カテゴリ:緊張型頭痛( 71 )

頭痛+めまい+悪心+胸苦+吐気 

ご心配なことと存じます。



#1
##1
「以前、「2月ごろより頭痛や後頭部の不快感、鈍痛」のタイトルにて
ご相談させていただきました。

年齢:38歳 性別:男 コンピュータ関連の会社員です。
その節は、本当にありがとうございました。

早速、頭痛の得意な神経内科を受診致しました。
その際デパスを処方されまして、2ヶ月ほど症状が緩和されておりました。

ただ、最近1週間前ほどより、頭痛というよりは、めまいや悪心、胸苦しさ、
吐き気の方が症状として出てきております。
(実際に吐くことはありません。)
肩こりもさほどひどくはありません。

神経内科の先生からは、
「むしろ直りかけていると考えてください」と言われました。

今までは、一日1錠(0.5mg)のデパスを1日朝、夕の2回処方されました。
このように直りかけている状態と考えてよいのでしょうか?
不安から心配しすぎではないかと思いますが
デパスの副作用、あるいは脳梗塞や脳腫瘍等の別の疾患ということは
考えられないのでしょうか?

再度のご質問で申し訳ありませんが、ご回答よろしくお願いいたします。」
との事です。





#2
##1
頭痛のお得意な「神経内科専門医先生」を
「御受診」されて宜しかったですね。

##2
「緊張型頭痛」は
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/7fal crisis)
することが多いです。

##3
今は12月です。けれども
「12月=2月と同じ」と置換えて御考え頂きたいのですが。

##4
この時期に「緊張型」の患者さんは
「症状・症候」が悪化することが多いものです。

##5
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
胃ばけ(あだ名です)の「症状・症候」がこられています。

##6
また「ふわふわ感」「くらくら感」=「緊張型めまい」(あだ名です)
も出現しているようです。

##7
また「胸苦しさ」は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
に特有な「症状・症候」で御座います。
=>##8

##8
「背中バリバリ症候群」(あだ名です)=
「肩・背中にわたり激痛・鈍痛の塊と思えるような痛み」
の「前への押し寄せの「症状・症候」」と御考え下さい。

##9
この「前への押し寄せの「症状・症候」」については
簡単に#3にて御記載致します。






#3
##1
この「胸の痛み」は「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」
の患者さんによく出現いたします。

##2
心臓痛と勘違いされて心配されたり
「脳神経外科専門医先生」以外の先生の場合
「心臓の精密検査」をされることもあります。

##3
「「肩こりの胸への押し寄せ」と考えて頂くと宜しい
ものなのです。

##4
御相談者の御相談内容からは
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」
の「症状・症候」の一環でございます。


##5
因みに
海辺の「外科医先生」は救急疾患である「潜水病」や「自然気胸」
との鑑別で「日常茶飯事」になられております。

##6
この「病態」には
大変お得意でいらっしゃいます。

##7
「緊張型頭痛」及び「「緊張型」による複合病態」と同一延長線上の
「病態」と考えられていただけますか。





#4結論:
##1
「緊張型」の患者さんは12月ー2-3月にかけて
「症状・症候」が増悪されるかたが
多いものです。
御相談者も「one of them:そのひとり」で御座います。


##2
デパスの副作用でも「脳梗塞」や「脳腫瘍」の「症状・症候」
でも御座いません。

##3
「緊張型」の治療法ですが
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。

##4
「筋弛緩剤」=デパスのみではつらい状態になられているとも
推察いたします。

##5
「不安から心配しすぎではないかと思いますが」
との事です。

##6
念のため
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんの「思考過程」につき「補足1」に御記載致します。
前回の御相談と御回答も「「補足」がありますので
お間違えのないように。

##7
「神経内科の先生からは、
「むしろ直りかけていると考えてください」と言われました。」
との事です。

##8
私には「お受けもちの先生」=「神経内科専門医先生」の
御相談者への「優しいものの捉え方」の感触が大変によく
伺えます。
優しい先生が「お受けもちの先生」で宜しかったです。

##9
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。


##10
取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci

++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++++++++
#1
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
の患者さんには
独特の思考過程=「自分かくし」+「「因果付け」が御座います。


##1
「緊張型」の患者さんは常に学習され
「上昇型の思考」或いは「論理展開」をされますから。

##2
「オーバードライブ」(行き過ぎ)に
ご苦労されていらっしゃいます。

##3
「因果付け」「自分隠し」という
「緊張型」の患者さん独特の「思考過程」でございます。

##4
「強烈な苦悩者の「主人公」としての「自分」はいるのだけれども」

##5
気の許せる相手(本当は家族しかいないのですが)や
他人に「無理強い」をすることが習慣化。

##6
何か「自分を困らせる無理難題」をみつけないと
話の筋が通らないので「不安の種」を捜し求めます。

##7
「真実の自分」と「自分隠しの自分」

##8
「習慣」=「往復・反復}で「真実の自分」と
「「自分隠し」の「自分」」との間の往復に疲れます。

##9
これが「自分隠し」=「自己隠蔽(=自己防御につながる)
のため「他人攻撃」(他人を攻撃すれば余計目立つことに気がつかない。

##10
「因果付け」「自分隠し」という
「緊張型」の患者さん独特の「思考過程」でございます。

#11
「鶏が先か卵が先か」を真剣に悩み考えたり。

##12
火事場に救護のために駆けつける消防車をみて
「消防車」=「火事」と「短絡錯覚」を起こされ
「消防車」に強い嫌悪を擁いたり。

##13
「AがBだからCになる」という
「流暢な論理」=「因果付け」の錯角方程式をよく用いられます。

##14
そのため「時には取り返しのつかない
「自分の一番の見方である他人攻撃」」にでて
「全てをうしなって」しまいます。


#2
##1
これに加えて
「新皮質フリーズ現象(neocortical supression)」
で情緒不安定にもなられていらっしゃいます。

##2
いちど傾くとなかなか「舵をとるのが困難」になります。

##3
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」は
「大変に非生産的な状態」に加わり正診断率の大変低い
「頭痛系の「症状・症候」で御座います。

##4
脳の「神経細胞」が考える=働く場所を2つに分類する事ができます。
###1
旧皮質(下等哺乳類のときから保持している)と
###2
新皮質(新皮質(霊長類からヒトで大活躍:
コンピューターでいわばメモリー(ラム))のメモリーが一杯の状態から
「情緒不安定」に至ります。

##5
この状態で「はつらつ」と生活できるべくもなく
毎日を過ごされる中で
「新皮質フリーズ現象(neocortical supression)」
で「たりないメモリー」から「記銘力障害」も発生します。

##6
幾度と無く辛い思いをされるうちにやっとこさ「ある思考過程」に
御自分の安楽の境地を見出したどり着かれます。

##5
それは
皮肉にも「心配なこと」が起こるといやだから「先に心配」を
して「安心」しようという「矛盾」の「思考過程」
で御座います。




++「補足1おわり」++++++++++++++++++++++++++++++++++++








何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。













補足:
前回の御回答は下記の通りでございました(一部)(+++以下)。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ご心配なことと存じます。





ご心配なことと存じます。

#1
##1
「年齢:38歳 性別:男 コンピュータ関連の会社員です
2月ごろより頭痛や後頭部の不快感、鈍痛、
手足の指先のごく軽い痺れがおきております。
また、先生が記載されています緊張性の特徴として、
以下の点が当てはまります。
・「残像」が「強く」光が嫌いでは
 ->嫌いとまではいきませんが、まぶしく感じるときがあります。
・光・音に過敏になられていませんか。 -> はい
・就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。 はい
・就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
 ->4時ごろ目がさめるケースが多いです。
・午後どうしても眠くなるときがあります。

このホームページを読む前の6月下旬に、
脳神経外科にてCT検査を受け、何も異常はないとのことでした。
その後、少し楽になっていたのですが、最近また症状がつらくなっており、
3日前の夜1時ごろ、頭の下に腕を組み寝ていたところ
しびれて手の力が抜けてしまう症状を感じました。
うとうとしていた状態でしたので起きたところ、数分で直りました。
(意識ははっきりしておりましたし、その後は普段と同じ状態です。)
一過性脳虚血発作は、考えられるのでしょうか?
再度、CT検査をうけた方が良いのでしょうか?
また、緊張型頭痛だとすると治療薬を頂くには、どのようにすればよいのでしょうか?
(一度、診断を受けた先生からは、薬をいただけませんでした。)

ご回答よろしくお願い致します。」
との事です。




#2結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

##2
「一過性脳虚血発作:transientischemic attack:TIA」の可能性
は「症状・症候」からは積極的には考えられません。

##3
その理由は御記載されている「症状・症候」が
「Joint Cmmittee for Stroke Facities:1974」
により。

##4
「一過性脳虚血発作:transientischemic attack:TIA」とは
認められない一過性の「臨床神経学」の「症状・症候」
のみであるからです。

##5
「中枢神経系の「器質的疾患」(脳腫瘍や脳血管障害等)」を
積極的に考えるに価する「症状・症候」は認められません。

##6
だから
「脳神経外科専門医」の観点からは
積極的に脳CTを再検査される必要性はないと今の私は考えます。

##7
典型的な「「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「症状・症候」
で御座います。

##8
しっかり治されるためには「頭痛系の疾患」がお得意な
「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##9
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれて下さいませ。


##10
最初の「お受けもちの先生」は
「脳神経外科にてCT検査を受け、何も異常はないとのことでした。」
とのことゆえ。

##11
画像診断で「「異常所見」無し」だから
第一段階はクリアーということで
とりわけ内服薬は投与されなかったのではないでしょうか。

##12
取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。

##13
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が
寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。








上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。







何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。










何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年10月1日 17時4分14秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   

*相談掲示板がメンテナンス中のため
電子メールにて頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*





年齢:38歳 性別:男 コンピュータ関連の会社員です
2月ごろより頭痛や後頭部の不快感、鈍痛、
手足の指先のごく軽い痺れがおきております。
また、先生が記載されています緊張性の特徴として、
以下の点が当てはまります。
・「残像」が「強く」光が嫌いでは
 ->嫌いとまではいきませんが、まぶしく感じるときがあります。
・光・音に過敏になられていませんか。 -> はい
・就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。 はい
・就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
 ->4時ごろ目がさめるケースが多いです。
・午後どうしても眠くなるときがあります。

このホームページを読む前の6月下旬に、
脳神経外科にてCT検査を受け、何も異常はないとのことでした。
その後、少し楽になっていたのですが、最近また症状がつらくなっており、
3日前の夜1時ごろ、頭の下に腕を組み寝ていたところ
しびれて手の力が抜けてしまう症状を感じました。
うとうとしていた状態でしたので起きたところ、数分で直りました。
(意識ははっきりしておりましたし、その後は普段と同じ状態です。)
一過性脳虚血発作は、考えられるのでしょうか?
再度、CT検査をうけた方が良いのでしょうか?
また、緊張型頭痛だとすると治療薬を頂くには、どのようにすればよいのでしょうか?
(一度、診断を受けた先生からは、薬をいただけませんでした。)

ご回答よろしくお願い致します。

[2004年10月1日 16時59分28秒]






++++++++++++++++++++++++++++++++++++++






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年12月23日 12時4分42秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
*相談掲示板がメンテナンス中のため
電子メールにて頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*


以前、「2月ごろより頭痛や後頭部の不快感、鈍痛」のタイトルにて
ご相談させていただきました。

年齢:38歳 性別:男 コンピュータ関連の会社員です。
その節は、本当にありがとうございました。

早速、頭痛の得意な神経内科を受診致しました。
その際デパスを処方されまして、2ヶ月ほど症状が緩和されておりました。

ただ、最近1週間前ほどより、頭痛というよりは、めまいや悪心、胸苦しさ、
吐き気の方が症状として出てきております。
(実際に吐くことはありません。)
肩こりもさほどひどくはありません。

神経内科の先生からは、
「むしろ直りかけていると考えてください」と言われました。

今までは、一日1錠(0.5mg)のデパスを1日朝、夕の2回処方されました。
このように直りかけている状態と考えてよいのでしょうか?
不安から心配しすぎではないかと思いますが
デパスの副作用、あるいは脳梗塞や脳腫瘍等の別の疾患ということは
考えられないのでしょうか?

