ハント症候群  末梢性顔面神経麻痺

ご心配なことと存じます。

#1
##1
「41歳の男性です。
7年前に左顔面が麻痺し、発症後1週間経過後に、
ペインクリニックが著名な病院にてハント症候群の完全麻痺
であると診断されました。
その後約2ヶ月間、星状神経節ブロックを続けることで症状は
改善したものの、鼻の付け根にしわを寄せる、口角を上げる、
口笛を吹くといったことができないまま今日に至っております。

ご相談差し上げたいのは、7年も経ってしまった現在でも、
改善を期待できる療法(外科療法を含む)があるかということです。
もしあるようでしたら、治療に必要な期間と費用の
概算をご教授頂けると幸いです。

御多忙中のところ、大変恐縮に存じますが、
どうぞよろしくお願いいたします。」
との事です。




#2
##1
7年前の「ハント症候群」にて左の「末梢性顔面神経麻痺」の
あと「神経ブロック」にて「治療戦略」をとられて
現在「鼻の付け根にしわを寄せる、口角を上げる、
口笛を吹くといったことができないまま今日に至っております。」

「一部の「顔面表情筋」」の機能不全が残っているものと
解釈いたします。


##2
御相談者の御記載内容からは
左「末梢性顔面神経」はほぼ「開通」状態にあると
今の私は考えます。

##3
だから
御相談者の今の後遺「症状・症候」である
「、鼻の付け根にしわを寄せる、口角を上げる、
口笛を吹くといったことができないまま今日に至っております。」
は「顔面表情筋」の問題があると今の私は考えます。


#3
##1
すなわち
左「顔面表情筋」である
###1
「眼輪筋」の「内眼角」(通称目頭:めがしら)

###2
「前頭筋」の一部
###3
左「口輪筋」の「左口角」の一部
の「3つの「顔面表情筋」」の。

##2
顔面神経の神経付着までは伝道していても。
「廃用萎縮」のような筋肉自体の「不全」或いはこれに近い「病態」があると
考えます。

##3
上記を改善するには筋肉とりわけ「顔面表情筋」は大きさ単位の「筋力」
は大変強いですから「丁寧な個々の筋群」に対しての
「筋萎縮」からの離脱をはかる方法であれば
これが御相談者のご希望される「治療戦略」となりうると考えます。

##4
能動的には動かせないわけだから「リハビリ」も「個々の表情どおり」に
「「顔面表情筋」を手で動かされて筋萎縮から離脱する方法は
欠かさないほうがよいと考えます。

##5
そして受動的には「低周波」を利用して上記の「3つの筋肉」を
とにかく「収縮させて」「廃用萎縮」から離脱することが
重用であろうと考えます。




#4結論:
##1
「顔面表情筋」は「ステーキ」を噛み切るときや「赤ちゃん」の泣いている
瞼に無理やり「点眼」させるときの光景を思い浮かべられて下さい。

##2
「顔面表情筋」は「大きさ単位」としては極めて筋力がおおきいもの
なのです。

##3
だから御相談者の御記載内容からは
「鼻の付け根にしわを寄せる、口角を上げる、
口笛を吹くといったことができないまま今日に至っております。」
の「あと一歩」はこれらの「顔面表情筋」の問題であると
思われて下さい。

##3
「顔面表情筋」の「解剖学」及び「末梢性顔面神経」にお詳しい先生に
「低周波刺激」をしていただき「廃用萎縮」からの離脱が重要と考えられ
ます。

##4
「7年も経ってしまった現在でも、
改善を期待できる療法(外科療法を含む)があるかということです。
もしあるようでしたら、治療に必要な期間と費用の
概算をご教授頂けると幸いです。」
との事です。

=>
期間は御相談者次第でございます。
費用はまったくけいさんできません。


##5
御相談者のような数年以上を経過された「末梢性顔面神経麻痺」後遺症の
「あと一歩症候群」(あだ名です)
の患者さんは大変多いものです。

##6
皆様大変よくなられていたっしゃるようです。




上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。



何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。



何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

[2004年5月20日 7時22分5秒]


--------------------------------------------------------------------------------
お名前: さとう   
41歳の男性です。
7年前に左顔面が麻痺し、発症後1週間経過後に、
ペインクリニックが著名な病院にてハント症候群の完全麻痺
であると診断されました。
その後約2ヶ月間、星状神経節ブロックを続けることで症状は
改善したものの、鼻の付け根にしわを寄せる、口角を上げる、
口笛を吹くといったことができないまま今日に至っております。

ご相談差し上げたいのは、7年も経ってしまった現在でも、
改善を期待できる療法(外科療法を含む)があるかということです。
もしあるようでしたら、治療に必要な期間と費用の
概算をご教授頂けると幸いです。

御多忙中のところ、大変恐縮に存じますが、
どうぞよろしくお願いいたします。

[2004年5月19日 20時30分11秒]
by mmdmsci | 2004-05-20 12:29 | 脳神経外科


<< 「脊髄刺激:spinal co... 緊張型頭痛と知覚異常性大腿神経神経痛 >>