候」発生の時間依存性につき「補足2」に。
御記載致します。御参考になれば何よりです。

##9
宜しいですか?
「緊張型」の「症状・症候」とは一重に
「ただひたすら辛い」「症状・症候」であると御考え下さい。

##10
「緊張型」の「病態」とは両肩に
「外す事の出来ない重たいの重荷を背負ったような状態」
とご理解下さい。

##11
正診断率の大変低い「頭痛系の「病態」」でございます。

##12
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++

さて「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には特徴がございます。

##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1-2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:Barber's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
肋骨や腹部が「痛くは」有りませんか。
「「肩こり背中凝り」の前への押し寄せ」の「症状・症候」
で御座います。
##31
「甲状腺機能」の「異常所見」を指摘されたことが
おありではないでしょうか。
##32
「左側」のほうが痛くはありませんか。
##33
後頭部や後頚部に「しこり」のようなものがあり
さわると痛くないでしょうか。

以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

「補足1おわり」

++「補足2」++++++++++++++++++++++++++++

「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの
時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。

##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。

##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。

##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。

##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。

##8
11月ー12月に「しびれ感」が
上肢或は下肢におきたり「ふわふわ感」が起きたり致します。

##9
皮肉なことに俗に言う風邪をひかれた後に「症状・症候」
が発現して「診断」がつかないことが御座います。

##10
「細菌性気管支炎
或は「反復性上気道感染」をおこされ
「無菌性髄膜炎」と診断されることが稀ならずあります。

##11
##10ならずとも「耳鼻の奥の「閉塞感」」の
「症状・症候」が発生することもあり
「耳鼻科専門医先生」で「御診断」が付かないことが
多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。
1
「補足2おわり」

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2005年7月2日 18時50分14秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   

はじめまして。
現在、発熱して6日目をむかえています。
頭痛も酷くなったり、軽減したりを
くりかえしています。
仕事場が、炎天下にもかかわらず、冬服(新しい施設なので
夏服が間に合わなかったんです)で、何時間も接客したり
して、
6日前、熱中症でダウンしました。
それから、ずっと熱と頭痛がとれません。
外の仕事からははずしてもらったのですが…。

昨日、大学病院の神経内科で、CT検査と血液検査をしました。
まったく異常なしで、
薬(ロキソニン)を渡され1時間休んだのち
次の検査も診察予約もなく
帰されました。

しかし
今日も熱はさがりません。
頭痛も。
熱は37.1~38度をいったりきたりしています。

もともと頭痛は毎日おきていて、
市販の薬を飲まない日は1日もないくらいで、
酷い時は、
矢が突き刺さったように痛く、のた打ち回ることも。
そういう日は何錠のんでも治らなくて泣きながら転げまわるうちに
寝てしまい起きるとダルさだけがのこっていたり…。
それでも、こんなに
熱が何日もってことはなかったので
不安です。

今日も近所の病院に駆け込みましたが
坐薬を渡され終了。
全く良くならずです。

不安で
自分で調べようと
ふらふらしながらPCに向かいたどりつきました。

どうしたらよいでしょう。
原因は…。

精神不安定で安定剤も処方していただきました。

体がいま熱くて、後頭部が重く痛いです。
時々、うなずくだけでガンガンします。

たすけてください…

[2005年7月2日 18時39分51秒]
--------------------------------------------------------------------------
by mmdmsci | 2005-07-10 16:30 | 脳神経外科

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題 212


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

212記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題212

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 2年半前になった顔面神経麻痺(右側) 】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。


#1
##1
「はじめまして、教えてください。
1.39才 男性
2.2年半前になった顔面神経麻痺(右側)が完治しません。
3.どのような治療をしても完治は不可能でしょうか?
 発病時5日間入院点滴治療等、その後、別の病院を紹介され、
 電気治療を週一で3ヶ月程度行い大まかには動くようにはなり
 ましたが、末端(口元、鼻の穴、上まぶた)の動きが元には戻
 らず、見た目も顔がゆがんだ状態です。元に戻すためにでき
 ることは何でもしたいと思いますが、なにか方法がありましたら
 教えていただきたいのですが。

以上、宜しくお願い致します。」
との事です。


#2結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
右側「末梢性顔面神経麻痺」から2年半」経過されています。

##3
「末梢性顔面神経」は「顔面表情筋」に信号を送っています。

##4
「顔面表情筋」は「末梢性顔面神経麻痺」により
「末梢性顔面神経」からの運動神経信号がこなければ
動きません。

##5
「顔面表情筋」は大変に「薄くても」強力な筋群なので
「末梢性顔面神経麻痺」のあとに
「萎縮」=「廃用性筋萎縮」をきたすことが多いものです。

##6
この「病態」が「末梢性顔面神経麻痺」の
俗にいう「後遺症」の「左右不対象:asynmetry」
の状態です。

##7
2年半も経過すれば100%ではないにしろ
「末梢性顔面神経」は通電をはじめているはずです。

##8
けれども
「萎縮」=「廃用性筋萎縮」をきたした「顔面表情筋」の場合は
100%ではないにしろ「末梢性顔面神経」は通電をはじめていても
「左右不対象:asynmetry」はきえません。

##9
「末梢性顔面神経麻痺(ベル麻痺)」の場合は直ちに
「顔面表情筋」のリハビリを開始しないと
「左右不対象:asynmetry」に到ります。

##10
今現在からでも早速に「顔面表情筋」のリハビリを
開始されて下さい。

##11
的外れなことを申し上げたかもしれません。
けれどもご参考になれば何よりで御座います。

##12
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2005年6月30日 8時11分42秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 39才 男性   

はじめまして、教えてください。
1.39才 男性
2.2年半前になった顔面神経麻痺(右側)が完治しません。
3.どのような治療をしても完治は不可能でしょうか?
 発病時5日間入院点滴治療等、その後、別の病院を紹介され、
 電気治療を週一で3ヶ月程度行い大まかには動くようにはなり
 ましたが、末端(口元、鼻の穴、上まぶた)の動きが元には戻
 らず、見た目も顔がゆがんだ状態です。元に戻すためにでき
 ることは何でもしたいと思いますが、なにか方法がありましたら
 教えていただきたいのですが。

以上、宜しくお願い致します。

[2005年6月30日 1時905分39秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 左顎下の痛み  】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
御相談者の御気持が大変によく判る御相談です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

「御嬢様」の「症状・症候」は典型的な
「顔面片頭痛」(「スルーダー」)=
「「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」=
「翼口蓋神経痛:よくこうがい神経痛:spheno-palatine neuralgia」=
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」
で御座います。

「Sluder:1908」により始めて報告された「頭蓋顔面痛症候群」
であり「三叉神経痛」と実によく間違われます。

「発生部位」は
「口腔内」「鼻腔(びくう)」「眼窩」「後方乳様突起」などの
いわゆる「歯科口腔外科専門医先生」或いは「耳鼻科専門医先生」
の「領域」です。

「圧迫感」或いは「疼痛」として発生するこの「病態」は
「「翼口蓋神経節:よくこうがい神経節:spheno-palatine ganglion」
の「刺激」によると考えられています。
そして
刺激の原因としては
「蝶形骨:ちょうけいこつ」或いは「後篩骨洞:こうしこつどう」の
「2次感染」或いは「「鼻腔(びくう)」内変形」が原因とされています。