再度のご質問で申し訳ありませんが、ご回答よろしくお願いいたします。

[2004年12月23日 11時46分38秒]
by mmdmsci | 2004-12-23 12:36 | 緊張型頭痛

平成14年12月から左外耳全体が灼熱感をもって痺れ始め

ご心配なことと存じます。

典型的な「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
でいらっしゃいます。
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」の
患者さんは不思議なことに
「「上気道感染」(「咽頭炎」・「喉頭炎」・「副鼻腔炎」など)」
を繰り返されることが多く
正診断率の大変低い「頭痛系の「「病態」」」が
ますます「御診断」が立て辛くなります。



#1
##1
「こんにちは。32才、男性です。

平成14年12月から左外耳全体が灼熱感をもって痺れ始め、
徐々に頭部、眼窩、鼻腔、舌、咽喉、歯、頚部、肩、腕、手、胸に
疼き・痺れ・痛み・関節痛が断続的ではありますか広がり、
軽い咳が止まりません。

今では、腹部、股間、足の方まで軽めではありますが広がっています。

新宿区某有名大学病院の耳鼻咽喉科、神経内科、リウマチ感染血液科、
麻酔科、近所の泌尿器科、循環器科、胃腸科等で、MRI・採血・採尿
・胃カメラ・肝エコー・心エコー・腎機能等々の検査を受けましたが、
所見なしとのことです。

ただ、左顎下リンパがやや大であるのと、
筋の数値が若干高いとの所見を頂きましたが、別状はないとのことです。
これらはすべて左側です。

右側は若干の影響は感じられますが、症状はありません。
職業はタクシーです。

今かよっている耳鼻咽喉科では、
慢性アレルギーの副鼻腔炎と診断され、抗生錠剤を処方されましたが、
かえって左口腔の真菌症にかかり、抗真菌剤を処方されています。
左の喉が少し炎症をおこしているとも言われました。

現在、頚から胸がとても苦しいです。咳もでます。
何か御助言等受け賜いたく相談しました。

よろしくお願いします。」
との事です。






#2
##1
御相談者の御相談の御記載内容からは
「耳鼻咽喉科、神経内科、リウマチ感染血液科、
麻酔科、近所の泌尿器科、循環器科、胃腸科等で、MRI・採血・採尿
・胃カメラ・肝エコー・心エコー・腎機能等々の検査を受けましたが、
所見なしとのことです。」
との事です。

##2
様々な診療科目からみて「異常所見無し」ということは。

##3
「疼き・痺れ・痛み・関節痛が断続的ではありますか広がり」の
原因として「器質的疾患」はまず否定的と考えられます。

##4
##3であるということは機能性の「疼痛」或いは
「機能性末梢神経障害」による「症状・症候」と呼称される範疇の
「疼痛概念」と考えられます。

##5
御相談者のように各科の先生を様々に御受診されて20年たっても
「御診断」のつかなかった患者さんも稀ならずいらっしゃいます。




#3
##1
御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

##2
やはり一番考えられる「病態概念」としては
「「上気道感染」(「咽頭炎」・「喉頭炎」・「副鼻腔炎」など)」を
伴われた
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」。

##3
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
は「頭痛系の「症状・症候」」を生み出すべく
「機能性頭痛」の「病態概念」ですが。

##4
御相談者のご指摘のように「反復性上気道感染」が重なると
実に多彩な部位の「機能性末梢神経障害」による「症状・症候」が
「発生」致します。

##5
「自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「OA症候群」「脳MRI脳梗塞」
等ととよく間違えられます。

##6
意味も無く「疲労ですね」或いは「ストレスですね」等と
医師より図らずともいわれてしまう病態で御座います。

##7
「緊張型頭痛」は「両肩の」上に
「重荷を背負ったような状態」と御考え下さいますか。

##8
「緊張型」の「症状・症候」は一言で言えば「辛い」の一言に尽きます。

##9
「緊張型」の「前への押し寄せ」から「胸痛」も発生致します。

##10
いわば「背中ばりばり」(あだ名です)=
「背中にわたり激痛が走るあるいは鈍痛のような痛み」から
体中がいたいいたい病のようになられることも稀ならず御座います。

##11
前述いたしましたように
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
の患者さんは「反復性上気道感染」をおこされているかたが
多いものです。




#4
##1
「筋の数値が若干高いとの所見を頂きましたが、別状はないとのことです。」
との事です。

##2
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
の患者さんの場合
「臨床血液検査」にて
「LDH:lactate dehydrogenase:乳酸脱水素酵素」という
酵素が「たかめ」
になられること。

##2
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
の患者さんの場合
尿一般・尿沈査検査で潜血陽性にでること・が稀ならずある
等が「臨床検査」での特徴です。

##3
なぜか多くの場合見逃されます。

##4
また
「緊張型」の患者さんの血圧は140・100であり
「ややたかい」「すこしたかい」「ちょっとたかい」等と
言われてしまうことが御座います。





#5
##1
御相談者に元来「頭痛・肩こり・頸こり・背中こり」
は御強くはありませんか。

##2
もしも御相談者には「頭痛・肩こり・頸こり・背中こり」
がお強いようであれば。
「頭痛・肩こり・頸こり・背中こり」の「症状・症候」を主とされて
その他の「症状・症候」は「副」とされて。

##3
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##4
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」の
治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。

##5
正診断率の大変低い「頭痛系の「「病態」」」で御座います。

##6
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
の特徴を「補足1」に。
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
の「症状・症候」の発生の時間依存性を「補足2」に。
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
の「緊張型しびれ」(あだ名です)について「補足3」に。
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
の患者さんの「思考過程」について「補足4」に・
御記載致します。






#6結論:
##1
御相談者の御相談の御記載内容からは
典型的な「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
で御座います。

##2
各科の「診療」を受けられておかれて
宜しかったです。

##3
もしも御相談者には「頭痛・肩こり・頸こり・背中こり」
がお強いようであれば。

##4
「頭痛・肩こり・頸こり・背中こり」の「症状・症候」を主
とされてそのたの「症状・症候」は「副」とされて。

##5
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##6
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれて下さいませ。

##7
大学病院の「頭痛専門外来」の
「頭痛専門医(この名称の専門医はありません)」の先生でも
「偏頭痛」の患者さんは「ごらんになられる」けれども
「緊張型頭痛」の患者さんが苦手な先生は多いものです。

##8
一刻も早い御相談者の「症状・症候」の寛解の得られること・
一刻も早い「症状・症候」のご回復を心より御祈り申し上げます。







上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。






何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。






何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。










++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
さて「緊張型」には特徴がございます。


##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1-2月)そして梅雨のころ胃や下腹部が痛かったことは
(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
もしくは虫歯もないのに奥歯が痛みませんか。

##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
あるいは洗髪で頚部前屈されて「症状・症候」がでませんでしょうか。

(バーバーズ・サインBarBer's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」は
「上気道」や「呼吸器」の「症状・症候」が併発しますので。
##31
「ウイルスによる風邪症候群」と間違われて「風邪症候群」
あるいは気管支炎からの熱発と頭痛というように包括されてしまうことが
少なからず御座います。
##32
「反復性上気道感染」のため「リンパ節腫大」と「緊張型」による
頚部・顔面の「しこり」か区別されていないことも御座います。
##33
そのため「リンパ節腫大」とか「頚部のしこり」とか「緊張型」の患者さん
は「表現」されるため「「悪性リンパ腫」などとんでもない疾患の
検査をされることが御座います。
##34
左側のほうが「症状・症候」お強く御座いませんでしょうか。



以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。


++「補足2」++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの
時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。


##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。

##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。

##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。

##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。
##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。

##8
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##9
6月ー8月 11月ー12月に「しびれ感」が
上肢或は下肢におきたり「ふわふわ感」が起きたり致します。

##10
皮肉なことに俗に言う風邪をひかれた後に「症状・症候」
が発現して「診断」がつかないことが御座います。

##11
「細菌性気管支炎
或は「反復性上気道感染」をおこされ脱水とあいっまって
濃縮髄液であるがゆえに
「無菌性髄膜炎」と診断されることが稀ならずあります。

##12
3月に「上気道感染」を起こされた場合
「筋肉痛など」の「緊張型」の
「症状・症候」をとられて「ウイルス性疾患」しかも治りの良い
「ウイルス性疾患」と診断されることが御座います。


上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。


++「補足3」++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
しびれがあるとのことですが。
下記については如何でしょうか。
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
では「特有な「しびれ感」」が「症状・症候」としてでます。


##1
手指の親指・人指指(第1・第2指)か
小指・薬指(第4・第5指)に
絵に書いたような「しびれ感」があるのが特徴ですが如何でしょうか。

##2
まずほかの手指には来ません。

##3
男性が腕時計を眺める上肢の部位にしびれ感があるのが
特徴で御座います。
如何でしょうか。

##4
これらの「症状・症候」は朝方強いという特徴
が御座います。

##5
この「しびれ感」は
「頚椎の病気(「頚椎症」とか頚椎椎間板ヘルニア)」
が原因と間違われることが多くこの場合は厄介です。

##6
皮肉なことに脳MRIから
「脳神経外科専門医」の疾患である
「キアリ・アーノルド奇形」
「脊椎空洞症」等と間違われることがあります。

##7
上肢に「しびれ感」のある患者さんは下肢にも
また下肢に「しびれ感」のある患者さんじは下肢にも「しびれ感」の
有ることが多いものです。

##8
下肢の「しびれ感」の場合は足指の親指・薬指の根元、
・足の甲(足背部)・踝・外側大腿に「しびれ」がきます。

##9
下肢痛のある「しびれ感」ではおおくの場合「末梢循環障害」とりわけ
「下肢静脈還流不全状態」
で疼痛性歩行障害にいたることが御座います。

##10
また「口唇周囲の「しびれ感」」を伴うことがあり
「口唇の裏側=内側=口の中」に強いのが特徴で御座います。

##11
また「御顔の皮膚」全体が「張ったような感じが」するという
「御自覚症状」も時により出現いたします。

##12
また「御顔の皮膚」片側が「張ったような感じが」するという
「御自覚症状」も時により出現いたします。

##13
「末梢性顔面神経麻痺」初期や「脳血管障害」と間違われることも
御座います。






++「補足4」++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
の患者さんには
独特の思考過程=「自分かくし」+「「因果付け」が御座います。


##1
「緊張型」の患者さんは常に学習され
「上昇型の思考」或いは「論理展開」をされますから。

##2
「オーバードライブ」(行き過ぎ)に
ご苦労されていらっしゃいます。

##3
「因果付け」「自分隠し」という
「緊張型」の患者さん独特の「思考過程」でございます。

##4
「強烈な苦悩者の「主人公」としての「自分」はいるのだけれども」

##5
気の許せる相手(本当は家族しかいないのですが)や
他人に「無理強い」をすることが習慣化。

##6
何か「自分を困らせる無理難題」をみつけないと
話の筋が通らないので「不安の種」を捜し求めます。

##7
「真実の自分」と「自分隠しの自分」

##8
「習慣」=「往復・反復}で「真実の自分」と
「「自分隠し」の「自分」」との間の往復に疲れます。

##9
これが「自分隠し」=「自己隠蔽(=自己防御につながる)
のため「他人攻撃」(他人を攻撃すれば余計目立つことに気がつかない。

##10
「因果付け」「自分隠し」という
「緊張型」の患者さん独特の「思考過程」でございます。

#11
「鶏が先か卵が先か」を真剣に悩み考えたり。

##12
火事場に救護のために駆けつける消防車をみて
「消防車」=「火事」と「短絡錯覚」を起こされ
「消防車」に強い嫌悪を擁いたり。

##13
「AがBだからCになる」という
「流暢な論理」=「因果付け」の錯角方程式をよく用いられます。

##14
そのため「時には取り返しのつかない
「自分の一番の見方である他人攻撃」」にでて
「全てをうしなって」しまいます。


#2
##1
これに加えて
「新皮質フリーズ現象(neocortical supression)」
で情緒不安定にもなられていらっしゃいます。

##2
いちど傾くとなかなか「舵をとるのが困難」になります。

##3
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」は
「大変に非生産的な状態」に加わり正診断率の大変低い
「頭痛系の「症状・症候」で御座います。

