「橈骨神経麻痺:とうこつしんけい麻痺」=「ドロップハンド」=「幽霊の手」

これはさぞかしご心配のことと
存じます。


#1
##1
「25歳の女性です。
これまでに 二つの総合病院の整形外科を受診していますが未だ原因不明の神経麻痺です。

1月末に 左手がドロップハンドの状態(握力5)になりました。
2月にも 左手が二度目の神経麻痺にかかり 再度 ドロップハンドの状態になりました。
3月に今度は右手が麻痺しました。(ピリピリ感が一週間ほど)
4月に 左手が三度目の神経麻痺にかかりました。(ピリピリ感と握力低下)
当初 通っていた病院では「とう骨神経麻痺と尺骨神経麻痺の併発」との診断でしたが
電車で、膝の上で手のひらを上向きにして眠るだけで
左右の腕が 4度も麻痺するのは きわめて珍しいとのことで、
病院を変えたところ 「症例が無く病名も原因も不明」と言われました。
レントゲンとMRIでは異常なし、
筋電図でも指先の神経に気になる部分はあったようですが正常範囲内とのことでした。
整形外科では原因不明とのことで 今度 神経内科にかかることになりました。
精神的なものが要因なのでしょうか?それとも神経の異常なのでしょうか。

今現在困っていることは 
■薬指と小指の動きが左右ともに鈍く、関節が固くなる
■手首の関節を中心に指や肘の関節が痛む
■メチコバールとノイロトロピンの処方を止められたが飲み続けなくても大丈夫か
■原因不明とのことで 特に対策(サポーターやギブスなど)を立てていないが
 今後 再発することを考えると後遺症が不安
■神経科に通院する際 昼間眠くて仕方がない、息苦しいという事を
 腕の具合と一緒に相談しても大丈夫か(精神面、神経面で関係があるか)
ということです。 

もし 今回の症状に心当たりや 神経麻痺対策などあれば教えていただけると助かります。
後遺症が残ったらと思うと 不安で仕方がありません。
よろしくお願いします。」
との事です。



#2
##1
御相談者の御相談内容からは「症状・症候」の或いは「病態」の
要のひとつに
「電車で、膝の上で手のひらを上向きにして眠るだけで
・略・麻痺するのは きわめて珍しいとのこと」との事です。

##2
「橈骨神経麻痺:とうこつしんけい麻痺」=
「ドロップハンド」=「幽霊の手」
という「臨床神経診断学」徴候はあまりにも有名で御座います。

##3
若い御婦人に多く比較的込み合った「電車の中で」バッグの上に
手をおかれて「いねむり」をされたら
「橈骨神経麻痺:とうこつしんけい麻痺」=「ドロップハンド」=「幽霊の手」
になられていたという「症状・症候」は稀ならず御座います。

##4
このような「橈骨神経麻痺:とうこつしんけい麻痺」は
比較的回復が早く当日には治ってしまいます。





#3
##1
「1月末に 左手がドロップハンドの状態(握力5)になりました。
2月にも 左手が二度目の神経麻痺にかかり 再度 ドロップハンドの状態になりました。
3月に今度は右手が麻痺しました。(ピリピリ感が一週間ほど)
4月に 左手が三度目の神経麻痺にかかりました。(ピリピリ感と握力低下)」
との事です。


##2
##1で「実態」のある「症状・症候」は
「1月末に 左手がドロップハンドの状態(握力5)になりました。」+
「2月にも 左手が二度目の神経麻痺にかかり 再度 
ドロップハンドの状態になりました。」+
と明確な「ドロップハンド」の場合のみと考えます。

##3
「3月に今度は右手が麻痺しました。(ピリピリ感が一週間ほど)
4月に 左手が三度目の神経麻痺にかかりました。(ピリピリ感と握力低下)」
との「症状・症候」は。

##4
反復性の「橈骨神経麻痺:とうこつしんけい麻痺」=「ドロップハンド」
の「副「症状・症候」」と判断いたします。






#3
##1
御婦人で「橈骨神経麻痺:とうこつしんけい麻痺」=「ドロップハンド」
に「電車でいねむり」されてなられる患者さんは多いものです。

##2
とりわけ20台の御婦人で
「橈骨神経麻痺:とうこつしんけい麻痺」=「ドロップハンド」は
冬場に多いものです。

##3
御相談者の御記載内容からは正確には
「橈骨神経麻痺:とうこつしんけい麻痺」=「ドロップハンド」は
「2回」と考えますが。

##4
私の病院の患者さんで御相談者と同じくに
「電車の中のいねむり」で2年間に
「橈骨神経麻痺:とうこつしんけい麻痺」=「ドロップハンド」を
8回おこされたかたがいらっしゃいます。

##5
「初めてで」びっくりされてくる「ドロップハンド」の患者さんは実に
多いものです。

##6
「左右の腕が 4度も麻痺するのは きわめて珍しいとのことで、
病院を変えたところ 「症例が無く病名も原因も不明」と言われました。」
との事ですが
「脳神経外科専門医」の世界では「珍しいことでは」御座いません。

##7
「レントゲンとMRIでは異常なし、
筋電図でも指先の神経に気になる部分はあったようですが
正常範囲内とのことでした。」
との事で本当に宜しかったですね。

##8
「精神的なものが要因なのでしょうか?それとも神経の異常なのでしょうか。」
との事ですが
単純に「橈骨神経麻痺:とうこつしんけい麻痺」=「ドロップハンド」を
「足をしびれをきらせた」と同じように反復されただけのことでは
ないのでしょうか。