けれども「御嬢様」のように「歯科口腔外科専門医先生」にて
「処置」或は「抜歯」後を機会に「劇症化」することもあるため
「不用意」な「抜歯」は「御嬢様」のような場合は絶対に
避けねばなりません。

御婦人に多く「右側」にも「左側」にも起こりますが
「右側」が「左」の「3倍」
御婦人は殿方の10倍の頻度で発生致します。

正診断率の大変低い「機能性疼痛の「「病態」」」で御座います。

幼小児期に「副鼻腔炎」を反復されていたり「反復性上気道感染」
の「御既往」のあるかたに
出現することが多いものです。

下記順を追って御回答致します。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++

#1
##1
「娘のことで、相談させていただきます。
17歳 女 6月15日に、

左顎下の圧迫痛と周辺のゾワゾワとした感覚があるというので

肩こりかなと揉んだり、バファリンを服用させましたが、

2時間ほど経っても変化がないので、

翌日、外科・整形・脳神経を診てくださる病院を受診しました。

発熱などの症状もなく血液検査異常なし。

(抗炎症剤・抗生剤を5日服用。疼痛治まらず。)

CTとエコーの結果リンパ節が腫れていることがわかりました。

歯列矯正(3年経過)をしており、その為であろうと説明を受けました。

歯科の方に伝えましたところ、矯正とは関係ないとのことでした。(夏に抜歯予定)

 はっきりとした診断名は聞いていませんが、

リンパ腺腫?と思いネットをさまよいこの相談窓口に出会いました。


深刻な心配は消えたものの、

痛みは消えず、日によって痛みが激しくなることもあるようです。

痛みを消失させる生活上の留意なども教えていただきたいと思ってます。

お忙しいところすみません。よろしくお願いします。」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

##2
この「御嬢様」の。

「左顎下の圧迫痛と周辺のゾワゾワとした感覚があるというので」」

との「症状・症候」は。

##3

一般的には
圧倒的に「御高齢の御婦人」にくる「症状・症候」として
大変に頻度の高いものです。

##4
「歯科口腔外科専門医先生」にて「抜歯」に至る事が多いです。

##5
##4のあと「「疼痛」+「しびれ感」」とは言えない不快感」
或いは「相当の疼痛」に化けることが多いものです。

##6
##5の後の「段階」になって
「三叉神経」の「第3枝」=「下顎神経;かがくしんけい」の
「三叉神経痛」と間違われることが多いものです。

##7
正診断率の大変低い「機能性疼痛の「「病態」」」で御座います。

##8
御婦人に多く「右側」にも「左側」にも起こりますが
「右側」が「左」の「3倍」
御婦人は殿方の10倍の頻度で発生致します。


#3
##1
多くの場合「別の「歯科口腔外科専門医先生」」「耳鼻科専門医先生」
「神経内科専門医先生」「脳神経外科専門医先生」と
変遷されることが多くの場合発生するけれども
不思議なことに「病態把握」が「不能」とされてしまうことが
多いものです。

##2
「御母様」のこの「病態」は「顔面片頭痛」(「スルーダー」)
或いは「「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」
或いは
「翼口蓋神経痛:よくこうがい神経痛:spheno-palatine neuralgia」=
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」
と呼称される「病態」で御座います。

##3
「Sluder:1908」により始めて報告された「頭蓋顔面痛症候群」
であり「三叉神経痛」と実によく間違われます。

##4
「発生部位」は
「口腔内」「鼻腔(びくう)」「眼窩」「後方乳様突起」などの
いわゆる「歯科口腔外科専門医先生」或いは「耳鼻科専門医先生」
の「領域」です。

##5
「圧迫感」或いは「疼痛」として発生するこの「病態」は
「「翼口蓋神経節:よくこうがい神経節:spheno-palatine ganglion」
の「刺激」によると考えられています。

##6
刺激の原因としては
「蝶形骨:ちょうけいこつ」或いは「後篩骨洞:こうしこつどう」の
「2次感染」或いは「「鼻腔(びくう)」内変形」が原因とされています。

##7
けれども「御嬢様」のように「歯科口腔外科専門医先生」にて
「抜歯」後を機会に「劇症化」することもあるため
「不用意」な「抜歯」は「御嬢様」のような場合は絶対に
避けねばなりません。

##8
御婦人に多く「右側」にも「左側」にも起こりますが
「右側」が「左」の「3倍」
御婦人は殿方の10倍の頻度で発生致します。

##9
正診断率の大変低い「機能性疼痛の「「病態」」」で御座います。

##10
幼小児期に「副鼻腔炎」を反復されていたり「反復性上気道感染」
の「御既往」のあるかたに
出現することが多いものです。


#4
##1
「御嬢様」の「症状・症候」は典型的な
「顔面片頭痛」(「スルーダー」)=
「「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」=
「翼口蓋神経痛:よくこうがい神経痛:spheno-palatine neuralgia」=
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」
で御座います。

##2
「治療戦略」ですが
治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。

##3
ただし「星状神経ブロック(SGB)」は「効果」が全くありません。

##4
場合により
適切な「抗生物質」の内服およびこれに併用して「経静脈投与」も
致します。


##5

「翌日、外科・整形・脳神経を診てくださる病院を受診しました。

発熱などの症状もなく血液検査異常なし。

(抗炎症剤・抗生剤を5日服用。疼痛治まらず。)

CTとエコーの結果リンパ節が腫れていることがわかりました。」

との事です。

「お受けもちの先生」の処置は大変に的を得られたもものです。


##5
「機能性疼痛の「「病態」」」に御強い
「脳神経外科専門医先生」或いは
「ペインクリニック専門医先生」を御受診されるのが
宜しかろうと今の私は考えます。

##6
けれども「ペインクリニック専門医先生」でも
「脳神経外科専門医先生」でも
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」
が苦手な先生がいらっしゃいます。

##7
とんでもない話ですが
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「心療内科の疾患」
等ととよく間違えられますからご注意下さい。


#5結論:
##1
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

##2
「御嬢様」の「症状・症候」は典型的な
「顔面片頭痛」(「スルーダー」)=
「「顔面下半分頭痛」:lower-half headache:Sluder」=
「翼口蓋神経痛:よくこうがい神経痛:spheno-palatine neuralgia」=
「スルーダー神経痛:Sluder's neuralgia」
で御座います。

##3
「圧迫感」+「不眠」の後に「疼痛期」がくることが
何卒に「ご注意」下さい。

##4
「治療戦略」ですが
治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。

##5
ただし「星状神経ブロック(SGB)」は「効果」が全くありません。

##6
場合により
適切な「抗生物質」の内服およびこれに併用して「経静脈投与」も
致します。


##7
「機能性疼痛の「「病態」」」に御強い「脳神経外科専門医先生」或いは
「ペインクリニック専門医先生」を御受診されるのが
宜しいと今の私は考えます。


##8
一刻も早い御相談者の「症状・症候」の寛解の得られること・
一刻も早い「症状・症候」のご回復を心より御祈り申し上げます。



上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。


何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。
[2005年6月30日 8時6分25秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   