##4
脳の「神経細胞」が考える=働く場所を2つに分類する事ができます。
###1
旧皮質(下等哺乳類のときから保持している)と
###2
新皮質(新皮質(霊長類からヒトで大活躍:
コンピューターでいわばメモリー(ラム))のメモリーが一杯の状態から
「情緒不安定」に至ります。

##5
この状態で「はつらつ」と生活できるべくもなく
毎日を過ごされる中で
「新皮質フリーズ現象(neocortical supression)」
で「たりないメモリー」から「記銘力障害」も発生します。

##6
幾度と無く辛い思いをされるうちにやっとこさ「ある思考過程」に
御自分の安楽の境地を見出したどり着かれます。

##5
それは
皮肉にも「心配なこと」が起こるといやだから「先に心配」を
して「安心」しようという「矛盾」の「思考過程」
で御座います。



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

[2004年9月9日 14時5分7秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 川辺まこと   
こんにちは。32才、男性です。

平成14年12月から左外耳全体が灼熱感をもって痺れ始め、
徐々に頭部、眼窩、鼻腔、舌、咽喉、歯、頚部、肩、腕、手、胸に
疼き・痺れ・痛み・関節痛が断続的ではありますか広がり、
軽い咳が止まりません。

今では、腹部、股間、足の方まで軽めではありますが広がっています。

新宿区某有名大学病院の耳鼻咽喉科、神経内科、リウマチ感染血液科、
麻酔科、近所の泌尿器科、循環器科、胃腸科等で、MRI・採血・採尿
・胃カメラ・肝エコー・心エコー・腎機能等々の検査を受けましたが、
所見なしとのことです。

ただ、左顎下リンパがやや大であるのと、
筋の数値が若干高いとの所見を頂きましたが、別状はないとのことです。
これらはすべて左側です。

右側は若干の影響は感じられますが、症状はありません。
職業はタクシーです。

今かよっている耳鼻咽喉科では、
慢性アレルギーの副鼻腔炎と診断され、抗生錠剤を処方されましたが、
かえって左口腔の真菌症にかかり、抗真菌剤を処方されています。
左の喉が少し炎症をおこしているとも言われました。

現在、頚から胸がとても苦しいです。咳もでます。
何か御助言等受け賜いたく相談しました。

よろしくお願いします。

[2004年9月9日 13時9分24秒]
by mmdmsci | 2004-09-12 14:17 | 緊張型頭痛

半年前位から目が疲れやすく、目のまわりを押さえていないと

ご心配なことと存じます。


御相談者の場合「目を押さえていないと落ち着かない「眼周囲」
の違和感は「頭部・顔面」を「はちまき状」にはしる「違和感の帯」
の一環と考えられます。

そしてこのような「症状・症候」は
「機能性頭痛」のなかでも
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
で出現致します。




#1
##1
「はじめまして。私は29才、女性です。
半年前位から目が疲れやすく、目のまわりを押さえていないと
落ち着かなくなりました。
眼科に行って薬を飲んでも一向によくなりません。
そのうち全身がだるくなり、一日のほとんどを目の周りを
押さえるようになってしまい、仕事も手につきません。
そう言えば、目の症状が出る前までは、
夜5時頃からほぼ毎日頭痛がありました。
今はありません。宜しくお願い致します。」
との事です。



#2
##1
「眼科専門医先生」からの御投薬があるからには「眼科専門医先生」
の「御診断」があるものと思われます。

##2
「眼科専門医先生」の「御診断」の御記載が御座いません。

##3
また「目の周りが痛い」という「症状・症候」は両側でしょうか。
それとも「片側:右側・左側」なのでしょうか。

##4
「症状・症候」の御記載が止むを得ずも
今ひとつ明確でなく御回答の精度は低下いたします。
申し訳ございません。





#3
##1
「半年前位から目が疲れやすく、目のまわりを押さえていないと
落ち着かなくなりました。・略・
そのうち全身がだるくなり、一日のほとんどを目の周りを
押さえるようになってしまい、仕事も手につきません。・略・
目の症状が出る前までは、
夜5時頃からほぼ毎日頭痛がありました。
今はありません。」
が主なる「症状・症候」であるとすると。

##2
御相談者は
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
であられる可能性が御座います。

##3
#4に「機能性頭痛」について簡単に御説明致します。



#4
##1
「機頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。

##2
「機能性頭痛」と呼称される「頭痛系疾患」の一群は各々の
「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。

##3
「機能性頭痛」とは「「中枢神経系の「器質的疾患」
(脳腫瘍や脳血管障害等)」に起因する「症候性頭痛」
でない場合の頭痛を呼称いたします。

##4
御相談者の場合「目を押さえていないと落ち着かない「眼周囲」
の違和感は「頭部・顔面」を「はちまき状」にはしる「違和感の帯」
の一環と考えられます。

##5
そしてこのような「症状・症候」は
「機能性頭痛」のなかでも
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
で出現致します。




#5
##1
御相談者に元来「頭痛・肩こり・頸こり・背中こり」
は御強くはありませんか。

##2
もしも御相談者には「頭痛・肩こり・頸こり・背中こり」
がお強いようであれば。

##3
この「症状・症候」は
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
の「症状・症候」で御座います。

##4
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」

2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。

##5
「半年前位から目が疲れやすく、目のまわりを押さえていないと
落ち着かなくなりました。」であれば今年の「2月」より「症状・症候」
が始まり今「9月」に「症状・症候」が御強くなられていると
考えられます。

##6
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」

「耳鼻科疾患」「歯科口腔外科疾患」「自律神経失調症」
「メニエル症候群」「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」
ととよく間違えられます。

##7
正診断率の大変低い「頭痛系の「「病態」」」で御座います。

##8
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」

原因はともかく誘引は
###1水分の足りない状態でいらっしゃり
###2夜間就眠時に背部を冷やすことにより発症致します。

##9
また不思議と「「上気道感染」(「咽頭炎」・「喉頭炎」・「副鼻腔炎」など)」
を反復されていらっしゃる患者さんが
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」では多いものです。

##10
この目の周囲の違和感は時には「目のピントスピード」の低下を
伴います。

##11
治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服
や外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。

##12
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」の
特徴につき「補足1」に。
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
の「症状・症候」の発症の時間依存性につき「補足2」に。
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」の
「しびれ感」につき「補足3」に。
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
の患者さんの思考過程につき「補足4」に
御記載致します。






#7結論:
##1
御相談者の御記載内容からは
「目を押さえていないと落ち着かない「眼周囲」の違和感は
「頭部・顔面」を「はちまき状」にはしる「違和感の帯」の一環
であると考えられます。

##2
「かつて頭痛はあり今はまい」とのことですが
この「眼周囲」の違和感は「「頭痛」と等価の「症状・症候」」
と考えられます。

##3
御相談者の御記載内容からは
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
であると考えられます。

##4
御相談者に元来「頭痛・肩こり・頸こり・背中こり」は御強くは
ないでしょうか。

##5
もしも御相談者には「頭痛・肩こり・頸こり・背中こり」
がお強いようであれば。

##6
「頭痛・肩こり・頸こり・背中こり」の「症状・症候」
を主とされてその他の「症状・症候」は「副」とされて。

##7
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##8
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも「頭痛系の疾患」
が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことを何卒覚えておかれてくださいませ。

##9
大学病院の「頭痛専門外来」の「頭痛専門医(この名称の専門医はありません)」
の先生でも「偏頭痛」の患者さんは「ごらんになられる」けれども
「緊張型頭痛」の患者さんが苦手な先生は多いものです。









上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。





何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。





何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。







++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
さて「緊張型」には特徴がございます。


##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1-2月)そして梅雨のころ胃や下腹部が痛かったことは
(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
もしくは虫歯もないのに奥歯が痛みませんか。

##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
あるいは洗髪で頚部前屈されて「症状・症候」がでませんでしょうか。

(バーバーズ・サインBarBer's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」は
「上気道」や「呼吸器」の「症状・症候」が併発しますので。
##31
「ウイルスによる風邪症候群」と間違われて「風邪症候群」
あるいは気管支炎からの熱発と頭痛というように包括されてしまうことが
少なからず御座います。
##32
「反復性上気道感染」のため「リンパ節腫大」と「緊張型」による
頚部・顔面の「しこり」か区別されていないことも御座います。
##33
そのため「リンパ節腫大」とか「頚部のしこり」とか「緊張型」の患者さん
は「表現」されるため「「悪性リンパ腫」などとんでもない疾患の
検査をされることが御座います。
##34
左側のほうが「症状・症候」お強く御座いませんでしょうか。



以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。





++「補足2」++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの
時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。


##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。

##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。

##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。

##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。
##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。

##8
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##9
6月ー8月 11月ー12月に「しびれ感」が
上肢或は下肢におきたり「ふわふわ感」が起きたり致します。

##10
皮肉なことに俗に言う風邪をひかれた後に「症状・症候」
が発現して「診断」がつかないことが御座います。

##11
「細菌性気管支炎
或は「反復性上気道感染」をおこされ脱水とあいっまって
濃縮髄液であるがゆえに
「無菌性髄膜炎」と診断されることが稀ならずあります。

##12
3月に「上気道感染」を起こされた場合
「筋肉痛など」の「緊張型」の
「症状・症候」をとられて「ウイルス性疾患」しかも治りの良い
「ウイルス性疾患」と診断されることが御座います。


上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。







++「補足3」++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

下記については如何でしょうか。
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
では「特有な「しびれ感」」が「症状・症候」としてでます。


##1
手指の親指・人指指(第1・第2指)か
小指・薬指(第4・第5指)に
絵に書いたような「しびれ感」があるのが特徴ですが如何でしょうか。

##2
まずほかの手指には来ません。

##3
男性が腕時計を眺める上肢の部位にしびれ感があるのが
特徴で御座います。
如何でしょうか。

##4
これらの「症状・症候」は朝方強いという特徴
が御座います。

##5
この「しびれ感」は
「頚椎の病気(「頚椎症」とか頚椎椎間板ヘルニア)」
が原因と間違われることが多くこの場合は厄介です。

##6
皮肉なことに脳MRIから
「脳神経外科専門医」の疾患である
「キアリ・アーノルド奇形」
「脊椎空洞症」等と間違われることがあります。

##7
上肢に「しびれ感」のある患者さんは下肢にも
また下肢に「しびれ感」のある患者さんじは下肢にも「しびれ感」の
有ることが多いものです。

##8
下肢の「しびれ感」の場合は足指の親指・薬指の根元、
・足の甲(足背部)・踝・外側大腿に「しびれ」がきます。

##9
下肢痛のある「しびれ感」ではおおくの場合「末梢循環障害」とりわけ
「下肢静脈還流不全状態」
で疼痛性歩行障害にいたることが御座います。

##10
また「口唇周囲の「しびれ感」」を伴うことがあり
「口唇の裏側=内側=口の中」に強いのが特徴で御座います。

##11
また「御顔の皮膚」全体が「張ったような感じが」するという
「御自覚症状」も時により出現いたします。

##12
また「御顔の皮膚」片側が「張ったような感じが」するという
「御自覚症状」も時により出現いたします。

##13
「末梢性顔面神経麻痺」初期や「脳血管障害」と間違われることも
御座います。




++「補足4」++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

#1
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
の患者さんには
独特の思考過程=「自分かくし」+「「因果付け」が御座います。


