「Marcus Gunn (マーカス・ガン)現象」

心配ママ   
ご回答本当にありがとうございました。
怖い状態、病気ではないと言って頂いて
ほっとしました。もう一度質問したいのですが
成人すると自然補正をかけられるようになる、
ということは自然に治ると考えてよいのでしょうか。
マーカスガン現象を誇張しようと発育する、とは
どういうことなのでしょうか?
度々の質問お許しください。

[2004年5月3日 10時13分9秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 東京都 世田谷区 山本クリニック 山本博昭(脳神経外科専門医・外科認定医)    URL
ご心配なことと存じます。



#1
##1
「1. 五ヶ月の男児
2. 生後まもなくから左目からの目やにが多く、一ヶ月健診で
  涙の管が詰まっているかもしれないとのことで目薬と
  マッサージの仕方を教えてもらい実行していました。
  三ヶ月を過ぎた頃目やには治まりました。それと同じ頃
  今度はその左目がおっぱいや哺乳瓶で何かを吸うときや
  口に入れようとするときにびっくりしたように見開くんです。
  左目だけです。普段は両目とも特におかしいところはなく
  まぶたが落ちているということもありません。目も見えています。
3. 目やにがよく出ていたのでしょっちゅうティッシュで拭いたことが原因なのか、
  それとも大変な病気なのでしょうか。マーカスガン現象という可能性は
  ありますか?自然に治るものでしょうか?
  ご回答どうぞ宜しくお願い致します。」
との事です。





#2
##1
「三ヶ月を過ぎた頃目やには治まりました。それと同じ頃
  今度はその左目がおっぱいや哺乳瓶で何かを吸うときや
  口に入れようとするときにびっくりしたように見開くんです。
  左目だけです。」
との「症状・症候」からは。

##2
「Marcus Gunn (マーカス・ガン)現象」である可能性が
御座います。

##3
大学病院の「神経内科専門医」先生あるいは「小児眼科専門医先生」を
御受診されると
宜しかろうと存じます。

##4
「Marcus Gunn (マーカス・ガン)現象」は
怖い状態ではありません。怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。

##5
「Marcus Gunn (マーカス・ガン)現象」は「お受けもちの小児科先生」
では気づかれずにお母様によって気づかれるという
特殊性や左目に多いという特殊性が御座います。

##6
##5に敷衍して
#3に「Marcus Gunn (マーカス・ガン)現象」について簡単に
ご説明をさせていただきたいと考えます。



#3
##1
「Marcus Gunn (マーカス・ガン)現象」は
「Marcus Gunn(マーカス・ガン)」により1883年に発見された
「症状・症候」で御座います。

##2
先天性の「症状・症候」ですが悪性のものでは全く御座いません。

##3
「Marcus Gunn (マーカス・ガン)現象」は
安静時には「片側」の軽い眼嶮下垂があるのが特徴で御座います。

##4
「Marcus Gunn (マーカス・ガン)現象」は
早いうちから「「お母様」によって気が付かれる」のが特徴で御座います。

##5
「お子様」が物を食べたり話しをしたりする際「口をあけると」
その瞬間に眼嶮下垂の眼嶮の挙上がみられます。
これが「Marcus Gunn (マーカス・ガン)現象」。

##6
口をあける代わりに、下あごを、下がった瞼の眼と
反対側に動かすことによっても「上眼嶮」がもちあがる(見開く)
ことが「Marcus Gunn (マーカス・ガン)現象」では
御座います。


##4
なぇか左目に「Marcus Gunn (マーカス・ガン)現象」
は起こりやすいもので御座います。

##5
安静時に認められる「眼嶮下垂」は「Marcus Gunn (マーカス・ガン)現象」
の場合元来軽いもので御座います。

##6
だから
「眼嶮下垂」ははっきりしないのだけれどもという
「Marcus Gunn (マーカス・ガン)現象」のお子様もいらっしゃいます。


#4
##1
「生後まもなくから左目からの目やにが多く、一ヶ月健診で
  涙の管が詰まっているかもしれないとのことで目薬と
  マッサージの仕方を教えてもらい実行していました。」
との事です。