娘のことで、相談させていただきます。

17歳 女 6月15日に、
左顎下の圧迫痛と周辺のゾワゾワとした感覚があるというので
肩こりかなと揉んだり、バファリンを服用させましたが、
2時間ほど経っても変化がないので、
翌日、外科・整形・脳神経を診てくださる病院を受診しました。

発熱などの症状もなく血液検査異常なし。
(抗炎症剤・抗生剤を5日服用。疼痛治まらず。)
CTとエコーの結果リンパ節が腫れていることがわかりました。
歯列矯正(3年経過)をしており、その為であろうと説明を受けました。

歯科の方に伝えましたところ、矯正とは関係ないとのことでした。
(夏に抜歯予定)

 はっきりとした診断名は聞いていませんが、
リンパ腺腫?と思いネットをさまよいこの相談窓口に出会いました。

深刻な心配は消えたものの、
痛みは消えず、日によって痛みが激しくなることもあるようです。
痛みを消失させる生活上の留意なども教えていただきたいと思ってます。

お忙しいところすみません。よろしくお願いします。

[2005年6月29日 20時25分44秒]
--------------------------------------------------------------------------
by mmdmsci | 2005-07-09 17:31 | 脳神経外科

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題 211


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

211記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題211

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 ご相談タイトル:慢性肩こりが原因で 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。


#1
##1元々、慢性肩こりが原因で、腕の血行が悪くなったり
背筋が、痛くなったりはしていたのですが、ずっとは続かないので
ある程度、マッサージなどで、ほぐして、解消してきていました。

ですが、ここ4~5ヶ月の間に、首の神経痛を覚え
以前から、肩こり経由(?)で、頭痛も招いていた為
それで、首筋(耳のすぐ後ろ)に、強度の神経痛が圧迫するんです。

偏頭痛は、神経痛にも似ていて、首筋の延長線なのかとも
思っています。

しばらくたち、3ヶ月前頃からは、左首が、右側に反らせると
カクっと骨が、擦れる音が鳴るようになったんです。
そして、首自身は、極度の慢性の凝りで、軽度のヘルニアを
起こしているのかと不安です。

精神的に弱く、ストレスを抱え込んだりしてしまったり
運動不足であったり、自律神経の乱れなどもありますが
それが原因だとした場合、心療内科で治すほか、無いのでしょうか。

恥ずかしながら、大きな虫歯を最近見つけたのです。
痛くなく、知覚過敏にもなっていないのですが
大きく穴が開いてる状態で、気付いた為
それが原因だったかもしれません。

左首筋の神経痛が取れたとして
首の極度の凝りは、マッサーが最適でしょうか?

頭痛や神経痛が、相変わらずだった場合
どの様な原因が考えられますか?
また、どの様な機関で、治療を受けることが最適だと思われますか?

食欲もなくなってきてしまって、頭痛と神経痛に支配されてしまっているので
なんとか、この状況から脱出できたら、と願っています。

お忙しい所、申し訳有りませんでした。
もし、お返事を頂けたら、本当に幸いです。

連日、酷暑の日々が、続いていますが
お体を壊さぬよう、お気をつけ下さい。

では、失礼致します。」
との事です。


#2結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
典型的な
「「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。

##3
「緊張型」
の治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。
(「神経ブロック」といっても
「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません)

##4
「頭痛や神経痛が、相変わらずだった場合
どの様な原因が考えられますか?
また、どの様な機関で、治療を受けることが最適だと思われますか?」
との事です。
=>##5

##5
しっかり治されるためには「頭痛系の疾患」がお得意な
「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##6
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことも何卒に覚えておかれて下さいませ。

##7
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
と特徴につき「補足1」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
のの「症状・症候」発生の時間依存性につき「補足2」に。
御記載致します。御参考になれば何よりです。

##8
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。


山本クリニック 山本博昭
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++

さて「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には特徴がございます。

##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1-2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:Barber's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
肋骨や腹部が「痛くは」有りませんか。
「「肩こり背中凝り」の前への押し寄せ」の「症状・症候」
で御座います。
##31
「甲状腺機能」の「異常所見」を指摘されたことが
おありではないでしょうか。
##32
「左側」のほうが痛くはありませんか。
##33
後頭部や後頚部に「しこり」のようなものがあり
さわると痛くないでしょうか。

以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

「補足1おわり」

++「補足2」++++++++++++++++++++++++++++

「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの
時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。

##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。

##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。

##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。

##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。

##8
11月ー12月に「しびれ感」が
上肢或は下肢におきたり「ふわふわ感」が起きたり致します。

##9
皮肉なことに俗に言う風邪をひかれた後に「症状・症候」
が発現して「診断」がつかないことが御座います。

##10
「細菌性気管支炎
或は「反復性上気道感染」をおこされ
「無菌性髄膜炎」と診断されることが稀ならずあります。

##11
##10ならずとも「耳鼻の奥の「閉塞感」」の
「症状・症候」が発生することもあり
「耳鼻科専門医先生」で「御診断」が付かないことが
多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。
1
「補足2おわり」

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2005年6月28日 19時22分17秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
*相談掲示板がメンテナンス中のため
電子メールにて頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*


元々、慢性肩こりが原因で、腕の血行が悪くなったり
背筋が、痛くなったりはしていたのですが、ずっとは続かないので
ある程度、マッサージなどで、ほぐして、解消してきていました。

ですが、ここ4~5ヶ月の間に、首の神経痛を覚え
以前から、肩こり経由(?)で、頭痛も招いていた為
それで、首筋(耳のすぐ後ろ)に、強度の神経痛が圧迫するんです。

偏頭痛は、神経痛にも似ていて、首筋の延長線なのかとも
思っています。

しばらくたち、3ヶ月前頃からは、左首が、右側に反らせると
カクっと骨が、擦れる音が鳴るようになったんです。
そして、首自身は、極度の慢性の凝りで、軽度のヘルニアを
起こしているのかと不安です。

精神的に弱く、ストレスを抱え込んだりしてしまったり
運動不足であったり、自律神経の乱れなどもありますが
それが原因だとした場合、心療内科で治すほか、無いのでしょうか。

恥ずかしながら、大きな虫歯を最近見つけたのです。
痛くなく、知覚過敏にもなっていないのですが
大きく穴が開いてる状態で、気付いた為
それが原因だったかもしれません。

左首筋の神経痛が取れたとして
首の極度の凝りは、マッサーが最適でしょうか?

頭痛や神経痛が、相変わらずだった場合
どの様な原因が考えられますか?
また、どの様な機関で、治療を受けることが最適だと思われますか?

食欲もなくなってきてしまって、頭痛と神経痛に支配されてしまっているので
なんとか、この状況から脱出できたら、と願っています。

お忙しい所、申し訳有りませんでした。
もし、お返事を頂けたら、本当に幸いです。

連日、酷暑の日々が、続いていますが
お体を壊さぬよう、お気をつけ下さい。

では、失礼致します。

[2005年6月28日 19時19分12秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 頭重と低体温  】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

#1
##1
「奈良県在住28歳男です。
ここ3ヶ月くらい頭が痛いというほどではないのですが、もわ
っとした重い感じが続いております。この症状が出てすぐに内
科を受診したところ微熱(37.0)があったので抗生物質を
頂いたのですが効果はありませんでした。それから気になり毎
日熱を測っているのですが大体36.1-36.3と平熱36.
6と比較すると低い値となっています。また、今までは比較的
暑がりだったのですが今年はそれほど暑さを感じず、逆に冷房
にあたってると寒さを感じるほどです。気のせいか足が冷たい
感じがします。
これを低体温と言うのかは分かりませんが低体温(冷え性?)