##1
「緊張型」の患者さんは常に学習され
「上昇型の思考」或いは「論理展開」をされますから。

##2
「オーバードライブ」(行き過ぎ)に
ご苦労されていらっしゃいます。

##3
「因果付け」「自分隠し」という
「緊張型」の患者さん独特の「思考過程」でございます。

##4
「強烈な苦悩者の「主人公」としての「自分」はいるのだけれども」

##5
気の許せる相手(本当は家族しかいないのですが)や
他人に「無理強い」をすることが習慣化。

##6
何か「自分を困らせる無理難題」をみつけないと
話の筋が通らないので「不安の種」を捜し求めます。

##7
「真実の自分」と「自分隠しの自分」

##8
「習慣」=「往復・反復}で「真実の自分」と
「「自分隠し」の「自分」」との間の往復に疲れます。

##9
これが「自分隠し」=「自己隠蔽(=自己防御につながる)
のため「他人攻撃」(他人を攻撃すれば余計目立つことに気がつかない。

##10
「因果付け」「自分隠し」という
「緊張型」の患者さん独特の「思考過程」でございます。

#11
「鶏が先か卵が先か」を真剣に悩み考えたり。

##12
火事場に救護のために駆けつける消防車をみて
「消防車」=「火事」と「短絡錯覚」を起こされ
「消防車」に強い嫌悪を擁いたり。

##13
「AがBだからCになる」という
「流暢な論理」=「因果付け」の錯角方程式をよく用いられます。

##14
そのため「時には取り返しのつかない
「自分の一番の見方である他人攻撃」」にでて
「全てをうしなって」しまいます。


#2
##1
これに加えて
「新皮質フリーズ現象(neocortical supression)」
で情緒不安定にもなられていらっしゃいます。

##2
いちど傾くとなかなか「舵をとるのが困難」になります。

##3
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」は
「大変に非生産的な状態」に加わり正診断率の大変低い
「頭痛系の「症状・症候」で御座います。

##4
脳の「神経細胞」が考える=働く場所を2つに分類する事ができます。
###1
旧皮質(下等哺乳類のときから保持している)と
###2
新皮質(新皮質(霊長類からヒトで大活躍:
コンピューターでいわばメモリー(ラム))のメモリーが一杯の状態から
「情緒不安定」に至ります。

##5
この状態で「はつらつ」と生活できるべくもなく
毎日を過ごされる中で
「新皮質フリーズ現象(neocortical supression)」
で「たりないメモリー」から「記銘力障害」も発生します。

##6
幾度と無く辛い思いをされるうちにやっとこさ「ある思考過程」に
御自分の安楽の境地を見出したどり着かれます。

##5
それは
皮肉にも「心配なこと」が起こるといやだから「先に心配」を
して「安心」しようという「矛盾」の「思考過程」
で御座います。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

[2004年9月12日 7時58分31秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: さくら   
はじめまして。私は29才、女性です。
半年前位から目が疲れやすく、目のまわりを押さえていないと
落ち着かなくなりました。
眼科に行って薬を飲んでも一向によくなりません。
そのうち全身がだるくなり、一日のほとんどを目の周りを
押さえるようになってしまい、仕事も手につきません。
そう言えば、目の症状が出る前までは、
夜5時頃からほぼ毎日頭痛がありました。
今はありません。宜しくお願い致します。



[2004年9月12日 2時58分4秒]
by mmdmsci | 2004-09-12 14:14 | 緊張型頭痛

3年前からのめまい(回転性と動揺性のもの)

ご心配なことと存じます。


#1
##1
「20歳女
最近気になる症状がいくつかあります。
・3年前からのめまい(回転性と動揺性のもの)
・以前から頭痛持ちだが、最近は多く、週に3回位は痛くなる。
・額か頭の前の方が重く、締め付けられるような感じがある。 
(昨年11月からで、寝ている時はあまり感じないが、起き上がると気になる。)
・右耳でザーザーと血液が流れる音がする(今年1月から)

これらの症状は何か関連性があるのでしょうか。
また、原因は何でしょうか。」
との事です。




#2
##1
「以前から頭痛持ちだが、最近は多く、週に3回位は痛くなる。
・額か頭の前の方が重く、締め付けられるような感じがある。  」
との事です。

##2
御相談者の御記載内容からはこの「症状・症候」は押しなべて
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
で御座います。

##3
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」では
「頭痛系の「症状・症候」」と併発して「ふわふわ感」「くらくら感」
が実によく出現いたします。

##4
「頭痛系の「症状・症候」」がないかわりに「締め付け感」と
「ふわふわ感」「くらくら感」のみの患者さんもいらっしゃり
「緊張型頭痛」ではこの「ふわふわ感」「くらくら感」を
「頭痛系の「症状・症候」」と「等価」と見なします。

##5
#3に「めまい」について簡単にご説明致します




#3
##1
めまいには「真性眩暈」と「仮性眩暈(ふわふわ感)」があります。

##2
「真性眩暈」と「仮性眩暈(ふわふわ感)」は「真性眩暈」のほうが深刻に
思われがちですが。

##3
「仮性眩暈(ふわふわ感)」の方がより「深刻感」があり御本人をより仰天
させることが多いものです。

##4
そして
「3年前からのめまい(回転性と動揺性のもの)」と推察するに
「耳鼻科専門医先生」から「御診断」されたものは
「緊張型めまい」(あだ名です)で御座います。

##5
御相談者の御記載内容からは
御相談者の「症状・症候」は
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
で御座います。

##6
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」は
「機能性頭痛」の「病態」の「ひとつ」で御座います。

##7
#4に「機能性頭痛」について簡単に御説明致します。




#4
##1
「機頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。

##2
「機能性頭痛」と呼称される「頭痛系疾患」の一群は
各々の「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。

##3
「機能性頭痛」とは「「中枢神経系の「器質的疾患」
(脳腫瘍や脳血管障害等)」に起因する「症候性頭痛」
でない場合の頭痛を呼称いたします。

##4
御相談者がしんぱいされているものは
「中枢神経系の「器質的疾患」(「頭部外傷」や「脳腫瘍」や「脳血管障害」等)」
が原因の「症候性頭痛」或いは「眩暈」であろうと考えますが。

##5
違います。

##6
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」の
特徴につき「補足1」に。
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」も
「症状・症候」発症の時間依存性につき「補足2」に
御記載致します。


#5
##1
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」は
「自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「OA症候群」「脳MRI脳梗塞」
「耳鼻科疾患」とよく間違えられます。

##2
意味も無く「疲労ですね」或いは「ストレスですね」
等と医師より図らずともいわれてしまう病態で御座います。

##3
一番困るのは「頚椎の疾患」と間違われることです。

##4
ストレスには弱くなります。

##5
「因果関係」を逆転すればストレスから「発生」するようにみえるが
論理的に間違いなのです。

##6
原因はともかく誘引は
###1水分の足りない状態でいらっしゃり
###2夜間就眠時に背部を冷やすことにより発症致します。

##7
御相談者の
「以前から頭痛持ちだが、最近は多く、週に3回位は痛くなる。
・額か頭の前の方が重く、締め付けられるような感じがある。  」
との「症状・症候」が御強ければ。

##8
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。



#6結論:
##1
典型的な「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
の「症状・症候」でいらっしゃいます。

##2
「仮性眩暈(めまい感)」或いは
「右耳でザーザーと血液が流れる音がする(今年1月から)」
というような「症状・症候」は
「緊張型」の患者さんでは頻々と出現致します。



##3
「御相談者の
「以前から頭痛持ちだが、最近は多く、週に3回位は痛くなる。
・額か頭の前の方が重く、締め付けられるような感じがある。  」
との「症状・症候」が御強ければ。

##4
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。


##5
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことを何卒覚えておかれてくださいませ


##6
怖い状態ではありません。怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。





上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。






何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。





何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。








++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
さて「緊張型」には特徴がございます。


##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1-2月)そして梅雨のころ胃や下腹部が痛かったことは
(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
もしくは虫歯もないのに奥歯が痛みませんか。

##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
あるいは洗髪で頚部前屈されて「症状・症候」がでませんでしょうか。

(バーバーズ・サインBarBer's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」は
「上気道」や「呼吸器」の「症状・症候」が併発しますので。
##31
「ウイルスによる風邪症候群」と間違われて「風邪症候群」
あるいは気管支炎からの熱発と頭痛というように包括されてしまうことが
少なからず御座います。
##32
「反復性上気道感染」のため「リンパ節腫大」と「緊張型」による
頚部・顔面の「しこり」か区別されていないことも御座います。
##33
そのため「リンパ節腫大」とか「頚部のしこり」とか「緊張型」の患者さん
は「表現」されるため「「悪性リンパ腫」などとんでもない疾患の
検査をされることが御座います。
##34
左側のほうが「症状・症候」お強く御座いませんでしょうか。



以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。
++「補足2」++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの
時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。


##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。

##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。

##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。

##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。
##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。

##8
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##9
11月ー12月に「しびれ感」が
上肢或は下肢におきたり「ふわふわ感」が起きたり致します。

##10
皮肉なことに俗に言う風邪をひかれた後に「症状・症候」
が発現して「診断」がつかないことが御座います。

##11
「細菌性気管支炎
或は「反復性上気道感染」をおこされ
「無菌性髄膜炎」と診断されることが稀ならずあります。

##12
3月に「上気道感染」を起こされた場合
「筋肉痛など」の「緊張型」の
「症状・症候」をとられて「ウイルス性疾患」しかも治りの良い
「ウイルス性疾患」と診断されることが御座います。


上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

[2004年7月15日 8時0分16秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名   
20歳女
最近気になる症状がいくつかあります。
・3年前からのめまい(回転性と動揺性のもの)
・以前から頭痛持ちだが、最近は多く、週に3回位は痛くなる。
・額か頭の前の方が重く、締め付けられるような感じがある。 
(昨年11月からで、寝ている時はあまり感じないが、起き上がると気になる。)
・右耳でザーザーと血液が流れる音がする(今年1月から)

これらの症状は何か関連性があるのでしょうか。
また、原因は何でしょうか。

[2004年7月14日 21時1分40秒]
by mmdmsci | 2004-08-12 14:45 | 緊張型頭痛

「魔の6月」「魔の7月」と呼称されるように。

ご心配なことと存じます。

御相談者の御相談内容からは本当に
典型的な
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
であるなあお可愛そうだなあと思います。

けれどもこの「御相談者の御相談内容」は「緊張型」の患者さん
には大変おおい御相談で御座います。

下記順を追って御回答致します。


#1
##1
「以前お世話になりました。2度目の相談になります。
現在薬の副作用とではないかと思われる症状に悩まされています。
慢性的に続く左後頭部のから肩にかけての鈍痛にくわえ、めまいも生じてきたため、
先日脳神経外科で検査をしたところ、以前と同じ、
ストレス等による緊張型の頭痛ということで、たくさんの薬を処方されました。
同じ日に、定期的に検査に行っている眼科へ検診したところ、
以前から高かった眼圧がまた上がっていたことや、めまいなどもあったため、
眼圧を下げる薬等、3種類の点眼薬を処方されました。
ところが、次の日(昨日)から左後頭部ではなく、
目の奥から頭全体にかけて強い痛みがあらわれ、めまい、さらに吐き気もひどく、
立っていられないほどになったため、他の病院で点滴を打ってもらいました。
多少ラクにはなりましたが、また今日も同じ症状があらわれ、点滴をしました。
脳神経外科、眼科の両先生方は「強い薬ではありません」とおっしゃいましたが、
薬の副作用のような気がしてなりません。
処方された薬は以下の通りです。

脳神経外科・・・デパス・アナフラニール・アデボスコーワ
      ミオナール・ポンタール・ソラナックス・ムコスタ
眼 科 ・・・リズモンTGO25%・ミオピン・サンコバ

さらに、鎮痛剤によると思われるアレルギー性じんましんがあり、
皮膚科にて、アレグラ・ポララミンを服用中です。

じんましんの薬だけでは何もなかったので、眼科か脳神経外科の薬の
どちらかに副作用がでているのではないかと思っています。
毎日大量の薬を飲んで、これだけで気がめいってしまいます。
今も、吐き気で寝付けません。
お忙しい中、申し訳ありませんが、どうぞ、よきアドバイスをお願いします。」
との事です。


##2
「脳神経外科・・・デパス・アナフラニール・アデボスコーワ
      ミオナール・ポンタール・ソラナックス・ムコスタ」
とは「これはずい分とお薬の数」が多いです。

これでは大変ですね。





#2
##1
「現在薬の副作用とではないかと思われる症状に悩まされています。」
=>
###1
「内服薬の副作用」というようには思えません。

###2
「魔の6月」「魔の7月」と呼称されるように。
「「魔の6月」「魔の7月」には
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
の患者さんは「症状・症候」が増悪されて苦労されるもので
御座います。

###3
またこれまで「症状・症候」のおありでなかったかたもこの時期
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」であれば
「症状・症候」が新たに発症いたします。


##2
「慢性的に続く左後頭部のから肩にかけての鈍痛にくわえ、めまいも生じてきたため」
=>
###1
「魔の6月」「魔の7月」には「緊張型めまい」(あだ名です)がよく
出現致します。

