「視床脳梗塞」「虚血性脳血管障害」

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「先日は、母の視床下部の脳梗塞について
ご教授頂きありがとう御座いました。

母が発症して約2ヶ月になりましたが、
1ヶ月ほどで意識は戻りましたが、
言語障害と両目の瞼が開きません。

平衡感覚も若干悪いようで、
歩行訓練もバランスが取れずうまくいきません。

リハビリは、
歩行訓練及びバランス感覚の訓練が主で、
瞼の開眼のリハビリはないのですが、
これから先瞼は開くのでしょうか、

また、専門病院に転院させたほうが良いでしょうか、
宜しくお願いいたします。」

との事です。




#2
##1
「視床下部の脳梗塞」との事なのですが.

##2
「お受けもちの先生」も深いお考えの上での
「御診断」と考えますが。

##3
お母様の「症状・症候」からは
「視床下部の脳梗塞」の「症状・症候」は御記載からは
該当するものは見当たりません。

##4
但し
「視床脳梗塞:ししょうのうこうそく」であれば「「構語障害」など
また「運動失調」など今のお母様に関する
御記載の「症状・症候」におおいに合致いたします。


#3
##1
4月1日の脳血管障害・「虚血性脳血管障害」」の発作から
2ヶ月経過されています。

##2
1ヶ月で意識障害が回復されてきたのは
脳血管障害=「虚血性脳血管障害」=「脳梗塞」が
「脳血栓による脳梗塞」ではなく。

##3
「脳塞栓による脳梗塞」の要素をもたれていたからであると
今の私は考えます。





#4
##1
両側の「眼があかない」=「両側眼嶮下垂」が
「仮性眼嶮下垂」なのか「真性眼嶮下垂」なのかは
判断できません。

##2
いずれに致しましても
「眼嶮下垂」の「症状・症候」であると今の私は考えます。


##3
お母様の眼嶮下垂が「顔面神経麻痺」由来であるか
「動眼神経」由来であるかも
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
判断が出来ません。

申し分け御座いません。




#5
##1
「言語障害」の原因としてはお母様の場合
「失語症」即ち「運動性失語症」によるものか。

##2
「顔面表情筋」或は「舌筋群」の関与する
「構語障害」によるものなのかも
御相談者の御相談内容要旨御記載からは
判断が出来ません。

申し訳御座いません。






#6結論:
##1
「リハビリは、歩行訓練及びバランス感覚の訓練が主で、
瞼の開眼のリハビリはないのですが、
これから先瞼は開くのでしょうか
、また、専門病院に転院させたほうが良いでしょうか、
宜しくお願いいたします。」
との事です。

##2
今からお母様はは急速に回復されていくと考えます。

##3
リハビリでも「言語療法士」=「speech therapist:ST」による訓練も
リハビリプログラムのなかに取り入れられていくものと
今の私は考えます。

##4
そして
「顔面表情筋」も良い方向に向かわれるように
今の私は考えます。


##5
今の御施設にとどまられて
リハビリ及び「お受けもちの先生」とも御相談されながら
もうしばらく
「御様子見」をされるのが宜しいと今の私は考えます。


取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。





上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。






何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年5月29日 18時13分34秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
*相談掲示板がメンテナンス中のため
電子メールにて頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*


先日は、母の視床下部の脳梗塞について
ご教授頂きありがとう御座いました。

母が発症して約2ヶ月になりましたが、
1ヶ月ほどで意識は戻りましたが、
言語障害と両目の瞼が開きません。

平衡感覚も若干悪いようで、
歩行訓練もバランスが取れずうまくいきません。

リハビリは、
歩行訓練及びバランス感覚の訓練が主で、
瞼の開眼のリハビリはないのですが、
これから先瞼は開くのでしょうか、

また、専門病院に転院させたほうが良いでしょうか、
宜しくお願いいたします。

[2004年5月29日 18時4分53秒]
by mmdmsci | 2004-05-30 11:08 | 脳神経外科


<< 「緊張型頭痛」 「振戦:しんせん」には「活動時... >>