頭重は関係あるのでしょうか?
お忙しいとは存じますがご回答いただけますようお願いいたし
ます。」
との事です。


#2結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」+
「反復性上気道感染」を継続されていらっしゃるのでしょう。

##3
低体温は「32度c位下」と定義するから
正確には「平熱が低い」ということでしょう。

##4
「反復性上気道感染」=
「上気道感染」(「咽頭炎」・「喉頭炎」・「副鼻腔炎」など)」
があまり「御自覚症状」なしに「反復」する
状態で御座います。

##5
さて
「上気道感染」(「咽頭炎」・「喉頭炎」・「副鼻腔炎」など)」
を「反復」されているかたは元来平熱が低いことが
多いものです。

##6
御相談者の場合もこの事例にあてはまると
今の私は考えます。

##7
頭重感=頭痛と考えれば
この「症状・症候」は
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
です。

##8
「緊張型」と「反復性上気道感染」はよく
併発する「病態」で御座います。

##9
しっかり治されるためには「頭痛系の疾患」がお得意な
「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると宜しいと
今の私は考えます。

##10
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことも何卒に覚えておかれて下さいませ。


##11
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴につき「補足1」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
のの「症状・症候」発生の時間依存性につき「補足2」に。

御記載致します。御参考になれば何よりです。


##12
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。


++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++

さて「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には特徴がございます。

##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1-2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:Barber's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
肋骨や腹部が「痛くは」有りませんか。
「「肩こり背中凝り」の前への押し寄せ」の「症状・症候」
で御座います。
##31
「甲状腺機能」の「異常所見」を指摘されたことが
おありではないでしょうか。
##32
「左側」のほうが痛くはありませんか。
##33
後頭部や後頚部に「しこり」のようなものがあり
さわると痛くないでしょうか。

以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。
「補足1おわり」

++「補足2」++++++++++++++++++++++++++++++

「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの
時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。

##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。

##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。

##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。

##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。

##8
11月ー12月に「しびれ感」が
上肢或は下肢におきたり「ふわふわ感」が起きたり致します。

##9
皮肉なことに俗に言う風邪をひかれた後に「症状・症候」
が発現して「診断」がつかないことが御座います。

##10
「細菌性気管支炎
或は「反復性上気道感染」をおこされ
「無菌性髄膜炎」と診断されることが稀ならずあります。

##11
##10ならずとも「耳鼻の奥の「閉塞感」」の
「症状・症候」が発生することもあり
「耳鼻科専門医先生」で「御診断」が付かないことが
多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。
1
「補足2おわり」

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2005年6月28日 19時16分43秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
*相談掲示板がメンテナンス中のため
電子メールにて頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*

奈良県在住28歳男です。
ここ3ヶ月くらい頭が痛いというほどではないのですが、もわ
っとした重い感じが続いております。この症状が出てすぐに内
科を受診したところ微熱(37.0)があったので抗生物質を
頂いたのですが効果はありませんでした。それから気になり毎
日熱を測っているのですが大体36.1-36.3と平熱36.
6と比較すると低い値となっています。また、今までは比較的
暑がりだったのですが今年はそれほど暑さを感じず、逆に冷房
にあたってると寒さを感じるほどです。気のせいか足が冷たい
感じがします。
これを低体温と言うのかは分かりませんが低体温(冷え性?)

頭重は関係あるのでしょうか?
お忙しいとは存じますがご回答いただけますようお願いいたし
ます。

[2005年6月28日 19時11分22秒]
--------------------------------------------------------------------------
by mmdmsci | 2005-07-08 18:35 | 脳神経外科

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題 210


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

210記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題210

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。

「機頭痛系の疾患」で「能性頭痛」には「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等
があります。

脳神経外科・神経内科・内科・外科・形成外科・美容外科

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1

京王線芦花公園駅(ろかこうえん)北口下車1分・旧甲州街道沿い
旧甲州街道北側沿い山本クリニックビル(茶色の6階建て)の
1-2階が病院です。
病院前に専用駐車場8台分あり

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 低血圧症だとは思うのですが… 】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。


#1
##1
「相談者:ちっち 年齢:21 性別:女性 地域:東京都 2005/06/25
はじめまして。

最初にめまいを起こしたのは17才くらいの時で、
目の前がスモークがかった映像になりキーンという耳鳴りがしました。

そして19才になって、よく電車で立っていてめまいを起こすようになりました。
特に夏になることが多くて、まずクラっとし始めて気持ち悪い感じになり、
どんどん視界が白くなっていくんです。
急いで降りるんですがその時は、ほぼ何も見えない状態でトイレまでたどりつき、
そこで力が一気に抜ける感じです。
でもずっとではなく、少したったらまた元に戻るのです。

その後、電車で何回かあって20才の夏にとうとう意識がなくなってしまいました。
でも2~3駅分くらいの時間で、
その間に何回か意識が一瞬戻ってすぐにまた意識がなくなってという状態でした。

さすがに恐くなったので、病院に行ったら低血圧症と診断されました。
たしかに上が80いかない程だったので、
納得して血圧を安定させるお薬をもらいました。

夏になることが多かったし、実際に低血圧だったので
きっと低血圧症だとは思うんです。

しかしちょっと食い違ったところとかもあるし、
脳神経の症状に当てはまるところもあるので心配になって
書き込みさせていただきました。

あとほぼ「電車」で起こるので、それは、
精神的なところでもめまいを起こさせているのでしょうか…?
めまいを起こした後の数日は電車が恐くてたまらなくなります。

どうぞよろしくお願いいたします。」
との事です。

#2結論:

ご心配なことと存じます。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。

「・略・

さすがに恐くなったので、病院に行ったら低血圧症と診断されました。
たしかに上が80いかない程だったので、
納得して血圧を安定させるお薬をもらいました。」
との事です。



御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「本態性低血圧症」=「常時に収縮期血圧(上の血圧)が100より低い」
でいらっしゃり・
「めまい感」や「ホワイト・アウト:white out」=
「どんどん視界が白くなっていくんです。
急いで降りるんですがその時は、ほぼ何も見えない状態でトイレまでたどりつき、」
の「症状・症候」もおありのようです。

「夏になることが多かったし、実際に低血圧だったので
きっと低血圧症だとは思うんです。」との事です。
「お受けもちの先生」から伺われて
御相談者が御指摘のように「本態性低血圧症」でいらっしゃいます。

「しかしちょっと食い違ったところとかもあるし、
脳神経の症状に当てはまるところもあるので心配になって
書き込みさせていただきました。」
との事です。
「中枢神経系の「器質的疾患」(脳腫瘍や脳血管障害等)」
由来の
「中枢神経系の器質的疾患由来の巣症状(そうしょうじょう)」
は御相談者の御記載には見当たるものは御座いません。

