星細胞膠腫 アストロサイトーマ グリオーマ

ご心配なことと存じます。
お力落としのことと存じます。

「悪性脳腫瘍とのことでとても悲しんでいます。」
との事です。

お力落としのことと存じます。




#1
##1
「34歳女性です。
お忙しいところを御相談頂けますか。
私の親しい友人(32歳女性)が先月に市立病院星で星細胞膠腫グレード2と診断されました。
場所は大脳の右の前頭葉で2cmくらいのおおきさだそうです。
悪性脳腫瘍とのことでとても悲しんでいます。

星細胞膠腫とはどのような脳腫瘍なのでしょうか。また治るものなのでしょうか。
急ぎませんのでお時間のあるときにご解答いただければ結構です。
是非山本先生のご意見を伺いたいと思いまして。
よろしくおねがいいたします。」
との事です。



#2
##1
「星細胞膠腫:アストロサイトーマ:astrocytoma」は「中枢神経系」の
「神経細胞」以外の「構成細胞」である
「神経膠細胞:しんけいこうさいぼう:glia:グリア」の一種の。

##2
「神経膠細胞:しんけいこうさいぼう:glia:グリア」の
「astrocyte:アストロサイト」を「起源」として発生する
「グリオーマ(gloma)」といわれる「範疇:はんちゅう」の
「脳腫瘍」で御座います。

##3
「グリオーマ(gloma)」は「脳腫瘍」であり「悪性脳腫瘍」で
御座います。

##4
ご友人の
「星細胞膠腫:アストロサイトーマ:astrocytoma」「Gr(グレード)」=2
も「グリオーマ(gloma)」であり
「悪性脳腫瘍」で御座います。




#3
##1
「星細胞膠腫:astrocytoma(アストロサイトーマ)」
にもさまざまな種類があります。

##2
「乏突起神経膠腫:oligodendro-glioma」は多くの場合
「mixed oligo-astrocytoma:混合乏突起神経膠腫星細胞膠腫」の形を
とります。

##3
近代「脳腫瘍」の分類は「Bailey and Cushing:ベイリー・クシング:1926」
の分類を用いて基本的な名称が「脳腫瘍」につけられています。

##4
「Bailey and Cushing:ベイリー・クシング:1926」分類とは
「中枢神経系」構成細胞から各々の「脳腫瘍」が発生するという
ものです。

##5
「分類」が78年経過した現在も「ゆるぎないもの」として
「神経病理学」の世界では「不動の位置」を占めています。

##6
また「glioma(グリオーマ)」には「病理組織検査診断」の「組織形態」
に基づいた
「Gr(グレード)」 0-4という「悪性度」の分類が御座います。




#4
##1
「私の親しい友人(32歳女性)が先月に
市立病院星で星細胞膠腫グレード2と診断されました。
場所は大脳の右の前頭葉で2cmくらいのおおきさだそうです。
悪性脳腫瘍とのことでとても悲しんでいます。」
との事です。

##2
すでに手術もすまされて「「病理組織検査」による「病理組織診断」
にてまた「Gr(グレード)」 0-4という「悪性度」の分類のうちの
「Gr(グレード)」2ということであろうと推察致します。

##3
「星細胞膠腫:アストロサイトーマ:astrocytoma」
「Gr(グレード)」2は
「low grade glioma:ロウ・グレード・グリオーマ」とも
呼称されます。

##4
「星細胞膠腫:アストロサイトーマ:astrocytoma」「Gr(グレード)」2は
「benign glioma:良性グリオーマ」とも呼称されますが。

##5
##4は「脳神経外科専門医」でも「脳腫瘍専門医」(この名称の専門医はありません)
が用いる「用語」であり誤解を招くので
「一般「脳神経外科専門医」」や「御家族」への「御説明」には
用いるべきでは御座いません。

##6
「星細胞膠腫とはどのような脳腫瘍なのでしょうか。」
との事です。
上記御回答致しました。
うまくご説明できているとよろしいのですが。




#5
##1
「星細胞膠腫とはどのような脳腫瘍なのでしょうか。また治るものなのでしょうか。」
との事です。

##2
「場所は大脳の右の前頭葉で2cmくらいのおおきさだそうです。」
との事です。

##3
ご友人の場合すでに「開頭手術」は済まされていると
推察致します。

##4
「場所は大脳の右の前頭葉で2cmくらいのおおきさだそうです。」

「星細胞膠腫:アストロサイトーマ:astrocytoma」「Gr(グレード)」2
であれば。

##5
右前頭葉で「グリオーマ(gloma)」の
「運動領野:うんどうりょうや」に「浸潤」がないのであれば
「右前頭葉」を「摘出」致します。

##6
そして「化学療法」「放射線療法」「免疫療法」を「開頭手術」後に
施行致します。
この「グリオーマ(gloma)」の「治療戦略」を
「集学的治療:multi-disciplinary therapy」と呼称し
広く「悪性腫瘍」「治療戦略」の「原理」となっています。



#6
##1
「また治るものなのでしょうか。」
との事です。

##2
「悪性脳腫瘍」は
「相対生存率」=
「年齢により瞬間死亡率が異なるので「生命表理論」で計算する「生存率」」
で「「治療戦略」の「効果」を判定いたします。

##3
「32歳」で
「星細胞膠腫:アストロサイトーマ:astrocytoma」「Gr(グレード)」2

上記の様な「右前頭葉の摘出」が行なわれ
「集学的治療:multi-disciplinary therapy」が上手く
施行されていれば
10年生存率はほぼ100%ではないでしょうか。




#7結論:
##1
「私の親しい友人(32歳女性)が先月に
市立病院星で星細胞膠腫グレード2と診断されました。」
との事です。

##2
上記可能な限り御回答致しました。



##3
ただひとつ御相談者に覚えておかれておいて頂きたいことは
「脳神経外科専門医」といっても「悪性脳腫瘍」のトレーニングを
つまれた「脳神経外科専門医」先生は極めて少ないということで
御座います。


##4
外見からもしくは「脳神経外科専門医」肩書き
だけで「脳腫瘍専門医」(この名称の専門医はありません)
か否かは全く判りません。


##5
大学病院の「脳神経外科」でも
「脳腫瘍専門医」(この名称の専門医はありません)が皆無の
御施設も御座います。


##6
「脳神経外科専門医」であられても概ね50%は脳腫瘍のとりわけ
「グリオーマ(gloma)」の治療が苦手な先生がいらっしゃるという
ことを覚えておかれて下さいませ。


##7
このような御回答しかできなくて御免なさい。
申し訳御座いません。

##8
御友人の一刻も早い御相談者の「症状・症候」の寛解の得られること・
一刻も早い「症状・症候」のご回復を心より御祈り申し上げます。






上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。





何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。





何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

[2004年7月15日 11時59分23秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: なでしこ   
34歳女性です。
お忙しいところを御相談頂けますか。
私の親しい友人(32歳女性)が先月に市立病院星で星細胞膠腫グレード2と診断されました。
場所は大脳の右の前頭葉で2cmくらいのおおきさだそうです。
悪性脳腫瘍とのことでとても悲しんでいます。

星細胞膠腫とはどのような脳腫瘍なのでしょうか。また治るものなのでしょうか。
急ぎませんのでお時間のあるときにご解答いただければ結構です。
是非山本先生のご意見を伺いたいと思いまして。
よろしくおねがいいたします。

[2004年7月14日 19時59分0秒]
by mmdmsci | 2004-07-15 13:39 | グリオーマ


<< ハンドバッグや娘の幼稚園バッグ... 「パーキンソン症候群」 >>