##9
「欧州・米国」では「日本人の正座でしびれをきたす」ことが
理解されません。
生活習慣た「体型」によるわけですが「欧州・米国」では
「あしのしびれをきらせた」経験の1度もないかたもいます。





#4
今現在困っていることは 
##1
「■薬指と小指の動きが左右ともに鈍く、関節が固くなる」

=>一日に「一度」でよいから指を伸展させ指の運動を
「ドロップハンド」のときと反対になるようにされて下さい。


##2
「■手首の関節を中心に指や肘の関節が痛む」

=>
##1
とどうように一日一度で宜しいのでマッサージされて下さい。

##3
「■メチコバールとノイロトロピンの処方を止められたが飲み続けなくても大丈夫か」

=>
現在「末梢神経障害」があるわけではないですから
内服の必要は少ないのではないでしょうか。

##4
「■原因不明とのことで 特に対策(サポーターやギブスなど)を立てていないが
 今後 再発することを考えると後遺症が不安」

=>
行く先の「ご心配は無用」で御座います。
「橈骨神経麻痺:とうこつしんけい麻痺」=「ドロップハンド」
自体良性「病態」なので
「対策=(サポーターやギブスなど)」であると
逆療法になる可能性が御座います。


##5
「■神経科に通院する際 昼間眠くて仕方がない、息苦しいという事を
 腕の具合と一緒に相談しても大丈夫か(精神面、神経面で関係があるか)
ということです。 」

=>
「神経内科」にかかられるのではないのでしょうか。
「神経科」の先生にかかられる「理由」が
判断できません。

御免なさい。

もしも御相談者が今「神経科」に御通院中なのであれば
「向精神薬」を内服されているかたに
「橈骨神経麻痺:とうこつしんけい麻痺」が多いという
わけではないからご心配されないで下さい。




#5結論:
##1
「あしのしびれ」とは逆に
「橈骨神経麻痺:とうこつしんけい麻痺」=「ドロップハンド」は
「欧州・米国」では大変多い「患者さんの「症状・症候」」で
御座います。

##2
本邦でも過去5年くらい
「橈骨神経麻痺:とうこつしんけい麻痺」=「ドロップハンド」を
おこされる患者さんは御婦人に多く増加してきています。

##3
御相談者に御気を付けられて頂きたいことは
「整形外科専門医先生」でも
「神経内科専門医先生」でも
「脳神経外科専門医」先生でも
「橈骨神経麻痺:とうこつしんけい麻痺」=「ドロップハンド」の
患者さんが「苦手な先生」がいらっしゃるということを
何卒に覚えておかれて下さいませ。

##4
なかには「橈骨神経麻痺:とうこつしんけい麻痺」=「ドロップハンド」
の患者さんを一度も「御経験」されたことのない先生も
いらっしゃいます。

##5
このことはくれぐれも御銘記下さいませ。

##6
「自律神経失調症」「手根管症候群」「更年期障害」「頚椎の疾患」
「うつ状態・うつ病」「膠原病」等ととよく間違えられます。
何卒にご注意ください。



##7
怖い状態ではありません。
怖い病気ではありません。
だから絶対に心配なさいませんように。





上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。




何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。




何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

[2004年5月9日 8時15分58秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: チワワ★   
25歳の女性です。
これまでに 二つの総合病院の整形外科を受診していますが未だ原因不明の神経麻痺です。

1月末に 左手がドロップハンドの状態(握力5)になりました。
2月にも 左手が二度目の神経麻痺にかかり 再度 ドロップハンドの状態になりました。
3月に今度は右手が麻痺しました。(ピリピリ感が一週間ほど)
4月に 左手が三度目の神経麻痺にかかりました。(ピリピリ感と握力低下)
当初 通っていた病院では「とう骨神経麻痺と尺骨神経麻痺の併発」との診断でしたが
電車で、膝の上で手のひらを上向きにして眠るだけで
左右の腕が 4度も麻痺するのは きわめて珍しいとのことで、
病院を変えたところ 「症例が無く病名も原因も不明」と言われました。
レントゲンとMRIでは異常なし、
筋電図でも指先の神経に気になる部分はあったようですが正常範囲内とのことでした。
整形外科では原因不明とのことで 今度 神経内科にかかることになりました。
精神的なものが要因なのでしょうか?それとも神経の異常なのでしょうか。

今現在困っていることは 
■薬指と小指の動きが左右ともに鈍く、関節が固くなる
■手首の関節を中心に指や肘の関節が痛む
■メチコバールとノイロトロピンの処方を止められたが飲み続けなくても大丈夫か
■原因不明とのことで 特に対策(サポーターやギブスなど)を立てていないが
 今後 再発することを考えると後遺症が不安
■神経科に通院する際 昼間眠くて仕方がない、息苦しいという事を
 腕の具合と一緒に相談しても大丈夫か(精神面、神経面で関係があるか)
ということです。 

もし 今回の症状に心当たりや 神経麻痺対策などあれば教えていただけると助かります。
後遺症が残ったらと思うと 不安で仕方がありません。
よろしくお願いします。

[2004年5月9日 0時3分8秒]
by mmdmsci | 2004-05-20 12:59


<< 「知覚異常性大腿神経神経痛」(... なおらぬ偏頭痛の場合緊張型頭痛... >>