だから
「中枢神経系の「器質的疾患」(脳腫瘍や脳血管障害等)」
を積極的に「御心配」は「無用」。


「本態性低血圧症」の「症状・症候」は乗り物の中などで
発症しやすいのでさぞかし御不自由されていらっしゃるとは
思います。

さて
「本態性低血圧症」以外に「症候性低血圧症候」は
「心療内科専門医先生」などで「向精神薬」を内服されているときに
全例ではないが起こることも御座います。

また
御相談者の場合「甲状腺機能」なども含めて
「内科的な背景要因」につき精査されておかれる必要があると
今の私は考えます。
一度大学病院の「内科外来」の「内科専門医先生」を「御受診」
されることをお勧めいたします。
この場合はまずは「循環器内科先生」が宜しいと今の私は考えます。


一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。
上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にされて下さいませ。
取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。

東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医)
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp
8005/06/25(土) 07:24:35

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2005年6月25日 18時40分10秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: ちっち    
*山本クリニックの
新規相談掲示板http://www.clinicayamamoto.com/に御相談された御相
談と御回答を御参考のため本相談掲示板に移動致します。*


題名:低血圧症だとは思うのですが…
相談者:ちっち 年齢:21 性別:女性 地域:東京都 2005/06/25
はじめまして。

最初にめまいを起こしたのは17才くらいの時で、
目の前がスモークがかった映像になりキーンという耳鳴りがしました。

そして19才になって、よく電車で立っていてめまいを起こすようになりました。
特に夏になることが多くて、まずクラっとし始めて気持ち悪い感じになり、
どんどん視界が白くなっていくんです。
急いで降りるんですがその時は、ほぼ何も見えない状態でトイレまでたどりつき、
そこで力が一気に抜ける感じです。
でもずっとではなく、少したったらまた元に戻るのです。

その後、電車で何回かあって20才の夏にとうとう意識がなくなってしまいました。
でも2~3駅分くらいの時間で、
その間に何回か意識が一瞬戻ってすぐにまた意識がなくなってという状態でした。

さすがに恐くなったので、病院に行ったら低血圧症と診断されました。
たしかに上が80いかない程だったので、
納得して血圧を安定させるお薬をもらいました。

夏になることが多かったし、実際に低血圧だったので
きっと低血圧症だとは思うんです。

しかしちょっと食い違ったところとかもあるし、
脳神経の症状に当てはまるところもあるので心配になって
書き込みさせていただきました。

あとほぼ「電車」で起こるので、それは、
精神的なところでもめまいを起こさせているのでしょうか…?
めまいを起こした後の数日は電車が恐くてたまらなくなります。

どうぞよろしくお願いいたします。

[2005年6月25日 18時37分55秒]
--------------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------------

 ご相談タイトル:脳下垂体性の甲状腺機能低下症? 

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

これはご心配なことと存じます。
怖い事をいわれてしまいましたね。
でもご安心下さい。

++++++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

結論から先に言えば
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「臨床血液検査」の「甲状腺機能」=FT4・TSH
からは「甲状腺機能低下症」及び
ましてや「「脳下垂体腺腫性の「甲状腺機能低下症」」
の「診断」は「不可能」です。
----------------------------------------
御相談者の御相談内容要旨御記載からは。
1・「甲状腺ホルモン」=FT4は
「下限」=0.8より低いと(例えば0,7・06では明らかに低いです)
「甲状腺機能低下」ということになります。
けれども
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「甲状腺ホルモン」=FT4=0.92ですから
「低め」ではあっても「決して低くはありません」

2・
また
「TSH=thyroid stimulating hormone:甲状腺刺激ホルモン」は
「脳下垂体」から分泌される
文字通り甲状腺刺激ホルモンですが。
「TSH=thyroid stimulating hormone:甲状腺刺激ホルモン」の
下限は=0.5ですから。
「TSH=thyroid stimulating hormone:甲状腺刺激ホルモン」
が0.99の御相談者の数値は「正常範囲内」である。
----------------------------------------

だから
「 私の場合はこれも低いので「下垂体性甲状腺機能低下症」の可能性があり、
再度の血液検査の結果によっては大きな病院で下垂体のMR,CTを腫瘍などを
調べる必要があるということでした。」
は「適切な判断」とは考えられません。

「「病態」可能性の判断精度」と「次なる判断」の
いずれもが「ギャップ」が大きすぎます。


お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。

確かに御相談者は「甲状腺ホルモン」=FT4は「低め」であるけれども
「脳下垂体」性の「甲状腺機能低下」を診断・は不可能です。

「TSH=thyroid stimulating hormone:甲状腺刺激ホルモン」は
正常範囲内で御座います。

お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。
また深い御考えがあったのかもしれません。


「御様子見」で宜しいと今の私は考えます。
下記に順を追って御回答致します。
++++++++++++++++++++++++++


#1
##1
「お世話になります。以前緊張型頭痛の件でいろいろと教えていただいた
栃木県の33歳女性です。

あれから目のチカチカはあるものの、頭痛はほとんど消え、二つの薬を
頓服ですむまでになりました。ありがとうございました。

今回は、甲状腺の件でお願い致します。

二週間前にのどに髪の毛を飲んだような異物感を感じました。
耳鼻科を受診してファイバースコープをして「喉頭浮腫」と診断され、
アレルギー剤をもらいました。薬も飲み終わり、症状が消えないので
再度受診、甲状腺の血液検査を自らお願いしました。
結果は 
FT4 0.92 FT3 1.52 TSH 0.99 TgAb 0.3以下
でした。他の血液検査の項目に異常はありませんでした。
その結果を持って内分泌の病院へ。

その先生は FT4,FT3が低いとTSHが高くなる人が多い中で、
私の場合はこれも低いので「下垂体性甲状腺機能低下症」の可能性があり、
再度の血液検査の結果によっては大きな病院で下垂体のMR,CTを腫瘍などを
調べる必要があるということでした。
頭の方とは思っていなかったので、
ひどくショックを受けてしまいました。


お伺いしたいのは、
下垂体に腫瘍があると、甲状腺の数値以外にはどのような
症状が現れますか? 
また腫瘍以外にもどのような異常が考えられるのですか?
また治療法は? 最近頭部CTを撮る機会があったのですが、異常はなく、
でも下垂体までは細かく撮れてないはず、とのことでした。

私は甲状腺機能低下症のような症状はなく、疲れやだるさは3人の子育て
から当然だと思っていました。約二年半前に同じ検査をした時は正常数値でした。
それから三人目を出産して、もうすぐ二歳になります。

最後にのどの異物感は胃カメラの検査をやった方がいいですか?
位置がのど仏だったり右左、移動するのです。

長くなりましたが、いてもたってもいられない気持ちです。
よろしくお願い致します。」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「二週間前にのどに髪の毛を飲んだような異物感を感じました。
耳鼻科を受診してファイバースコープをして「喉頭浮腫」と診断され、
アレルギー剤をもらいました。薬も飲み終わり、症状が消えないので
再度受診、甲状腺の血液検査を自らお願いしました。
結果は 
FT4 0.92 FT3 1.52 TSH 0.99 TgAb 0.3以下
でした。他の血液検査の項目に異常はありませんでした。」
との事です。

##3
「甲状腺ホルモン」=FT4は
「下限」=0.8より低いと(例えば0,7・06では明らかに低いです)
「甲状腺機能低下」ということになります。
けれども
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「甲状腺ホルモン」=FT4=0.92ですから
「低め」ではあっても「決して低くはありません」

