「眼嶮下垂」

ご心配なことと存じます。
御回答遅れて申し訳ありません。

#1
##1
「74歳の父ですが4、5日前から左瞼が下垂し慌てて
眼科に行ったところ外斜視もあるので動脈瘤の疑いがありで、
神経内科のある総合病院を紹介されました。
MRIをとってもらうようにとのことでしたが
昨日早速行ったところMRIが込んでいて
入院すれば予約が優先されるとのことで入院となりました。

CTはとらずに脳のレントゲンのみの判断ではおそらく
何ともないと言われ、本日は耳鼻科の検査をしたようですが
これもなんとも無し。

本日夕方見舞いに行きましたが下垂と斜視がひどくなっており
心配しております。私としては動脈瘤を心配しておりますが
このままMRIを如何でしょうか。」
との事です。


#2
##1
右の「眼嶮下垂」と斜視が「第3脳神経=動眼神経」の麻痺による
ものと「最初」は「眼科専門医先生」にて「御診断」されたものと
存じます。

##2
##1を「5日前から」というように比較的急速に発症する
原因として御相談者がご周知のように
未破裂の「内頚動脈脳動脈瘤」の存在が考えられます。

##3
##2
「第3脳神経=動眼神経」麻痺を惹起する「内頚動脈脳動脈瘤」は
必ずしも脳MRI・脳MRAで「描出できる」大きさをしていないこと
がおおく
小さい「脳動脈瘤」であることが大部分で御座います。

##4
この「おおきいい」か「ちいさいか」は大体「頭部X線撮影」
でも「石灰化の有無」や「頭蓋骨底部」の「変形」などから
判断は可能な場合が御座います。

##5
「御父様」の場合は「元来の「症状・症候」」が
「第3脳神経=動眼神経」麻痺
であるならば頭部X線撮影のみで診断学的に解決可能な事項は
「少ない」はずです。

##6
だから「お受けもちの先生」は
「様々な検査スケジュール」が組まれていらっしゃると考えます。

##7
「お受けもちの先生」が「頭部X線撮影で何もなし」
ということは「万が一「脳動脈瘤」があるとしたら」
「おおきなものではない」等の判断と考えられます。

もじどおり頭部X線撮影では「何も写るものはない」という
ことではないでしょうか。


##8
或は「第3脳神経=動眼神経」麻痺の場合
「眼嶮下垂」「外眼筋麻痺」に加えて「瞳孔散大」がきますので。

##9
或は「第3脳神経=動眼神経」麻痺ではないと
お考えになったのかもしれない。

##10
この辺の「御状況」は全く判断不能で御座います。



#3
##1
御相談者の御相談内容からはまずは脳CTそして脳MRI・脳MRA
も必要であるように私には思われます。
「お受けもちの先生」も
「様々な検査スケジュール」が組まれていらっしゃると考えます。


##2
或は「第3脳神経=動眼神経」麻痺ではないなどの
「決定的な「臨床神経学」「御診断」」を
「お受けもちの神経内科専門医先生」がされたのかもしれません
が「あくまで可能性」で御座います。

##3
総合病院との事ですから「脳神経外科専門医」も
関与していることと存じます。

##4
それから「脳動脈瘤」の「御診断」のための検査は脳MRI・脳MRA
のみではなく「本物の脳血管撮影」が必要で御座います。

##5
時期が来て必要であれば「お受けもちの先生」が御相談者やご家族に
「本物の脳血管撮影」の「お話」をもってこられると
今の私は考えます。




#4結論:
##1
「御父様」の「御診断」の流れは
「眼嶮下垂」+「外眼筋麻痺」=>
「第3脳神経=動眼神経」麻痺の疑い=>
「右「内頚動脈脳動脈瘤」の疑いとなって

現在の御施設に入院の運びとなられたと考えられます。

##2
「お受けもちの先生」も
「様々な検査スケジュール」が組まれていらっしゃると考えます。


##3
「お受けもちの先生」に
「「脳動脈瘤」の心配はないのでしょうか」
と単刀直入に御相談されてみるのがよろしいと
今の私は考えます。


##3
如何でしょうか。


##4
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃること
よく分かります。
「お受けもちの先生」にご心配なことは
何事も伺われるようにされると宜しいです。

##4
おきもちは大変よく判ります。
御家族皆様大変であろうとおもわれます。

##5
「中枢神経系」の「病態」は専門性が高く
御家族の皆様も判りづらいことおおかろうと存じます。
ご家族の皆様もお体を大切にされてくださいますように。



上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。



何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年3月17日 6時7分32秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 塚本   
74歳の父ですが4、5日前から左瞼が下垂し慌てて
眼科に行ったところ外斜視もあるので動脈瘤の疑いがありで、
神経内科のある総合病院を紹介されました。
MRIをとってもらうようにとのことでしたが
昨日早速行ったところMRIが込んでいて
入院すれば予約が優先されるとのことで入院となりました。

CTはとらずに脳のレントゲンのみの判断ではおそらく
何ともないと言われ、本日は耳鼻科の検査をしたようですが
これもなんとも無し。

本日夕方見舞いに行きましたが下垂と斜視がひどくなっており
心配しております。私としては動脈瘤を心配しておりますが
このままMRIを如何でしょうか。


[2004年3月16日 21時43分3秒]
by mmdmsci | 2004-05-20 17:26 | 脳神経外科


<< 母親が、脊髄梗塞という病気にな... 「脳梗塞」=脳血栓と脳塞栓 >>