解離性離性左椎骨動脈瘤

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「こんにちは、私は名古屋に住む30歳の女性です。先月4月25日に主人が突然倒れ
病院に運ばれました。検査の結果くも膜下出血(破裂解離性左椎骨動脈瘤)と
診断されました。動脈瘤は長く大事な脳の血管をまたいで存在しているので
単純に動脈瘤を詰めてしまうことはできず、そうすると小脳脳幹梗塞になる可能性
が高くなるので、母血管(動脈瘤に血流を送っている血管)の閉塞の手術を行いまし
た。その後、1ヶ月が経って脳血管撮影をしましたが、まだ動脈瘤は残っていると
医師から言われました。
現在、手足の麻痺はありませんが、目が見にくいと言います。
医師はCTとMRIを見てもどこも異常はないし
眼科の検査では眼底検査も異常ないし原因が分からないと言います。
視力は左目が0、01で右目が手動弁と言われました。
このような症状は後遺症だと思いますが、原因が分からないと治療もできません。
なにか、原因が分かりましたら教えていただきたいです。
名古屋市内で脳の後遺症を扱っている眼科があったら教えて下さい。」
との事です。



#2
##1
「解離性脳底動脈動脈瘤」ではなくて
「解離性離性左椎骨動脈瘤」のようです。

##2
「「解離性脳底動脈動脈瘤」の「成分」もおありになられた
のであろうと存じます。

##3
「左」の「椎骨動脈」の閉塞をおこなわれたものと
考えます。

##4
「椎骨動脈」は左右にある頭蓋内にはいって合体して
「脳底動脈」になります。

##5
当然「両側」の「椎骨動脈」を閉塞させたらば
脳幹部に血流がとだえますから。

##6
左側のみの閉塞でありこの場合当然
右からの血流がありますから。
脳血管障害にて動脈瘤は造影されます。




#3
##1
「視力視野障害」ですが「起きうる可能性」の
あるものは
「後方還流系」(「椎骨脳底動脈動脈系」)の
「虚血性脳血管障害」の状態
=>
後頭葉から惹起される「視野障害」であると考えます。


##2
また外眼筋麻痺を起こしうる脳神経の麻痺なども
考えなくてはいけませんが「複視」はないから大丈夫
として。

##3
起きている可能性は「左後大脳動脈」領域の
軽微な「「塞栓」による「脳梗塞」=「脳塞栓(のうそくせん)」
が考えられます。

##4
この場合右「同名性半盲」のパターンをとります。
右が「みづらく」なると考えます。

##5
この軽微な「同名性半盲」を検査で調べるためには
「眼科専門医先生」の精密「視野検査」が必要で御座います。

##6
「眼科専門医先生」による
場合により「赤色視野検査」も必要であろうと考えます。





#4結論:
##1
起きている可能性は「左後大脳動脈」領域の
軽微な「「塞栓」による「脳梗塞」=「脳塞栓(のうそくせん)」
が考えられます。

##2
この軽微な「同名性半盲」を検査で調べるためには
「眼科専門医先生」の精密「視野検査」が必要であり
場合により「赤色視野検査」も必要であろうと考えます。

##3
眼底検査に異常は出現しないはずで
御座います。

##4
但し「塞栓」による「脳梗塞」=「脳塞栓(のうそくせん)」
の「予後」はよい可能性が御座います。

##5
「名古屋市内で脳の後遺症を扱っている眼科があったら教えて下さい。」
=>

申し訳御座いません。
お役に立てません。
本当にご心配であろうに申し訳御座いません。

##6
さぞかしご心配とは存じますが。
「眼科専門医先生」に「視野障害」の検査を
しっかりと行っていただければと・
今の私は考えます。

##6
「塞栓」による「脳梗塞」=「脳塞栓(のうそくせん)」
ですから「視野障害」は時間とともに回復される・
改善される可能性がおおきいと今の私は考えます。


##7
一刻も早いご回復を心よりお祈り
申し上げます。
何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。






取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。


上記あくまでもご参考にまでお留めおきご無事にされて下さいませ。





何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年5月30日 17時57分50秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
*相談掲示板がメンテナンス中のため
電子メールにて頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*


こんにちは、私は名古屋に住む30歳の女性です。先月4月25日に主人が突然倒れ
病院に運ばれました。検査の結果くも膜下出血(破裂解離性左椎骨動脈瘤)と
診断されました。動脈瘤は長く大事な脳の血管をまたいで存在しているので
単純に動脈瘤を詰めてしまうことはできず、そうすると小脳脳幹梗塞になる可能性
が高くなるので、母血管(動脈瘤に血流を送っている血管)の閉塞の手術を行いまし
た。その後、1ヶ月が経って脳血管撮影をしましたが、まだ動脈瘤は残っていると
医師から言われました。
現在、手足の麻痺はありませんが、目が見にくいと言います。
医師はCTとMRIを見てもどこも異常はないし
眼科の検査では眼底検査も異常ないし原因が分からないと言います。
視力は左目が0、01で右目が手動弁と言われました。
このような症状は後遺症だと思いますが、原因が分からないと治療もできません。
なにか、原因が分かりましたら教えていただきたいです。
名古屋市内で脳の後遺症を扱っている眼科があったら教えて下さい。

[2004年5月30日 17時52分56秒]
by mmdmsci | 2004-06-17 11:24 | 脳神経外科


<< 「視床脳梗塞:ししょうのうこうそく」 「脊髄刺激:spinal co... >>