###2
「緊張型頭痛」「病態」では「頭痛系の「症状・症候」」のほかにこのような
「ふわふわ感」「くらくら感」も「=頭痛」というように見なします。

###3
さぞかしお辛いことと存じます。


##3
「先日脳神経外科で検査をしたところ、以前と同じ、
ストレス等による緊張型の頭痛ということで、たくさんの薬を処方されました。」
=>
###1
「緊張型頭痛」は「ストレス」が原因と「新聞」でも「TV]でもまた
医師の「教科書」にも記載されていますが。
実はこれは間違いです。

###2
しいて言うならば。
「緊張型頭痛」の患者さんはストレスには弱くなります。

###3
「因果関係」を逆転すれば
ストレスから「発生」するようにみえるが間違いなのです。

###4
いずれにしても
適切な表現が思い浮かばないのですが
「内服薬」の「数」=「種類」が
「緊張型頭痛」の患者さんとしては「不要」なものがあるように
今の私は考えます。

###5
「お受けもちの先生」にお願いして
「内服薬」を減らしていただくようにお願いされてみては
如何でしょうか。



##4
###1
「同じ日に、定期的に検査に行っている眼科へ検診したところ、
以前から高かった眼圧がまた上がっていたことや、めまいなどもあったため、
眼圧を下げる薬等、3種類の点眼薬を処方されました。」
との事です。

###2
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」の患者さん
は大なり小なり「眼圧」は高めに出ます。


##5
###1
「ところが、次の日(昨日)から左後頭部ではなく、
目の奥から頭全体にかけて強い痛みがあらわれ、めまい、さらに吐き気もひどく、
立っていられないほどになったため、他の病院で点滴を打ってもらいました。」
との事です。

###2
この「症状・症候」は「眼科専門医先生」の御処方とは関連は御座いません。

###3
たまさか偶発的に「症状・症候」がでてしまったということでしょう。

###4
「左後頭部ではなく、
目の奥から頭全体にかけて強い痛みがあらわれ、めまい、さらに吐き気もひどく、
立っていられないほどになったため」
との「症状・症候」は
「胃ばけ(あだ名です)」「緊張型めまい」(あだ名です)の
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」特有の
「発作」で御座います。

###5
このような場合「神経ブロック」+「補液・輸液(点滴静脈注射のこと)療法」
が「必須」になります。


##6
###1
「多少ラクにはなりましたが、また今日も同じ症状があらわれ、点滴をしました。
脳神経外科、眼科の両先生方は「強い薬ではありません」とおっしゃいましたが、
薬の副作用のような気がしてなりません。
処方された薬は以下の通りです。

脳神経外科・・・デパス・アナフラニール・アデボスコーワ
      ミオナール・ポンタール・ソラナックス・ムコスタ
眼 科 ・・・リズモンTGO25%・ミオピン・サンコバ」
との事です。

###2
御相談者の御相談内容からは「症状・症候」が強くてお可哀想だと存じます。

###3
けれども確かに「内服薬」の種類は多いけれども「内服薬」の副作用
とは考えにくい気が致します。


##7
###1
「さらに、鎮痛剤によると思われるアレルギー性じんましんがあり、
皮膚科にて、アレグラ・ポララミンを服用中です。」

###2
何かしら「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
の患者さんとしての「治療戦略」がうまくいかれていない気が致します。


##8
###1
「じんましんの薬だけでは何もなかったので、眼科か脳神経外科の薬の
どちらかに副作用がでているのではないかと思っています。
毎日大量の薬を飲んで、これだけで気がめいってしまいます。」
との事です。

###2
確かに「内服薬」の種類は多すぎます。

###3
これは私の御相談者の御記載内容を熟読させていただいた上での
判断であくまでも「私の身勝手な判断」ですが。

###4
「お受けもちの先生」でいらsっしゃる「脳神経外科専門医」先生
の御処方で「緊張型頭痛」の御相談者に「必要なもの」は「3種類」しか
見出せません。

###5
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。


##9
###1
「今も、吐き気で寝付けません。
お忙しい中、申し訳ありませんが、どうぞ、よきアドバイスをお願いします。」
との事です。

###2
御相談者の「吐き気」は「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
の患者さん特有の「胃ばけ(あだ名です)」という
「症状・症候」で御座います。

###3
「胃ばけ(あだ名です)」には「3種類」御座います。

###4
「胃ばけ(あだ名です)」はタイプ1・タイプ2・タイプ3に分類されます。
###5にこれらを御記載致します。

###5
####1
タイプ1=「みぞおちがきりきり痛む」
####2
タイプ2=「へその左右の側腹部が鈍痛」
####3
タイプ3=「盲腸の部位・恥骨上・左側盲腸の部位が鈍痛」





#3結論:
##1
上記御回答致しました。

##2
御相談者は一度
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」の先生を
御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##3
「脳神経外科専門医」の先生の中にも「頭痛系の疾患」
が苦手な先生のいらっしゃる。

##4
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。

##5
大学病院の「頭痛専門外来」の「頭痛専門医(この名称の専門医はありません)」
の先生でも
「偏頭痛」の患者さんは「ごらんになられる」けれども
「緊張型頭痛」の患者さんが苦手な先生は多いものです。

##6
一刻も早い御相談者の「症状・症候」の寛解の得られること・
一刻も早い「症状・症候」のご回復を心より御祈り申し上げます。





上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。



何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。






何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

[2004年7月15日 9時33分24秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: ねこ   
以前お世話になりました。2度目の相談になります。
現在薬の副作用とではないかと思われる症状に悩まされています。
慢性的に続く左後頭部のから肩にかけての鈍痛にくわえ、めまいも生じてきたため、
先日脳神経外科で検査をしたところ、以前と同じ、
ストレス等による緊張型の頭痛ということで、たくさんの薬を処方されました。
同じ日に、定期的に検査に行っている眼科へ検診したところ、
以前から高かった眼圧がまた上がっていたことや、めまいなどもあったため、
眼圧を下げる薬等、3種類の点眼薬を処方されました。
ところが、次の日(昨日)から左後頭部ではなく、
目の奥から頭全体にかけて強い痛みがあらわれ、めまい、さらに吐き気もひどく、
立っていられないほどになったため、他の病院で点滴を打ってもらいました。
多少ラクにはなりましたが、また今日も同じ症状があらわれ、点滴をしました。
脳神経外科、眼科の両先生方は「強い薬ではありません」とおっしゃいましたが、
薬の副作用のような気がしてなりません。
処方された薬は以下の通りです。

脳神経外科・・・デパス・アナフラニール・アデボスコーワ
      ミオナール・ポンタール・ソラナックス・ムコスタ
眼 科 ・・・リズモンTGO25%・ミオピン・サンコバ

さらに、鎮痛剤によると思われるアレルギー性じんましんがあり、
皮膚科にて、アレグラ・ポララミンを服用中です。

じんましんの薬だけでは何もなかったので、眼科か脳神経外科の薬の
どちらかに副作用がでているのではないかと思っています。
毎日大量の薬を飲んで、これだけで気がめいってしまいます。
今も、吐き気で寝付けません。
お忙しい中、申し訳ありませんが、どうぞ、よきアドバイスをお願いします。

[2004年7月15日 3時46分46秒]
by mmdmsci | 2004-08-12 13:29 | 緊張型頭痛

30歳の男性です。2ヶ月ほど前に急にクラクラするめまいになり、

ご心配なことと存じます。

御相談者の御記載内容からは
典型的な「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
で御座います。


下記順を追って御回答致します。

#1
##1
「30歳の男性です。2ヶ月ほど前に急にクラクラするめまいになり、
同時に眼振・吐き気も伴いました。
神経内科・耳鼻科にて診断の結果異常はなしということでした。
疲れのせいもあるのかもと。

その後、首から肩にかけてのだるく(こり)、
首のレントゲンを撮ったところ少し頚椎がつまっていて柔軟性がない
ということでしたがそれほどひどいものではないですとの診断。

頭痛もあったのですが今は改善されています。
ただ首から肩にかけてのだるさ(こり)はテルネリンという薬を
飲んでいるのですがなかなか解消されません。

吐き気・むかつきもいまだにあり、楽になってきた思ったらと
2日前から少しひどくなってきました。
めまいも以前に比べれば楽にはなったのですがまだ常時クラクラしています。

最近は左脇(背中付近)から胸にかけ少し痛みもあります。
仕事・生活をしていても不安でたまりません。
現在の仕事はデスクワークが多くパソコンを使ったりもしています。

薬はテルネリン・メリスロン・セファドール・ガスモチンを
服用しております。

このような症状でどういった病気が考えられますか?
またどういう対処をすればいいのかぜひお教えください。」
との事です。




#2
##1
御相談者の御記載内容からは
この「症状・症候」は典型的な
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
で御座います。

##2
判りやすくいえば「緊張型頭痛」という「肩こり頭痛」という
「頭痛系の「病態」」で御座います。

##3
「2ヶ月ほど前に急にクラクラするめまいになり、
同時に眼振・吐き気も伴いました。」との事ですが。
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
では「頭痛系の「症状・症候」」よりも「ふわふわ感」「くらくら感」
で「症状・症候」がくることが多いものです。

また「胃ばけ(あだ名です)」という「緊張型」に特有の
「症状・症候」も起こされていらっしゃいます。

##4
正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」でございます。

##5
「魔の7月」「魔の6月」というように
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。



#3
##1
「機頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。

##2
「機能性頭痛」と呼称される「頭痛系疾患」の一群は各々の
「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。

##3
「機能性頭痛」とは「「中枢神経系の「器質的疾患」
(脳腫瘍や脳血管障害等)」に起因する「症候性頭痛」
でない場合の頭痛を呼称いたします。

##4
「緊張型頭痛」の特徴を「補足1」に。
「緊張型頭痛」の発症時期の時間依存性を「補足2」
に御記載致します。




#4
##1
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
は正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」でございます。

##2
「耳鼻科疾患」「歯科口腔外科疾患」「自律神経失調症」
「メニエル症候群」「更年期障害」「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」
等ととよく間違えられます。

##3
一番困るのは「頚椎の疾患」と間違われることです。
「「頚椎」の5番・6番(C5/C6)の椎間板が磨り減っている」
「「頚椎」の「生理的湾曲」が無く「真直ぐだ」或いは「逆湾曲」だ」
といわれてしまいます。

##4
##3にて
「臨床神経学的」に頚椎X線撮影の画像診断の「症状・症候」が
「臨床症候」と合致すれば何も問題もないのですが。

99%ほぼ100%の患者さんで「頚椎X線撮影所見」
或い「はCT・MRI」は「臨床神経診断学」 と合致致しません。

##5
意味も無く「疲労ですね」或いは「ストレスですね」等と
医師より図らずともいわれてしまう病態で御座います。

##6
ストレスには弱くなります。
「因果関係」を逆転すればストレスから「発生」するようにみえるが間違いなのです。


#5
##1
「緊張型頭痛」は
原因はともかく誘引は
###1水分の足りない状態でいらっしゃり
###2夜間就眠時に背部を冷やすことにより発症致します。

##2
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」

治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。

##3
「緊張型」の「症状・症候」は一言で言えば「辛い」の一言に尽きます。

##4
「緊張型頭痛」は「両肩の」上に「苦しい重荷を背負ったような状態」
と御考え下さいますか。
このような状態から派生する一連の「症状・症候」と御考えいただけますか。

##5
「頭痛系の「症状・症候」」というよりは
「背中にわたり激痛が走るあるいは鈍痛のような痛み」
或いは「肩こり・頸こり・背中こり」或いは
「ふわふわ感」「くらくら感」そして「胃ばけ(あだ名です)」
という「症状・症候」できます。

##6
「胃ばけ(あだ名です)」は胃痛でくる場合と「吐き気」でくる場合或いは
「下痢感のない下痢」でくる場合が御座います。




#6結論:
##1
御相談者の御記載内容からは
典型的な「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
で御座います。

##2
正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」でございます。
「肩こり・頸こり・背中こり」で・「ふわふわ感」「くらくら感」で・
或いは「胃ばけ(あだ名です)」でくることが多いものです。

##3
治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。

##4
「Gr(グレード)」5の酷い「症状・症候」になると
「神経ブロック」でないと「もどせません」。

##5
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##6
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃることを
何卒覚えておかれてくださいませ。






