「cranio-cerebral disproportion」(「頭蓋骨・脳の容積不均衡」)

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「1.11ヶ月・男子(母、30歳)

2.息子が内臓の病気の為、右脳にある硬膜下血腫の手術を生後2ヶ月頃
  受けました。      
  術後しばらくしてから右脳の骨がずれていて
右脳中央部に骨がないことに気付きました。
  現在病気は手術をして経過良好です。
  しかし、11ヶ月になりますが、骨のない部分は、ぷよぷよのままです。

3.3-1 成長していく段階で、骨はまた作られるのでしょうか?
  3-2 作られるとすれば、
およそいつ頃他の部位ぐらいの硬さになりますか?

  よろしくお願いします。」
との事です。



#2
##1
「内臓疾患」とはおそらく「出血傾向」を伴われる病態であろうと
考えます。



#3
「1.11ヶ月・男子(母、30歳)」
=>
##1
11ヶ月であれば成人と異なり「頭蓋骨と硬膜」は分離せず頭蓋骨の内側に
硬膜が付着した状態に御座います。
##2
この状態は「3歳のお誕生日」まで続きます。
「3歳のお誕生日」を過ぎれば頭蓋骨と硬膜は互いに離れて
頭蓋骨と硬膜の間には隙間ができます。
##3
だから現在は「硬膜」は「頭蓋骨内側」に付着して「骨膜」の役割
をしている時期で御座います。
##4
因みに人体解剖学的に「骨」なのだけれども「骨膜」がないのは
成人の頭蓋骨の内側だけで御座います。

##5
だからお子様11ヶ月は「硬膜外出血」は作らずに「硬膜下血腫」しか
できません。



#3
「2.息子が内臓の病気の為、右脳にある硬膜下血腫の手術を生後2ヶ月頃
  受けました。      
  術後しばらくしてから右脳の骨がずれていて
右脳中央部に骨がないことに気付きました。
  現在病気は手術をして経過良好です。」
  
との事です。


##1
「息子が内臓の病気の為、右脳にある硬膜下血腫の手術を生後2ヶ月頃
  受けました。」
=>
###1
分娩時の頭部外傷あるいは先述した「出血傾向」が原因であろうと
考えます。    
###2
2ヶ月のお子様の頭蓋骨の骨は「紙のように薄い」ですから
メスでもきれる位です。
###3
そして8ヶ月の現在は「ポテトチップス」程の厚さで御座います。
###4
頭蓋骨の骨が薄く「頭囲拡大」は早いので当然「骨」のたりない
「部分」ができてくると存じます。
###5
乳児の場合0歳ー1歳の間に「脳容積」は50%増加致します。
###6
###4が「術後しばらくしてから右脳の骨がずれていて
右脳中央部に骨がないことに気付きました。」
という「症状・症候」で御座います。
  




#4
「しかし、11ヶ月になりますが、骨のない部分は、ぷよぷよのままです。」
=>
##1
この「ぶよぶよ」は「偽性髄膜瘤:ぎせいずいまくりゅう」と呼称致します。
##2
「泣いたり」「頭部を下にすると」膨らむ傾向が御座います。


#5
「3-1 成長していく段階で、骨はまた作られるのでしょうか?
 との事です。
=>
##1
成長していく間に当然骨は「できてはきます」。
##2
けれども御相談者の御相談内容からは「ぶよぶよ」の「部分」には
硬膜がない可能性が御座います。

##3
##2は手術をされた「お受けもちの先生」しか
「想定」が不可能です。
##4
もしも「硬膜」が破壊されているのであれば。

##5
「「骨」のできてうる速度或いは力」と
「ぶよぶよの拍動=脳は心拍・呼吸とともに拍動いたします」の力
の「戦い」になります。

##6
骨ができていても「偽性髄膜瘤:ぎせいずいまくりゅう」の
「拍動」がつよければ「骨」は癒合できmなくなります。


#6
「3-2 作られるとすれば、
およそいつ頃他の部位ぐらいの硬さになりますか?」
との事です。
=>
##1
「偽性髄膜瘤:ぎせいずいまくりゅう」の拍動如何により全く
状況は逆転いたします。
##2
今がおおむね「9ヶ月」経過して今が一番の我慢時期です。
##3
骨が癒合せず「偽性髄膜瘤:ぎせいずいまくりゅう」がいつまでも
ぶよぶよしているのであれば。
##4
「脳容積」が「0歳」の150%になる「3歳のお誕生日」を
めどに「偽性髄膜瘤:ぎせいずいまくりゅう」の手術をしなければ
なりません。




#7結論:
##1
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。

##2
「偽性髄膜瘤:ぎせいずいまくりゅう」はなかなか難解な病態です。

##3
「お受けもちの先生」ともよく御相談され
ていただけますように。

##4
今は経過観察に徹するときで御座います。
だからご心配でしょうが何卒に頑張られて戴けます様に。

##5
いつか今日のこの日が「遠い思い出」になるかのごとく
お子様を取り巻く状況は「自然に解決」されていきます。

##6
「お受けもちの先生」の御尽力が必要であることは
いうまでも御座いません。

##7
一刻も早いお子様のご回復を心よりお祈り申し上げます。





上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。








何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。



何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年1月29日 10時14分33秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: なっちんママ   
1.11ヶ月・男子(母、30歳)

2.息子が内臓の病気の為、右脳にある硬膜下血腫の手術を生後2ヶ月頃
  受けました。      
  術後しばらくしてから右脳の骨がずれていて
右脳中央部に骨がないことに気付きました。
  現在病気は手術をして経過良好です。
  しかし、11ヶ月になりますが、骨のない部分は、ぷよぷよのままです。

3.3-1 成長していく段階で、骨はまた作られるのでしょうか?
  3-2 作られるとすれば、
およそいつ頃他の部位ぐらいの硬さになりますか?

  よろしくお願いします。

[2004年1月29日 0時5分39秒]
by mmdmsci | 2004-05-23 11:09 | 脳神経外科


<< 「低血圧」+飲酒+温泉に長湯+... 「多発性筋炎:polymyos... >>