良性脳腫瘍 髄膜腫の肺転移

これはさぞかしお大変ことと
存じます。

「髄膜腫」は良性「脳腫瘍」であるのだけれども
「肺に転移」をするという特殊性を持ちます。

お役に立てる御解答ができるかどうか。

また止むを得ずも「髄膜腫」の正確な発症部位と
「病理組織検査診断」の「組織形態」そして手術のさいの
「Simpson(シンプソン)のGr(グレード)」
等の御記載が御座いません。

限られた情報の中での御回答であることを
ご理解下さい。


#1
##1-
「髄膜腫の治療について

2004.05.04

私は53歳の主婦です。2003年の5月に脳腫瘍で手術をしました。

病理検査の結果、髄膜腫といわれ、その後経過観察していましたが2004年2月、

又目が見え難くなりMRI検査の結果髄膜腫の再発ということで再手術をしました。

(手術後に放射線治療を25日間実施)主治医も髄膜腫がこんな短期間で再発するのは

考え難いといっておられました。

又最初の手術(2003.5)以降もCRP(炎症を示す数値とか)が下がらなかったのと、

2004年2月頃から微熱が続いていたので、詳しく検査をした結果、肺に髄膜腫の転移が

見つかりました。大きいもので約1.5cm(1個)、後は肺全体に小さな(約2-3mm)

球形のものが沢山点在していました。

従って、放射線治療、手術はできないといわれました。また当初は化学治療になるが効果

の出る薬がないと言われてましたが、先日主治医から米国の文献に事例が1件あったので、

それを点滴するといわれました。また点滴の量も判らない(米国人の基準であるため)

ので、慎重に実施して戴けるようですが、かなりきつい点滴のようです。(むかつき、

白血球に影響等々あり)」



との事です。




#2
##1
「髄膜腫」は様々な「病理組織検査診断」の「組織形態」が御座います。
「実に万華鏡のようだと」高名な「脳腫瘍」病理の教授が御記載されています。

またご周知のように「脳腫瘍」としては良性腫瘍でありながら「肺」に転移する」
という「特殊性」が御座います。

##2

「病理組織検査診断」の「組織形態」の情報がわかると

宜しいのですが。

止むを得ません。


##3
「髄膜腫」の中にも「悪性髄膜腫」」という「病理組織検査診断」の「組織形態」

を呈するものが御座います。

##4

御相談者の御相談内容からは

「お受けもちの先生」も一生懸命でいらっしゃることが

よく判ります。




#3
##1
「●このような症状について、何か良い治療方法、最適な点滴薬等はないものでしょうか。

肺の組織を顕微鏡手術により採取し、さらに詳しい病理検査をしているのですがまだ

すべて結果が出ていないのでわかりませんが、」

との事です。


##2
「病理組織検査診断」の「組織形態」は「髄膜腫」の場合

顕微鏡により「その生物学的特異性」も踏まえた

「面構え」の「「病理組織検査診断」に10分もかかりません。

おそらくに

様々な「染色方法」「エストロゲン受容体」も含めて

調べられているのであろうと

考えます。



##3

「●もし、エストロゲン受容体に関する結果がでたならば、ホルモン治療をした方いいのでしょうか。

(16年前に子宮ガンで子宮摘出手術を実施しています。経過観察では全て問題なし)」
との事です。

##4
「エストロゲン受容体」に関して「髄膜腫」が「エストロゲン受容体」溶性であるのであれば

「アンチ・エストロゲン」としてタモキシフエン(TAM)など

用いられる方法が御座います。

「治療戦略」として用いられてしかるべきと今の私は考えます。



#4
##1

「●またこのとき、前者の点滴治療とホルモン治療を同時に実施してもいいものでしょうか。

何卒、宜しくお願い申し上げます。」
との事です。


##2

「点滴療法」とは化学療法のことと存じます。

同時併用療法は通常には

全く差し障りはないはずで

御座います。




#5結論:
##1
大変ご苦労されている御様子が様々とわかりますが
このような御解答しかできません。


##2
お受けもちの先生も一生懸命でいらっしゃることよく分かります。

##3
けれども「がんセンター」などの「脳腫瘍」専門の「プロ」に
意見を求められるか
或は転医をされて今の現状を打開するのも方法のひとつと今の私は考えます。


##4
このような御回答しか出来ません。

##5
一刻も早く「脳腫瘍」=「髄膜腫」が御相談者にあtった
「治療戦略」にて寛解されるのを心よりお祈り申し上げます。







補足
++++++++++++++++++++++
「髄膜腫」は良性「脳腫瘍」であるのだけれども
「肺に転移」をするという特殊性を持ちます。

お役に立てる御解答であるかどうか。

また止むを得ずも「髄膜腫」の正確な発症部位と
「病理組織検査診断」の「組織形態」そして手術のさいの
「Simpson(シンプソン)のGr(グレード)」
等の御記載が御座いませんでした。

限られた情報の中での御回答であることを
ご理解下さい。

++++++++++++++++++++++++


取り急ぎのお返事ゆえ不適切な表現や間違いや、
誤りもあろうかと存じますがご了解、お許しください。




上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にされて下さいませ。




何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。



何卒にお大事にお健やかにされてくださいませ。

[2004年5月5日 16時57分26秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: 匿名希望   
*相談掲示板がメンテナンス中のため電子メールにて
頂いた御相談を参考のため相談掲示板に移動致します。*


髄膜腫の治療について

2004.05.04

私は53歳の主婦です。2003年の5月に脳腫瘍で手術をしました。

病理検査の結果、髄膜腫といわれ、その後経過観察していましたが2004年2月、

又目が見え難くなりMRI検査の結果髄膜腫の再発ということで再手術をしました。

(手術後に放射線治療を25日間実施)主治医も髄膜腫がこんな短期間で再発するのは

考え難いといっておられました。

又最初の手術(2003.5)以降もCRP(炎症を示す数値とか)が下がらなかったのと、

2004年2月頃から微熱が続いていたので、詳しく検査をした結果、肺に髄膜腫の転移が

見つかりました。大きいもので約1.5cm(1個)、後は肺全体に小さな(約2-3mm)

球形のものが沢山点在していました。

従って、放射線治療、手術はできないといわれました。また当初は化学治療になるが効果

の出る薬がないと言われてましたが、先日主治医から米国の文献に事例が1件あったので、

それを点滴するといわれました。また点滴の量も判らない(米国人の基準であるため)

ので、慎重に実施して戴けるようですが、かなりきつい点滴のようです。(むかつき、

白血球に影響等々あり)

●このような症状について、何か良い治療方法、最適な点滴薬等はないものでしょうか。

肺の組織を顕微鏡手術により採取し、さらに詳しい病理検査をしているのですがまだ

すべて結果が出ていないのでわかりませんが、

●もし、エストロゲン受容体に関する結果がでたならば、ホルモン治療をした方いいのでしょうか。

(16年前に子宮ガンで子宮摘出手術を実施しています。経過観察では全て問題なし)

●またこのとき、前者の点滴治療とホルモン治療を同時に実施してもいいものでしょうか。

何卒、宜しくお願い申し上げます。

[2004年5月5日 16時51分8秒]
by mmdmsci | 2004-05-20 13:05 | 脳腫瘍


<< 小児頭部外傷 急性硬膜外血腫 成長骨折 >>