上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。





何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。






何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。






++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
さて「緊張型」には特徴がございます。


##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1-2月)そして梅雨のころ胃や下腹部が痛かったことは
(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
もしくは虫歯もないのに奥歯が痛みませんか。

##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
あるいは洗髪で頚部前屈されて「症状・症候」がでませんでしょうか。

(バーバーズ・サインBarBer's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」は
「上気道」や「呼吸器」の「症状・症候」が併発しますので。
##31
「ウイルスによる風邪症候群」と間違われて「風邪症候群」
あるいは気管支炎からの熱発と頭痛というように包括されてしまうことが
少なからず御座います。
##32
「反復性上気道感染」のため「リンパ節腫大」と「緊張型」による
頚部・顔面の「しこり」か区別されていないことも御座います。
##33
そのため「リンパ節腫大」とか「頚部のしこり」とか「緊張型」の患者さん
は「表現」されるため「「悪性リンパ腫」などとんでもない疾患の
検査をされることが御座います。
##34
左側のほうが「症状・症候」お強く御座いませんでしょうか。



以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

++「補足2」++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの
時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。


##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。

##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。

##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。

##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。
##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。

##8
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##9
11月ー12月に「しびれ感」が
上肢或は下肢におきたり「ふわふわ感」が起きたり致します。

##10
皮肉なことに俗に言う風邪をひかれた後に「症状・症候」
が発現して「診断」がつかないことが御座います。

##11
「細菌性気管支炎
或は「反復性上気道感染」をおこされ
「無菌性髄膜炎」と診断されることが稀ならずあります。

##12
3月に「上気道感染」を起こされた場合
「筋肉痛など」の「緊張型」の
「症状・症候」をとられて「ウイルス性疾患」しかも治りの良い
「ウイルス性疾患」と診断されることが御座います。


上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

[2004年7月15日 14時4分7秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 中村   
30歳の男性です。2ヶ月ほど前に急にクラクラするめまいになり、
同時に眼振・吐き気も伴いました。
神経内科・耳鼻科にて診断の結果異常はなしということでした。
疲れのせいもあるのかもと。

その後、首から肩にかけてのだるく(こり)、
首のレントゲンを撮ったところ少し頚椎がつまっていて柔軟性がない
ということでしたがそれほどひどいものではないですとの診断。

頭痛もあったのですが今は改善されています。
ただ首から肩にかけてのだるさ(こり)はテルネリンという薬を
飲んでいるのですがなかなか解消されません。

吐き気・むかつきもいまだにあり、楽になってきた思ったらと
2日前から少しひどくなってきました。
めまいも以前に比べれば楽にはなったのですがまだ常時クラクラしています。

最近は左脇(背中付近)から胸にかけ少し痛みもあります。
仕事・生活をしていても不安でたまりません。
現在の仕事はデスクワークが多くパソコンを使ったりもしています。

薬はテルネリン・メリスロン・セファドール・ガスモチンを
服用しております。

このような症状でどういった病気が考えられますか?
またどういう対処をすればいいのかぜひお教えください。

[2004年7月15日 13時42分19秒]
by mmdmsci | 2004-08-12 13:25 | 緊張型頭痛

首・背中に強烈なこりと全身の倦怠感、腕がだるい、ろれつがまわりにくい、

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「はじめまして。41歳 男性です。
今年の6月に入りストレスを感じることがあり、
首・背中に強烈なこりと全身の倦怠感、腕がだるい、ろれつがまわりにくい、
筋肉のピクつきなどの症状が現れました。手のこわばりもあります。
頭痛はほとんどありません。
顧客先での会議などで特にこりがひどくなり辛い思いをします。
会社から帰宅した時間帯に症状が緩和します。
16年前にも、同じような症状で神経内科を受診し
MRIや血液等の検査をしましたが特に異常はなく、
かなり長い間(数ヶ月)苦しんだのを覚えています。
その後、現在まで慢性的に首のこり、筋肉のぴくつきはありました。
このサイトで「緊張型に伴う複合病態」を知り自分の症状と一致する点が多く、
(左側の症状が強い、2月に胃の激痛、1時、4時に目がさめる、
休日も辛いなどもご指摘どおりです。)
脳神経外科の頭痛専門外来を受診しましたが、
頭痛がないのに緊張型頭痛とは診断できないと言われ
首のレントゲンや握力等を検査されましたが異常はありませんでした。
精神的なものだろうと言われデパスを処方されました。
現在、こりのひどい時だけ、デパスを飲み鍼治療に通っています。
背中のこりは多少緩和されてきましたが、
腕のだるさ、手のこわばりは緩和されていません。

緊張型頭痛だと考えてよろしいでしょうか?
デパスは、定期的に飲みつづけた方がよろしいでしょうか?
腕のだるさ、手のこわばりを緩和させる薬はありませんか?
シップ、磁気バンでは効果がありませんでした。外用薬は何がよろしいでしょうか?
以上、宜しくお願い致します。」
との事です。



#2
##1
「脳神経外科専門医先生」にもさまざまなお立場とお考えが
あろうかと存じますが。

##2
「脳神経外科の頭痛専門外来を受診しましたが、
頭痛がないのに緊張型頭痛とは診断できないと言われ」
との事ですが決してぞのようなことはないと今の私は考えます。

##3
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
は「頸こり」「肩こり」「背中こり」でくることが多いものです。

##4
あとから「頭痛」は「しめつけられるような違和感」が「そういえばあった」
といわれる患者さんが多いものです。

##5
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
典型的な「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で宜しいと今の私は考えます。




#3
##1
「首・背中に強烈なこりと全身の倦怠感、腕がだるい、ろれつがまわりにくい、
筋肉のピクつきなどの症状が現れました。手のこわばりもあります。」
との事です。

##2
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の発生する「後頭部」はいわば「頚部」=>「背中」との
移行部ですから。

##3
「背中バリバリ症候群」(あだ名です)=
「肩・背中にわたり激痛・鈍痛の塊と思えるような痛み」
でくる「緊張型頭痛」の患者さんは極めて多いものです。

##4
要は「緊張型頭痛」という「頭痛病名」をどこまで
拡張解釈が可能であるかということでしょう。
けれども「病態」が同じ・或は延長線上あるいは同一線上にある病態
であるのでああれば「治療戦略」も同じになるわけですから。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
とされて宜しいと今の私は考えます。




#4
##1
「緊張型頭痛」の「病態」とは
両肩に「外す事の出来ない重たいの重荷を背負ったような状態」
とご理解下さい。

##2
##1から派生する「症状・症候」が「頭痛系の「症状・症候」」であれば
「緊張型頭痛」であると限定してしまうと
「肩こり・頸こり・背中こり」」の患者さんは途方にくれることになります。

##3
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんは「頭痛系の「症状・症候」」以外の
「症状・症候」でくることのほうが多いものです。

##4
有名な外国の「脳神経外科専門医」の教科書には
「緊張型頭痛」=「tension-type headache」は「headache」以外の
「頚部痛」「「肩こり・頸こり・背中こり」」でくることが
多いから「注意すること」としっかり銘記されています。








#5結論:
##1
「緊張型頭痛だと考えてよろしいでしょうか?
デパスは、定期的に飲みつづけた方がよろしいでしょうか?
腕のだるさ、手のこわばりを緩和させる薬はありませんか?」
との事です。

##2
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で宜しいと考えます。


##3
現在の内服薬についてお尋ねですが
内服されて宜しかろうと今の私は考えます。

##4
「腕のだるさ、手のこわばりを緩和させる薬はありませんか?」
=>
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。

##5
##4に関しては御相談者はかなりの「症状・症候」のお強い
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
ですから。
いずれをもしっかりと「治療戦略」を立てていただき
「治療」を進められていかれたほうが宜しいと今の私は考えます。

##6
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##7
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれて下さいませ。

##8
適切な表現が思い浮かばないのですが
「頭痛専門外来」の「頭痛専門医」(この名称の専門医はありません)
先生でも「偏頭痛」の患者さんはよいのだが「緊張型」の患者さん
の苦手な先生が多いものです。
このことも何卒にお大事にされてくださいませ。


##9
「シップ、磁気バンでは効果がありませんでした。
外用薬は何がよろしいでしょうか?」との事です。
申し訳御座いません。
御解答限界で御座います。

##10
「頭痛」の診断・治療は難解であり長い臨床経験必要で御座います。


「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。






上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年7月22日 11時43分9秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名   
はじめまして。41歳 男性です。
今年の6月に入りストレスを感じることがあり、
首・背中に強烈なこりと全身の倦怠感、腕がだるい、ろれつがまわりにくい、
筋肉のピクつきなどの症状が現れました。手のこわばりもあります。
頭痛はほとんどありません。
顧客先での会議などで特にこりがひどくなり辛い思いをします。
会社から帰宅した時間帯に症状が緩和します。
16年前にも、同じような症状で神経内科を受診し
MRIや血液等の検査をしましたが特に異常はなく、
かなり長い間(数ヶ月)苦しんだのを覚えています。
その後、現在まで慢性的に首のこり、筋肉のぴくつきはありました。
このサイトで「緊張型に伴う複合病態」を知り自分の症状と一致する点が多く、
(左側の症状が強い、2月に胃の激痛、1時、4時に目がさめる、
休日も辛いなどもご指摘どおりです。)
脳神経外科の頭痛専門外来を受診しましたが、
頭痛がないのに緊張型頭痛とは診断できないと言われ
首のレントゲンや握力等を検査されましたが異常はありませんでした。
精神的なものだろうと言われデパスを処方されました。
現在、こりのひどい時だけ、デパスを飲み鍼治療に通っています。
背中のこりは多少緩和されてきましたが、
腕のだるさ、手のこわばりは緩和されていません。

緊張型頭痛だと考えてよろしいでしょうか?
デパスは、定期的に飲みつづけた方がよろしいでしょうか?
腕のだるさ、手のこわばりを緩和させる薬はありませんか?
シップ、磁気バンでは効果がありませんでした。外用薬は何がよろしいでしょうか?
以上、宜しくお願い致します。

[2004年7月22日 11時11分25秒]
by mmdmsci | 2004-08-12 12:58 | 緊張型頭痛

2ヶ月ほど前から頭がしめつけられているような圧迫感

ご心配なことと存じます。


#1
##1
「母(67歳)のことでお聞きしたいのですが、
2ヶ月ほど前から頭がしめつけられているような圧迫感と
頭の一部分が脈うつような静電気が起こってるような感じが一日中するといいます。

このためにあまり眠れないようです。
今年の5月に大学病院の神経内科の先生にパーキンソン病と診断され、

一日にマドパー1,5錠とカバサール1錠を飲んでいますが、
今の担当医の先生にはパーキンソンとは関係ないと言われました。

両手の薬指と小指も少ししびれており、舌の痛みもあり困っています。

頭と指の症状は5月からはじまっています。
この薬の量では副作用でもないと言われ、わからないので
神経科にいってほしいと言われましたが、
何か他の病気があるのでしょうか?