##4
また
「TSH=thyroid stimulating hormone:甲状腺刺激ホルモン」は
「脳下垂体」から分泌される
文字通り甲状腺刺激ホルモンですが。
「TSH=thyroid stimulating hormone:甲状腺刺激ホルモン」の
下限は=0.5ですから。
「TSH=thyroid stimulating hormone:甲状腺刺激ホルモン」
が0.99の御相談者の数値は「正常範囲内」である。

##5
だから
「「TSH=thyroid stimulating hormone:甲状腺刺激ホルモン」
の「低下」による「甲状腺機能低下」=「甲状腺ホルモン」=FT4低下」
という「内分泌診断」を御相談者の
「臨床血液検査」からは「診断」することはできません。

##6
「他の血液検査の項目に異常はありませんでした。
その結果を持って内分泌の病院へ。
その先生は FT4,FT3が低いとTSHが高くなる人が多い中で、
私の場合はこれも低いので「下垂体性甲状腺機能低下症」の可能性があり、
再度の血液検査の結果によっては大きな病院で下垂体のMR,CTを腫瘍などを
調べる必要があるということでした。」
との事です。

##7
内分泌のお受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。

##8
けれども
「「下垂体性甲状腺機能低下症」の可能性があり、
再度の血液検査の結果によっては大きな病院で下垂体のMR,CTを腫瘍などを
調べる必要があるということでした。」
との事「診断」は。
「「「下垂体性甲状腺機能低下症」の可能性があり、」
で「留まり
「臨床血液診断学」からは「可能性」であり「脳下垂体」の「異常所見」
を何ら示唆するものではありません。


#3結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。

##3
確かに御相談者は「甲状腺ホルモン」=FT4は「低め」であるけれども
「脳下垂体」性の「甲状腺機能低下」を診断・は不可能です。

##4
「TSH=thyroid stimulating hormone:甲状腺刺激ホルモン」は
正常範囲内で御座います。

##5
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。
また深い御考えがあったのかもしれません。

##6
「御様子見」で宜しいと今の私は考えます。

##7
脳下垂体性の「甲状腺機能」低下を診断しうる
「臨床血液検査」の結果では御座いません。

=>
##8・##9以下は御相談者の場合に
知らなくても良い情報ですが
御参考に御回答致します。

##8
「下垂体に腫瘍があると、甲状腺の数値以外にはどのような
症状が現れますか? また腫瘍以外にもどのような異常が考えられるのですか?
また治療法は? 」
との事です。

=>
「最近頭部CTを撮る機会があったのですが、異常はなく、
でも下垂体までは細かく撮れてないはず、とのことでした。」
との事です。
###1
微小脳下垂体腺腫(マイクロアデノーマ)とは直径10mm
位下の「脳下垂体腺腫」を呼称致しますが。
###2
微小脳下垂体腺腫(マイクロアデノーマ)の多くは
直径3mm程のものが多いのです。
###3
通常「CT・MRIX線撮影」等「画像診断」を行うときは
「脳下垂体腺腫」専用の「設定」をしなければなりません。

###4
「下垂体までは細かく撮れてないはず、とのことでした。」
との内分泌の「お受けもちの先生」はこのことを
意味致します。

##9
「また治療法は? 」
との事です。
=>
通常「脳下垂体腺腫」は
1・「視力視野障害」=>緊急にも手術をしなければいけない。
2・内分泌「異常所見」でくる。
=>御婦人の場合「無月経・「乳汁分泌」といった「症状・症候」から
「プロラクチノーマ:「プロラクチン(PRL)」(授乳ホルモン)産生腫瘍」
が発見される事が多いです。
「治療戦略」は「経蝶形骨洞下垂体手術:trans-sphenodal surgery」
という手術による
「微小脳下垂体腺腫(マイクロアデノーマ)」の摘出です。


##10
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。

##11
取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。


上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2005年6月25日 18時36分27秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
*相談掲示板がメンテナンス中のため
電子メールにて頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*


お世話になります。以前緊張型頭痛の件でいろいろと教えていただいた
栃木県の33歳女性です。

あれから目のチカチカはあるものの、頭痛はほとんど消え、二つの薬を
頓服ですむまでになりました。ありがとうございました。

今回は、甲状腺の件でお願い致します。

二週間前にのどに髪の毛を飲んだような異物感を感じました。
耳鼻科を受診してファイバースコープをして「喉頭浮腫」と診断され、
アレルギー剤をもらいました。薬も飲み終わり、症状が消えないので
再度受診、甲状腺の血液検査を自らお願いしました。
結果は 
FT4 0.92 FT3 1.52 TSH 0.99 TgAb 0.3以下
でした。他の血液検査の項目に異常はありませんでした。
その結果を持って内分泌の病院へ。

その先生は FT4,FT3が低いとTSHが高くなる人が多い中で、
私の場合はこれも低いので「下垂体性甲状腺機能低下症」の可能性があり、
再度の血液検査の結果によっては大きな病院で下垂体のMR,CTを腫瘍などを
調べる必要があるということでした。
頭の方とは思っていなかったので、
ひどくショックを受けてしまいました。


お伺いしたいのは、
下垂体に腫瘍があると、甲状腺の数値以外にはどのような
症状が現れますか? 
また腫瘍以外にもどのような異常が考えられるのですか?
また治療法は? 最近頭部CTを撮る機会があったのですが、異常はなく、
でも下垂体までは細かく撮れてないはず、とのことでした。

私は甲状腺機能低下症のような症状はなく、疲れやだるさは3人の子育て
から当然だと思っていました。約二年半前に同じ検査をした時は正常数値でした。
それから三人目を出産して、もうすぐ二歳になります。

最後にのどの異物感は胃カメラの検査をやった方がいいですか?
位置がのど仏だったり右左、移動するのです。

長くなりましたが、いてもたってもいられない気持ちです。
よろしくお願い致します。

[2005年6月25日 18時32分19秒
--------------------------------------------------------------------------
by mmdmsci | 2005-07-08 17:15 | 脳神経外科

山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題 209


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

209記事タイトル:山本クリニック脳神経外科・神経内科相談掲示板最近の話題209

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

脳腫瘍に「罹患」された患者さんご自身の身になって考える。
腰痛の専門医。



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 右後頭部 耳の5cmくらい後ろが痛む 】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
これはお大変ですね。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。


#1
##1
「今朝、起きてからずっと頭が痛むのです 
病院で診察してもらったほうが良い
でしょうか? 今日一日様子をみてみようかと思っています

朝から市販の鎮痛剤セデスを2錠飲みましたが効きません

33才 男 コンピュータでの仕事。
今朝、起きてからずっと右後頭部 耳の5cmくらい後ろが
ズキンズキンと痛むのですが病気なのでしょうか? 
実際に痛む所あたりを指で押すと痛いです

小刻みに頭を振っても痛みます 
2年ほど前に同じような症状があって体が動かなくなり
救急車で運ばれたのですが、
精密検査(MRI・せき髄内の液を取ったり)
したのですが、その時は何もありませんでした。