##2
軽い眼嶮下垂のために「目やに」=>「「涙管」がつまっている」
という「御診断」は大変3ヶ月検診のころは多いものです。

##3
「目やにがよく出ていたのでしょっちゅうティッシュで拭いたことが原因なのか、
  それとも大変な病気なのでしょうか。マーカスガン現象という可能性は
  ありますか?自然に治るものでしょうか?」
との事です。
=>
目やにが原因ではありません。
テイッシュでふいたのも原因ではありません。
お母様のご指摘のように「Marcus Gunn (マーカス・ガン)現象」
で御座います。
あくまでも可能性ですが。

##4
自然に治るものでしょうか。
大変よいご質問なのです。
お母様のお知り合いやお友達や道で行きかう方々に
「Marcus Gunn (マーカス・ガン)現象」のかたは
まずいないとお気づきでしょうか。
成人すると「自然補正」をかけられるようになります。

##5
「Marcus Gunn (マーカス・ガン)現象」の患者さんの100人に
一人くらいの頻度で
「Marcus Gunn (マーカス・ガン)現象」を誇張しようと
「発育」するお子様がいらっしゃいます。




#5結論:
##1
「Marcus Gunn (マーカス・ガン)現象」と
推測されます。

##2
「Marcus Gunn (マーカス・ガン)現象」の「眼嶮下垂」は元来
軽症なので「眼嶮下垂」にはきづかれないことも御座います。

##3
また「Marcus Gunn (マーカス・ガン)現象」を
「先天性眼嶮下垂」と間違われる事例もこの逆も御座います。

##4
大学病院の「心療内科専門医先生」に「Marcus Gunn (マーカス・ガン)現象」
らしいとおっしゃらっれて御受診されるか
或いは大学病院の「小児眼科専門医先生」に
「Marcus Gunn (マーカス・ガン)現象」らしいと
おっしゃられて御受診されることをお勧めいたします。


##5
「ワルテンベルク」という有名な神経内科教授の教科書の
おもて表紙にはこの「Marcus Gunn (マーカス・ガン)現象」
の男の子さまの「写真」がおおきくのっています。

##6
本邦ではこの「Marcus Gunn (マーカス・ガン)現象」に関しては
極めて医学的後進国であろうと今の私は考えます。

##7
「欧州・米国」では成人してから「逆Marcus Gunn (逆マーカス・ガン)現象」
になったり「ワニの涙症候群:Crocodile tear syndrome」 
を惹起したりするために1980年代に中止になった手術を予約待ちで
行なわれたり致します。

##8
怖い状態ではありません。
怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。




上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。





何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。






何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。


  
  

    

[2004年5月2日 8時16分25秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 心配ママ   
1. 五ヶ月の男児
2. 生後まもなくから左目からの目やにが多く、一ヶ月健診で
  涙の管が詰まっているかもしれないとのことで目薬と
  マッサージの仕方を教えてもらい実行していました。
  三ヶ月を過ぎた頃目やには治まりました。それと同じ頃
  今度はその左目がおっぱいや哺乳瓶で何かを吸うときや
  口に入れようとするときにびっくりしたように見開くんです。
  左目だけです。普段は両目とも特におかしいところはなく
  まぶたが落ちているということもありません。目も見えています。
3. 目やにがよく出ていたのでしょっちゅうティッシュで拭いたことが原因なのか、
  それとも大変な病気なのでしょうか。マーカスガン現象という可能性は
  ありますか?自然に治るものでしょうか?
  ご回答どうぞ宜しくお願い致します。
    

[2004年5月2日 1時29分42秒]
by mmdmsci | 2004-05-20 17:21


<< 「脳梗塞」=脳血栓と脳塞栓 「緊張型頭痛」  「緊張型頭痛... >>