教えてください。よろしくお願いいたします。」
との事です。



#2
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
確かにお母様の「症状・症候」は「パーキンソン症候群」
の「症状・症候」では御座いません。

##2
或は「パーキンソン症候群」の「治療」に伴う内服薬による
「オン・アンド・オフ症候群」その他の「特殊な「症状・症候」」
でも御座いません。

##3
「頭の一部分が脈うつような静電気が起こってるような感じが」
という「「症状・症候」が
「お受けもちの先生」から「心療内科専門医先生」を
「御受診」されるようにと仰られた理由でもあろうか
と考えております。




#3
##1
「2ヶ月ほど前から頭がしめつけられているような圧迫感と
頭の一部分が脈うつような静電気が起こってるような感じが
一日中するといいます。」
との事です。

##2
この「症状・症候」は
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「症状・症候」で御座います。

##3
「両手の薬指と小指も少ししびれており、舌の痛みもあり困っています。
頭と指の症状は5月からはじまっています。」
との事です。

##4
##3は「緊張型しびれ(あだ名です)」の「症状・症候」
であり「しびれ感」もおありのようです。

##5
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「症状・症候」は
大変に正診断率の大変低い「頭痛系の「症状・症候」」でございます。

##6
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「症状・症候」の特徴を「補足1」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「発症」の時間依存性につき「補足2」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の「しびれ感」につき「補足3」
に御記載致します。



#4
##1
お母様は「肩こり・頸こり・背中こり」」が御強くはないでしょうか。

##2
「頭痛系の疾患」で「機能性頭痛」には
「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」等があります。

##3
「機能性頭痛」といわれる「頭痛」の一群は
各々の「機能性頭痛」の「成分」がよく混じり合います。

##4
「機能性頭痛」とは「「中枢神経系の「器質的疾患」
(脳腫瘍や脳血管障害等)」などによる「症候性頭痛」
でなない「頭痛」を呼称致します。

##5
「しめつけ感」でくる耳から後の「症状・症候」はいわく言いがたい
ものなのですが。

##6
御相談者の御相談内容要旨御記載からはお母様は
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
であろうと今の私は考えます。

##7
そして「緊張型」に特有な「しびれ感」もおありのようです。





#5結論:
##1
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
確かにお母様の「症状・症候」は「パーキンソン症候群」
の「症状・症候」では御座いません。

##2
或は「パーキンソン症候群」の「治療」に伴う内服薬による
「オン・アンド・オフ症候群」その他の「特殊な「症状・症候」」
でも御座いません。

##3
この「しびれ感」を伴う頭の「しめつけ感」は
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。

##4
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」
の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##5
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれて下さいませ。

##6
一刻も早く御相談者の「症状・症候」が寛解される日の来られる事を・
一刻も早いご回復を心より御祈り申し上げます。





上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。






++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さて「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には特徴がございます。

##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1-2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:Barber's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
肋骨や腹部が「痛くは」有りませんか。
「「肩こり背中凝り」の前への押し寄せ」の「症状・症候」
で御座います。
##31
「甲状腺機能」の「異常所見」を指摘されたことが
おありではないでしょうか。
##32
「左側」のほうが痛くはありませんか。
##33
後頭部や後頚部に「しこり」のようなものがあり
さわると痛くないでしょうか。





以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。


++「補足2」++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの
時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。

##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。

##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。

##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。

##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。

##8
11月ー12月に「しびれ感」が
上肢或は下肢におきたり「ふわふわ感」が起きたり致します。

##9
皮肉なことに俗に言う風邪をひかれた後に「症状・症候」
が発現して「診断」がつかないことが御座います。

##10
「細菌性気管支炎
或は「反復性上気道感染」をおこされ
「無菌性髄膜炎」と診断されることが稀ならずあります。

##11
##10ならずとも「耳鼻の奥の「閉塞感」」の
「症状・症候」が発生することもあり
「耳鼻科専門医先生」で「御診断」が付かないことが
多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。




++「補足3」++++++++++++++++++++++++++++++++++++
しびれがあるとのことですが。
下記については如何でしょうか。

「緊張型頭痛」或いは「「緊張型」及びその「複合病態」」
では「特有な「しびれ感」」が「症状・症候」としてでます。


##1
手指の親指・人指指(第1・第2指)か
小指・薬指(第4・第5指)に
絵に書いたような「しびれ感」があるのが特徴ですが如何でしょう。

##2
まずほかの手指には来ません。

##3
男性が腕時計を眺める上肢の部位にしびれ感があるのが
特徴で御座います。
如何でしょう。

##4
また手のひらが赤く霜「降り状」の白い斑点がないでしょうか。


##5
これらの「症状・症候」は朝方強いという特徴
が御座います。

##6
この「しびれ感」は
「頚椎の病気(「頚椎症」とか頚椎椎間板ヘルニア)」
が原因と間違われることが多くこの場合は厄介です。

##7
皮肉なことに脳MRIから
「脳神経外科専門医」の疾患である
「キアリ・アーノルド奇形」
「脊椎空洞症」等と間違われることがあります。

##8
上肢に「しびれ感」のある患者さんは下肢にも
また下肢に「しびれ感」のある患者さんじは下肢にも「しびれ感」の
有ることが多いものです。

##9
下肢の「しびれ感」の場合は足指の親指・薬指の根元、
・足の甲(足背部)・踝・外側大腿に「しびれ」がきます。

##10
下肢の「しびれ感」の場合膝の裏が「糊付けされたような」
「張り紙様の硬さで「張って」いることが多いものです。

##11
おおくの場合「末梢循環障害」とりわけ「下肢静脈還流不全状態」
で疼痛性歩行障害にいたることが御座います。

##12
またこの「しびれ感」はおかお特に下口唇に「しびれ感」
を併発することが御座います。



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[2004年7月27日 18時26分18秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: ゆきんこ   
*相談掲示板がメンテナンス中のため
電子メールにて頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*



母(67歳)のことでお聞きしたいのですが、
2ヶ月ほど前から頭がしめつけられているような圧迫感と
頭の一部分が脈うつような静電気が起こってるような感じが一日中するといいます。

このためにあまり眠れないようです。
今年の5月に大学病院の神経内科の先生にパーキンソン病と診断され、

一日にマドパー1,5錠とカバサール1錠を飲んでいますが、
今の担当医の先生にはパーキンソンとは関係ないと言われました。

両手の薬指と小指も少ししびれており、舌の痛みもあり困っています。

頭と指の症状は5月からはじまっています。
この薬の量では副作用でもないと言われ、わからないので
神経科にいってほしいと言われましたが、
何か他の病気があるのでしょうか?

教えてください。よろしくお願いいたします。

[2004年7月27日 18時12分18秒]
by mmdmsci | 2004-08-12 12:55 | 緊張型頭痛

左側のこめかみや耳の上の部分が痛みます。

ご心配なことと存じます。
御相談者の御相談内容要旨御記載からは他の「緊張型頭痛」
の患者さんへの御解答も御読みになられていらっしゃると
存じます。

御相談者の御考えどおり典型的な「緊張型頭痛」で
御座います。
下記に順を追って御回答致します。




#1
##1
「こんにちは。初めて書き込みいたします。
私は29歳、女性です。
さて、昨年の10月頃より今にいたるまでずっと
左側のこめかみや耳の上の部分が痛みます。

非常に鈍い頭痛なので放っておいても大したことはないのですが、
常にダルい感じがして何事にも集中できません。

何となく左耳の中が詰まっている感じがしたり
耳の下の部分も重い感じがするので耳に異常がある気もするのですが、
痛むのは左側だけです。

他の方のコメント等も読む限り、緊張型頭痛かなという気もするのですが、
今まで脳の検査等はしたことはありません。

やはり一度病院で検査を受けた方がいいのでしょうか?

(その場合は脳神経外科ですか、それとも耳鼻科ですか?)
それともマッサージや頭痛薬等で痛みを和らげる程度でいいのでしょうか?

ちなみに頭痛薬として時折イブプロフェンを飲みますが、
効いているかはイマイチよく分かりません。」
との事です。







#2
##1
「さて、昨年の10月頃より今にいたるまでずっと
左側のこめかみや耳の上の部分が痛みます。
非常に鈍い頭痛なので放っておいても大したことはないのですが、
常にダルい感じがして何事にも集中できません。」
との「症状・症候」は。

##2
典型的な「緊張型頭痛」で御座います。

##3
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
で御座います。

##4
「緊張型」はよく「耳や鼻の閉塞感」も併発して「症状・症候」が
頭の「耳」より「後半部から頚部・肩にかけての「頭痛+肩こり」で
きます。

##5
「温度覚」を「センサー」としていることもあり「鈍い痛み」或は
「「背中バリバリ症候群」(あだ名です)=「肩・背中にわたり激痛・鈍痛の塊と思えるような痛み」
でくるという特徴が御座います。




#3
##1
「何となく左耳の中が詰まっている感じがしたり
耳の下の部分も重い感じがするので耳に異常がある気もするのですが、
痛むのは左側だけです。」
との事です。

##2
この「左が辛い」「症状・症候」や「耳や鼻の閉塞感」は「緊張型」に
特有なもので御座います。

##3
念のために
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の特徴を「補足1」に。
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の発症・「症状・症候」の時間依存性を「補足2」に御記載致します。





#4
##1
「やはり一度病院で検査を受けた方がいいのでしょうか?」
との事ですが「検査」の対象となる「症状・症候」が
「頭痛系の「症状・症候」」や「耳や鼻の閉塞感」であるのであれば。

##2
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」の先生を御受診される
ことが肝要であり
検査が必要とあらば
「頭痛系の疾患」がお得意な「脳神経外科専門医」の先生に
判断していただければ宜しいと今の私は考えます。

##3
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
積極的な「中枢神経系の「器質的疾患」(脳腫瘍や脳血管障害等)」
に関して精査の必要は少ないと今の私は考えます。

##4
「(その場合は脳神経外科ですか、それとも耳鼻科ですか?)」
との事です。

##5
「脳神経外科専門医先生」で宜しいのですが
「脳神経外科専門医先生」でも「頭痛系の「症状・症候」」が
「ちんぷんかんぷん」の先生がいらっしゃり
この「落差」は患者さんがたの「想像」を遥かに絶するものです。

##6
「耳鼻科専門医先生」の「御受診」は必要が御座いません。






#5
##1
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の治療法ですが
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服、
外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。

##2
「鎮痛剤」は効果がないどころか「病態」を悪化させることも
あるので極めてご注意下さい。

##3
「ちなみに頭痛薬として時折イブプロフェンを飲みますが、
効いているかはイマイチよく分かりません。」
との事ですが効果はないはずです。


##4
よく「緊張型頭痛」の患者さんは「ストレッチ」をしなさいとか
「リラクセーション」をしなさいとか「絵に描いた餅」のような
決まり文句がありますが感心しません。

##5
ストレスには弱くなります。
「因果関係」を逆転すればストレスから「発生」するようにみえるが
間違いなのです。





#6結論:
##1
「緊張型頭痛」のようであるとおっしゃられて「脳神経外科専門医先生」
を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

##2
「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
の患者さんの場合「入浴」は極めて「症状・症候」や「思考過程」にも
効果が有りますが「マッサージ」に関しては
「効果は少ない」と今の私は考えます。

##3
しっかり治されるためには「頭痛系の疾患」
がお得意な「脳神経外科専門医」の先生を御受診されると
宜しいと今の私は考えます。

##4
但し「脳神経外科専門医」の先生の中にも
「頭痛系の疾患」が苦手な先生のいらっしゃいます。
このことは何卒覚えておかれて下さいませ。





上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。





++「補足1」++++++++++++++++++++++++++++++++++++
さて「緊張型頭痛」或は「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には特徴がございます。

##1
「残像」が「強く」光が嫌いでは
##2
「肩こり頸こり背中凝り」ひどくないですか。
##3
視覚に写るものの「影が薄く」(印象が乏しく)ありませんか。
##4
忘れ物が多くなっていませんか。
##5
土・日曜日には決まって頭痛あり月曜日体調不良では。
##6
お水を飲むとお化粧室直行の「ミルクのみ人形現象(あだ名です)は。
##7
アレルギーもしくは「呼吸器感染」の反復は
##8
光・音に過敏になられていませんか。
##9
就眠時にお布団を抱え込むようにして右下でお休みになられていませんか。
##10
就眠中夜中午前1時、4時にぴたりと目の覚める「睡眠障害」は。
##11
目の奥がチクチク痛んだり眼球が乾いた感じがしませんか。
##12
眼球結膜が赤くなって慌てられたことはありませんか
おおくは片側です。
##13
低い枕でないとお休みになれないのでは
##14
節分(1-2月)そして梅雨のころ胃が痛かったことは(胃ばけ(あだ名です)
##15
物が飲み込みにくく腹部が張った感じがされませんか。
##16
休日が窮日になり上手に「休息」を取れない特徴は如何でしょう。
##17
終末に具合が悪くなりませんか。
##18
いつも眠気が取れず思考力が低下している感じがしませんか。
##19
「腕、肩、背中一面」の重さや指先の「重さ」=「しびれ感」
はありませんか。
##20
俗に言う「貧血」で「ふわふわ感」や「くらくら感]
がくることはありませんか。
##21
「耳鼻の奥の「閉塞感」」はありませんか。
##22
水分が足りずお顔や特に手掌が赤くなってはいませんか。
##23
喉の乾きによる「喉の痛み・違和感」がおありではないですか。
##24
口腔内に唾液分泌は少ないのだけれども唾液が溜まっている
感じはありませんか。
##25
咳をすると痛みませんか。
##26
「下をむくと」辛い感じがされませんか。
(バーバーズ・サイン:Barber's sign:理髪店症候)
##27
他のかたと視線を合わせるのに臆病になられていませんか。
##28
急に体がフワフワと鋭角的にシフトするような感じがしませんか。
##29
お布団の上でお休みになるとき枕の上に頭をのせると
天井がゆれませんか。「めまい感」がされませんか。
##30
肋骨や腹部が「痛くは」有りませんか。
「「肩こり背中凝り」の前への押し寄せ」の「症状・症候」
で御座います。
##31
「甲状腺機能」の「異常所見」を指摘されたことが
おありではないでしょうか。
##32
「左側」のほうが痛くはありませんか。
##33
後頭部や後頚部に「しこり」のようなものがあり
さわると痛くないでしょうか。