特に頭を打ったとか、二日酔いではありません。
昨日は暑かったのでクーラーを
かけてねました。たばこは一日25本前後吸います。

下半身障害がありまして運動は
ほとんどしていません。
すいません よろしくおねがいします」
との事です。


#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
典型的な[緊張型頭痛]で御座います。

##3
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」

2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症(feb/june/7fal crisis)
することが多いです。

##4
体がかたくなりGr(グレード)5の状態では
「緊張型」の患者さんは
夜に「御家族」がみんなで手伝っても「病院にいくための」「服の着替え」
すらできず。
また着替えが終わっても病院に着かないので連絡をすると
乗用車の「後部座席」に乗り込むのも出来ないほど
「硬く痛く」なっていらっしゃることも稀ならず御座います。


##5
正診断率の大変低い「疼痛系の「症状・症候」」でございます。

##5
「耳鼻科疾患」「自律神経失調症」「メニエル症候群」
「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「心療内科の疾患」
等ととよく間違えられます。

##6
「頚椎の病気(「頚椎症」とか頚椎椎間板ヘルニア)」と
図らずも間違われる場合も有り厄介です。

##7
「絵に書いた餅のようにまたは何かの一つ覚えのように
第5第6頚椎椎間板がすりへっていて「頚椎の弯曲」がおかしい或は
「逆弯曲」だと言われてしまいます。

##8
「臨床神経学的」に頚椎X線撮影の画像診断の「症状・症候」が
「臨床症候」と合致すれば何も問題もないのですが。

##9
99%ほぼ100%の患者さんで「頚椎X線撮影所見」或い
「はCT・MRI」は「臨床神経診断学」と合致致しません。

##10
正診断率の大変低い「疼痛系の「症状・症候」」でございます。


##11
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴につき「補足1」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
のの「症状・症候」発生の時間依存性につき「補足2」に。

御記載致します。御参考になれば何よりです。


#3:結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「下半身障害がありまして運動は
ほとんどしていません。」等といった。

##3
脳血管障害後遺症のある患者さんに半身不随その他の
「病態」の患者さんの
「不如意な状態」に追い討ちをかけるように発生いたします。

##4
「緊張型」の
治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。
(「神経ブロック」といっても
「星状神経節ブロック(SGB)」は全く「効果」がありません)

##5
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
しっかり治されるためには「頭痛系の疾患」がお得意な
「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##5
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれて下さいませ。

##6
大学病院の頭痛専門外来の
「中枢神経系専門医」或は「頭痛専門医」(この名称の「専門医はいません)でも。
「偏頭痛」の患者さんは宜しいのだが。
「緊張型」の患者さんになると甚だ苦手な先生は少なくありません。
このことも何卒に覚えておかれて下さいませ。

##7
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。


取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。


何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++

さて「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には特徴がございます。

##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1-2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:Barber's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
肋骨や腹部が「痛くは」有りませんか。
「「肩こり背中凝り」の前への押し寄せ」の「症状・症候」
で御座います。
##31
「甲状腺機能」の「異常所見」を指摘されたことが
おありではないでしょうか。
##32
「左側」のほうが痛くはありませんか。
##33
後頭部や後頚部に「しこり」のようなものがあり
さわると痛くないでしょうか。

以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。


「補足1おわり」

++「補足2」++++++++++++++++++++++++++++

「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの
時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。

##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。

##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。

##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。

##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。

##8
11月ー12月に「しびれ感」が
上肢或は下肢におきたり「ふわふわ感」が起きたり致します。

##9
皮肉なことに俗に言う風邪をひかれた後に「症状・症候」
が発現して「診断」がつかないことが御座います。

##10
「細菌性気管支炎
或は「反復性上気道感染」をおこされ
「無菌性髄膜炎」と診断されることが稀ならずあります。

##11
##10ならずとも「耳鼻の奥の「閉塞感」」の
「症状・症候」が発生することもあり
「耳鼻科専門医先生」で「御診断」が付かないことが
多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。


「補足2おわり」
+++++++++++++++++++++++++++++++++++

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2005年6月23日 16時22分47秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
*相談掲示板がメンテナンス中のため
電子メールにて頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*

今朝、起きてからずっと頭が痛むのです 
病院で診察してもらったほうが良い
でしょうか? 今日一日様子をみてみようかと思っています

朝から市販の鎮痛剤セデスを2錠飲みましたが効きません

33才 男 コンピュータでの仕事。
今朝、起きてからずっと右後頭部 耳の5cmくらい後ろが
ズキンズキンと痛むのですが病気なのでしょうか? 
実際に痛む所あたりを指で押すと痛いです

小刻みに頭を振っても痛みます 
2年ほど前に同じような症状があって体が動かなくなり
救急車で運ばれたのですが、
精密検査(MRI・せき髄内の液を取ったり)
したのですが、その時は何もありませんでした。

特に頭を打ったとか、二日酔いではありません。
昨日は暑かったのでクーラーを
かけてねました。たばこは一日25本前後吸います。

下半身障害がありまして運動は
ほとんどしていません。
すいません よろしくおねがいします

[2005年6月23日 16時19分20秒]
--------------------------------------------------------------------------


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●御相談タイトル:【 髄膜腫術後のけいれん発作の頻発 】

--------------------------------------------------------------------------
回答者:
東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)

ご心配なことと存じます。
これはお大変でしたね。
御相談者の御気持ちが大変よく判る御相談です。


+++++++++++++++++++++++++++++
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

「脳腫瘍」の「髄膜腫:meningioma」は元来「脳」の外の
「硬膜:こうまく」から発生するために。

「脳神経細胞」が存在する「脳表:のうひょう」の「大脳灰白質」に
接する「脳腫瘍」で御座います。

そのため「髄膜腫:meningioma」が発見される
「中枢神経系の器質的疾患由来の巣症状(そうしょうじょう)」
として「症候性痙攣発作」の「症状・症候」は大変多いものです。

だから脳CTその他で「髄膜腫:meningioma」が診断された場合
「症候性痙攣発作」がなくても
手術まで抗痙攣剤を直ちに投与する場合も多いものです。

勿論「脳表:のうひょう」の「脳腫瘍」ですから「摘出手術」後も
「症候性痙攣発作」はとても起しやすい場合があります。

「症候性痙攣発作」を起す前の
「aura:アウラ」=「予兆」の「症状・症候」が明らかであり
また「下痢」とのことですから「体調不良」でもあったのでしょう。

「Toddの麻痺」或は
「post-ictal oalsy:ポスト・イクタリ・パルシー」と
いう「症状・症候」を呈するタイプの典型的な「焦点性」の
「症候性痙攣発作」
で御座います。


「お受けもちの先生方」も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。

##8
大脳の「脳表:のうひょう」=「灰白質:gray matter」=「神経細胞」が
「元気」であればあるほど。
「症候性痙攣発作」は発生しやすいものです。

今現在は「御家族」は御不安のどん底にいらっしゃると
思いますが。

すべからく「髄膜腫:meningioma」術後として事態は「好転」していくと
思います。

もう暫くのご辛抱です。

下記に順を追って御回答致します。
+++++++++++++++++++++++++++++

#1
##1
「主人のことです。
46歳、男性です。

2月に突然、右腕の不随意痙攣を起こして入院しました。
その後左脳に髄膜腫のあることがわかり
3月初旬に手術で腫瘍を取り除きました。
手術はうまくいって腫瘍は完全に取り除かれたとのことです。