以上の項目は「緊張型」の不思議だじが重用な特徴です。

++「補足2」++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「緊張型頭痛」或は「緊張型頭痛」或は
「「緊張型」及び「緊張型に伴う複合病態」」
には「症状・症候」発現に時間・曜日・月などの
時間帯依存性が御座います。
これらを下記に記載いたします。

##1
2月・6-7月、9月・11月に症状が悪化・発症
(feb/june/fall crisis)することが多いです。

##2
(月)(木)に症候悪化がくることが多いものです。

##3
(土)(日)が休日ではなく窮日になり
「週末頭痛・週末症候群」の状態になります。

##4
よく土日に「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」でたまりかねて
「救急車騒ぎ」をおこさることが御座います。

##5
早朝もしくは朝の起床時に30分以内に
「症状・症候」の増悪することが多いものです。
##6
よく「めまい感」+「胃痛」+「悪心・嘔吐」
でたまりかねて「救急車騒ぎ」をおこされます。

##7
午後「眠くて致し方がない」「症状・症候」できます。

##8
11月ー12月に「しびれ感」が
上肢或は下肢におきたり「ふわふわ感」が起きたり致します。

##9
皮肉なことに俗に言う風邪をひかれた後に「症状・症候」
が発現して「診断」がつかないことが御座います。

##10
「細菌性気管支炎
或は「反復性上気道感染」をおこされ
「無菌性髄膜炎」と診断されることが稀ならずあります。

##11
##10ならずとも「耳鼻の奥の「閉塞感」」の
「症状・症候」が発生することもあり
「耳鼻科専門医先生」で「御診断」が付かないことが
多いものです。

上記は「緊張型」の不思議だが
重用な「時間・曜日・月依存性傾向」の特徴です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[2004年7月29日 11時56分28秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: よき田   
こんにちは。初めて書き込みいたします。
私は29歳、女性です。
さて、昨年の10月頃より今にいたるまでずっと
左側のこめかみや耳の上の部分が痛みます。

非常に鈍い頭痛なので放っておいても大したことはないのですが、
常にダルい感じがして何事にも集中できません。

何となく左耳の中が詰まっている感じがしたり
耳の下の部分も重い感じがするので耳に異常がある気もするのですが、
痛むのは左側だけです。

他の方のコメント等も読む限り、緊張型頭痛かなという気もするのですが、
今まで脳の検査等はしたことはありません。

やはり一度病院で検査を受けた方がいいのでしょうか?

(その場合は脳神経外科ですか、それとも耳鼻科ですか?)
それともマッサージや頭痛薬等で痛みを和らげる程度でいいのでしょうか?

ちなみに頭痛薬として時折イブプロフェンを飲みますが、
効いているかはイマイチよく分かりません。


[2004年7月29日 10時53分31秒]
by mmdmsci | 2004-08-12 12:44 | 緊張型頭痛

まず短期的な記憶ができません。

ご心配なことと存じます。


この御相談者の御記載内容からは
過去数年来「急増」している「症状・症候」で御座います。

「記銘力障害」=「recent memory disturbance」=
「リースント・メモリー・デイスターバンス」
という「症状・症候」で御座います。

下記順を追って御回答致します。



#1
##1
「まず短期的な記憶ができません。
例えば2桁以上の暗算での計算で
、問題が記憶できずに計算がなりたたなかったり、
仕事などの簡単な説明で2つ以上の事柄で一つ一つは理解できても
2つめの説明を聞いたら1つ目を忘れてしまう状態です。

あと前日や午前中にやった事柄を忘れてしまいます。
よく落ち込んで鬱っぽくなることもあります。

何とか社会生活は送れているので問題ないのかも知れませんが
新しいことに積極的にチャレンジすることが出来ずに困ってます。

昔からという感じもしますが最近特に感じます。
あと鼻炎持ちですが関係ありますか?
治療法などありましたら。お願いします。」
との事です。




#2
##1
「記憶」という用語は実は「医学用語」でじは御座いません。

##2
俗に言うにいう「記憶」には大きく分けると「2種類」御座います。

##2
###1
「古い昔の記憶」=「remote memory」=「リモート・メモリー」
と呼称致します。

###2
「リアルタイムの「記憶」」=「recent memory」と呼称致します。
の「2種類」で御座います。

##3
御相談者の御相談内容からは
「まず短期的な記憶ができません。」との「症状・症候」より
「記銘力障害」=「recent memory disturbance」の障害であると
今の私は考えます。

##4
#4以降に下記順を追って御回答致します。

##5
その前に「古い昔の記憶」=「remote memory」=「リモート・メモリー」
の障害についても#3に簡単にご説明を致して起きます。




#3
##1
「記銘力障害」=「recent memory disturbance」は
例えば学校のテストの「暗記物」ができにくくなったり・或いは
「「計算能力」がおちた」「説明がうまくできない」
「プレゼンテーションがうまくできない」などの。

##2
時として極めて日常的な「社会生活」に
「症状・症候」として「支障」を来たすことが御座います。

##3
過去10年ほど前までは
「記銘力障害」=「recent memory disturbance」は
通常「初老期痴呆」の「症状・症候」として「有名」で御座いました。

##4
一方
「古い昔の記憶」=「remote memory」の障害
即ち「記憶力障害」=「remote memory disturabance」は通常の場合・
通常のかたに・通常の状況・にて
おこりうるものでは決してないのです。

##5
けれども
「記憶力障害」=「remote memory disturabance」は
「アルツハイマー痴呆」などの「「中枢神経系神経細胞障害」や
「ビンスワンガー痴呆」などの「脳血管障害性痴呆」の
「「部分」「症状・症候」」としてつとに「有名」です。




#4
##1
御相談者の御相談内容からは
「例えば2桁以上の暗算での計算で
、問題が記憶できずに計算がなりたたなかったり、
仕事などの簡単な説明で2つ以上の事柄で一つ一つは理解できても
2つめの説明を聞いたら1つ目を忘れてしまう状態です。

あと前日や午前中にやった事柄を忘れてしまいます。
よく落ち込んで鬱っぽくなることもあります。」との事ですから。

##2
この「
記銘力障害」=「recent memory disturbance」=
「リースント・メモリー・デイスターバンス」
の「症状・症候」で御座います。


##3
「アルツハイマー痴呆」或いは「ビンスワンガー痴呆」に特有の
「古い昔の記憶の障害」=「remote memory disturabance」=
「リモート・メモリー・デイスターバンス」とは
到底考えられません。



##4
だから
「記銘力障害」=「recent memory disturbance」として
「症状・症候」を御理解されて
「まず短期的な記憶ができません。例えば2桁以上の暗算での計算で・略・」
等の「症状・症候」を御評価いただけますように。






#5
##1
「記銘力障害」=「recent memory disturbance」=
「リースント・メモリー・デイスターバンス」の患者さんは
最近「パソコン」の進歩とともに急増しているといわれます。

##2
「記銘力障害」=「recent memory disturbance」=
「リースント・メモリー・デイスターバンス」
は初発「症状・症候」は日付でいえば「何月」はえわかっても「何日」だか
判らないという「症状・症候」から始まることが多いものです。


##3
暦の「経時的」な「流れ」が不連続になってきます。

##4
幸いに「カレンダー」はどこにでもあるから自覚的にも他覚的にも
「記銘力障害」=「recent memory disturbance」=
「リースント・メモリー・デイスターバンス」の「初期」は
気がつかれないことが多いものです。

##5
「記銘力障害」=「recent memory disturbance」=
「リースント・メモリー・デイスターバンス」
おおくは「一過性」であり「重大事」に至る事はすくないものです。

##6
けれども
「記銘力障害」=「recent memory disturbance」=
「リースント・メモリー・デイスターバンス」
は継続すると「カレンダー系」がわからなくなります。
=>
「time」

##7
また
「人間」対「人間」の「者間距離」が「計れなくなり」ます。
=>
「personn」

##8
そして御自分の「居場所」に対する適切な「実感」がなくなります。
=>
「place」


##9
##6+##7+##8=「time」+「place」+「person」の
認識能力の低下から
「失見当識」=或いは「見当識障害」=「dis-orientation:デイスオリエンテーション」
にいたると「社会的生産性」におおきな障害を来たすようになります。

##10
##9の「症状・症候」はよく「うつ(欝)病」「うつ状態」と間違われる
ことが多いものです。
注意が必要です。




#6
##1
「失見当識」=或いは「見当識障害」=
「dis-orientation:デイスオリエンテーション」
はよく
「自律神経失調症」「メニエル症候群」「更年期障害」
「頚椎の疾患」「うつ状態・うつ病」・「OA症候群」等ととよく間違えられます。

##2
治療法は「デジタル環境」から緊急に「離れること」および「手書きの日記」を
付けるなどの「生活改善」を大前提として
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や外用薬も用いて場合により
「緊張型」に対して神経ブロックを施行いたします。

##3
「劇症化」すると「夜昼逆転」する「ドラキュラ症候群」(あだ名です)
にて「昼間」は眠くて眠くて致し方が無く「夜」は逆に「眠れない」
などの「症状・症候」が発生致します。

##4
「記銘力障害」=「recent memory disturbance」=
「リースント・メモリー・デイスターバンス」の患者さんの
「治療戦略」がお得意な
「脳神経外科専門医」先生を受診されると宜しいと今の私は考えます。







#7結論:
##1
御相談者の御相談内容からは
典型的な
「記銘力障害」=「recent memory disturbance」=
「リースント・メモリー・デイスターバンス」の「症状・症候」
で御座います。

##2
若年性の
「記銘力障害」=「recent memory disturbance」=
「リースント・メモリー・デイスターバンス」の患者さんは
過去数年来急増しています。

##3
治療法は「デジタル環境」から緊急に「離れること」および「手書きの日記」を
付けるなどの「生活改善」を大前提として
筋肉を柔らかくする即効性・持続性のお薬を内服や外用薬も用いて場合により
「緊張型」に対して神経ブロックを施行いたします。


##4
「記銘力障害」=「recent memory disturbance」=
「リースント・メモリー・デイスターバンス」の
患者さんの「治療戦略」がお得意な
「脳神経外科専門医」先生を受診されると宜しいと今の私は考えます。

##5
但し「記銘力障害」=「recent memory disturbance」=
「リースント・メモリー・デイスターバンス」の
患者さんの「治療戦略」に苦手な
「脳神経外科専門医」先生もいらっしゃいます。
このことは何卒に御銘記下さいませ。





上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。






上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。





何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。





何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

[2004年8月1日 9時17分43秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 中山亨直    URL
まず短期的な記憶ができません。
例えば2桁以上の暗算での計算で
、問題が記憶できずに計算がなりたたなかったり、
仕事などの簡単な説明で2つ以上の事柄で一つ一つは理解できても
2つめの説明を聞いたら1つ目を忘れてしまう状態です。

あと前日や午前中にやった事柄を忘れてしまいます。
よく落ち込んで鬱っぽくなることもあります。

何とか社会生活は送れているので問題ないのかも知れませんが
新しいことに積極的にチャレンジすることが出来ずに困ってます。

昔からという感じもしますが最近特に感じます。
あと鼻炎持ちですが関係ありますか?
治療法などありましたら。お願いします。

[2004年7月31日 19時37分15秒]
by mmdmsci | 2004-08-12 12:27 | 緊張型頭痛