4月には退院したのですが、その後たびたび痙攣発作を起こす
ようになってしまいました。

痙攣発作が起こると右腕の不随意運動がだんだんひどくなり
顔面に及び、ついには全身にまで痙攣が回ってしまいます。
先日は全身硬直を起こし、呼吸停止、意識混濁状態になって
今も入院中です。

痙攣を起こす2週間くらい前から
右腕に変なしびれ感があるといっていました。
同時期に下痢も続いているそうです。

もちろん、病院から出された薬は毎日欠かさず飲んでいます。
手術が終わったというのにこんな状態がいつまでも続くのでしょうか。
直る見込みはあるのでしょうか。

ひょっとしたら腫瘍の転移や、取り残しということなのでしょうか。
痙攣発作の程度がだんだんひどくなってきているので心配です。

お忙しいことと存じます。
お閑な折でけっこうですのでご回答のほう
何とぞよろしくお願い申し上げます。」
との事です。


#2
##1
「脳腫瘍」の「髄膜腫:meningioma」は元来「脳」の外の
「硬膜:こうまく」から発生するために。

##2
「脳神経細胞」が存在する「脳表:のうひょう」の「大脳灰白質」に
接する「脳腫瘍」で御座います。

##3
そのため「髄膜腫:meningioma」が発見される
「中枢神経系の器質的疾患由来の巣症状(そうしょうじょう)」
として「症候性痙攣発作」の「症状・症候」は大変多いものです。

##4
だから脳CTその他で「髄膜腫:meningioma」が診断された場合
「症候性痙攣発作」がなくても
手術まで抗痙攣剤を直ちに投与する場合も多いものです。

##5
勿論「脳表:のうひょう」の「脳腫瘍」ですから「摘出手術」後も
「症候性痙攣発作」はとても起しやすい場合があります。

##6
勿論「全例」というわけでは御座いません。


#3
##1
「痙攣発作が起こると右腕の不随意運動がだんだんひどくなり
顔面に及び、ついには全身にまで痙攣が回ってしまいます。」
との事です。

##2
「Toddの麻痺」或は「post-ictal oalsy:ポスト・イクタリ・パルシー」と
いう「症状・症候」を呈するタイプの典型的な「焦点性」の「症候性痙攣発作」
で御座います。

##3
この「症状・症候」は手術のうまいへたとは無関係であり・
或はあまり関係がなく。
おきるときにはおきてしまう。

##4
「 痙攣を起こす2週間くらい前から右腕に変なしびれ感があるといっていました。
同時期に下痢も続いているそうです。」
との事です。

##5
##4からは「症候性痙攣発作」を起す前の
「aura:アウラ」=「予兆」の「症状・症候」が明らかであり
また「下痢」とのことですから「体調不良」でもあったのでしょう。

##6
「先日は全身硬直を起こし、呼吸停止、意識混濁状態になって
今も入院中です。」
との事です。
=>
「症候性痙攣発作」から「痙攣発作重積」に到った「症状・症候」
で御座います。


#4
##1
今現在は抗痙攣剤の「血中濃度」が不十分或は
抗痙攣剤が「あっていない」その他の理由が考えられます。

##2
「お受けもちの先生方」も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。

##3
「もちろん、病院から出された薬は毎日欠かさず飲んでいます。
手術が終わったというのにこんな状態がいつまでも続くのでしょうか。
直る見込みはあるのでしょうか。」
との事です。

##4
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
このような「症候性痙攣発作」が発生して「症候性痙攣発作」
の頻度が通常の「開頭手術」等の場合よりも頻度高いことは
「髄膜腫:meningioma」「摘出手術」の術後には
ときとして御座います。

##5
「ひょっとしたら腫瘍の転移や、取り残しということなのでしょうか。」
との事です。
=>全く関係御座いません。

##6
「 痙攣発作の程度がだんだんひどくなってきているので心配です。」
との事です。
=>
適切な表現が思い浮かばないのですが
やはり抗痙攣剤が「あっていない」のと「御主人様」が「症候性痙攣発作」
が起きる前の「aura:アウラ」=「予兆」を我慢しすぎた
ような気が致します。


#5結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「髄膜腫:meningioma」術後に限らず「脳腫瘍」術後は6-7月に
かかるときには不思議な事に「患者さんが暴れる」と呼称するのですが
様々な「エピソード」が頻発致します。

##3
「脳表:のうひょう」に接して発生する「髄膜腫:meningioma」
自体の「一般的特性」と「御主人様」の場合「運動領:motor aria」に近い場所
に「髄膜腫:meningioma」が発生していたという「個性」の
相乗効果によって「御家族」を心配させる「症候性痙攣発作」が
発生しているものと今の私は考えます。

##4
勿論抗痙攣剤の組み合わせにより或はまめな「血中濃度」の測定
により「髄膜腫:meningioma」「摘出手術」術後の
「症候性痙攣発作」は抑えられます。

##5
「髄膜腫:meningioma」の場合「良性脳腫瘍」であり「完全に全摘できた」
という術後の「朗報」が。

##6
「一転して」「症候性痙攣発作」の発生により
カウンターとなって「御家族」を襲いますから
ご心配もひとしおであろうと存じます。

##7
「お受けもちの先生方」も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。

##8
大脳の「脳表:のうひょう」=「灰白質:gray matter」=「神経細胞」が
「元気」であればあるほど。
「症候性痙攣発作」は発生しやすいものです。

##9
今現在は「御家族」は御不安のどん底にいらっしゃると
思いますが。

##10
すべからく「髄膜腫:meningioma」術後として事態は「好転」していくと
思います。

##11
もう暫くのご辛抱です。
何卒に「御家族」もお大事にお健やかにされてくださいませ。

##12
一刻も早く御相談者の「御主人様」の
「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。


取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。


上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。

何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2005年6月23日 16時4分32秒]
--------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
*相談掲示板がメンテナンス中のため
電子メールにて頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*

主人のことです。
46歳、男性です。

2月に突然、右腕の不随意痙攣を起こして入院しました。
その後左脳に髄膜腫のあることがわかり
3月初旬に手術で腫瘍を取り除きました。
手術はうまくいって腫瘍は完全に取り除かれたとのことです。

4月には退院したのですが、その後たびたび痙攣発作を起こす
ようになってしまいました。

痙攣発作が起こると右腕の不随意運動がだんだんひどくなり
顔面に及び、ついには全身にまで痙攣が回ってしまいます。
先日は全身硬直を起こし、呼吸停止、意識混濁状態になって
今も入院中です。

痙攣を起こす2週間くらい前から
右腕に変なしびれ感があるといっていました。
同時期に下痢も続いているそうです。

もちろん、病院から出された薬は毎日欠かさず飲んでいます。
手術が終わったというのにこんな状態がいつまでも続くのでしょうか。
直る見込みはあるのでしょうか。

ひょっとしたら腫瘍の転移や、取り残しということなのでしょうか。
痙攣発作の程度がだんだんひどくなってきているので心配です。

お忙しいことと存じます。
お閑な折でけっこうですのでご回答のほう
何とぞよろしくお願い申し上げます。

[2005年6月23日 15時57分9秒]
--------------------------------------------------------------------------
by mmdmsci | 2005-06-30 17:12 | 脳神経外科